動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

新しい街

2012年04月29日 | 可愛い子とご家族のお話
桜の花も舞い散り、新緑が日々繁るある日の午後、ワンちゃんのお迎えをいたしました。
伺ったお宅の番地はまだGoogle mapに表示されない程の新しい宅地で、周りは建築中の建物がいくつもありました。
ご家族はこの春、年老いたワンちゃんと共に都心から移住されました。
引越の作業や、ご近所との挨拶も一通り済み、落ち着きはらったと同時にワンちゃんが亡くなったのだそうです。
新生活を楽しみにして購入されたばかりの真新しいペット用のベッドに横たわるワンちゃんを優しく撫でてお別れをなさいました。
Ii2




コメント

ねぎぼうず

2012年04月28日 | 動物・植物
雨水を湛えた近隣の畑に、ねぎぼうずを見つけました。

P1020704

整然と植えられた姿はまるで小さな人達が行列をしてる様に見えます。

コメント

手作り時計

2012年04月25日 | ごあいさつ
先日、個人でお墓を持っておられます方から梱包されている2つの時計が届きました。
お贈りしていただき、ありがとうございます。
この時計はご家族のご主人が実際のワンちゃんをモデルに製作し1つ1つが違う表情をしております。
早速、組み立てて1つは本堂入口に、1つは納骨堂内に、たくさんの人に見ていただける様に飾らせていただきました。
P1020698

P1020702





コメント

花祭り

2012年04月08日 | 動物・植物
都内、千葉市内の桜の花も満開となりお花見に行かれた方も沢山おられたかと思います。
本日、4月8日はお釈迦様の誕生日、花祭りです。
当霊園では催しはしておりませんが、代わりに現在園内外で咲いております花を挨拶担当猫と共に紹介いたします。


P1020696
椿の花
先日も紹介しましたが、数日経って更に花を咲かせております。
学名Camellia は、17世紀のチェコスロバキアの宣教師「Kamell カメル」さんの名にちなむそうです。
椿はカメルさんが18世紀に東洋からヨーロッパにもたらしたことで広まって英名でも「カメリア」と呼びます。


P1020683
ムスカリ・アルメニアクム
別名グレープヒヤシンス。百合科の球根植物で鮮やかなコバルトブルーは遠くからはラベンダーの様に見えます。


P1020680
花韮(ハナニラ)
別名西洋甘菜(せいようあまな)。こちらも百合科の植物で少し離れた場所に薄紫色の花も咲いております。
英名ではスプリングスターフラワーと呼ばれる様に星型の小さな花びらをしています。


P1020697
ラッパ水仙
遅咲き系の水仙です。確かに形がラッパに似ていますね。


P1020685
P1020686
ハクモクレン
学名Magnolia(マグノリア)は18世紀のフランス、モンペリエの植物学教授「Magnol さん」の名前にちなむそうです。


P1020678
P1020689
休憩所と植え込みのパンジー
年2回冬季はパンジー、夏季はベコニアといった具合で植え替えをしております。
近年は季節の変わり目が曖昧になり、植え替えの時期を見極めるのが難しいです。


P1020687
隣接する休耕地の菜の花
春を代表する花・・・ですが、何せ休耕地に咲いているもので、畑一面と言う訳にはいかない様です。
右手前の黄色いのは、お供え物の造花が写り込んでしまいました。













コメント

筆作業

2012年04月07日 | 園内の整備・準備活動
P1020674

普段の業務の合間に次回分の彼岸の塔婆を書きはじめました。
一日に書ける本数は限られますが約1か月程の期間を掛け、一本一本心を込めて筆を入れております。



コメント

椿の花と南風

2012年04月05日 | 季節・空模様
季節の変わり目で風の強い日が続きますね。
先日の強風の片づけや整備が済んだと思ったら、今日は南からの風で粒子の細かい畑の土を舞い上げております。
多少、湿った暖かい風の後押しもあり、園内の椿に木が次々に赤い花を咲かせています。
P1020662

P1020666





コメント