動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

平成30年秋彼岸会の日程

2018年08月19日 | お知らせ
合 掌

残暑の候、皆様には益々のご健勝の事とお慶び申し上げます。
いとしき子達との絆、ご家族の幸福への祈願をさせて頂く、
平成三十年秋彼岸会合同慰霊祭日程のお知らせをさせて頂きます。
・期日 九月二十二日 ()   ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 九月二十三日 (祝・日) ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 九月二十四日 (振休)  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
        (天候不順の場合は電話にてお問い合わせ下さい)
・お参り時間 午前九時~午後五時まで開園しております。
・お塔婆料 二、〇〇〇円より三種 ・供養料 ご予算の範囲内で
何卒皆様のご参列を心よりお待ち申し上げます。




コメント

季節の変わり目

2018年08月19日 | 季節・空模様
先週は休みと重なりお盆のお参りをされるご家族が絶え間なく来園し、15日にはご供養をさせていただきました。
送り火の日以降、大陸からの気圧が入り込み季節は秋に向かおうとしてますね。
やや乾いた空気の中、夏の雲と秋の雲が青い空に同居しております。
近隣の森では過ぎ行く夏を惜しむような蝉と深まる秋を待ちわびるゴウロギ、スズムシの羽音の混声が響き渡っております。



コメント

猿発見!

2018年08月12日 | 動物・植物
お盆休み、いかがお過ごしですか?
一昨日8月10日早朝、千葉市内で目撃多数と思われる猿が第2駐車場内を悠々と歩いておりました。
画像や動画はありませんが尻尾がある事で動物である事は分かり2足歩行の姿はまるで2歳児の子供のようでした。
特に人間に警戒した様子でもなく通り掛かった何台かの自動車を運転してる人も速度を落としてこちらを見入り、その後猿は東方面の森の中に姿を消しました。
千葉市によりますとその場で猿を発見した場合は110番通報を呼び掛けておりますが、発見して数時間経過してるので警察署に目撃例として報告、数十分後には保健所関係の方が調査に来ました。


コメント

通信紙第113号

2018年07月28日 | 通信紙版バックナンバー
平成30年(2018) 8月





{盂蘭盆会行事について}
可愛い子たちのお盆のご供養を以下の日程で予定させていただきます。
期日:平成30年8月15日(水)読教時間:午後1時より
施餓鬼のお塔婆も受付しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~7月のSNSより~
・今週も危険な暑さが続きそうですね。
屋外活動をされる方はこまめに塩分、水分補給と休憩をとり熱中症を防いで下さいませ。
ワンちゃんのお散歩も陽が昇る前、陽が沈んだ後にしましょう。
夕暮れ過ぎ、隣接する森の奥からヒグラシの羽音とともにフクロウの鳴き声が聞こえます。
姿を見せない森の住人を模した置物を休憩所に配置いたしました。



・毎日暑い日が続きますね。
今朝は曇り空、30℃を下回ると多少は涼しく感じます。
二つある片方のメダカ鉢のホテイアオイが花を咲かせました。
水面に浮かび風に揺られる姿はまるで蓮の花に様に見えます。
花言葉は「恋の楽しみ」「恋の悲しみ」
水面に浮かぶその姿にちなんで「揺れる心」という花言葉も付けられています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

黒アゲハ
暑さみぎる7月の朝、県内に於きましてワンちゃんとご家族をお迎えしました。
ご家族は一週間ほど前に体調を崩し寝たきりになったワンちゃんを、それまでの庭の小屋から冷房の効く建物内で看病をしておりした。
飼い主である娘さんは難病生活を強いられワンちゃんの介護はもっぱらお母様が担い、亡くなるまでは床擦れにならぬよう寝返りをさせたり傷の消毒の施しをなさっておりました。
葬儀当日、準備が整いお迎え待ちのひととき、ご家族がこれまでの思い出話をしておりますとどこから入ったのか黒いアゲハ蝶が家の中で羽をぱたつかせお母様の肩に落ち着きました。
さほど驚く事も無くお母様は懇談の仲に加わった小さな生き物を羽が痛まぬ様に両の掌で優しくつまみ窓の外へ放しましたが舞い戻り再び肩に乗る・・これを2回繰り返したそうです。
私がお迎えのチャイムを押すと同時に黒アゲハは何か役目を果たしたかの様に外へ飛び立った姿に「きっとお母さんにお礼を言いに来たんだよ」と亡くなったワンちゃんが姿を変えて最後のお別れをしてくれたんだ、と娘さんが労いの言葉を掛けておりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF


コメント

黒アゲハ

2018年07月26日 | 可愛い子とご家族のお話
暑さみぎる7月の朝、県内に於きましてワンちゃんとご家族をお迎えしました。
ご家族は一週間ほど前に体調を崩し寝たきりになったワンちゃんを、それまでの庭の小屋から冷房の効く建物内で看病をしておりした。
飼い主である娘さんは難病生活を強いられワンちゃんの介護はもっぱらお母様が担い、亡くなるまでは床擦れにならぬよう寝返りをさせたり傷の消毒の施しをなさっておりました。
葬儀当日、準備が整いお迎え待ちのひととき、ご家族がこれまでの思い出話をしておりますとどこから入ったのか黒いアゲハ蝶が家の中で羽をぱたつかせお母様の肩に落ち着きました。
さほど驚く事も無くお母様は懇談の仲に加わった小さな生き物を羽が痛まぬ様に両の掌で優しくつまみ窓の外へ放しましたが舞い戻り再び肩に乗る・・これを2回繰り返したそうです。
私がお迎えのチャイムを押すと同時に黒アゲハは何か役目を果たしたかの様に外へ飛び立った姿に「きっとお母さんにお礼を言いに来たんだよ」と亡くなったワンちゃんが姿を変えて最後のお別れをしてくれたんだ、と娘さんが労いの言葉を掛けておりました。


コメント

ホテイアオイ

2018年07月24日 | 動物・植物
毎日暑い日が続きますね。
今朝は曇り空、30℃を下回ると多少は涼しく感じます。
二つある片方のメダカ鉢のホテイアオイが花を咲かせました。





水面に浮かび風に揺られる姿はまるで蓮の花に様に見えます。

花言葉は「恋の楽しみ」「恋の悲しみ」
水面に浮かぶその姿にちなんで「揺れる心」という花言葉も付けられています。

コメント

フクロウの置物

2018年07月22日 | 季節・空模様
今週も危険な暑さが続きそうですね。
屋外活動をされる方はこまめに塩分、水分補給と休憩をとり熱中症を防いで下さいませ。
ワンちゃんのお散歩も陽が昇る前、陽が沈んだ後にしましょう。

夕暮れ過ぎ、隣接する森の奥からヒグラシの羽音とともにフクロウの鳴き声か聞こえます。
姿を見せない森の住人を模した置物を休憩所に配置いたしました。



コメント

夏飾りとヒマワリ

2018年07月14日 | 季節・空模様
7月の連休は好天過ぎて高温注意だそうです。
外出される時は日傘、帽子、水筒を用意された方が良さそうですね。
次の月曜日は「海の日」。海水浴場やプールでラッコやカワウソのように水遊びをする子供達の姿を思い浮かべ入口に夏飾りを置いてみました。





朝の旧道沿い、田園ではたくさんのヒマワリが東に昇った太陽を揃って見上げておりました。



コメント

通信紙第112号

2018年06月29日 | 通信紙版バックナンバー
平成30年(2018) 7月第112号



一年の折り返し、今年の7月は早くも梅雨明けしました。
~6月16日のSNSより~
梅雨寒。
今朝は3月並に気温が下がり先日までの暑かった陽気が嘘のように寒いですね。
暖房までは必要のない寒さですが着る物で調整し体調を崩さないようにしましょう。
園内では赤い百合水仙(ユリズイセン)季節外れの冷たい雨に打たれ雫が頬を伝う涙の様に見ます。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出戻り娘
梅雨の合間、これまでも亡くなったワンちゃんの火葬を請け負った方へ何度目かのお迎えをいたしました。
訪問先の軒先でご近所の方が出迎えて下さり、玄関から依頼されたご夫妻が箱に納まったワンちゃんを大事そうに小脇に抱え自動車に同乗しました。
今回火葬されるワンちゃんは数年前火葬されたワンちゃんの子供で、生後半年で親戚の方に里子に出したそうです。
それから10年の歳月が経ち行った先の飼い主が病に伏し、とても犬を飼える環境では無くなり話し合いの結果、お家に連れ戻しました。
「まるで嫁に行った娘が出戻りした感じだった」と、ご家族は当時の気持ちを素直におっしゃいました。
その後「嫁ぎ先」の主は回復する事なく故人となりましたが、その方の分までワンちゃんを可愛がって過ごしました。
斎場におきましてご家族は亡くなったワンちゃんの名前を何度も呼んであげてお別れとなりました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

{盂蘭盆会行事について}
可愛い子たちのお盆のご供養を以下の日程で予定させていただきます。
期日:平成30年8月15日(水)読教時間:午後1時より
施餓鬼のお塔婆も受付しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF



コメント

出戻り娘

2018年06月16日 | 可愛い子とご家族のお話
梅雨の合間、これまでも亡くなったワンちゃんの火葬を請け負った方へ何度目かのお迎えをいたしました。
訪問先の軒先でご近所の方が出迎えて下さり、玄関から依頼されたご夫妻が箱に納まったワンちゃんを大事そうに小脇に抱え自動車に同乗しました。
今回火葬されるワンちゃんは数年前火葬されたワンちゃんの子供で、生後半年で親戚の方に里子に出したそうです。
それから10年の歳月が経ち行った先の飼い主が病に伏し、とても犬を飼える環境では無くなり話し合いの結果、お家に連れ戻しました。
「まるで嫁に行った娘が出戻りした感じだった」と、ご家族は当時の気持ちを素直におっしゃいました。
その後「嫁ぎ先」の主は回復する事なく故人となりましたが、その方の分までワンちゃんを可愛がって過ごしました。
斎場におきましてご家族は亡くなったワンちゃんの名前を何度も呼んであげてお別れとなりました。


コメント

梅雨寒

2018年06月16日 | 季節・空模様
今朝は3月並に気温が下がり先日までの暑かった陽気が嘘のように寒いですね。
暖房までは必要のない寒さですが着る物で調整し体調を崩さないようにしましょう。

園内では赤い百合水仙(ユリズイセン)季節外れの冷たい雨に打たれ雫が頬を伝う涙の様に見ます。
本日も夕方5時まで開園しております。






コメント

通信紙 第111号

2018年05月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成30年(2018) 6月



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




花の植え替え(春)

5月中旬、2日に渡り、園内の花の植え替えをしました。
古くなったスミレの花を根に付いた土ごと除去、プランター内に残った土に新しい園芸土を混ぜ耕しました。








作業は3人で置かない約90分で180鉢の苗を植え替えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森の狸と和尚様

小学校で春の運動会が行われた五月の週末、前日よりお電話をいただきました市内のお寺さんへお伺いしました。
境内でも児童たちの声が響きわたり門戸の先の作務所で和尚様が出迎えて下さいました。
今回お伺いしたのはお寺周辺に生息する狸が境内で死んでたの事で作務所の奥には
白いシーツを骸布として包まれた遺体が安置されておりました。
お棺に納めていたところ、お寺の檀家さんであり当霊園を以前から利用されている
男性が立ち寄り和尚様も交え昨日までのお話しをして下さいました。
狸の遺体を見つけたのはこの男性で檀家としてお寺の清掃奉仕をしてた最中でした。
山林に囲まれたお寺の周辺は自然が豊かで昔から狸が徘徊しておりましたが、
ここ20年は餌場のドーナツ化現象なのでしょうか狸の姿はそれまで見る事はありませんでした。
この狸との出会いは今から1年程前、夕暮れの笹払いをしてると繁みの奥からカサカサと人ではない
何かの生き物の足音が聞こえ目を凝らすと葦色の毛並みから狸だと分かり、
その姿は森の緑と相まりとても綺麗に見えたそうです。
檀家さんからの目撃例はありましたが狸は決して人慣れはせず周辺の農業被害や境内を荒らす事もなく
ひっそり生き行く様から和尚様は無理な餌やりや干渉をしないよう関係者や訪れる方々に協力してもらいました。
四季を通じ何故か節目の時に姿を現す狸を皆それぞれに不思議に思っていたそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



紙面版PDF





コメント

森の狸と和尚様

2018年05月29日 | 可愛い子とご家族のお話
小学校で春の運動会が行われた五月の週末、前日よりお電話をいただきました市内のお寺さんへお伺いしました。
境内でも児童たちの声が響きわたり門戸の先の作務所で和尚様が出迎えて下さいました。
今回お伺いしたのはお寺周辺に生息する狸が境内で死んでたの事で作務所の奥には白いシーツを骸布として包まれた遺体が安置されておりました。
お棺に納めていたところ、お寺の檀家さんであり当霊園を以前から利用されている男性が立ち寄り和尚様も交え昨日までのお話しをして下さいました。
狸の遺体を見つけたのはこの男性で檀家としてお寺の清掃奉仕をしてた最中でした。
山林に囲まれたお寺の周辺は自然が豊かで昔から狸が徘徊しておりましたが、ここ20年は餌場のドーナツ化現象なのでしょうか狸の姿はそれまで見る事はありませんでした。
この狸との出会いは今から1年程前、夕暮れの笹払いをしてると繁みの奥からカサカサと人ではない何かの生き物の足音が聞こえ目を凝らすと葦色の毛並みから狸だと分かり、その姿は森の緑と相まりとても綺麗に見えたそうです。
檀家さんからの目撃例はありましたが狸は決して人慣れはせず周辺の農業被害や境内を荒らす事もなくひっそり生き行く様から和尚様は無理な餌やりや干渉をしないよう関係者や訪れる方々に協力してもらいました。
四季を通じ何故か節目の時に姿を現す狸を皆それぞれに不思議に思っていたそうです。
鳥獣保護の観点から死体発見後、行政関係に連絡し今回のお迎えに至り和尚様に案内された本殿脇の案内板には狸について協力してくれた事への感謝の気持ちと荼毘に伏した事を美しい楷書書きで記されておりました。


コメント

花の植え替え(春)

2018年05月11日 | 園内の整備・準備活動
昨日と今日の2日に渡り、園内の花の植え替えをしました。


前日は古くなったスミレの花を根に付いた土ごと除去、プランター内に残った土に新しい園芸土を混ぜ耕しました。







本日午前中に新しい苗が届き準備が整ったプランターに植込むみます。


作業は3人で置かない約90分で180鉢の苗を植え替えました。


コメント

菖蒲の花と鯉のぼり

2018年05月01日 | 動物・植物
G,W,の中休み、初夏を思わせる日差しの朝で5月が始まりましたね。
連休のある方も無い方も新緑の爽やかな空気を感じられるといいですね。
門柱の背中には菖蒲の花が静かに咲いてます。





構内休憩所に鯉のぼりを掲げました。
全ての子供たちが夢や希望を抱き、健やかに育って欲しいとお願いをかけさせていただきました。





コメント