動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

遅咲きの彼岸花

2011年09月30日 | 動物・植物
秋のお彼岸が過ぎ、霊園内ではようやく彼岸花が咲き出しました。

Ncm_0116

遅く咲くのは当霊園の位置する所が標高が高く、朝の気温が低く湿度も低い為です。



コメント

平成23年 秋彼岸会合同慰霊祭をとりおこないました

2011年09月23日 | 行事・出来事
平成23年9月23日 第1日目

台風15号も過ぎ去り、秋の乾いた空気も気持ち良い3連休の初日
天候に恵まれ、朝から絶え間なく多くのご家族がお参りにいらっしゃいました。
Ncm_0083


納骨堂入り口と本堂の脇には生花のスタンドを置きました。
Ncm_0073


当霊園の新名物猫となりましたチビスケが来園された方々を出迎えておりました。
来園された、たくさんの子供さん達に遊んでいただきました。
Ncm_0077


今回も皆様の願いが可愛いほとけ様達に届きますように行事を全うしたい所存です。


平成23年9月24日 第2日目

気持ち良く晴れ渡り、行事2日目の朝を迎えました。
Ncm_0088

Ncm_0085


午前の部の読経のご参列いただいた御家族から自家栽培された白茄子をいただきました。
形がウリ坊の兄弟みたいに可愛いかったので祭壇にお供えいたしました。
Ncm_0092


午後からは家族連れの方が園内でアマガエルを見つけました。
実はこのカエル、数十分前に別の方にも発見されていて園内を徘徊していたのです。
Ncm_0095


行楽地、あるいはご先祖様のお墓参りに帰りに当霊園に寄られた方々も多かったです。
遠方から待ち合わせをしてお参りされた御家族もおられました。
Ncm_0096


閉園時間となり、空を見上げると秋空の綺麗な夕焼けが印象的でした。
Ncm_0099


平成23年9月25日 第3日目

曇り空の朝、これからお出かけされる前にお参りされるご家族が何件もおられました。
本日は行事の最終日です。
Ncm_0103


次第に晴れてきました。穏やかな空気の中、新名物猫が墓石の影からお参りされるご家族を見守っております。
Ncm_0104

Ncm_0106


午前中、コロちゃんとペロちゃんが来園しました。
この春、お家のお母様が他界されました。慎んでご冥福を申し上げます。
これまでは、ご主人とお母様が2台のバギーをそれぞれ押してましたが、今はご主人一人で移動できる大きさの物に換えて他にも数台あるそうです。
Ncm_0109


今回の行事におきましても、3日間を通しご家族と可愛い子たちとの優しい絆、愛しい想いが秋の作物の様に実りますよう祈願いたしました。
読経中におきましては、ご供養の為に戒名紙に書き出した全ての仏さまとご家族のお名前をお読みいたしました。
P1020557



コメント

お土産のネコ缶

2011年09月19日 | ごあいさつ
明日、彼岸の入りとなる敬老の日
朝からお参りされる方々がたくさんいらっしゃいました。
行事当日に来園できない為、早めにご供養の依頼と塔婆を立てられた方もおられました。
午前中、定期的に行う本堂のメンテナンスが済み一息ついた頃、ほとけ様となっておられます猫さんを連れてご自分のお墓に納骨にいらした御家族から猫の缶詰をいただきました。ありがとうございます。
ご自分の健在しております猫さんに買い求められた一部を当霊園の飼い猫に、と、お土産としてお持ちされました。
まずは、祭壇のお供えをいたしまして猫達に与えたいと思います。

P1020540

Ncm_0066







コメント

受け継がれる優しさ

2011年09月13日 | 日記・エッセイ・コラム
日々、大事にされてきた子たちの葬儀やお参りにいらっしゃるご家族と接していつも感じるのが、人の優しさや思いやる心は後の世代に伝わる事です。
私の一方的な見解ではありますが、例えばお家のお爺さんが動物を大事にされている姿をお父様が幼少の頃からその姿を見て、そして次の孫の世代が先代、先々代の姿を見る。
このループが、教えなくともその心を引き継ぐと言う事になるのではなかろうかと思います。
これは、動物に対する事に限った事ではなく、年老いた親の介護や個人のお仕事や社会奉仕など自分に関わる全ての事にあてはまります。
自分の周りの人は自分の鑑(かがみ)である、と言われます。
生涯において財産となるのは、家族も含め自分の周りに居る人達との信頼と絆なのでしょう。

私事になりますがこれまで、小さな子達がご縁でたくさんの方々と会う事ができました。これからもそうなりますが、その方々の信頼を大切にし、また、次の世代の方々に恥じぬ様に霊園の業務に全うする所存です。

Kkrkzk



コメント