動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通りを眺めて

2018年10月26日 | 可愛い子とご家族のお話
そろそろ秋の気配を感じる10月の晴れ間、これまで何度も火葬を依頼された方が先代の子の忌明けと同じ年齢で夕べ亡くなったワンちゃんを連れて来園されました。
斎場でお別れの後、ご主人がこれまでのいきさつを話して下さいました。
先代の犬が死んでから数日後、惜別の涙も乾かぬ間に自宅兼勤務する敷地のすぐ脇の森で生後一年と満たぬ今回のワンちゃんと出会いました。
その姿はまだあどけなく成りは大きくとも仕草は仔犬然としており、人の挙動に怖がる様子でした。
「あっ、こりゃ人に叩かれてたんだなっ!」
ご主人は犬との生活の経験から推察し、ともかく不用意に徘徊し交通事故に遭わぬよう先代が残した鎖で繋いで保護、明らかに捨て犬状態でいるので所轄の警察に連絡相談しました。
話の結果、動物保護センターに連れて行くか現れるはずのない元の飼い主が引取にくるかの2択と答えは分かっていたものの自分の方針も定まらぬまま時が経ちます。
勤務地の入り口では、それでも元の飼い主が迎えに来るのではなかろうかと犬は通り行く人や自動車を首を振り眺め、見覚えのある車両や面影を見つけると門を飛び越え運転者に怒鳴られ、中には石を投げつられた事もありしょんぼりした姿が忘れられなかったそうです。
それ以来、元の飼主などどうでも良い存在とし十数年の苦楽を共に今日に至りました。
斎場では一度決めた事、口に出した事をやり遂げる事を信条とするご主人は前日に目を落とした子のお別れをなさっておりました。


コメント

黒アゲハ

2018年07月26日 | 可愛い子とご家族のお話
暑さみぎる7月の朝、県内に於きましてワンちゃんとご家族をお迎えしました。
ご家族は一週間ほど前に体調を崩し寝たきりになったワンちゃんを、それまでの庭の小屋から冷房の効く建物内で看病をしておりした。
飼い主である娘さんは難病生活を強いられワンちゃんの介護はもっぱらお母様が担い、亡くなるまでは床擦れにならぬよう寝返りをさせたり傷の消毒の施しをなさっておりました。
葬儀当日、準備が整いお迎え待ちのひととき、ご家族がこれまでの思い出話をしておりますとどこから入ったのか黒いアゲハ蝶が家の中で羽をぱたつかせお母様の肩に落ち着きました。
さほど驚く事も無くお母様は懇談の仲に加わった小さな生き物を羽が痛まぬ様に両の掌で優しくつまみ窓の外へ放しましたが舞い戻り再び肩に乗る・・これを2回繰り返したそうです。
私がお迎えのチャイムを押すと同時に黒アゲハは何か役目を果たしたかの様に外へ飛び立った姿に「きっとお母さんにお礼を言いに来たんだよ」と亡くなったワンちゃんが姿を変えて最後のお別れをしてくれたんだ、と娘さんが労いの言葉を掛けておりました。


コメント

出戻り娘

2018年06月16日 | 可愛い子とご家族のお話
梅雨の合間、これまでも亡くなったワンちゃんの火葬を請け負った方へ何度目かのお迎えをいたしました。
訪問先の軒先でご近所の方が出迎えて下さり、玄関から依頼されたご夫妻が箱に納まったワンちゃんを大事そうに小脇に抱え自動車に同乗しました。
今回火葬されるワンちゃんは数年前火葬されたワンちゃんの子供で、生後半年で親戚の方に里子に出したそうです。
それから10年の歳月が経ち行った先の飼い主が病に伏し、とても犬を飼える環境では無くなり話し合いの結果、お家に連れ戻しました。
「まるで嫁に行った娘が出戻りした感じだった」と、ご家族は当時の気持ちを素直におっしゃいました。
その後「嫁ぎ先」の主は回復する事なく故人となりましたが、その方の分までワンちゃんを可愛がって過ごしました。
斎場におきましてご家族は亡くなったワンちゃんの名前を何度も呼んであげてお別れとなりました。


コメント

森の狸と和尚様

2018年05月29日 | 可愛い子とご家族のお話
小学校で春の運動会が行われた五月の週末、前日よりお電話をいただきました市内のお寺さんへお伺いしました。
境内でも児童たちの声が響きわたり門戸の先の作務所で和尚様が出迎えて下さいました。
今回お伺いしたのはお寺周辺に生息する狸が境内で死んでたの事で作務所の奥には白いシーツを骸布として包まれた遺体が安置されておりました。
お棺に納めていたところ、お寺の檀家さんであり当霊園を以前から利用されている男性が立ち寄り和尚様も交え昨日までのお話しをして下さいました。
狸の遺体を見つけたのはこの男性で檀家としてお寺の清掃奉仕をしてた最中でした。
山林に囲まれたお寺の周辺は自然が豊かで昔から狸が徘徊しておりましたが、ここ20年は餌場のドーナツ化現象なのでしょうか狸の姿はそれまで見る事はありませんでした。
この狸との出会いは今から1年程前、夕暮れの笹払いをしてると繁みの奥からカサカサと人ではない何かの生き物の足音が聞こえ目を凝らすと葦色の毛並みから狸だと分かり、その姿は森の緑と相まりとても綺麗に見えたそうです。
檀家さんからの目撃例はありましたが狸は決して人慣れはせず周辺の農業被害や境内を荒らす事もなくひっそり生き行く様から和尚様は無理な餌やりや干渉をしないよう関係者や訪れる方々に協力してもらいました。
四季を通じ何故か節目の時に姿を現す狸を皆それぞれに不思議に思っていたそうです。
鳥獣保護の観点から死体発見後、行政関係に連絡し今回のお迎えに至り和尚様に案内された本殿脇の案内板には狸について協力してくれた事への感謝の気持ちと荼毘に伏した事を美しい楷書書きで記されておりました。


コメント

井戸の水と百合の花

2018年03月29日 | 可愛い子とご家族のお話
春の芽が息吹だした3月のお迎え朝、市内のご家庭にワンちゃんのお迎えに伺いました。
お医者さん通いをしてたワンちゃんを案じ飼い主である奥様は数日前から当霊園に問合せの電話をして下さいまし、この日のお別れとなりまりました。
お家の傍には小高い丘の小さな小屋の中には井戸水のポンプがありワンちゃんと一緒の毎日バゲツを持って水を汲むのが日課だったそうです。
お迎えから数日後、ご家族が百合の花の香りが大好きだったワンちゃんに大きめのペットボトルに汲んだ井戸水と共に墓前に供え手を合わせておりました。

コメント

残り雪

2018年02月21日 | 可愛い子とご家族のお話
この冬は4年ぶりに関東地方に大雪警報が1月に発令、その後も肌を刺すような寒い日が続き積雪から10日経っても日陰の隅で雪の塊が小さくなりつつ鎮座する光景を至る所で見にしました。
梅の蕾が少しずつ大きくなり始め乾燥した冷気の中、やはり数年前の今日のような寒い数年前の2月に猫さんを亡くされた方がお塔婆を立てにお参りにいらっしゃいました。
この方のお家は先々代から市内で小さな商店を生業として創業時より近所の彷徨く猫が寄り付き半ば猫の方からなし崩しに飼われにくるのが常らしいです。
これまで三毛猫、トラ猫、キジ猫様々な毛色が居ましたが大雪から数日後の小さくなった残り雪を軒先で目にすると白猫が寝転んで人を招いてる姿に見えてしまう、とおっしゃいました。
皆さんもふと目にした光景の中に可愛い子を思い出す事はありませんか?



コメント

未来のロックスター

2017年12月21日 | 可愛い子とご家族のお話
澄みきった空。大寒並みの12月、陽は照っていても寒い日和、県内に於いてワンちゃんのお迎えをいたしました。
朝からの問合せ、受付に電話を下さったのは年配のご婦人でお迎えにあたりましては同じ建物が何棟もある自宅を迷う事のないように通りまで出て来て下さいました。
歳柄、痛めた膝を引き摺りつつ歩く後ろ姿に案内され玄関広間のゲージに横たわるワンちゃんの姿が目に入りました。
お棺に納めるタオルを用意する手先の奥から東京に住まいを移したお孫さんの事を話し出しました。
元々、ワンちゃんはお孫さんが飼いだした犬でしたが親子三代諸々の事情により離散、お婆ちゃんであるこの方が引取り一緒に暮らしておりました。
成人して間もないお孫さんは一人東京に立ち現在は音楽学校に通い未来のロックスターを目指し懸命な日常を綴った手紙を一人残った祖母に時折送っておりました。
祖母もまた可愛がっていたワンちゃんを看取り見送る事を孫に伝える事を今日の用事として家族が皆映る写真を片目に筆を走らせたいとおっしゃいました。




コメント

兄弟に贈る花

2017年11月27日 | 可愛い子とご家族のお話
街路樹の葉も舞い散りきらした11月の或る朝、猫さんのお迎えをいたしました。
平日の通勤時間はとうに過ぎた街道沿いの飲食店の扉を開けますと店主であるご主人が厨房で仕込みの作業をなさっていて迎えに来た事を話すと、同時に壁に貼ってある写真に顔を向け今回の猫さんについてお話をしてくれました。
写真に写るのは良く似た2匹の猫でリビングでくつろぐ仲良しの姿が客席の側に良く映えて、1匹は今回迎えに来た弟、1匹は2年前の夏にお迎えした兄。
兄猫をお迎えした時と同じようにご主人は開店前の準備を勤しみつつ歳を重ねた近所のお馴染みさんやお客様も犬や猫が話し相手になってくれ励みになると話して下さいました。
作業が一区切り着き座敷の奥から猫さんが横たわる段ボール箱をお店の入口に移動し、側にお花の写真を添えてあげました。
写真撮影を趣味としているご主人は四季様々な風景を店内に掲示し猫さんに持たせたのは秋の空にたたずむコスモスの花。
2年前、兄猫を送り出した時は夏の暑い盛りで太陽に顔を向ける元気なヒマワリでした。
また同じ季節になり撮影した所に行く度、猫さん達の事を思い出してあげよう。そんな気持ちでご主人は仕込みを再開しました。


コメント

かくれんぼ

2017年08月29日 | 可愛い子とご家族のお話
曇り空が続く8月のある日、数週間前から問い合わせをいただいた方から夕べ遅くに
ワンちゃんが亡くなったと連絡を受け街が喧噪する前の朝お迎えに伺いました。
玄関先では宅の奥様が出迎えて下さり座敷で横たわるワンちゃんをお棺に納めふと見上げた目線の鴨居には
真新しいと思われる男性の肖像写真が掛けられておりました。
今から約7年前、ある事情からワンちゃんを犬小屋ごと引き取る事になり晩年と呼ばれる年代に入った夫妻は
ワンちゃんの面倒を見る事で巣立った子供たちに寂しさすがる事なく二人きりの生活の幅を広げ気持ちはいつも明るいものとなりました。
ご主人は毎日、庭の犬小屋の前でしゃがみ「いないいないばあっ!」
とワンちゃんと声を掛け出てきた所を小屋の陰に回り後ろから
「ばぁ!」と顔を向き合い撫でてあげるのがもっぱらの日課となりワンちゃんもかくれんぼを楽しみにしていたそうです。
一年前、ご主人が持病の悪化により肖像写真の人となりワンちゃんは庭でかくれんぼをしてくれる人を探す素振りを続けておりました。
ワンちゃんが亡くなる数日前、夏休みとお爺さんの法要が重なり来訪したお孫さんが最後のかくれんぼの相手をしてあげました。


コメント

小さな友達

2017年07月29日 | 可愛い子とご家族のお話
蝉しぐれが聞こえだす夏の空、県内から数十年に渡り保護してた野鳥が亡くされたご家族が来園しました。
何度か当霊園を利用なさってるご家族の歴代のワンちゃん達は今回葬儀をする小鳥とはとても仲が良く家の中ではお互いが面倒をみたり探し合ったりしておりました。
本日も留守番を担うワンちゃんはご家族が葬儀に向かう時に家の中では姿を見せなくなった鳥を探して寂しい様子で探し回っていたようです。
気持ちを察してか、ご家族は帰り道で友達の身代わりとなれるかどうかは分かりませんが小鳥のヌイグルミを買いワンちゃんに与えようとお考えなさいました。




コメント

同居猫

2017年06月18日 | 可愛い子とご家族のお話
梅雨入りした日曜日、数年ぶりにワンちゃんのお参りにいらっしゃった方が本堂に挨拶がてら近況をお話して下さいました。
当霊園には2体のお骨を預かり、1体目のワンちゃんの時はお父様の名義、2体目の時はお母様の名義でありました。
お話しというのは御両親がこの数年の間に他界、お家の身辺整理などからご無沙汰になった事とそれに伴い名義を自分に変えて貰いたいという事でした。
入口での話声に出てきた事務所の黒猫の顔を見て「今は猫を飼っているんですよ」と話を切り出し黒く狭い額を撫でました。
お家に居る猫さんはお父様が亡くなった直後、親族への用事でお出掛けの帰りにお母様の後を付いてきた事がきっかけで数年間は庭の周辺で地域猫となっておりました。
その数年の間、お母様が脳梗塞により寝たきりとなり、およそ6年間の介護生活でいつの間にか子孫を増やした庭の猫を飼い猫として受け入れました。
両親亡き後の家は一人ポツンと寂しい思いをする以前に同居している猫たちの世話を欠かせず忙しくしているそうです。
コメント

お遍路さんと白犬

2017年05月27日 | 可愛い子とご家族のお話

新緑が眩しい5月、前日からお電話をいただいたご家族の元へワンちゃんのお迎えをいたしました。
案内された茶の間には毛足の長い白い犬が奥様により花を添え骸布されておりました。
ご家族は四国からワンちゃんと共に千葉に移り住みました。
ワンちゃんとの出会いは四国在住時、通り行くお遍路さんの後を付いてきたワンちゃんを保護した事がきっかけとなり今日に至りました。
八十八か所のうちいくつかの霊場巡りを勝手に付いてきた犬と共に歩いてたお遍路さんの困り果てた表情からご家族が声を掛け事情を察し条件を満たし犬を引き取ったそうです。
ワンちゃんに巡礼をしてた意識はなかったのでしょうがこのご家族の元で旅の仕舞い迎えました。
コメント

春の片付け

2017年04月29日 | 可愛い子とご家族のお話
今年も新年度を迎えた4月の第1週目、月に一度ワンちゃんと猫さんをお参りにいらっしゃる方が
にこやかに本堂へお声を掛けて2枚の写真を上着のポケットから取り出し見せて下さいました。

何でもこの4月に息子さんが就職先の会社の寮生活となるので荷物の整理や掃除などを手伝ってると
棚のインデックスから息子さんが撮影した写真がギッシリ入ったアルバムを見つけ
開いて見ると様々な風景、乗り物、建築物が種類別に整列され中でも
動物の項目に当霊園の猫の画像がありました。
数年前、亡くなった猫さんのご供養をした際に本堂に
挨拶に出てきたところを撮影して下さい、
こちらも今は亡き葦毛がかった猫の画像を懐かしく思いました。
片付けをしてるうちに昔の写真や雑誌が出てきて当時の自分や家族、
ワンちゃんや猫さん達を思い起こす事は誰でも経験する事ではありますね。
お声を掛けて下さった方もつい昨日の事のように話をして下さいました。





コメント

見送るお友達

2017年03月29日 | 可愛い子とご家族のお話
ほんの少し冬の寒気が戻った3月最後の週。
街道の桜の蕾が大きくなりだした市内の住宅街へワンちゃんとご家族をお迎えし、ご自宅の前ではご主人が出迎えて下さりワンちゃんの納棺出棺をご主人自ら奥様と仲良しのご近所さんの手伝いを受け行いました。
いよいよ出発をするとき見送るご近所さんが庭の垣根を見て「あっ来た来た!」
視線の先には植木の隙間から縁側を覗く赤い首輪を掛けた猫さんがいつもいるワンちゃんの事を探す仕草をしておりました。
ご近所同士のワンちゃんと猫さんはとても仲良しで朝のお散歩では毎日近隣の公園で挨拶を交わし、晩年で動けなくなったワンちゃんの事を同じ時間にお見舞に来ていたそうです。
仲良しを亡くし寂しい気持ちになるのは人間だけじゃないのかも知れませんね。

コメント

お爺さんと串団子

2017年02月23日 | 可愛い子とご家族のお話
梅の花も咲ききった2月。
市内のに於きましてワンちゃんのお迎えをいたしました。
明け方に亡くなり平日の朝はご家族の日常、夕方でなければお家に帰れないと言うこともあり、お伺いしたのは日の傾く頃となり到着し自動車を寄ますと下校時間の息子さんと家の門をくぐるタイミングが重なりました。
茶の間でワンちゃんをお棺に納めるにあたり家族の皆さんがそれぞれ持たせてあげたい物を持ち寄りますと一家のお爺さんが「あー、お団子さっき食べちゃった!」と嘆きはじめました。
ワンちゃんはお庭の椅子でお爺さんと池の鯉を眺めながらお団子を食べるのが大好きでいつも傍におりました。
年老いたワンちゃんが庭の椅子に座ったお爺さんの膝に甘えて前足を這い蹲る位置が段々低くなって行くのがわかり、先祖のお迎えがくるのは自分が先かお前が先か・・と毎日お喋りをしてるうちに今日の日を迎えます。
別れ際の失念にしょんぼりしてるお爺さんに幼い兄妹が自分たちのお菓子を手渡しワンちゃんの懐に入れてあげました。

コメント