動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

お正月の準備

2011年12月28日 | 園内の整備・準備活動
毎年12月28日に行っている、しめ縄の飾り付けをいたしました。
P1020608

P1020609

今回もお地蔵様にはセンリョウをお供えいたしました。
P1020610




コメント

幼い頃の手紙

2011年12月24日 | 可愛い子とご家族のお話
穏やかに晴れ渡る12月24日
一組のご家族が前日の夜に亡くなったワンちゃんのご葬儀に来園されました。
ご家族は約21年前に当霊園でワンちゃんを火葬され、お骨は現在に至るまでお堂に納骨されておりました。
本日は、その後19年間生活を共にしたワンちゃんがお亡くなりになったのを機に、先代のワンちゃんのお骨を共同墓地へ埋葬される事としました。
供養を行うにあたり、ご家族と一緒に先代のほとけ様を本堂の祭壇へ移そうとしましたら、納骨壇の奥に折りたたまれた朱色の折り紙ありました。
私はそれを手に取り「懐かしい物がございました」と、ご家族のお一人に手渡しいたしました。
折り紙はその方が幼少の頃、先代のワンちゃんに書いた手紙で、21年間納骨壇のほとけ様の傍らに添えられておりました。
照れながら受け取りながらも、皆様懐かしんでおられました。
It001





コメント

クリスマスのお飾り

2011年12月16日 | インポート
今年も構内の休憩所にクリスマスに飾り付けをいたしました。
電飾は施してはおりませんが、賑やかな感じに配置しました。

Ncm_0093

Ncm_0094




コメント

8年間のお姫様

2011年12月15日 | 可愛い子とご家族のお話
日の傾きかけた日曜日の昼過ぎに千葉市中心街にお住まいの方のお宅へ猫さんのお迎えをいたしました。
混雑した休日の駅周辺を通り抜け、ご家族のもとに到着しました。
優しい日だまりの縁側に16歳を迎え前日の夜お亡くなりになった猫さんがお庭の咲いていた色とりどりのお花と共にお棺に納まっておりました。
縁側の奥の居間の方からは、別の猫さんの鳴き声が聞こえます。
鳴いていた猫さんは8年程前に遠くアメリカから来日し、お宅で暮らす事になりました。
と、同時に昨日亡くなった猫さんは当時、自ら二階の寝室に入り一生を終える一か月前まで一歩も外に出る事無く過していたのだそうです。
猫さん達の都合は人知の超えた所にあるのでしょうが、ご家族のお母様は寝室に入り込んだ猫さんをご自宅のお姫様と位置付け、居間におられる猫さん共々大事にされていたそうです。
Nh1216


コメント

冬の到来

2011年12月10日 | 季節・空模様
今朝はこの冬一番の最低気温となりました。
当霊園の周辺の初冬の風景を撮影しました。
Ncm_0083

Ncm_0084

Ncm_0085


この日の夜は皆既月食にあたり、21時30分を境に月が欠けてきました。
Img_0002_2
寒さと時間の兼ね合いで食の最大での赤い月を見る事は出来ませんでしたが、自分と自然の関わりを感じ取れました。






コメント

納めの水天宮

2011年12月01日 | 季節・空模様
12月5日は納めの水天宮にあたります。
「水天宮」(すいてんぐう)は、福岡県久留米市の水天宮「久留米水天宮」を総本社として、古来、農業、漁業、航海業者間に信仰が篤いのみならず、子供の守護神、安産の神として、また、病難、水難除け、火災などの除災招福の神として信仰されてきたそうです。毎月5日が縁日となっています。従って、一年最後の縁日である12月5日が「納めの水天宮」ということで、多くの参拝客で賑わうそうです。
Ema1




コメント