動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

畑のぼっち達

2010年09月26日 | 季節・空模様
昨日の台風が過ぎ去り、彼岸明けの本日はとても清々しい気候となりました。

P1020222
向かいの畑で落花生の積み上げが行われてました。
積まれた落花生の山は各地で呼び名があるらしく、ここ若葉区中田町(泉地区)では呼び名を「ぼっち」と言うんだそうです。
由来はダイダラボッチから拝借したとか、小さな男の子の事をボッチと呼ぶ事に因んだとかいろいろある様です。



コメント

平成22年秋彼岸会 第3日目

2010年09月23日 | 行事・出来事
前日の予報通り朝から時折雷を伴う強い雨が降りました。
昨日の暑さが嘘のように今日は少し寒い朝でした。
P1020199


本日も午前、午後に1回ずつ読経をとり行わせていただきました。
ご参列いただきましたご家族にご焼香を賜る時間は不思議な事に雨脚が遠のいておりました。
P1020213


ご家族と可愛い仏さまたちのお名前をお書きしました戒名紙を全て読経中に読み上げし、本堂祭壇最上部に奉りいたしました。
P1020220


行事は本日で終わりましたが、彼岸明けの26日まで供養を行わせていただいております。










コメント

平成22年秋彼岸会 第2日目

2010年09月20日 | 行事・出来事
曇り空でしたが、風もなく穏やかな朝で、行事2日目を迎えました。
小さなお子様の手を引いて来園されたご家族も多数おられました。
また、お手製の仕出し弁当を作ってくださったご家族もおられました。この場を借りて御礼申し上げます。
P1020176

P1020179


本日も午前、午後の2回に分秋彼岸会追善供養の読経をさせていただきました。
画像は午後の部の読経風景です。
P1020190


午後の部も終わり、しばし来園されたご家族と談話。
牧羊犬のレグルス君と当霊園の猫とのお見合い(?)が楽しかったので動画にしてみました。
</object>

P1020194










コメント

平成22年秋彼岸会 第1日目

2010年09月19日 | 行事・出来事
P1020157
朝から穏やかな日和で会場の準備を整えました。


P1020163
読経時間に合わせ絶え間なくたくさんのご家族がお参りに来園されました。


P1020165
ご参列いただいた沢山のご家族に本堂へ上がっていただき午前と午後の2回に分け読経をとり行いました。
画像は午後の部で、読経前のご挨拶をしている所です。


P1020162
今回もロンちゃんとコロちゃんがお参りにいらっしゃいました。
これからイベントの参加で大阪まで移動するのだそうです。











コメント

落花生畑

2010年09月18日 | 季節・空模様
P1020154
当霊園から道路を挟んだすぐ手前の畑の落花生が収穫の準備で裏返しされております。
農家のお母さん曰く、今年は暑さが続き実の入りはいまひとつなんだそうです。




コメント

名無しの白い花

2010年09月14日 | 動物・植物
暑さも和らぎ風も秋めいて過しやすくなりました。
霊園入口側の黎明期に建立されました個人様の墓地に白い花が可愛らしく咲いておりました。
P1020152


花びらが6枚でおしべの形からユリの仲間かと思いましたが違うみたいで、植物図鑑などで調べても分からずじまいでした。


コメント

丸刈り

2010年09月13日 | 園内の整備・準備活動
本日は朝から園内及び、第2駐車場の樹木の剪定を行いました。
P1020151


どうでしょう?今回は私自身がヘッジトリマーを使い剪定いたしました。
前回ほどではありませんが、新芽を刈り込みましたらテントウムシが慌ただしくしてました。
これから秋のお彼岸を境に気温が下がり、園内の植物、装飾品等は今から冬の準備をしなくてはなりません。

コメント

白いカエル

2010年09月04日 | 動画
朝の清掃中に白いアマガエルを見つけました。
</object>

P1020144


いわゆるアルビノという個体でしょうか?
最初見た時は碁石かと思い、良く見たら息をしてる!
カエルと分かり、次は埃や灰を被り白くなっのかと思いましたが、皮膚は元々白っかったです。
写真数枚と動画の撮影をしてすぐに森へ放しました。

コメント

重陽

2010年09月01日 | 季節・空模様
猛暑続きの8月も終わり9月に入りましたが皆様方も体調は崩されなかったでしょうか?
9月9日は「重陽(ちょうよう)」にあたり、陽(奇数)の中で一番大きな数字が重なる日に
菊の長寿を願う日です。平安時代以前は田畑の収穫が行われる時期に「栗の節句」とも呼ばれ
栗ご飯等でお祝いをしました。現在では私たちの日常生活とは縁遠くなりましたが、各地では
必ずしも9日ではありませんが今でも菊の花のコンクールや菊酒を交わす行事が行われています。


コメント