動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙版 第59号

2014年01月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成26年 2月

もうすぐ立春を迎える2月。暦では春に近づいておりますが、まだまだ寒いが続きます。
各地でインフルエンザ等が猛威を振るう季節、皆さまどうぞ健康にお気を付け下さい。
園内に於きましては梅の花が日々、ツボミを丸くさせ咲き出す準備をしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

息子と犬の成人式
平成26年1月13日、成人の日。この日は全国で121万人の若者が新成人となりました。
そんな晴天の朝、1組の御家族がお参りにいらしました。
ご家族の次男が成人式に赴く前に皆でお堂に眠っているワンちゃんにお線香を上げに来たのです。
一通りの礼拝も済み、お母様がおっしゃるには次男と昨年亡くなったワンちゃんは同い年で、もし生きていたら息子さんと並べて記念写真を撮りたかった・・
と、照れくさそうな次男を横にし、笑顔でおっしゃっておりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うどん猫と誕生日
寒さたけなわの1月のある朝、猫さんのお迎えをいたしました。
ご家族は高層住宅に住んでおられ階下のへエレベーターまで迎えをして下さり玄関に到着すると幼稚園に行く準備をしていた女の子が猫さんとお別れの言葉を掛けていました。
女の子のお婆ちゃん、つまり猫の飼主である奥様は前日まで郷里の香川県に自分の誕生日を祝って頂く為にお出かけされて、今朝お家に帰り着いた所で猫さんとの死に目に会いました。
猫さんは香川の奥様のご実家で生まれ、歯が生え揃った頃、千葉に連れて来られました。
ちゃんと名前を与えられましたが白い姿も相まって奥様のお友達からは生涯「うどん猫」と言うありがたい称号をいただき、とても可愛いがられておりました。
誕生日の節目に同郷の仲の猫さんとのお別れに土産物の讃岐うどんをお供えして欲しいと云う事でお預かりいたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

{お知らせ}
平成26年 春彼岸会合同慰霊祭日程は以下の予定とさせていただきます。
 ・期日    3月21日(祝) 3月22日(土) 3月23日(日)          
 ・読経開始  午前十一時よりと午後二時よりの二回でございます。              
        (天候不順の場合は電話にてお問い合わせ下さい)
お参り時間  午前九時~午後五時まで開園しております。






第59号紙面

コメント

うどん猫と誕生日

2014年01月30日 | 可愛い子とご家族のお話
寒さたけなわの1月のある朝、猫さんのお迎えをいたしました。
ご家族は高層住宅に住んでおられ階下のへエレベーターまで迎えをして下さり玄関に到着すると幼稚園に行く準備をしていた女の子が猫さんとお別れの言葉を掛けていました。
女の子のお婆ちゃん、つまり猫の飼主である奥様は前日まで郷里の香川県に自分の誕生日を祝って頂く為にお出かけされて、今朝お家に帰り着いた所で猫さんとの死に目に会いました。
猫さんは香川の奥様のご実家で生まれ、歯が生え揃った頃、千葉に連れて来られました。
ちゃんと名前を与えられましたが白い姿も相まって奥様の
お友達からは生涯「うどん猫」と言うありがたい称号をいただき、とても可愛いがられておりました。
誕生日の節目に同郷の仲の猫さんとのお別れに土産物の讃岐うどんをお供えして欲しいと云う事でお預かりいたしました。
Ud3





コメント

積雪

2014年01月22日 | 季節・空模様
積雪の朝、薄日に霧が発生し周辺の道路は50メートル先が見えない程に視界が悪かったです。
日陰はまだ凍結している所もありましょうから、通勤、通学にお気を付けて下さい。
P1220053

P1220051

P1220054




コメント

合格祈願

2014年01月18日 | ごあいさつ
今朝は積りこそしませんでしたが霊園周辺では小雪が舞い降りました。
P1180031

P1180030


受験シーズンに入り本日は大学入試のセンター試験が全国で実施、私立高校は昨日から面接試験が始まりました。受験生の皆様にはいつもの調子を保って持てる力を存分に発揮します様に影ながら合格祈願をさせていただきます。合掌


コメント

息子と犬の成人式

2014年01月13日 | 可愛い子とご家族のお話
1月13日、成人の日。本日は全国で121万人の若者が新成人となります。
そんな晴天の朝、1組の御家族がお参りにいらしました。
ご家族の次男が成人式に赴く前に皆でお堂に眠っているワンちゃんにお線香を上げに来たのです。
一通りの礼拝も済み、お母様がおっしゃるには次男と昨年亡くなったワンちゃんは同い年で、もし生きていたら息子さんと並べて記念写真を撮りたかった・・と、照れくさそうな次男を横にし、笑顔でおっしゃっておりました。
Sz4




コメント

冬に見える足跡

2014年01月10日 | 季節・空模様
各地で寒波が到来し朝晩は肌を刺すような冷たい空気が凍みますね。
暦の上では一年で一番寒いとされる大寒を前に霊園内の所々で霜柱の氷芽が小さな姿を朝の陽を仰いでは溶けている毎日です。
地面から沸き出した霜柱が緩く液化した頃には動物達の足跡が見える事があります。
これは、主にお参りに一緒に来たワンちゃん、当霊園の飼い猫、森のウサギの物ですが稀に大型の渡り鳥の足跡も見る事が出来ます。
氷が解けて緩んだ地面を踏み、夜の冷気がそのままの形で足跡を残すのです。
P1100021


P1100020



コメント