咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

塩バターコーン@らーめん 樹 ITUKI

2018-03-31 22:00:00 | ラーメン
まさかの人事異動で4月から職場が変わることに(◎_◎;)
それに伴い引き継ぎやら引っ越しやら年度末の処理やらと忙しい日々。
昨日も仕事を終えてふらふらな体で当分ラーメン食べられないかもとこちらへと向かいました。



今の職場からは比較的近い「樹」さんです。
夜遅くまで営業しているのがありがたい。

お店に入ったのは21時20分です。
まずは食券を購入します。
迷わず今月の限定『塩バターコーン』(830円)にしました。
本当はもっと早く来たかったのに結局月末になってしまいました。



カウンターの空いている席に座って食券を渡します。
先客は8名、後客3名と遅くてもけっこういらっしゃいます。
お店はご主人と奥様、スタッフのお兄さんでの営業です。

10分近く待って出てきました。
コーンとバターを見るとなんだか懐かしい気分。
子どもの頃こういうのよく食べてましたよ。

さてといただきますか。
スープには油膜ができてます。
味のほうは魚介出汁が効いた塩豚骨です。
バターを溶かしつついただくとコクが出てたまりません。





麺は中太麺です。
もっちり感のある麺にバターが溶けたスープがいい感じにコーティングされてうまいっしょ(^0^)v



トッピングのコーンたっぷり。
穴あきレンゲがあるので掬って食べるのに好都合です。
しおしおっとした中に甘みがあってほっぺたおちそう。



他のトッピングはチャーシュー、メンマ、炒めたもやしと挽肉、みじん切りのねぎです。
チャーシューはおなじみのバラ肉です。



サービスで煮玉子いただきました。
ありがとうございますm(_ _)m
いつも黄身がとろっとろに仕上がっていて最高です。



気がつけばスープも飲み干してました。
カロリー高そうですが気にしたらあかんねf(^_^;)
おいしくいただきました。

4月の限定は『汁なし担々麺』だとか。
異動してラーメンを食べる機会が減りそうですがなんとか食べに来ないとね。




お店の詳細:
住所 金沢市長土塀2-17-32
電話番号 076-223-3911
営業時間 平日11:30~15:00、17:30~23:00
     土日祝日11:30~23:00
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
コメント

大阪ブラック+こだわり煮玉子@醤油らーめん専門 金久右衛門 梅田店

2018-03-25 20:30:00 | ラーメン
昨日は用事があって大阪に行っておりました。
サンダーバードに乗って大阪駅に着いたのはお昼前。
お腹も空いたので昼食は大阪駅近辺で食べようかなと、もちろんラーメンでっせf(^o^;)
で気になっていたこちらへ向かうことにしました。



大阪駅から歩いて10分ほど、曾根崎町にある「金久右衛門(きんぐえもん)」さんです。
深江に本店があり、府内に何店舗か展開している人気店です。
なんでもオーナーは元運輸省の官僚だったとかΣ(゚Д゚)

着いたのは12時10分です。
夜だと人通りがあるのかもしれませんが休日の昼間だと静かな場所にありますね。

お店に入り空いているカウンター席に座ります。
店内はカウンター11席と奥にテーブル席が1卓。
先客8名後客5名と土曜日だからか思ったほど混んでなかったです。
スタッフはベテランそうな男性と女性がひとりずつ。



メニューを見ます。
注文するのは気になる『大阪ブラック』(720円)です。
これにホットペッパーからプリントした100円トッピングプレゼントクーポンでこだわり煮玉子をつけてもらいます。





注文から3分くらいで出てきました。
確かに真っ黒なスープです。

ではスープからいただきます。
オイリーなスープを飲むと魚介の出汁が仄かに感じられる醤油味。
イカのワタやエビを使っているのだとか。
富山ブラックと違いすっきりと飲みやすい味になってます。



麺は平打ちの太麺です。
スープがいい感じでしみてます。
平打ち麺特有のベラベラ感が啜り心地を気持ちよくしてくれます。



デフォのトッピングはチャーシュー、メンマ、青ねぎです。
チャーシューは大きいのですが箸で持ち上げようとするとちぎれちゃうほど軟らかかったです。
青ねぎが大阪っぽくていいですね。





クーポンでもらったこだわり煮玉子です。
馬鹿舌なのでどこがこだわりなのかは分かりません(>_<)



見た目とは裏腹にさらさらっと食べられました。
スープも完飲できそうでしたがここは我慢。
これは飲んだ後の〆に合いそうな味ですね。
大阪名物の味、楽しませてもらいました(^_^)d


お店の詳細:
住所 大阪市北区曾根崎1-2-20 大幸ビル1F
電話番号 06-6367-5028
営業時間 11:00~翌2:00
定休日 日曜日
コメント

カレー担々麺@四条富小路 麺屋虎杖 有楽町

2018-03-23 23:50:00 | ラーメン
3月17日、ツエーゲン金沢大宮アルディージャの試合は1-1の引き分け。
宮崎幾笑の先制ゴールで対大宮戦初勝利と思ったのですが終盤追いつかれました。
まあアウェイで負けなかっただけでも良しとしなくては。

試合が終わった後急いで大宮駅に向かい有楽町を目指します。
その理由は「銀座わしたショップ」で買い物をするため。
我が家は沖縄好きなので東京方面に来るたびにここで沖縄の食材をしこたま買い込むのです。
20時閉店なのでぎりぎり間に合いました。

無事買い物を済ませて帰りの新幹線までちょっと時間があります。
お腹も空いたので有楽町で夕飯を取ることにしました。
で向かったのはこちらです。



東京交通会館地下にある「四条富小路 麺屋虎杖(いたどり) 有楽町」さんです。
3月18日で開店一周年を迎えたんですね、おめでとうございます。

着いたのは20時ちょうど。
レトロ感が強い店が多い交通会館地下の中では異彩を放つお洒落感。
店内はテーブル席とカウンター席があり、カウンター席のほうへ案内されます。
土曜の夜だけにけっこう入っていたかな。

メニューを拝見。
いろいろとあってどれもおいしそう。
初めてのお店なので看板メニューの『カレー担々麺』(780円)をお願いしました。









試合が終わってから何も飲んでなかったので喉がカラカラ。
まずは生ビール(500円)で喉を潤します。
サッポロ黒ラベルですね。
試合に勝っていればよりおいしく飲めたのですが…



注文から3~4分くらいでもう出てきました。
汁がはねても大丈夫なよう紙エプロンも出していただけます。



ではいただきます。
スープはカレーのスパイシーさと坦々スープの麻辣さが見事に融合した味わい。
どちらかといえばカレーの風味が勝ってますかね。
さらっとしていて辛さは思ったほどではないので安心して飲むことができます。



麺は加水率高めの細麺です。
ややプリッとした食感にスープが絡み、するっと喉を通ります。



具材は挽肉、青梗菜、白髪ねぎ、糸唐辛子です。
挽肉のピリ辛感が食欲をそそりますね。
青梗菜があるのもうれしい。





麺を食べ終え別注の小ライス(100円)を。
小でも結構な量がありますね。
ランチタイムは無料でサービスされるようです。



少し量を減らしてから残しておいた具材とスープをぶっかけていただきます。
こりゃまさしくスープカレーな感覚。
美味くないはずがない!



かるーく完食してごちそうさま。
額からは汗が止まりませんでした。
こんなに刺激的なのに食後は爽快感があって良かったです。
次に機会があれば他のメニューも食べてみたいものです。


お店の詳細:
住所 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
電話番号 03-3125-3955
営業時間 月~土・祝前日11:00~22:30(L.O.22:00)
     日・祝日11:00~21:30(L.O.21:00)
コメント

特濃煮干とん@ラーメン 吟とん

2018-03-22 15:30:00 | ラーメン
さて祝日明けで木曜日なのに月曜日感覚。
ですが私は今日も代休消化となります。
雨が降ってるので外に出かけたくはないのですがこちらにお昼を食べに行くことにしました。



神宮寺の「吟とん」さんです。
先週から限定のメニューが出たとのことでやってきました。

車をとめるとちょうど暖簾を出すところ。
6番手での入店となりました。

カウンター席に座って注文します。
もちろん限定の『特濃煮干(にぼ)とん』(850円)です。
煮干好きとしては見過ごすわけにはいきません。
なお、ランチタイムは大盛り無料ですが節制して普通でお願いしました。



スタッフは麺上げのお姉さんともうひとりお兄さん。
後客も続々来てほぼ満席でした。

10分ほどで出てきました。
丼ちっちゃいな、大盛りでもよかったかも。

さていただきますか。
スープは豚骨醤油に瀬戸内産の煮干をはじめ鰹節、鯖節、鯵節など魚介成分をふんだんに使っているとか。
たしかに煮干感はあるのですが濃厚な豚骨と醤油の甘さでぼやけてしまってインパクトが弱い。
味自体は悪くないんですけどね。



麺はおなじみの平打ち中太麺です。
もっちりしこしこと相変わらずおいしい麺です。



トッピングはチャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、ねぎです。
チャーシューは熟成レアチャーシューがなんと5枚も。
これだけで目尻が下がります。



半分でも味玉があるのはいいですね。
こちらではおなじみのうずら卵は入っていませんでした。



海苔の上には荒節煮干粉が。
少しずつ溶かして食べても煮干感が増した感じがしませんね。



といろいろ思いながらもごちそうさま。
煮干感は期待したほどではありませんでしたがトッピングの豪華さには満足しました。
しかも金沢情報のクーポンで100円引きになったので上機嫌でお店を後にしました。


お店の詳細:
住所 金沢市神宮寺1-17-17
電話番号 076-225-8422
営業時間 11:00~15:00、18:00~22:00
定休日 無休
コメント

納豆煮干@ご当地ラーメン 巡

2018-03-21 19:30:00 | ラーメン
今日は春分の日でお休み。
咲ちんは部活に行き、にゃまんは家の掃除。
で私はスーパーやドラッグストアへの買い出し係。
その途中にこちらに寄り道して前から気になっていたものをいただいてきました。



2週間前にも行った「」さんです。
いつもは徒歩で行きますが今日は車を向かいの駐車場にとめました。

入店したのは13時43分です。
壁際のカウンター左端の席に座ります。
この席が定番になってきてるなあ。

今月の限定は『津軽濃厚煮干』(800円)です。
普通ならこれを注文するのですが火曜水曜の午後8時までのみ『納豆煮干』(890円)を提供しているのです。
先々週店主さんからいろいろ話を聞いてからとっても気になっていたのでこれを食べるつもりで来たのです。



注文を済ませしばし待ちます。
先客は2名、後客も2名。
お店はいつも通り店主さんと奥様での営業。

12分ほど待ったところで提供されました。
丼の表面が納豆のネバネバで覆われてますよ!

期待半分不安半分でいただきます。
スープをすくうとふわとろな納豆のネバネバ感が。
卵と一緒に撹拌させてありとってもクリーミー。
これが煮干のえぐみを包み込む感じで和らげとっても味わいやすくなってます。



麺は全粒粉が入った低加水タイプのストレート角刃細麺です。
小麦の風味がしっかりと出てますね。
納豆のネバネバがまとわりついて啜ると喉ごし滑らか気持ちいい。




トッピングはバラチャーシュー2枚とメンマ、ねぎ。
納豆とチャーシューの相性は…微妙w
でもねぎは合うよね、やっぱり。



スープの中には納豆の豆がちゃんと入ってます。
タンパク質補給です。



なんだかんだとスープを飲み干しごちそうさま。
意外と納豆が食べやすく面白いけどおいしくいただけました。
お会計のとき店主さんから明日より『特濃』を出す予定だと伺いました。
それ聞いたらまた来なきゃって思うやん。


お店の詳細:
住所 金沢市堀川町27-2
電話番号 076-224-4788
営業時間 平日11:00~15:00、18:00~25:00(金曜日は~26:00)
     土曜日11:00~26:00
     日曜・祝日11:00~22:30
定休日 不定休
コメント

濃厚煮干そば@煮干中華そば専門 煮干丸

2018-03-20 21:00:00 | ラーメン
先週土曜日はツエーゲン金沢大宮アルディージャとのアウェイ戦があったので応援のため大宮へ行ってきました。
朝、北陸新幹線「かがやき」に乗って一路大宮へ。
2時間ちょっとで着くのですから速いものです。

大宮に着いてまずは腹ごしらえ。
大宮駅周辺は知る人ぞ知るラーメン激戦区、行きたいお店はたくさんあります。
その中から気になったお店へと伺うことにしました。



大宮駅西口を出てすぐのビル2階にある「煮干中華そば専門 煮干丸」さんです。
名前からして煮干好きには魅力的です。
川越にある「中村屋総本山」さんの2号店だそう。

着いたのはちょうど開店時刻の11時。
狭い階段を昇って2階へと参ります。
左側に入口、右側に券売機があります。





では券売機で食券を買いましょう。
普通なら一番左上にある『煮干そば』(790円)を選ぶところでしょうか。
でもニボラーな私としては迷わず『濃厚煮干そば』(790円)を選びました。

食券を持ってお店に入ります。
店内は厨房側に6席、窓側に7席とカウンターのみ。
厨房側左端の席に案内されました。



食券を渡すと麺の量を訊かれます。
並(180g)・中(230g)・大(280g)いずれも同額設定と素敵♡
遠慮して中にしてもらいましたw



狭い厨房にはスタッフの男性が3人。
私の後客は6名来られてました。

店内を観察しているともう出てきました。
3分くらいしか経ってないんじゃΣ(゚Д゚)

それではいただきます。
スープは見事なセメント色をしています。
豚骨ベースに瀬戸内伊吹島産いりこをたっぷりと使っているそう。
味は煮干感がすごいのにえぐみや苦みが全然しない。
むしろかすかな甘みを感じるのが不思議。



麺は低加水のストレート細麺です。
毎朝川越の本店で製麺されたものを直送しているとか。
基本固めで提供しているとのことでザクパツ感がなかなかのもの。
ニボったスープをしっかりと受け止めています。



トッピングはチャーシュー2枚、黒バラ海苔、刻み玉ねぎ、白髪ねぎ、細ねぎです。
豚バラ肉を煮込んだチャーシューは脂がいい感じで抜け、身はほろっと柔かくて口の中でとろけます。



途中で卓上にある煮干の内臓とニンニクを煮込んだという内臓オイルを入れてみます。
これがまあ癖があるけど癖になる味(≧▽≦)
これは予想外に面白い味わいになるなあ。



ずるっと麺を啜り上げ、残ったセメントスープもぐびっと完飲。
美味しくいただきました。
煮干好きにはたまらない堪えられない味ですね。
駅からすぐのこの立地でこれだけのものが食べられるなんて思いませんでした。
来年も大宮遠征できるといいな(^o^)~♪


お店の詳細:
住所 さいたま市大宮区桜木町1-1-5 山中ビル2F
電話番号 なし
営業時間 平日11:00~15:00、17:00~23:00
     土曜日11:00~23:00
     日曜日11:00~21:00
定休日 無休
コメント

グリーンカレー味噌󠄀ラーメン+半熟煮玉子@らぁめん 秀 金澤

2018-03-19 19:00:00 | ラーメン
朝から雨と残念な休日。
にゃまんから県立図書館に本を返すのを頼まれたので車を出してお出かけ。
そのままお昼を食べようと思い、足を伸ばして初訪問となるこちらへと向かいました。



野々市市にある「らぁめん 秀」さんです。
なぜか訪れるタイミングを逃していたのですよね。

到着したのは11時19分です。
駐車場が広いのがいかにも郊外型って感じです。

お店に入ると結構広い。
スタッフさんに「カウンターでもテーブル席でもいいですよ」と言われたので2人掛けのテーブル席にしました。
ベンチシートはゆったりとできていいですよね。



先客は5名、後客は7名とお昼前でもまずまずな入り。
スタッフは男性女性ふたりずつでした。
接客はなかなかいい感じです。

メニューを見るまでもなく注文します。
14日から始まった限定の『グリーンカレー味噌󠄀ラーメン』(税込850円)です。
ここに来た理由のひとつがこれをぜひ食べてみたかったからなのです。
これに金沢情報のクーポンを使って半熟煮玉子をトッピングしてもらいます。



こちらも杜の里の「秀」さんと同じく卓上にもやしナムルが置いてあります。
遠慮なくつまみながら待ちますか。



10分ほど待って出てきました。
かすかにスパイシーな香りが感じられます。

じゃドキドキしつついただきます。
スープは味噌󠄀を合わせてあるからか色合いがグリーンぽくないですね。
でも味のほうは間違いなくグリーンカレーの味ですね。
ココナッツミルクと大野にある菊田味噌さんの大吟醸味噌󠄀のコクが辛味を抑えているので味わいやすくなっています。



麺は加賀食品工業さん製の多加水太麺です。
ちょっと麺の茹で加減がゆるいかな。
でももっちりした食感がスープにマッチしてずるずるといっちゃいます。



デフォのトッピングはチャーシュー、揚げなす、ヤングコーン、炒めたもやしと挽肉、水菜、糸唐辛子、粉チーズです。
チャーシューは肩ロースのレアチャー、やわらかくておいしいです。
揚げなすってのがいかにもなトッピングですね。
せっかくなら水菜じゃなくてパクチーとか載せたら面白かったのに。





クーポンでつけてもらった半熟煮玉子。
食べやすいようちゃんと半分に切ってあります。
これはスープに合うなあ。



麺を食べ終えたところでもう一仕事。
グリーンカレー味噌󠄀ラーメンを注文したら一緒についてくるバジルご飯。
これに残しておいたトッピングを載せてスープをかけていただきます。
やっぱカレーはライスとともに食べるのが日本人として当然の摂理です。
いやこりゃたまらんわ。





さらっと完食、ごちそうさまでした。
味の日タイ友好、見事に調和しておいしくいただけました。
これは限定と言わずレギュラーメニューでも受けると思いますよ。
さてほかのメニューもいろいろ食べなきゃなと思うのでまた来なきゃね。


お店の詳細:
住所 野々市市粟田5-430
電話番号 076-294-1137
営業時間 11:00~24:00(日曜祝日は~22:00)
定休日 不定休
コメント

ニボガッツ@麺屋 神やぐら

2018-03-18 19:30:00 | ラーメン
昨日はツエーゲン金沢の試合を応援するため日帰りで大宮へ行き、帰ってきたのは夜遅く。
なので今日は午前中は家でのんびりと休息。
でも夕飯の材料買いに行かなきゃなと午後に元菊のマルエーまで買い出しに。
そしたら必然的に向かいにあるこちらが目に入るので遅めの昼食をいただいてきました。



ガツ盛り系でおなじみの「神やぐら」さんです。
なんでも15日から限定メニューが登場したとか。

14時27分に入店。
券売機で食券を買います。
買うのはもちろん表にもデカデカとあった限定『ニボガッツ』(税込900円)です。



案内されたカウンター席に座りスタッフの方に食券を渡します。
野菜増しニンニク少なめ豚チャーシューでお願いしました。

先客は6名後客は8名と日曜なのでこの時間帯でもまずまずな入り。
スタッフは男性3人でした。

6分ほどで出てきました。
この丼は以前「神仙」さんで煮干系メニューを出すときに使ってたものでしょうか。

レンゲをとっていただきます。
スープはどろりと見るからに濃厚さがわかります。
豚骨味噌のスープは濃いけど口当たりなめらかでいいですね。
ですが肝心の煮干の風味が消されている感じがするのがちょっと残念。
もう少し煮干粉が入ってるとよかったかな。



麺は加水率高めの太麺です。
ごわっとしか感じですがスープがまとわりつくように絡みます。
ワシワシっと箸が進みます。



トッピングはチャーシュー2枚、野菜、刻み玉ねぎです。
今日のチャーシューは肉が締まった感じですね。



山盛りの野菜はほぼもやし。
増しだと食べても食べても減りませんね。
でも卓上の〝魅惑のもやダレ〝をふりかけるとあら不思議、味にアクセントがついてバクバクといけちゃいます。





そんな感じできっちり完食。
がっつりと食べられましたが900円の価格としてはニボ感が足りないかな。
たまたまだったのかもしれませんが…
お腹はいっぱいになりましたよ。


お店の詳細:
住所 金沢市元菊町17-13
電話番号 076-221-0044
営業時間 11:00~24:00(日祝日~23:00)
定休日 無休
コメント

季節の醤油ラーメン@麺や 福座

2018-03-15 22:00:00 | ラーメン
今日も代休消化。
春らしい陽気で暖かいのを通りこして暑いくらい。
お昼も春を味わうべくこちらへと参りました。



春といえば今年も丸亀製麺の春のあさりうどんですね。
では入るとしますか…



じゃなくて目指すは「福座」さんですよ。
あさりうどんも食べたいんですけど(^_^;)

開店15分前に着いちゃって天気もいいのでそのまま外待ち。
するとご主人の知り合いの方が来てお店に入っていきました。
その流れで私も開店前にも関わらず入れていただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

いつものようにカウンター左奥の席に座ってメニューを確認。
ご主人の福田さんから直接注文を訊かれます。
もちろん注文するのは新たにお目見えした『季節の醤油ラーメン』(800円)です。
牡蠣のシリーズは終了しましたが次から次へと楽しみが出てくるので目が離せません。





10分ほどで出てきました。
スープがいい色してますね。
トッピングの菜の花が映えてます。

さあいただきますよ。
スープを一口飲んだ瞬間、衝撃が走ります。
鶏ガラメインの清湯スープに中初商店さんの国産丸大豆無添加三年熟成生揚醤油「天祐」を使っているとか。
コクがあって奥深い味わいで体の底から湧き上がるようなおいしさです。



麺は全粒粉のストレート細麺です。
小麦の風味もさることながら滑らかな喉ごしにうっとりします。



トッピングは豚肩ロースのレアチャーシュー2枚に季節の野菜、ねぎ、糸唐辛子です。
レアチャーシューは見事な味わいです。



季節の野菜は菜の花、ふき、筍です。
どれも素材の味がよく出ていてスープの味とも調和しています。
今後季節によってさまざまな野菜で出されるそうです。



自家製のラー油も出してくださいました。
これをひと垂らしするのもいいのですがスープの美味しさを楽しむなら入れなくてもいいかも。



丼を持ち上げスープをぐいっと飲み干してごちそうさま。
またしてもご主人にしてやられました。
生揚醤油の魅力に私もハマりそうです。
季節の野菜が変わるたびに食べなきゃね。


お店の詳細:
住所 金沢市有松4-1-1
電話番号 076-243-2930
営業時間 11:30~14:25、18:00~20:55(日曜・祝日は17:30~)
定休日 月曜日(祝日の場合営業)、月2回火曜日
コメント

野菜ラーメン(塩)@金澤近江町中華そば みなと屋

2018-03-14 22:30:00 | ラーメン
今日はホワイトデーでしたね。
私は職場に着くまでその存在すっかり忘れておりました。
これはいかんと昼休み、職場の女性陣へのバレンタインデーのお返しを買いに慌ててめいてつエムザへ。
併せてお昼ごはんも近江町市場のこちらでいただきました。



といっても海鮮丼や回転寿司じゃないですよ。
近江町いちば館地下の「みなと屋」さんです。

お昼どきとあって近隣で働く人や観光客でにぎわっております。
今日は『野菜ラーメン』の塩(600円)にしました。
麺のかたさとスープの濃さを聞かれるのでかための普通でお願いしました。
それにランチタイムサービスで半額の50円になるライス(小)もつけちゃいます。





窓口で食券を渡して番号札を受け取ります。
空席を確保してしばし待ちます。



10分ほど待って番号が呼ばれました。
窓口で受け取って席に戻ります。

時間もないのでさっそくいただきます。
スープはあっさりとやさしい味わい。
なんだか懐かしさを感じます。
年配の人も安心して味わえますね。



麺はストレートの細麺です。
ちょっとパツパツした食感です。
スープに合わせるならやわめにしたほうがいいかもしれません。



トッピングされた野菜はキャベツ、もやし、人参です。
軽くボイルしてシャッキリ感が残った感じがいいですね。



他のトッピングはチャーシュー、煮玉子半個、海苔、メンマ、赤巻かまぼこ、ねぎです。
この値段でこれだけ付くのは立派なものです。







ライスは受取窓口のところに柴漬が置いてあるので遠慮なくのっけました。
炭水化物の二重摂取はやばいと知りつつやめられません。



ぺろっと食べてごちそうさま。
リーズナブルな価格で満足でき、重宝するお店です。
こらからも多くの人に愛されてほしいですね。
あ、お返しは無事渡せましたよ。


お店の詳細:
住所 金沢市青草町88 近江町いちば館B1F
電話番号 076-223-3710
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休(今月は23日)
コメント