つきみそう

27年前出版した処女歌集の名

冬の鷺

2017-01-22 | Weblog

 先日、いつもと違うコースで美容院にゆく途中、用水路の中に鷺の群を見つけました。足を留めて撮影したのですが、背景はあまりよくないです。2015.9.7と2010.12.30に載せいてる鷺は背景に助けられていますが・・・野鳥は自然の中が理想。人の気配に敏感ですぐ逃げていまい、むつかしいです。この日ももっと多くいたのに、半分は飛び立ってしまいました。美容院は母のいる病院に近いので寄りました。いつもは車に乗せて貰いますが、夫に所用があり自転車。撮影ポイントを探しながら・・・

 ところで今日の千秋楽を待たず、昨日大相撲初場所で稀勢の里が初優勝しました。モンゴル勢に勝ってくれたことが日本人として嬉しいです。本人は支度部屋で白鵬が3敗したことを聞き、感極まって涙をこぼしていました。ここまでの長く苦しい道のりを考えると感慨無量だったのでしょう。この勢いで今日も白鵬に勝ち、14勝1敗としてほしいです。

追記;稀勢の里は千秋楽にも勝ち、14勝1敗とし、横綱も視野に入りました。実現すれば日本人横綱は19年ぶりとなります。平成9年若乃花以来ですから。2004年九州場所新入幕から74場所目。

 4年に一度の米大統領選挙も終わり、反対運動もある中でトランプ新大統領の就任式も終わりました。世界中で250万人もの反対運動があったことも歴史的。一つ驚いたのは、台湾が就任式に出ることを中国が反対し、米国に断るよう申し出たとか・・・干渉しすぎでは?

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

公民館短歌会 127

2017-01-21 | 短歌

 雪も殆ど消えて、少し寒さも和らいだと思えば、次の寒波です。そんな中で、今年初めての歌会を開きました。新年の嬉しいニュースは、伏屋さんが県文芸祭の短歌部門に入選されたこと。2/25の表彰式には、私も共に出たいと思います。

 今日の万葉集は15番歌にすすみました。人口に膾炙された歌です。かつて戦没学生の遺書が書籍化され、「聞けわたつみの声」というタイトルになりましたが、この「わたつみ」は、この歌から引用されています。海の神という意味。 

わたつみの豊旗雲(とよはたくも)に入日さし今夜(こよひ)の月夜(つくよ)清明(さやけ)くありこそ

   

今月の一首

元旦を夫と迎へるよろこびよ健康で過ごし夫八十        Aさん

 帰りがけMさんが、「以前貰った本をお貸しします」と一冊を歌集を渡されました。最近はご無沙汰していますが、県では名の知れた松村あやさんの第三歌集「秋の隣で」。もう90歳になられ、県歌人クラブ紙には投稿されていません。平成に改元されたころの懐かしい歌を挙げました。1993年発行。181頁。

平成元年一月八日の霧ふかし霧に濡れたる鴨食いにゆく

わが店の前の欅は枝切られ傷口に八月の月光は射す

天安門学生の死を悼むビラ貼られ凌霄花の花びらの透く

世紀末一人のこされ生きているバッハの響く店を守りて

アララギの実は紅にふくらめる茂吉の墓についに来にけり 

 

国の内外よりのおみやげ

 

松村あやさんの歌集「秋の隣で」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高嶺 2

2017-01-18 | 短歌

 いつも贈呈して頂く「あけび短歌会誌」の記事ばかり書いているので、今度は自分の所属する歌誌「高嶺」について。昭和三年創刊。今月で1010号となりました。結社は文法にこだわりがあるので、そのことを書いて、放送大学ふれあい論文集に提出。題して、「短歌の文法」。近々発行される予定です。

 文法ばかりでなく、植物名の表記にも大変なこだわりがあります。今月の記事の一部を紹介します。趣味の短歌の本というより学術的な本と言えるかもしれません。高嶺では、さざんかを、山茶花と書かないで「さざんくわ」と書きます。
その理由は、牧野植物図鑑に、
和名ハ多分山茶花ヨリ転ゼシモノナラン。然レドモ「さざんくわ」ト訓ズルハ非ナリ。山茶花は元来つばきノ名ナリ、に依っている。
同書では、つばきの漢名に山茶を当て椿ハ和字ニテ春盛ンニ花サク故此字ヲ作リシナリ。支那の椿(チン)と混同スベカラズ、とも言っている。そうして「さざんくわ」の漢字には、茶梅をあてている。
と解説されています。

 高嶺に入会して29年。作品一に掲載されています。昭和の終わり頃、歌誌アララギが分裂して、その後入会。分裂したのはリーダーだった土屋文明氏の死去に伴うものでした。長くアララギにいたので、ショックはありました。

雨に光る夜のきざはし上りゆきけふも見舞ひぬ九十四の母

 

イタリア・ピエンツィア遠望

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クチナシ 2

2017-01-16 | わが家

 雪は、小休止でしょうか。今朝は快晴になりました。昨日の雪はまだ残り、写真を撮ろうと庭を探すと、これまで気付かなかった梔子の実が意外に白い雪に映えることが分かりました。昔、これでさつまいもを染めてキントンにすることを教えられたのに、一度も試していません。自然界の染料なのに・・・白い花は香りもよいので撮影したことがあります。(2006.6.22)  八重もありますが、こちらは当然結実しません。日本・中国に自生するアカネ科の常緑の低木。

追記; FBに頂いたコメントに依ると、クチナシは花も食用に出来るようです。なお、翌日も晴天で雪はすっかり溶けました。

梔子

 

椿

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

初雪 2

2017-01-15 | わが家

 昨日の雪は夕方までには、大方溶けたのですが、昨夜新しく10cmほど積もりました。予報通り昨日より冷え込んでいます。路面が凍結していて、出かける予定は取りやめです。

 我が家の南側には県道が通っていて、日頃は車の騒音が甚だしいのですが、雪の日だけは静かです。凍結してスピードを出さないからです。雪の日は歓迎などと言うと、北国の人に申し訳ないですが・・・放送大学の廣田先生は、お正月、娘さん一家がおられる北海道で過ごされました。先生はお元気で雪かきをされたようです。どんなに大変でも屋根の雪下ろしをしないと家が潰されるのです。それができない老人だけの家庭は、人を頼む訳ですが、費用が5万円ほどかかるそうです。

 ニュースでは、広島のような温かいところでも積雪があったらしいのに、岐阜南部は少ないように思いました。三重県のブロガーのお宅でもかなりの積雪。記録に残ると思います。岐阜でも北部の飛騨はいつも通り豪雪です。

 心配なのは、孫の一人が大学入試センター試験を受けていること。でもこればかりはどうにもならないことです。 

11日にアップした庭の今日の様子 蹲も凍結

久しぶりのつらら

 

さすがに車は少ないです

撮れたのはこの一輪だけ

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

初雪

2017-01-14 | わが家

 当地方も予報通り雪となりました。山間部ではないので、積雪5cm程度。花を撮るのにはこの深さまで。これ以上降ると、花が隠れます。雪かきも15分程度ですみました。早咲きの椿もふるえあがっていることでしょう。山茶花の白は終わり、ピンクもそろそろおしまいです。

山茶花

椿

モチの木

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新年初謡曲会 11

2017-01-11 | わが家

 メンバーの入れ替えが少しあり、事情で長期にお休みの人もありましたが、昨日いつものように新年初謡曲会を4人で開きました。最初は、これも例年のように今年の勅題の「野」から。そして、融、熊野、鵜飼と続きます。夏からOさんも加わり平均年齢が若くなりました。

 謡曲の後は、食前酒のOさん差し入れの岐阜では人気の地酒「甕口」(かめぐち) から。なんとこのラベルの文字を書いたのはOさんのお父上。ご先祖は醸造元。でも縁あって室町時代創業の日本でも屈指の老舗O家に婿養子にこられたのです。今のお店は創業は1590年とか・・・当然岐阜県最古の店です。

 我が家では次男しか飲まないので、価値が分からず申し訳ないことです。飲める人は「おいしい」を連発。いつも出すビールは誰も口をつけません。皆さん満足してくださりよかったです。

 

枯庭ですが・・・

お菓子は叶松寿庵の「あも」(皇室用語で餅の意味)

Mさん、S先生、Oさんと夫

Oさんの差し入れ 甕口 

いつものお取り寄せ

デザートはこれとレモンティ

頂いた鎌倉のお菓子

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

国防女子が行く

2017-01-09 | 

 「中国人の世界乗っ取り計画」を推薦してくれた友人から、河添さんを中心とした4人の対話形式で書かれた、「国防女子が行く」も勧められました。4人とも才色兼備。日本男子もこの人たちに負けないよう、次の日本を背負って欲しいです。草食系にならずに。

 河添さんはさすが中国通らしく、とにかく警戒すべきと、手厳しいです。チベットやウィグルにどんな圧政をしているかを見てみると、中国の体質が分かります。チベットの人たちは嘆いています。「日本人のように優柔不断ため、こんな国になりました」と。弱みにつけこみ国をないがしろにします。中国の最後の目標は天皇処刑。尖閣諸島に接近しても「日本人は発砲しないし、警告だけだから怖くない、何度もする」と息巻いています。

 朝日新聞が慰安婦問題で、吉田証言が虚偽であったことを認めたのですが、これでどんなに日本の国益が損なったのか責任をとるべきですが、もう手遅れ。日本人を貶めてしまいました。もうなくなって欲しい新聞社。釜山の従軍慰安婦像は撤去されないまま。10億円も払ったのに・・・日本の国益を損なう人は、好きなよその国に住めばよいのです。

 この4人のうち、一人は八重山日報の関係者。沖縄の二つの新聞社、琉球タイムスと沖縄新報は極端に左翼的。政治家すら脅かしています。米軍の悪口を捏造。沖縄の人は新聞記事は読まなくて、死亡広告欄だけ見たいために購読料を払っています。尖閣諸島への中国の理不尽な国境侵犯のことも、一行も書かないまま。石垣市の八重山日報はこのことを書いています。いびつな報道しかしないマスコミの責任も大きいのです。でもこの沖縄ニ紙は、数百億円の赤字を抱えていて、利子だけでも大変。中国マネーが支えているらしいとのこと。オスプレイ反対デモの人数も3000人と嘘の水増し記事でした。

 4人の一人に、赤尾敏氏の姪がおられます。日本で唯一の一円玉を作る会社の二代目社長。彼女の高校時代の話も面白いです。教師に、「赤尾の姪」と言うと、驚きで固まってしまったそうです。日教組はバリバリの左。それに対しては大日本愛国党は、バリバリの右ですから・・・

 沖縄の翁長知事は公私にわたり中国との関係が深いようです。娘を北京に留学させ、頻繁に往来。2005年には福州市の名誉市民となり、福州市と那覇市の友好締結30周年の2011年には、訪問団300名を率いて中国を訪問しています。翁長市政の暴走は更に大胆になっていたという情報があります。那覇市長時代、那覇市政からは、表に裏に那覇市の中国化を進めてきた痕跡がうかがえます。もう一つ気になる部分は、「アメリカに完全に見放され、沖縄県民を含む国民の大半に見限られたはずの鳩山由紀夫氏が、中国の操り人形と化しています。」日中友好は悪魔のささやきです。

  

 

 

我が家で収穫したネーブルと甘夏 まだ酸味が強くてジュース用 甘味は追加します

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ガトー・ショコラ

2017-01-07 | わが家

 昨日は、今年はじめての手作りお菓子を頂きました。ガトー・ショコラです。チョコの味が濃い冷たいケーキ。保冷剤が入っていたので、冷凍室に入れて保存。これまで味わったことがない濃密さでした。

 その下は、Iさんの家の玄関に飾ってあったさざれ石。昔は県内でよく産出されたらしく、庭師が売買していたそうです。最近は手に入らないようです。大きな塊は揖斐川町春日の「さざれ石公園」にあり、その公園には、中曽根元総理の石碑があります。学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれます。お正月にアップするつもりでしたが、忘れていました。以下はWikiより。

 日本では滋賀県岐阜県境の伊吹山が主要産地。平成15年9月に宮崎県日向市にある大御神社で、境内の拡張工事中に日本最大級のさざれ石群が発見されました。

 

ガトー・ショコラ

 

さざれ石

頂き物

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良だより 134

2017-01-06 | 国内旅行
 奈良の前田様から、今年初めての奈良だよりが届きました。BCCで送られると着信しないことがあるようです。お正月に送信されたようですのに、昨日ようやく着信しました。以下はメール。
 
 「除夜の鐘を撞きに飛鳥寺へ初詣してきました。飛鳥大仏は国の重要文化財に指定されています。「元興寺縁起」によれば、609年に鞍作鳥(止利仏師)によって作られたとされており、我が国で最初に造られた仏像です。除夜の鐘を撞きに訪れる初詣客先着300名には飛鳥寺の絵馬が授与されます。」
 
 下段は昨日の年賀状のつづきです。
 
飛鳥大仏
 
絵馬
 
 
絵手紙をいつも頂くT先生
 
T先生の教え子 先輩のKさん
 
つくりが鳥の文字何字読めますか 元校長O先生              新幹線の窓から撮られた富士山 Hさん
 
 
 元県美術館長 Fさん                                                 夫の友人 Gさん
 
 
 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加