つきみそう

28年前出版した処女歌集の名

銀座観世能楽堂へ

2017-05-22 | 映画・TV・演劇

 24年前、東京に居たときに知り合ったTさんから毎年謡曲の発表会の案内状が届きます。行きたいのはやまやまですが、そう簡単にはいきません。でもここしばらく妹の見舞いに上京しています。彼女の発表会に日程を合わせて、思い切って拝見することにしました。彼女は「班女」の舞囃子。謡曲本は夫の書棚から借りることにしました。あらすじを見てみると、なんとシテは、岐阜の関ヶ原の野上の「花子」という女性。ワキは京の都の人。

 Tさんとはこの24年の間に何度か会っています。昨年1/13にも五島美術館へ同行した記事、そして2013.5.1にも関連記事があります。

 ようやく長年の約束を果たせました。昨日妹見舞いもあり、上京。彼女舞囃のステージを鑑賞することが出来ました。よく上京しても銀座に寄る時間はなくて、久しぶりに地下鉄銀座駅で下車すると、様相はすっかり変わっています。松坂屋がありません。そのビルは改築され、そのビルの地下三階に銀座観世能楽堂がありました。彼女の班女の舞囃は素晴らしかったのですが、撮影禁止。夫の本で何とか彼女のシテの部分を目で追うことができました。写真は改装された新しいビルGINZA SIX。 この他参議院見学も済ませました。この記事は明日に。

 

 

地下3階に能舞台のあるビル

当日の頂き物

 

たまたま夫宛に頂いた葉書

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

公民館短歌会 131

2017-05-20 | 短歌

 昨日は一足飛びに夏が来たような暑い日でしたが、予定通り短歌会を開催。前回の万葉集第16番のつづきです。額田王の歌を読みゆくうちに、杜甫の春望を思い出す句にぶつかり、高校時代学んだこの五言律詩を復習することにしました。さてどこまで思い出せたでしょうか。

 国破山河在 城春草木深 感時花濺涙 恨別鳥驚心 烽火連三月 家書抵万金 白頭掻更短 渾欲不勝簪

 今月の歌は、兜の数え方についての話題に及びました。数え方は幾通りもあり、「頭」、「刎」、「具」などなど・・・ここからふさわしいものを選びます。

初節句迎へて孫は九ヶ月兜飾りが二頭並ぶ    Fさん

 

 午後は放送大学の国語講座と英語講座。国語の山田先生は、珍しい古文書が手に入ったとご満悦。愛知県起(おこし) 町で昭和初期から発行された地方誌で、薄いですが、何年かに及びます。ガリ版刷から戦後は活字印刷になります。全部で50冊くらいでしょうか。欠番のものが欲しいそうです。土俗趣味社の「土の香」というタイトルの本を持っておられたらよろしくということでした。 

ガリ版刷から

活版へ 

 先生はイタリア語も堪能。生徒は何を質問してもよいことになっているので、訊いてみました。友人が「ドイツ語でヘンデルのラルゴを昔歌った」と言うので、私はどう見ても歌詞はイタリア語かラテン語と思うので質問。やはりイタリア語でした。友人はヘンデルがドイツ人なのでドイツ語と思っていたようでした。そのころ音楽家はイタリアに傾倒。歌詞もドイツ語では美しくないので、イタリア語。イタリアは音楽家のあこがれの国だったようです。南に行くほど・・・ヘンデルはイタリアで過ごしました。ドイツとか英国のような北方は、辺境ということです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

白内障

2017-05-19 | 学校

 放送大学岐阜学習センターでは、講師資格を持つ人が少なからずあり、昨日は視能訓練士のAさんが、白内障の話をされました。日本では年間数十万人が手術をされているという、身近な話題です。資料は13頁もありましたが、この頁以外はネットからのものであるため公開はやめてほしてということで、彼女が図を作成したこれだけです。

 まず、緑内障は失明の危険がありますが、白内障は手術すれば恢復するのでそれほどの心配はないと言うこと。緑内障は完治はしなくて一生薬をささねばなりません。早く発見しないと失明します。白内障は、視界がかすむ他に、視力低下、物が二重三重に見える、光をまぶしく感じたり、遠くが見えにくくなるようです。原因は加齢にる水晶体の白濁。手術は、濁った水晶体を超音波で砕いて、人工の水晶体に置き換えます。世界中で、大抵単焦点レンズが使用されます。点眼薬は、水性⇒懸濁性⇒油性の順に5分以上あけてさします。一回の点眼量は一滴。

 結膜の充血を気にして点眼薬をさす人がありますが、ステロイドが入っていることが多いので、避けたほうがよいとか、訳のわからない点眼薬より、生理的食塩水の方がよいということなど、質問にも応えて下さいました。 午後は、母を見舞い、妹からのカーネーションのプレゼントを撮影。水代わりに赤いゼリーが入っていて、5日経っても萎れません。

 

 

妹から母へのブレゼント

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ペイ・フォワード

2017-05-18 | 映画・TV・演劇

 今年1/26に続いてWFWP事務所で、DVDを鑑賞しました。ハーストーリー誌3月号で取り上げられていた2000年封切の米国映画「ペイ・フォワード」可能の王国。原題は、"Pay it forward". 米国の中学校での一コマ。先生は、ある日、「もし君たちが世界を変えたいと思ったら何をするか?」と問います。11歳の少年トレバーは、考えた末、「ペイ・フォワード」を提案。自分が受けた善意を、相手に返すのではなく、別の人に渡すことを言います。彼は3人の相手に渡すことを提案したのです。 

  直訳すると「先に払う」の意味ですが、「ペイ・フォワード」の仕組みはこのようなものです。AがBに与える。BはAに恩を返すのではなくCに与える。CはAやBに対して恩を感じながら、つぎの世代へより多くのことを伝えていくのです。 この流れで、彼はホームレスを自宅に招いたり、自分の母親と教師を間をとりなしたりします。しかし、思いがけない少年の死という悲劇的結末となります。

 アル中、家庭内暴力とか米国の社会問題の深刻さは並々ならぬものがあります。周囲のアブノーマルな大人の中で健気に生きる少年は、最後は子供に刺殺されてしまいます。病んだ米国社会の犠牲者と言えましょう。子役の演技がひかりました。

下段の写真は会員宅の「孔雀サボテン」。

トレバー少年役のハーレイ・ジョエル・オスメント(ネットより)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は母の日

2017-05-15 | わが家

 昨日の母の日は、午前中には長男宅から枕のプレゼントが届きました。立体的にも見えるカードも珍しかったです。これまでは枕はテキトーにすませていたのですが、これは高さを調節できるもの。中のマットを出したり入れたりして・・・

 午後からは、最年少の孫とともに次男一家が台湾から来てくれました。。8月に帰国することとなり、東京での家探しのための休暇を貰い、ようやく生後2ヶ月の孫と初対面です。母の見舞いもしてくれて慌ただしい帰郷でした。夕食はお寿司。台湾にもお寿司屋さんはあるようですが、味はいまいちのようで、特に寿司飯はちょっと・・・母の日ということで支払いは次男。味は満足してくれました。

 

高さの調整できる枕

立体的にも見えるカード

はじめまして

曾祖母とお医者さんごっこ

お姉さんのつもり

台湾と東京のおみやげとカーネーションの鉢植え

夕食は日本食

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

古今伝授の里短歌大会

2017-05-14 | 短歌

 今年も郡上市から古今伝授の里短歌大会の案内が届きました。一昨年のこの大会に、月見草会員の方が入選したことから数も増加。それに白山の法楽連歌大会のお誘いも入っていました。白山開山1300年の記念行事。法楽連歌というのは、神仏を喜ばせるために社寺に奉納するためのもの。こちらは即詠しなければならないので、ちょっと無理でしょうか。白山信仰の岐阜県側の拠点として栄えた白山長滝神社への連歌奉納です。石川県側の拠点白山比咩神社には二度行きましたがこちらは未訪。白山比咩神社の記事は、2014.9.30. 今年は、泰澄(たいちょう)大師が白山を開山して1300年です。

 古今伝授の里に最初に行ったのは20年前。次に行った10年前のことは、2008.6.21に書いています。岐阜と千葉についての関係が、この時代に始まりました。

 封筒は、ずっしり重くて100枚くらいは入っているようでした。改めて内容を確かめると、もう一種のちらしも入っていました。もう亡くなられている小瀬先生の歌論の展示案内。先生は父の恩師の息子さんで、岐阜県歌人クラブの元会長。2004.8.3の記事には、先生と並んだ写真をアップしています。

 最下段の写真は、京都の妹からのみやげのお茶とお菓子。母の見舞いに・・・

 

 古今伝授の里短歌大会案内

法楽連歌大会の案内

小瀬先生の歌論

一保堂のお茶と玉壽軒の紫野

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

手作りお菓子 4

2017-05-13 | わが家

 昨日、旧知のKさんから手作り草もちをいただきました。昔ながらの方法で作られています。よもぎは春先しかないはずですが、摘んで、茹でたものが冷凍庫に保存してあるのです。無論あずきも自身で炊いて餡が作られました。防腐剤ゼロの美味しさが口に広がります。昔祖母が作ってくれた時の味がしました。皮によもぎを練りこむ作業は、電気もちつき機でされます。

 彼女は草もちばかりでなく、すべての食べ物にこだわりを持ち、防腐剤がないと作れない練り物は口にしません。電子レンジは電磁波が大量に出るので、使用しません。スマホも電磁波が出るため、防止チップをつけておられます。これは私も彼女に習い、付けています。遺伝子レベルで危ないので、孫にプレゼントしました。 

 

おはぎ

頂き物の絹サヤ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

WFWP会長のこと

2017-05-12 | Weblog

 WFWPのH会長が、名古屋での支部長会議の席で1時間余語られました。時には涙しながら・・・
5/9でしたが、どこから紹介してよいかと惑うほど濃い内容のお話でした。 韓国留学中のこと、早大生時代のこと、WFWP中東女性会議がどんなに意義のあることかということ。

  何千年も敵対関係のイスラエルとパレスチナが同室で対話したことは奇跡と言えるのです。 世界にボランティアで派遣活動していることがどんなに価値のあることかと言うこと。継続は力です。 外務省も完璧にこの活動を認めています。その栄えある席に招かれたことなどなど・・・

 いま会長に最もふさわしい人です。

 

 昨日、1300年の歴史を持つ長良川鵜飼がスタートしました。これから10/15まで満月と洪水のとき以外は開催されます。昨日は38隻の観覧船に1000人のお客様があったようです。今年は、信長の岐阜入城の450年目の記念ということで、新しい観覧船が進水したようです。それに新人の船頭も・・・船の名前は、岐阜市長の命名による「信長丸」。

金山駅で撮ったラッピング電車

岐阜駅前のヒトツバタゴ

牡丹の次は芍薬

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万葉集研究

2017-05-10 | 

 他のサイトでおつきあいしているKさんが、「万葉集を訓む」第4巻を先ごろ出版されました。毎号注文しています。万葉集はすべて万葉仮名、つまり漢字で表現されています。それを一から解読する勉強をしておられます。定年後取り組まれ、本日5/10現在で869首目。4200余首ありますから、あと何年かかるでしょうか。遠大な取り組みです。その一番から私の公民館短歌会は教材として使わせていただいています。こちらはまだ18首目。無論本人から了解を得ています。この4巻には、150-193番歌が収録されています。厚さは2cm余り。421頁。1-3巻も同様の厚さ。Kさんはまだまだお元気で、富士山まで登頂される方ですから、大丈夫です。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

君は思春期をどう生きる

2017-05-08 | 社会

 一昨年4/27に続き、講話を聞くのは二度目ですが、昨日は首記のテーマで、福井県にお住まいのI先生のお話がありました。先生はもう福井では10000人の高校生、中学生に講義をされ、自己抑制教育を推進しておられます。すでに、前回と2011.2.28に性感染症についての内容は書いていますが、依然として日本のエイズ罹患率は上昇するばかり。先進国でトップの勢いです。親も先生も黙認しているからです。日本のアダルトビデオなど性産業は2兆円の規模。最悪の環境です。各務原市に集まった180人の中には中学生、高校生の姿もありました。

 エイズに罹ると、一生高価な薬を飲まなければならないし、飲んでもエイズウィルスから開放されることはありません。完治しないのです。自覚症状は軽くても、人には感染させます。知らぬ間に感染していて気づいたときは手遅れ。その深刻さをどれだけ日本の中高生たちは分かっているのでしょうか。教える大人がいません。大人も詳しくは分かっていません。自分だけは罹らないと思っています。ところが日本の患者は25000人。世界ではアフリカが最大で、死者は戦死者より多く、3000万人を超えました。以前は異性間の性交渉がエイズ感染のトップでしたが、最近は同性間の性交渉。

 実例を上げると、16歳で一度だけ米国白人男性と性交渉し、罹患。22歳でエイズで亡くなったといういたましい日本女性があります。この女性が中学生の時この講座を聞いていたら死ぬことはなかったのに・・・日本女性は白人男性に弱いのでしょうか。たとえ、エイズにかからなくても、他の性病の可能性もあり、望まない妊娠で苦悩を背負うことになるかもしれないのです。岐阜県では周辺都市の高校からの出前講義の依頼が少しあるだけで、孫が行っている岐阜高校も受け入れてくれません。主催は、心を育てる性教育研究会。

 

 

 

満員で最後列からしか撮れず・・・思い切りカメラを持つ手を上にあげたのですが・・・

AIDSの説明

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加