Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「喜望峰の風に乗せて」

2019年01月17日 | 映画


この作品の感想を書くことは難しい。
私は普段、映画の感想を書くときストーリーについては、予告編で知り得る内容までにとどめています。
未見の人の感動や驚きを奪っては申し訳ないと考えるからです。
しかしこの映画に関しては、ネタバレをしないことには感想も批判も書けない。
ということで、最初にお断りします、ネタバレありです。

1968年、ヨットの単独無寄港世界一周レースに参加した男の実話に基づく海洋冒険ドラマ。
航海計器の会社を経営するビジネスマンのドナルド・クロスハート(コリン・ファース)は、
会社経営が行き詰ったこともあり、人生の一発逆転を狙ってレース参加を決意します。
スポンサーを募ってヨットを造り、大きな借金を抱え、愛する妻(レイチェル・ワイズ)や
子どもたち、街中の人々に見送られて出発。



しかしヨットは次から次へとトラブルに見舞われて、操縦不能となる。
ドナルドは自分の甘さを痛感することになります。
レースコースは、イギリスから大西洋を南下して喜望峰から南氷洋、
オーストラリアの南から南アメリカの南端ホーン岬を廻ると設定されているが、
いつまでたっても大西洋から抜け出せない。
大きな借金を抱えてレースをリタイアすることは、身の破滅を意味する。
かと言ってこのまま航海を続けても、遭難することは目に見えている。
思い余ったドナルドは、実際よりも進んでいるように無線で報告してしまう。
妻子や地元の人々、マスコミはドナルドの優勝への期待に湧き立ちます。
孤独と焦燥に駆られたドナルドがしたことは…

大海原を何か月もあてどなく漂う、小さなヨット。
嘘をついてしまったばかりにその後、無線で連絡をすることもできなくなり、
日々やつれて行く男の姿が悲しい。
死ぬも地獄、生きるも地獄。
一人の人間の孤独と苦悩とが、痛いほどに伝わります。



「喜望峰の風に乗って」という邦題、そしてこのポスター、予告編から
実話を基にしたサクセス・ストーリーだと思い込んでいました。
喜望峰に行ってもいないのにこの題って、これはミスリードではないでしょうか。
原題は「The Mercy(慈悲)」。
もっとも只でさえマイナーな作品なのに、内容を正直に伝えたら
集客率は更に下がってしまうのかもしれません。
東京は日比谷シャンテのみの上映。

公式HP http://kibouhou-movie.jp/

#welovegoo
コメント

にぎやかな春

2019年01月16日 | 家庭
今年のお正月は、我家にはちょっとした異変がありました。
長男が、彼女を連れて来たのです。

昨年の秋頃、突然結婚したいと言い出した長男、
目の大きな、スラリとしたお嬢さんを我家に連れて来ました。
彼女がいることも知らなかった我々親には寝耳に水状態でしたが
一年ほども付き合っていたのだそうです。

とうに自立して一人暮らしをしていた長男、決断すると行動が早い。
その後、料亭で双方の家族の顔合わせを済ませ、
都心のマンションを探して先月、二人でさっさと引越し。
気に入った物件が中々見つからなくて苦労したそうですが、すべて事後報告。
親は出る幕なし。



あの好みのうるさい、気難し屋の長男の結婚が、こんなに楽に決まるなんて。
そしてお正月の食事に、二人で我家にやって来たのでした。
家ではムッツリしていた長男が、こんな優しい表情をするのかと。
小さい頃は私にまとわりついていた息子が、ついに。
寂しくないと言ったら嘘になりますが、
若い女性を加えた食卓は、賑やかで楽しいものでした。
共に海外旅行が好きな二人(彼女は留学経験もあるらしい)、先日ドバイに行き、
この春にはフィジーに行くのだとか。
どちらも合理的な考え方をするようなので、結婚式や披露宴は期待できなさそうですが
30年前の私も、岐阜で派手にやりましたが内心とても嫌だったので、
血は争えないということなのかもしれません。
ただ挨拶だけはきちんとするべしということで、
この連休に岐阜に帰省して、夫と私の親戚に紹介したのでした。



夫の実家が贔屓にしている岐阜の潜龍で食事を。
ステーキがメインですが、この他に口取、肉小鉢、スープ、サラダ、
温野菜、赤だし、ガーリックライス、デザートなどがつきます。

以前、私が作って長男に受け取って貰えなかった息子用のミニアルバムも
彼女にめでたく引き取って貰いました。






コメント (6)

ボクだってできるもん!

2019年01月11日 | 社会
僧衣で運転していた僧侶が、交通違反で罰金を命じられたという事件に関して
全国の僧侶が、僧衣姿で大道芸や縄跳びなどを披露する動画を次々と投稿、
それが海外でも話題になっているのですって。

交通違反切符を切られたのは、福井県の40代の男性僧侶。
それに対して、“#僧衣でできるもん”というハッシュタグをつけて
縄跳びやリフティングやジャグリングなどを僧衣でしている動画が続々。
ライトセーバーでスター・ウォーズのように剣舞を披露する人も。
世の中には色々なお坊さんが…w

イギリスのBBCニュースもこれを取り上げています。
"Japanese monks: 'I can do this in monk's robes' videos shared online"と。



私の岐阜の実家では、お盆やお彼岸、祥月命日、そして法事の際には、お寺さんを呼んで
お勤めをして貰っていますが、彼らは昔からずっと僧衣で車に乗って来ていました。
地方では車でなければ動けない処も多いし、繁忙期には分刻みのスケジュールでしょうし、
その度に着替えていたら大変でしょう。
それが問題になるなんて、考えたこともありませんでした。

この動画投稿を、坊さんたちのかくし芸大会じゃないかと冷やかに見る向きもあるようですが
私はユーモアがあってとても良いと思います。
声を荒げて署名活動をしたり、お金をかけて法的に訴えたり、
あるいはイギリスのようにすぐにデモやストライキをするよりも
ほっこり笑えてずっと楽しいです。



「ボクだってできるもん!」というタロウの芸を披露したいところですが…
無芸大食犬でありました。

BBCニュース https://www.bbc.com/news/amp/world-asia-46755438?__twitter_impression=true
(僧侶の動画が色々あります)

#welovegoo
コメント (6)

「I feel pretty!」

2019年01月09日 | 映画


巷では話題にもなっていないようなマイナーな作品ですが
思いがけず、新春から笑わせて頂きました。

NYで働くレネーは、容姿にも体型にも自信がなく、鬱屈した日々を送っていた。
ようやく思い切って通い始めたジムのエアロバイクから落ち、頭を強打する。
目が覚めると、自分は絶世の美女に生まれ変わっていた。
ところがそう見えるのはレネーにだけで、実際には何も変わっていない。
しかし自分が世にも魅力的になったと思い込んでいる彼女は
超ポジティブとなり、仕事にも恋愛にも猛烈果敢にアタックして行く。
なんと容姿端麗を第一条件に謳う一流コスメ会社の受付嬢に応募し、
自分に気があると勘違いした男性を強引にデートに誘い、
ビキニ美女コンテストに飛び入り参加し、ストリップばりの踊りを披露するのです。
周りは驚きあきれながらも、次第に彼女のペースに巻き込まれてしまう。



これは、ジムの昏倒から目覚めた彼女が、自分の姿を見て
「beautiful!!perfect!!」と感激しているシーン。
面喰らって言葉が出せない、ジムのスタッフの表情が面白過ぎます。

「人間は外見じゃない」なんて言葉を必ずしも言い切れないことは
いくらかでもコンプレックスを持っている人間なら、誰でも知っている。
人生はアンフェアだし、世の中は不条理に満ちています。



でも、外見が同じだとしたら
暗くネガティブで愚痴ばかり言っている人間よりも
明るくポジティブで前向きな人間の方が、そりゃ魅力的に決まっている。
勘違いして自信を持ったレネーの活躍ぶりが、それを物語っています。
無論、いいことばかりではなく、ある日夢から覚めてしまったレネーは
何も変わっていなかった自分の現実の姿に、愕然とするのですが…



究極の勘違い女のどたばたラブコメディ。
主役のエイミー・シューマーはアメリカのコメディエンヌ。
私は字幕版を観ましたが、この吹き替えは渡辺直美が担当するのだそうです。
あの体型、あの明るいポジティブな性格、ぴったりではありませんか。

アイ・フィール・プリティ! http://ifeelpretty.jp/

#welovegoo
コメント (4)

宝島社の

2019年01月08日 | 社会
昨日の読売朝刊の見開き全面広告。
「敵は、嘘」。



「いろんな人がいろいろな嘘をついている。
子供の頃から「嘘をつくな」と言われてきたのに嘘をついている。
陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。
世界中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。
いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ずかしくないのか。
この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。
嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。」

そして朝日新聞には、石油まみれの真っ黒の水鳥の写真と
「嘘つきは、戦争の始まり」という言葉が載ったのだそうです。



改ざんや粉飾や横領問題がかまびすしい今、「敵は、嘘」という言葉も凄いし、
レーダー照射問題などで近隣諸国との関係がきな臭くなっているまさに今、
「嘘つきは、戦争の始まり」と言ってのけたのも凄い。



でも私が近年の宝島社の広告でもっと心を揺さぶられたのは、
やっぱり「死ぬときぐらい好きにさせてよ」という樹木希林版オフェーリアの広告でした。
確か日記に書いた筈と思って探したら、2016年の1月に書いている。
もう3年前になるのですね。
その言葉通り、潔く、悠然と昨秋亡くなられた樹木希林氏。
私がその立場に置かれたら、絶対見苦しく、文字通り死ぬほどジタバタすることと思います。
彼女を見倣うことなど到底できませんが、こんな風に亡くなられる方もいるのかと
ほんの少し、勇気を貰えた思いです。

宝島社 https://tkj.jp/company/ad/2019/

#welovegoo
コメント (4)

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」

2019年01月06日 | 


書店でこの表紙に惹かれ、購入しました。
”何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。
慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる”
という帯の文句にも、魅力を感じました。
第3回斎藤茂太賞を受賞。

資本主義の東京での生活に疲れた著者は、広告や競争のないというキューバへと。
しかし…
「格差も競争もない明るい社会」などある訳もなく、
貧しいながらもコネ社会の社会主義国の現実に驚くばかり。
大体一人旅とはいっても、4日間のうち3日間まで知り合いに頼んで案内してもらっている。
本当に一人で廻ったのは最後の一日、
ハバナからバスで30分のサンタマリア・ビーチに行ったというだけ。



表題に心惹かれたのは、私も以前、表参道のセレブ犬と、
インドやエジプトや東南アジアで痩せこけた野良犬を見て、感じる所があったからです。
これが2012年12月に私が撮った表参道の犬。
下は昨秋行ったエジプトの野良犬。
写真では分かりにくいが、汚れて痩せこけています。
発展途上国に行くと、結構な数の野良犬がそこら中にいるのです。
痩せて汚れ、怪我をして血を流していたり、その死骸を見ることも。
それを見て、若林氏は何を感じたのか?と、興味を持ったのでした。



”カバーニャ要塞内ではよく野良犬を見かけた。
野良犬たちは、通りすがりの観光客に媚びてエサを貰っていた。
東京で見る、しっかりとリードにつながれた、毛がホワホワの、サングラスとファーで
自分をごまかしているようなブスの飼い主に、甘えて尻尾を振っているような犬よりよっぽどかわいく見えた。
なぜだろう?(中略)
あの犬は手厚い庇護を受けていない。観光客に取り入って餌を貰っている。
そして、少し汚れている。だけれども、自由だ。
誰かに飼い慣らされるより自由と貧しさを選んでいた。
ぼくの幻想だろうか?それとも、キューバだろうか?”(原文のまま)



これで本が出せて、ベストセラーになるって、芸能人っていいなあ…
ただ、一人称の「ぼく」で語っていた本文の終わりがけに、突然会話文が現れます。
誰と語っているのだろう?と訝しみながら読んでいくと
最終章でその答えが分かります。
そこには、近年亡くなられたという父上への愛情が溢れています。
これにはやられました。

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」 https://tinyurl.com/yb6xplbn

#welovegoo

コメント

His Master's Voice

2019年01月05日 | 社会


横浜駅の構内で、懐かしい画像を見かけました。
「Nipper Goods Official shop」
あのニッパー君の小物店のポスターであるらしい。

折しもこの年末、英国HMVが経営破綻したと聞いて驚いたばかり。
昔ロンドンに行った時、オックスフォード・ストリートの巨大なHMVのCDショップに驚いたものですが
近年はネット配信に押され、経営が成り立たなくなったようです。
HMVは「His Master's Voice」(御主人様の声)の略。
この絵にモデルがいるという話は知っていましたが、その詳細を最近、知ったのでした。



この原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれたのだそうです。
フランシスの兄マーク・バラウドの愛犬ニッパーは、マークの死後フランシスに引き取られたが、
ある日、蓄音機から流れるかつてのご主人の声に聴き入ったのですと。
そのニッパーの姿に心打たれたフランシスがこの絵を描き、「His Master's Voice」と命名。
その後、蓄音機の会社ベルリーナ・グラモフォン社の商標として登録され、その小売部門がHMVを店名に。
日本では「日本ビクター」もこれをロゴマークとして使用、私は長らく「ビクターの犬」だと思っていました。
その日本ビクター、最近あんまり聞かないと思ったら、2011年株式会社ケンウッドと経営統合したのですって。

HMV渋谷店は2010年に一旦閉店した後、近年また開業。
今も元気に営業しているように見えますが…
この先どうなるのかな?
何にしても亡き飼主の声に耳を傾ける犬の姿は、愛犬家には堪りません。

ビクターマークの由来 http://www.victor.jp/nipper.html

#welovegoo
コメント

あけまして

2019年01月04日 | お出かけ
おめでとうございます

お正月は息子たちが帰って来て、賑やかに過ごしました。
一番喜んだのは、タロウであったかもしれません。
尻尾を振りまくり、喜び勇んで兄ちゃんたちの間を右往左往。
いつまでたっても人間の子どもの2歳児のレベルです。

彼らが帰ってしまい、昨日は横浜の温泉「スパ・イアス」に行って来ました。
源泉かけ流しの天然温泉、岩盤浴、サウナ、リラクゼーションスペース、
スパトリートメント&ボディケアなど、身体に気持ち良いこと満載の施設。
ニフティ温泉年間ランキングで2018年、総合1位獲得したのだそうです。


(お店のHPから)

そこのサウナでのイベント「ロウリュウ」というのが面白かった。
「ロウリュウ」というのはフィンランド語なのだそうで、サウナ室の中央に
石を渦高く積み上げ、そこに水を威勢よく何度もかける。
そしてスタッフの男性が、力いっぱいバスタオルを振り回して部屋の空気をかき回し、
アロマの蒸気と熱気を通常よりもずっと強く受けられるというものです。



サウナにはスポーツクラブで年中行っていますが
熱い空気って本当に上に昇って行くのですね。
それをかき回すと、タオルで顔を包まずにいられない程の熱気が下の方に降りてくる。
気持ちよいほどに汗をかきました。
スタッフの若い男性が、やたら明るくかけ声をかけたり飛び跳ねたり。
お正月から元気を貰えて気持ちよいと思っていたのですが
お店のHPを見てみたら、「ロウリュウ」のページには10人程の若い男性の写真が。
そのスタッフの中での人気投票も行われるのですって。
そういう切り口で売っていたのかw



汗をかいて、温泉で流して、帰りに中華街で食事を。
今日から普通の生活に戻ります。
今年もよろしくお願い致します。

スパ・イアス https://spa-eas.com/

#welovegoo
コメント (12)

丸ごと再襲撃事件

2018年12月29日 | 家庭
外から帰宅すると、いつもタロウがワンワン!と吠えながら
玄関に走り出て来て迎えてくれます。
が、昨日は玄関のドアを開けてもシーンとしている。
何かあったのかと心配しながらリビングに入ったら…

床にチョコレートの箱の残骸と銀紙が飛び散り、
タロウが目を合わせないようにして、そこにいる。
やられた。


拾い集めた箱の残骸

未開封の板チョコをリビングのカウンター下の棚に入れていたのですが
その扉が少し開いていたのをタロウがこじ開けて、それを引きずり出したのでした。
チョコは犬には良くないのです。
消化できない食べ物の一つなのだとかで、極端な時は死に至ることもあると。
慌ててかかりつけの獣医師に電話して、診て貰った方がよいかと訊いてみたら
それくらいの量で元気だったら、まあ心配ないでしょうとのこと。
とりあえず、ホッとしました。
その後も下痢をすることもなく、すこぶる元気です。
よかった…



そんなものを手の届く所に置いて外出してしまった私が完全に悪いのですが
しかし未開封の箱に入ったチョコを、丸ごと食べちゃうなんて!
子犬ならともかく、もう11歳のシニア犬なのに。
そう言えば2年ほど前にも、小さなチョコが入ったクリスマスカードを
襲撃されたことがあったのでした。
その時は小さなチョコの断片だけだったので、こんな写真を撮る余裕もあったのですが
今回は板チョコ丸ごと一枚なので、焦りました。
いつまでたっても食い意地は減らないねえと、夫とシミジミ。
今日のタロウの排泄物には、銀紙が散りばめられていました。

#welovegoo
コメント (4)

フィリップス・コレクション展、ゴドノフ

2018年12月27日 | お出かけ


ワシントンDCにあるフィリップス・コレクションは、1921年にニューヨーク近代美術館よりも早く、
アメリカでは近代美術を扱う最初の美術館として開館したのだそうです。
鉄鋼王を祖父に持つダンカン・フィリッスがお金に糸目をつけず集めたという
美術品の中から、三菱一号館に今回75点を展示。





フィリップス・コレクション館長ドロシー・コシンスキー氏によると
ダンカン・フィリップスが最初に訪れた外国は1910年の日本であり、
その時、浮世絵を観て強い感銘を受けたのだそうです。
氏は、日本の浮世絵師たちがマネやモネ、モリゾ、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、
ボナール、ヴュイヤール、マティスなどの先駆けになったと記したのですって。





展覧会の後、すぐ近くの丸ビルのロシア料理「ゴドノフ」へ。
先週のアド街ック天国で紹介された、日本初上陸というモスクワのお店。
ロシアでもついぞ見かけなかったような上品なお料理の数々を、東京駅を眼下に見下ろしながら。
オリビエサラダ、ペリメリ(スープ餃子)、ボルシチ、ビーフストロガノフ、ルシアンティ。
ロマンティック・ロシア展、映画「マチルダ」、ゴドノフときて、今回の私のロシア熱、完結しました。



フィリップス・コレクション https://mimt.jp/pc/

#welovegoo
コメント (2)