動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第80号

2015年10月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年 11月




立冬
立冬とは二十四節気の1つで木枯らしが吹き始め昼と夜の寒暖差が
大きくなる冬の始まりで今年は11月8日がその日にあたります。
園内では今年も三色の野菊の花が冬の訪れを静かに待っております。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
三人の孫娘
鰯雲流れる秋の空、年配のご夫妻がワンちゃんのご葬儀に来園されました。
長年飲食業を生業としてきたご夫妻は仕入れ品の段ボール箱にワンちゃんを納め傍らにはお孫さん達が可愛らしく書いたお手紙が添えられております。
お棺にお花を入れる際ご主人がワンちゃんのお名前は3人の孫娘の頭文字を取り混ぜて名付けたと懐かしそうにお話しを始めました。
ご夫妻は若葉区内で若くから起こしたお店をある事情から惜しまれながら今年の春に閉め、ようやく落ち着いた矢先にワンちゃんが亡くなりました。
今日は学校があり最後のお別れはできなかった孫達と共に遊んでいた思い出と共にこれからも成長を見守ってもらいたい・・そんな願いをご夫妻はワンちゃんに込めておられました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
たばこ屋の不思議な猫
日曜日のある朝、これまで何度か自宅周辺で死んだ野良猫を火葬された方が合同墓地にお参りにいらっしゃいました。
挨拶もそこそこに構内で猫話がはじまり地域猫は代々その周辺ごとに体系や柄が固定する事があり、観察するとどの系統にあたるのかが分かる、と言った会話になりました。
そして「たばこ屋さんの猫」のお話に至ります。
・・・今ではすっかり見なくなった街のタバコ屋さん。店番をしているお婆さんの傍にはいつも三毛猫がおりました。ところが、「この猫はお婆さんが子供の頃からこの家に居続けている」と、他愛もない噂が何年かおきに近所の井戸端話でのネタに上がっておりました・・・
もちろん猫が50年以上も生きられる訳ではなく、元々この店(家)の近辺に居ついた系統で似た様な三毛猫をお婆さんが同じ名前を付けて飼い続けたのではないか?実は近所の方達もそれは知っていたが可愛い都市伝説としてこの話が独り歩きをしたのではないか?これがこの方の想像や願いを込めた見解でした。
そう思うと可愛いかった犬や猫の名前を代々引き継いで飼っている方も多いですね。


-----------------------------------------------------------------------------




紙面版PDF
コメント

たばこ屋の不思議な猫

2015年10月25日 | 日記・エッセイ・コラム
日曜日のある朝、これまで何度か自宅周辺で死んだ野良猫を火葬された方が合同墓地にお参りにいらっしゃいました。
挨拶もそこそこに構内で猫話がはじまり地域猫は代々その周辺ごとに体系や柄が固定する事があり、観察するとどの系統にあたるのかが分かる、と言った会話になりました。
そして「たばこ屋さんの猫」のお話に至ります。
・・・今ではすっかり見なくなった街のタバコ屋さん。店番をしているお婆さんの傍にはいつも三毛猫がおりました。ところが、「この猫はお婆さんが子供の頃からこの家に居続けている」と他愛もない噂が何年かおきに近所の井戸端話でのネタに上がっておりました・・・
もちろん猫が50年以上も生きられる訳ではなく、元々この店(家)の近辺に居ついた系統で似た様な三毛猫をお婆さんが同じ名前を付けて飼い続けたのではないか?実は近所の方達もそれは知っていたが可愛い都市伝説としてこの話が独り歩きをしたのではないか?これがこの方の想像や願いを込めた見解でした。
そう思うと可愛いかった犬や猫の名前を代々引き継いで飼っている方も多いですね。
コメント

収穫祭のお飾り

2015年10月24日 | 季節・空模様
1週間後は日本でも馴染みづいたハロウィーンですね。商業施設の飾りを見て子供が喜ぶ姿は和みます。
入口の猫象の脇にお飾りを置いてみました。


晴れ渡った朝、近隣の農場では落花生の収穫準備で「畑のぼっち」の移動作業が行われております。



コメント

三人の孫娘

2015年10月20日 | 可愛い子とご家族のお話
鰯雲流れる秋の空、年配のご夫妻がワンちゃんのご葬儀に来園されました。
長年飲食業を生業としてきたご夫妻は仕入れ品の段ボール箱にワンちゃんを納め傍らにはお孫さん達が可愛らしく書いたお手紙が添えられております。
お棺にお花を入れる際ご主人がワンちゃんのお名前は3人の孫娘の頭文字を取り混ぜて名付けたと懐かしそうにお話しを始めました。
ご夫妻は若葉区内で若くから起こしたお店をある事情から惜しまれながら今年の春に閉め、ようやく落ち着いた矢先にワンちゃんが亡くなりました。
今日は学校があり最後のお別れはできなかった孫達と共に遊んでいた思い出と共にこれからも成長を見守ってもらいたい・・そんな願いをご夫妻はワンちゃんに込めておられました。

コメント

構内補修

2015年10月19日 | 園内の整備・準備活動
先日、先週の花の植え替えに続き構内の傷んだアスファルトの補修工事を行いました。
2年前の補修と同じく材料は市内のホームセンターで購入、2日に分けて作業を行いました。


簡易アスファルトは30Kg入りが1袋700円で今回の作業では18袋使いました。





補修する面を掃き掃除した後、まんべんなく乳化剤をブラシで塗り広め黒く半渇きになるまで待ちます。





いよいよアスファルトを投入です。補修面に置いた角材に沿って2袋づつ傷んだ面を塗り潰すように撒いていきトンボで平らに慣らします。





盛り上がっている箇所を人力で踏んだ後、仕上げは自動車を何度も往復して圧力を掛けます。



業務の合間の作業でしたので今回はこれで終了しますが補修はまた行います。



作業後、雨水の流れを確認する為にホースで流水したところ・・水溜まりでスズメが水浴びをしておりました。











コメント

平成27年秋の植え替え

2015年10月10日 | 園内の整備・準備活動
おはようございます。
10月の連休は明日の日曜日だけ雨のようですが12日の体育の日はお天気が良さそうですね。

・・昨日から2日にわたり園内の花の植え替えを行いました。
作業はひんやりとした早朝に行い、色の明るいスミレを200鉢ほど植えました。



コメント

通信紙 第79号

2015年10月01日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年 10月


えびす講
えびす講とは、10月20日ないし11月20日に催される祭礼または民間行事で秋の季語です。
商売繁盛の神様=えびす様を奉り商売繁盛、家内安全を祈念するお祭りだそうです。
えびす様といえば、鯛と釣竿を持っている姿で有名です。
七福神の一人である恵比寿様は、神様が出雲の国に集まる神無月に、ただ一人出雲に行かず留守を預かる留守神です。
商売繁盛、家内安全の神様で、特に商家では大切に崇められているそうです。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成27年9月20日~24日、秋の合同慰霊祭の行事をとり行わせていただきました。
連休となったシルバーウィークの4日間は天候に恵まれ多くのご家族が来園しお参りされました。
期間中の読教に於きましてはお書きしました戒名紙を全て読み上げご供養させていただきました。
実り行く秋、稲穂のこうべが垂れもうすぐ収穫の時期。ご家族と可愛い子たちの縁が作物と同じように実を結んでいただけますように供養をさせていただきました。
また、行事開催におきまして様々な形で協力して下さいましたご家族の皆さまにこの場を借りて御礼申し上げます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ここ2,3日中に「園内で鳩の群れが歩いている」と、言った目撃例が何件かありました。
最奥の供養塔の辺りを仔カモのように行列を成し、見たところ巣離れたしたばかりの仔鳩ではないか・・そんな見解でした。
そして昨日の朝、第2駐車場の水溜まりで水をすする2羽と本堂と納骨堂の屋根に居る2羽の鳩を見つけました。
よく観察しますと足にリングなどをしていない事から野生の者と分かります。
この周辺の森にはハシブトカラスや猛禽類のミミズク、地上にはタヌキや小型のイタチが生息し野生の世界で襲われないか唯々見守る事しかできません。
仔鳩たちは今も飛び立つ方向を見定められず屋根の上におります。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紙面版PDF








コメント