動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

春の仲間たち

2019年03月17日 | 季節・空模様
あと10日ほどで桜が開花しそうで今年の春は花の芽が出るのが早いと感じました。
園内でも春の仲間、黄色いスイセンがポカポカ陽気に喜びラッパのおちょぼ口を開け合唱隊の様に並んでおります。





明日から彼岸入り。第二駐車場の整地も済み森の奥からウグイスの囀りが聞こえております。
御来場の際にはご拝聴なさってみて下さい。
今週の木曜日から春の合同慰霊祭を行わせていただきます。


コメント

3月のはじまり

2019年03月01日 | 季節・空模様
寒くなったり暖かくなったり、年度末の3月は冬に逆戻り冷たい小雨ではじまりました。
短い周期で天気が変わり屋外作業の予定や着る物選びは少しの慎重さが要りますね。
街道の端を見渡しますと陽当たりの良い所ではスイセンの花が咲き出し季節の入れ替わりを感じる事ができました。
コメント

平成31年春彼岸会行事のご案内

2019年02月28日 | お知らせ
【お知らせ】
平成31年3月春彼岸会行事日程について
合 掌
春暖の候、皆様には益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。
愛しい子達のやすらぎを祈り、ご家族との絆と幸せを念願いたします
平成三十一年春彼岸会合同慰霊祭日程のお知らせをさせて頂きます。
・期日 三月二十一日 ()  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 三月二十三日 ()  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 三月二十四日 ()  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
        (天候不順の場合は電話にてお問い合わせ下さい)
・お参り時間 午前九時~午後五時まで開園しております。
・お塔婆料 二、〇〇〇円より三種 ・供養料 ご予算の範囲内で
何卒皆様のご参列を心よりお待ち申し上げます。


コメント

通信紙第120号

2019年02月28日 | 通信紙版バックナンバー
平成31年 3月






【お知らせ】
平成31年3月春彼岸会行事日程について
合 掌
春暖の候、皆様には益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。
愛しい子達のやすらぎを祈り、ご家族との絆と幸せを念願いたします
平成三十一年春彼岸会合同慰霊祭日程のお知らせをさせて頂きます。
・期日 三月二十一日 (祝)  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 三月二十三日 (土)  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 三月二十四日 (日)  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
        (天候不順の場合は電話にてお問い合わせ下さい)
・お参り時間 午前九時~午後五時まで開園しております。
・お塔婆料 二、〇〇〇円より三種 ・供養料 ご予算の範囲内で
何卒皆様のご参列を心よりお待ち申し上げます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~2月のSNSより~
2月10日
2月の連休は真冬の気候、今朝は昨日の雪が凍結し
猫の足跡の梅の花が白いキャンバスに固まり、
ツゲの木は雪の綿帽子を被り大きなアイスクリームの様な姿で
日光に照らされております。
明日の朝も路面の凍結に注意し足元にはお気を付けください。
日没が伸びましたので閉園時間は午後5時とさせていただきます




      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月18日
三寒四温、冬と春の気候が入り交じる2月の半ばが過ぎました。
園内最奥では霜柱と小さな紅梅が晴れた空で季節の綱引きをしており
ムクドリ達は電柱の頂で体を寄せ合い陽の光で暖をとっておりました。
今週は朝晩の気温差が高く周期的に雨が降るようで春の気配を感じる事が出来ると
いいですね。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF



コメント

霜柱と梅の花

2019年02月18日 | 季節・空模様
三寒四温、冬と春の気候が入り交じる2月の半ばが過ぎました。
園内最奥では霜柱と小さな紅梅が晴れた空で季節の綱引きをしておりムクドリ達は電柱の頂で体を寄せ合い陽の光で暖をとっておりました。








今週は朝晩の気温差が高く周期的に雨が降るようで春の気配を感じる事が出来るといいですね。
コメント

雪のキャンバス

2019年02月10日 | 季節・空模様
2月の連休は真冬の気候、今朝は昨日の雪が凍結し猫の足跡の梅の花が白いキャンバスに固まり、
ツゲの木は雪の綿帽子を被り大きなアイスクリームの様な姿で日光に照らされております。





明日の朝も路面の凍結に注意し足元にはお気を付けください。


日没が伸びましたので閉園時間は午後5時とさせていただきます
コメント

初雪

2019年02月01日 | 季節・空模様
カラカラ乾燥した1月から一変、すっかり白い冬景色で2月がはじまりました。
夜明けには路面も凍結しておりましたが日中は気温も上がり雪はお昼頃には溶けそうですね。
雪が積もると動物や野鳥の足跡を見つける事が有り、それはそれで楽しい事です。






コメント

通信紙第119号

2019年01月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成31年(2019) 2月



冬から春へ
今季の冬は積雪も無く穏やかな日に恵まれました。
「大寒」以降、園内の梅の木からは小さな蕾が膨らみはじめ
2羽のハクセキレイの囀りが陽だまりの中で聞こえておりました。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

初午
今年の2月2日は初午(はつうま)にあたります。
「初午」は2月の最初の午の日。この日は稲荷神のお祭りで、
全国各地の稲荷神社で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。
稲荷神のお使いといわれるキツネの好物の油揚げや、初午団子を供える風習もあります。
稲荷神社は全国に約4万社。農業、漁業、商売、家庭円満にご利益があるとされ、
京都市伏見区の伏見稲荷大社が総本社です。伏見稲荷によると、和銅4年(711年)の2月の
最初の午の日に、祭神が稲荷山(伊奈利山)の三箇峰に降りたという故事から、
稲荷神を祭る祭事が行われるようになったとされます。



旧暦2月の初午の日は今の3月にあたり、ちょうど稲作を始める時期だったため、
農耕の神様を祭るようになりました。稲荷の名は「稲生り」から来たともいわれています。
また、その日から習い事を始めるという風習もありました。
初午は伏見稲荷をはじめ大阪の玉造稲荷、愛知県の豊川稲荷など、
各地の稲荷神社で盛大に祭がとり行われます。ご近所のお稲荷さんにも赤いのぼりが立ち、
賑やかになるでしょう。初午の日には、赤飯や油揚げ、団子などを供えて祭ります。
稲荷神社といえばきつねがつきもの。きつねは稲荷神のお使い役で油揚げが大好物。
初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを奉納しました。
これが、いなり寿司の始まりで、きつねの大好物の油揚げを
人間もたくさん食べられるよう考案されました。
稲荷神社もいなり寿司も親しみを込めて「おいなりさん」と呼ばれています。
いなり寿司は、東日本では米俵に見立てた俵型ですが、
西日本ではきつねの耳に見立てた三角が主流です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【お知らせ】
平成31年3月春彼岸会行事日程について
以下の期日で予定させていただきます。
3月21日(祝)、3月23日(土)、3月24日(日)
読経時間は各日、午前11時と午後2時の2回でございます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF



コメント

大寒に向けて

2019年01月14日 | 季節・空模様
本日は平成最後の成人式、冬の青い空の下で色とりどりの晴れ着も映えるでしょうね。
全国125万人の新成人となります方々にお祝いの言葉を申し上げます。


1月20日は一年で一番寒いとされる「大寒」です。
これからの一週間は文字通り厳しい寒さと乾燥が続きますのでしっかりと体調管理をしたいです。
放射冷却の朝、近隣の畑は凍り付き側溝から湧き出る湯気が低い日差しに晒されておりました。
構内の水道も凍結しておりますのでバケツに張った水をご使用下さいませ。





コメント

平成31年(2019)初日の出

2019年01月01日 | 季節・空模様
新年、あけましておめでとうございます。
凍てつく朝、初日の出が雲を掻き分け森林の奥から輝いておりました。
地面やコンクリートの表面は薄っすらと霜の柱が立ち鉢や花瓶の水も氷の蓋に閉ざされております。
寒い時こそ心を温かく、その気持ちを忘れずに今年も霊園運営を行わせていただきます。






コメント

通信紙第118号

2018年12月30日 | 通信紙版バックナンバー
平成31年(2019) 1月


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は十二支の十二番目「亥(いのしし)」年です
「亥」は、「い・がい」と読みます。
「亥」は象形文字で、イノシシ・豚の骨格を描いたものが元になっていますが。
「骨格」「骨組み」というのがもともとの意味です。
草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態を表しているとされます。
イノシシの名前の由来としては、一節としては「イ」が「熊のい」のように内臓をさし、
「シシ」が肉や獣を指す言葉であり、肉を食べるほかに内臓を利用していたというものが一説。
もう一つは「居座る獣」から来たというもので、歳をとったイノシシが枯葉の中でじっとしている
様子から来ているというものです。
また「亥」は覚え易くするために動物の「猪」が割り当てられました。
日本では「猪」の字は「イノシシ」という意味ですが、中国では「ブタ」を意味しています。
もともと、猪と豚は生物学的に大きな違いはなく、豚は野生の猪を飼いならして家畜化させた
生き物だと言われています。
日本に十二支が伝わった時は、猪と豚の区別はあまりなく、その時代の日本では豚を
家畜として育てる習慣がなく、猪はイノシシのまま定着したと考えられます。

猪の肉には万病を予防するといわれ、「無病息災」の象徴とされています。
そのため病気になりにくい年とされています。
「田の神・作物の神」などの意味合いもあります。

相場の格言は「亥固まる」と云われており、相場全体に大きな動きがなく小さな動きに
とどまり落ち着いていることが多いようです。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【お知らせ】
・冬期閉園時間について
早めの日没の為、
翌年1月中旬まで午後4時~4時30分を閉園時間とさせていただきます。



・平成31年3月春彼岸会行事日程について
以下の期日で予定させていただきます。
3月21日(祝)、3月23日(土)、3月24日(日)
読経時間は各日、午前11時と午後2時の2回でございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF






コメント

土饅頭

2018年12月22日 | 動物・植物
平成最後の3連休、今朝の空はどんよりとした雲に覆われたぶん寒さは和らぎました。


霊園の冬の風景の一つ、モグラの出入口が第二駐車場で土饅頭の列を成しておりました。
昼間は決して姿を現さないモグラは月夜の空の下で地上の空気を一服してるのでしょうね。





休みの方もお仕事勉学される方も楽しいクリスマスをお過ごし下さいませ。


コメント

冬季開園時間と年末年始

2018年12月16日 | お知らせ
平成30年~31年 年末年始の開園時間について

年末:12月31日までの開園時間はAM8:00~PM4:00(27日AM8:00~PM0:00)

年始:1月1日~3日の開園時間ははAM8:00~PM0:00

火葬についての受付け、お問い合わせは電話にて随時行わせていただいております。

-------------------------------------------------------------

冬季開園時間について

12月~2月までの間はAM8:00~PM4:00とさせていただきます
コメント

師走の始まり

2018年12月01日 | 季節・空模様
39年振りに木枯らし1号がまだ吹かない師走の始まり。
朝からポカポカ陽気、振り返ると今年は季節が少しズレ気味で体温調整が忙しいと感じました。
隣接する森の木もまだ紅葉の色合いが残り冬の到来を拒んでる様にも見えます。


今朝は少し早い気がしますが可愛いほとけ様が喜んでくれたらと願いを込め園内各所にクリスマスの飾りを置きました。



コメント

通信紙第117号

2018年11月30日 | 通信紙版バックナンバー
平成30年(2018) 12月





~11月のSNSより~
11月11日
収穫の秋。道路を挟んだ畑では農家の方が朝早くから落花生の脱穀作業を勤しんでおられます。
立冬が過ぎ日の沈むのが一日ずつ早まり
夕方の移動やお帰りは急ぎ足になりがちです。
そんな時こそ安全確認も含め立ち止まると普段は
見えない風景や発見があるかも知れませんね。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

三毛猫母さん
秋雨振りしきる朝、同じ区内で仔猫が事故死したという連絡を受けお迎えに伺いました。
訪問先は田園広がる農業を従事されている方で車庫を兼ねる納屋の先で一家のお母様と
生後3ヶ月とおぼしき3匹の仔猫達が出迎えて下さいました。
農機具が整列されてる奥のニンジンの空箱に今回亡くなった仔猫が離乳食と共に納められ
出迎えてくれた姉妹達は無邪気にそばで物珍しそうに箱を覗いたりかくれんぼをしておりました。
仔猫達の仕草を眺めつつお母様とお話をしてましたら他の用事のある方が来訪し
後を追いすがる仔猫と共に母屋に出向きました。
私は一人しばらくの間周囲を見回すと雲の隙間の日差しが
庭の草木の朝露を照らし鶏舎の囲いからは
赤い鶏冠の住人達が主からの食事を首を長くし待っており、
やや視線を下げ垣根を見渡すと仔猫達と色合いが似てる三毛猫が
怪訝そうな感じで距離を置きつつ寄ってきましたが用事が有るのは
私ではなく納屋の奥の親を呼ぶ鳴き声を発しなくなった
動かぬ仔猫のようでした。
ほどなくしてお母様と仔猫達が納屋に戻り産みの親に
頬擦り甘えておりました。
宅のお母様が言うには仔猫達が生まれる時は娘さんと二人段ボールでカマクラを作り
この納屋で三毛猫母さんに付きっきりで皆を取り上げました。
判で押したような親子の猫の顔を見、お母様は残った仔猫達が無事成長して欲しいと願い
産みの親と共に見送って下さいました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お知らせ】
冬期閉園時間について
早めの日没の為、翌年1月中旬まで午後4時の閉園時間とさせていただきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF

コメント