動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

猫の肖像

2010年06月30日 | ごあいさつ
懇意にしていただいておりますアッキィさんから、当霊園のご挨拶担当猫「とら」の肖像画をいただきました。
ありがとうございます。

Img

アッキィさんの作品はどれもが見て心が温かくなる気持ちになり、自分の心の優しい部分を引き出させてくださいます。
額に納め、大切に飾らせていただきます。

アッキィさんのブログサイト「毎日が土曜日、明日も日曜日



コメント

柘植(つげ)の住人

2010年06月28日 | 動物・植物
先月に続き園内整備で柘植の木の剪定を行いました。
作業にはエンジン式ヘッジトリマーを使用し、外側から少しずつ丸くカットします。
概ね形が整った頃には切り取った枝や葉の中から木の住人であるテントウムシが表に出てきました。

P1020044

住みかを追い払うみたいで何だか可哀そうな気もしましたが、様子を見た所この小さな住人たちはそれでもめげずに柘植に戻る者、柘植の頂に登り空に向かい飛んで行く者と、それぞれ次の道が決まったみたいです。





コメント

雨のち晴れ

2010年06月24日 | 可愛い子とご家族のお話
降りしきる雨の中、一組のご家族がお亡くなりになったワンちゃんのご葬儀に来園されました。
「お別れの涙雨なのかなぁ」、と悲しい素振りでご主人がおっしゃっておりました。
火葬、ご供養中も雨が止む気配は感じられませんでした。
その方は墓地を持たれており、当日に納骨を希望されておしました。
火葬が終わり収骨の段階になった時、それまでの大雨が嘘の様に止みました。
その子をお墓に納骨しご家族が手を合わせてた頃には雲の間から日の光が射してきました。
そして、お帰りになる時にはすっかり晴れ渡り、その子がご家族を見守っている様に感じました。

コメント

お手紙

2010年06月16日 | 可愛い子とご家族のお話
猫さんをご葬儀され四十九日忌を迎えましたご家族から、その子の写真付きのおはがきが届きました。
その子を通してのお知り合いにお送りされたであろう手紙の1通だと思います。
優しい文面が一緒に過ごした日々の事を私も手紙を読んで想い浮かべました。

コメント

トックリバチの巣

2010年06月13日 | 動物・植物
朝、クモの巣を掃う作業をしてましたら、本堂の軒下に見事な逆さトックリを発見しました。
P1020018

施工し所有しているのはドロバチの仲間でトックリバチです。
先日も蜂に対する注意をしましたが、これは人の手の届かない所でひっそりとしていますので放置する事にします。
------------------------------------------------------------------------
{訂正}
その後、ご指摘をいただきこれはスズメバチの巣だということが分かりました。

コメント (2)

三度目のお別れも夢の中

2010年06月12日 | 可愛い子とご家族のお話
個人で墓地を持っておられますご家族のワンちゃんのご葬儀をとり行いました。
その子はいつもその方の傍に居て、夜おやすみになる時も一緒にお布団に入っておられたそうです。
朝方いつもの様に眠ったままの姿でその子がお亡くなりました。
先にお墓に入っておられます子たちも、この子と同じくご家族と一緒に夜おやすみになっている時にお迎えが来たんだそうです。

コメント

西瓜とお地蔵さま

2010年06月07日 | 季節・空模様
P1020012

月に一度お参りにいらっしゃるご家族からスイカをいただきました。ありがとうございます。今年になり始めて手にいたしました。
千葉県八街産のスイカです。富里産と並び日本一美味しいスイカです。
とても良い形をしておりすぐにでも包丁を入れたい所ですが、まずはお地蔵さまにお供えをいたしました。



コメント

夏至

2010年06月01日 | 季節・空模様
夏至とは二十四節気の一つで、一年で最も昼の時間が長くなる日で6月21日がその日に当たります。
この日を過ぎると本格的な夏が始まるという意味です。
冬至にかぼちゃを食べる様に、何を食べるかは地方によってまちまちです。
例えば関東地方では、八本の足が深くイネの根に張ることを祈願してタコを食べます。

コメント