動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第77号

2015年07月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年(2015) 8月

盂蘭盆会の行事日程
以下の期日で予定させていただいております。
・平成27年 8月15日(土)
・読教時間 午後1時より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立秋
立秋とは、二十四節気のひとつで8月8日頃の秋に入る日のことを言います。
この日から「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わります。秋に入るとは言え、まだまだ暑さが続くこの頃は、全国高校野球がはじまる時期です。
この日から立冬の前日までが秋となります。とはいえまだまだ暑い盛りで、「暦の上では秋ですが・・・」というおなじみのフレーズが聞かれます。
この日が暑さの頂点となり、翌日からの暑さを「残暑」と言います。時候の挨拶も残暑のことばが使われ、立秋を過ぎたら「暑中見舞い」も「残暑見舞い」に変わります。
暑い日が続いていても、空を見上げると、秋の兆しが見え始めます。空が少しずつ高く感じられるようになり、もくもくとした夏雲の上に、刷毛で掃いたような秋の雲が見えることがあります。
夏の太平洋高気圧が弱まると、低気圧が日本に近づき通過していくようになり、このときに見られるのが、流れるような秋の雲。
いわし雲、さば雲、うろこ雲などの名前がついており、いわし雲が早く出た年は、イワシが豊漁になるともいわれています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

蝉しぐれ
季節は夏。蝉しぐれが聞こえ始めた梅雨明け間もない昼下がり、一人の男性がワンちゃんの火葬に来園されました。
蝉しぐれがいつしかヒグラシの羽音に変わった頃に収骨をなさい男性は思い出を語ります。
男性とワンちゃんが知り合ったのは5年前の今日の様な暑い夏の日。ある事情から飼えなくなった大型犬を知人を伴い元の買主宅へ引き取りに行くとカラダを弱らせ衰弱したワンちゃんが乱雑した庭でうずくまっておりました。
この日を境にワンちゃんの生活は一変、祖父の代から犬を飼い続けてる男性宅でワンちゃんは日々回復し晩年となった去年、海開きに一緒に歩いた海岸で打ち上げられた魚や貝殻を一つひとつ咥えて渡してくれた姿が愛おしい・・と、遠い目線で話ながら最後の施しをなさいます。
蝉の羽音とともに今年も夏が来ました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成27年 秋彼岸会行事日程について
期日:9月20日(日)・9月21日(月・祝)・9月22日(火・祝)・9月23日(水・祝)
読教時間:9月20日~22日は午後2時よりの1回、9月23日は午前11時と午後2時の2回の予定とさせていただいております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




紙面版 PDF
コメント

蝉しぐれ

2015年07月28日 | 可愛い子とご家族のお話
季節は夏。蝉しぐれが聞こえ始めた梅雨明け間もない昼下がり、一人の男性がワンちゃんの火葬に来園されました。
蝉しぐれがいつしかヒグラシの羽音に変わった頃に収骨をなさい男性は思い出を語ります。
男性とワンちゃんが知り合ったのは5年前の今日の様な暑い夏の日。ある事情から飼えなくなった大型犬を知人を伴い元の買主宅へ引き取りに行くとカラダを弱らせ衰弱したワンちゃんが乱雑した庭でうずくまっておりました。
この日を境にワンちゃんの生活は一変、祖父の代から犬を飼い続けてる男性宅でワンちゃんは日々回復し晩年となった去年、海開きに一緒に歩いた海岸で打ち上げられた魚や貝殻を一つひとつ咥えて渡してくれた姿が愛おしい・・と、遠い目線で話ながら最後の施しをなさいます。
蝉の羽音とともに今年も夏が来ました。

コメント

猛暑日注意

2015年07月25日 | お知らせ

毎日暑い日が続きますね。昨日は雷鳴が轟く夏の雨で少し涼しかったのですが本日は猛暑日!
外で活動なさる方は熱中症にお気を付けください。

朝の日蔭で用事を済ませたマメちゃんが涼んでおりました。
・・今年のお盆行事も8月15日を予定させていだだいております。






コメント

ヒマワリ

2015年07月18日 | 動物・植物

今日から7月の3連休、月曜日は海の日ですね。海に囲まれた千葉県。たとえその日に海に行けなくても砂浜や漁港の風景を思い浮かべていたいものです。

新バイパス通りの農地で向日葵たちが梅雨明けの太陽を待ちわびておりました。




コメント

お地蔵さまとムクゲの花

2015年07月11日 | 動物・植物

7月に入り日照不足な日が続きましたが今日から梅雨の中休み、やや強い日差しで遠くの緑が鮮やかに見えます。これから夏日が続きそうですね。



園内最奥のお地蔵様の傍らでムクゲ(亜種)の花が咲き出しました。


コメント

通信紙 第76号

2015年07月01日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年(2015) 7月


小暑
小暑(しょうしょ)とは七夕が行われる7月7日頃(2015年は7月7日)
から大暑までの期間です。
太陽黄径105度。夏至から数えて15日目頃にあたります。
暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。
この頃から暑中見舞いを出し始めます
梅雨が明け、強い日差しと共に気温が一気に上がる時季のため、体調を崩しやすくなる頃でもあります。
天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。
暑さを乗り切るために、しっかり食べて 体力をつけておきたいですね




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
生きたブローチ 
もう間もなく梅雨入りとなる6月。曇り空の中、ワンちゃんのお迎えをいたしました。
ご依頼を受けたお宅は霊園からさほど遠くない住宅街にあり近くには整備の行き届いた広い公園があり、いくつもの植え込まれた樹木が青々と繁っております。
午前中に伺ったお家の庭も公園と調和するような感じで垣根や柘植(ツゲ)が気持ちの良いくらいに剪定をされており、眺めながら玄関の呼び鈴を鳴らすと幹の根元で小さな動く姿が近づいてきます。ご家族より先に飼われている猫さんが出迎えをしてくれました。
それに次いで扉を開けたご家族と猫さんに案内された床の間に小さな籠に横たわるワンちゃんが寝ていた姿で安置され、おりたくさんの花が添えられておりました。
出棺準備で玄関に戻りますと先ほどの猫さんが不思議そうな目で解放された扉の方を見ております。
視線の先には美しいブローチの様なカミキリムシが黒光りする体に白い水玉の柄を輝かせており、ゆらりとする2本の長い触角が気になったのか猫さんが近づきましたがカミキリムシは羽を広げて公園の植え込みへ飛んでいきました。
これを見たご家族達は森の住人がワンちゃんを見送ってくれた、あるいは、この世を去った者が虫の姿となって猫が我が家に連れて来た・・と、それぞれ感慨深い印象をお持ちでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

{お知らせ}平成27年 盂蘭盆会行事日程
8月15日(土) 午後1時よりの読経と予定させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版第76号





コメント