咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

冷やしそば+極太メンマ@中華そば 秋生

2013-05-29 15:10:00 | ラーメン
遅い連休最終日の今日は咲ちんの運動会…の予定が雨のため明日に順延、スケジュールがぽっかり空きました。
せっかく応援に行こうと思ったのに(ToT)
まあ天気には逆らえないのでのんびり過ごすことに。
まあ今日もお昼はラーメン食べられるかとプラスに考えなくては。

今日は「秋生」さんへとやって参りました。
普段月曜休みの私にとっては貴重なチャンスですからね。



お店に着いたのは11時35分頃。
すでに先客が3人いらしてその後も続々とお客さんが来られてほぼ満席状態に。
店主さんと女性スタッフ3名体制でした。
うちひとりは妊婦さんじゃないですか!お大事にね。

カウンターには”麺類以外の撮影禁止”とテプラが貼ってあります。
こうなった経緯は知ってるんですがちょっと緊張しちゃいますよね。
せめてメニューは許してほしいんですが…

とにかく新メニューの昼限定『冷やしそば』(並750円)にこれまた限定の『極太メンマ』(100円)トッピングでお願いしました。
食べる前から楽しみです。

14分ほど待ったところでようやく登場。
丼がひんやりして気持ちいい♪

まずスープを一口。
メニューにあった口上書きによると地元大野醤油の名門、直源醤油さんの丸大豆醤油・もろみの雫と昆布や鰹節などからとった魚介だしをブレンドさせたものだそうです。
キリリとコクがありますね。
ごま油が入ってるのかごまの風味がいいですね。

麺はつけそばで使用している太麺です。
もちもちしてコシがすごい。
こんなに美味い麺ならいくらでもいける。

極太メンマは5日かけて戻した帯状の乾燥メンマを1時間半炊き込んだという手の込んだものです。
厚さ1cm以上あろうかというメンマは噛むとさっくりと柔らかい。
ちょっと甘めの優しい味付けがたまりません。
これはごはんのおかずにもいいかもね。



メンマ以外の具はチャーシュー、ごまがかかった茹でもやし、茹で水菜、ささがきの白ねぎにレモンが一切れ。
チャーシューはもしかして直火焼きチャーシューかしら。
ほんのりピンクで塩々とした味わいが気に入りました。
ねぎは相変わらずおいしいですね、このそばについてはトッピングできないのが残念です。

途中でレモン搾ってまぜまぜ。
搾ったレモンを置く皿も用意してくれるのはうれしい配慮です。
これまたさっぱりとしておいしくなりますね。

あっけなく完食です。
ごちそうさまでした。
大盛で注文しなかったのを後悔したほどでした。
まあ夏の間はありそうですから再食できそうかな。


お店の詳細:
住所 金沢市米泉町1-64
電話番号 076-227-8208
営業時間 11:30~14:30、18:00~21:00(金曜のみ18:00~22:00)
定休日 月曜(祝日の場合その翌日)、火曜夜の部
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん@らーめん 咲くら屋

2013-05-29 07:49:00 | ラーメン
連休2日目の昨日、午前中は髪を切ったあと職場でちょっと仕事をしてイオンの火曜市で買い物と慌しく過ごしました。
家に戻ってから今度は香林坊のほうへ所用があったので歩いて向かいました。
雨降る中香林坊までやってきたのでお昼はこちらでいただいてきました。



せせらぎ通りにある「咲くら屋」さんです。
駐車場のない街中にありながら開店以来はや6年たってるんですよね。
私も異動でいまの職場に移ってからはとんとご無沙汰ですんで何年ぶりの訪問かな?

午後1時40分頃お店に到着。
先客は3人、後客はひとりでした。
「真打」さんで修行して独立されたご主人がひとりで切り盛りされてました。

カウンターにメニューが貼ってあります。
つけめんもあったのですがここ最近冷たい麺ばっか食べてたので今日はらーめん(600円)に半熟たまご(50円)のトッピングでお願いしました。
あと小さなごはん(50円)もね。



先に来られてたお客さんのつけめんもおいしそうだなと思いつつ待ちます。
ご主人の麺の湯切りは独特ですね、思わず見とれてしまいました。

そんなこんなで待つこと13~4分ほどようやく出てまいりました。
おお、久しぶりだなあ。

それではスープから。
茶褐色のスープは豚骨の味がしっかりとしてます。
ちょっと醤油のくどさが強いかな?
でも濃厚すぎずまずまずです。

麺は中太麺でしっかりとしたコシがあります。
たしか開店当初は極太麺を売りにしてたのですがちょっと細くなった?まあじゅうぶん太めですけど。
ですがこだわってスープの絡みをよくするよう特注しているだけあっていい麺だと思います。

具はチャーシュー、メンマ、海苔、みじん切りのねぎ。
チャーシューはちょっと脂多目ですがじゅうぶんおいしい。
たまごは黄身の中心がとろりとしてていい出来です。
海苔はスープにひたしてごはんに乗っけて食べると最高にたまらんです。

スープは飲み干せませんでしたが完食してごちそうさま。
久しぶりでしたが満足行く味でした。
市内中心部で本格的なラーメンが楽しめる数少ないお店のひとつですので、これからもがんばってほしいお店ですね。


お店の詳細:
住所 金沢市長町1-4-57
電話番号 076-262-3399
営業時間 11:00~14:30、17:00~20:00(祝日は昼のみ)
定休日 日曜日
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2013年25号

2013-05-28 08:25:45 | 週刊少年チャンピオン
新連載で表紙がもらえるとは小沢先生の貢献度の高さが伺える。


(新連載)「777 スリーセブン」
いじめのターゲットになった優希は二重人格なのか?
やはり小沢先生描くところの不良のクズっぷりが読ませてくれる。
前作「ガキ教室」はこの成分が不足ぎみだったから今作は支持を伸ばせるかもしれん。
でもナンバ最強は揺るぎません。

「侵略!イカ娘」
職場が山の中にあるんでこの標識よく見るわ。
もう直視できないじゃなイカ!

「ペーパーブレイバー」
勇者の歌ってる歌詞がツボにきた。
店員のお姉さんの笑顔がいいな。

「ANGEL VOICE」
試合終了、市蘭勝利!
一番ほっとしたのは所沢だよね。

「囚人リク」
レノマの表情がすっきりしたな。
リクの爪剥がされてからちゃんと伸びたのね。
田中さんも動き出して新たなる作戦に移行ですか。

「バチバチBURST」
偶然決めた仏壇返しを会得しようと猛稽古に励む鯉太郎。
一方自己管理と称して稽古しない常松は石川相手に勝てるのか?

「実は私は」
ロリババァ茜ちゃんは校長先生だった。
でもお菓子には弱い模様。
白神さんとくーるびゅーてぃー(笑)対決からロシアンシューまで2人の知能レベルは同程度なようだ。
白神さんは最初アナザルにクールビューティーに見られてたと思うのだが残念すぎる。

「あまねあたためる」
北風と太陽なお話。
徹底的にガードするあまねに対してパンツ丸出しで飛ばされるつららさんww

「いきいきごんぼZ」
あら吏毘堂オカンが2人。
ポリスマン…(涙)

「バーサスアース」
まさか本当に兵真死んじゃうのか。
さらばドレッドさん…と思いながらサイボーグ化して復活とか深柱と融合しちゃうとか考えてしまう。

「パンダのこ」
尾上君の最後のセリフ、たぶん読者の皆が思っていること代弁してくれたわ。

(最終回)「あの頃のお姉ちゃんはもういない?」
当初4回の予定だったのに評判良かったのかな。
別冊とかで連載してもいいんじゃないかと思うけど。
お疲れ様でした。

(読み切り)「投棄区画」
なんともSF的な作品ですな。
チーズ臭い水ってどんな味なの?

「木曜日のフルット」
間先輩の家に預けられることとなったフルット。
鯨井先輩は何の用で田舎に帰るんだ?金の無心?お見合い?


次号、みんなの哲弘先生が帰還!
新連載「3LDKの花子さん」、予告カット見てると絵柄が変わってきてるなあ。
読み切りにれいか先生の「輝く月夜に、翼の君と」。
「クローバー」が連載再開。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷まぜそば@中華蕎麦 御輿

2013-05-27 13:32:45 | ラーメン
ゴールデンウィーク中仕事に出た関係で今日から3連休。
とはいえすることも特になく今日は午前中トレーニングしてました。
身体を動かしたあとはおなかがすきます。
てなわけで早めにお昼にしようとラーメン屋さんへレッツゴー!

本日訪れたのは自宅から徒歩5分のところにある「御輿」さんです。
今年も「鴨つけめん」を始めたとのことでやってまいりました。



するとお店にこんな貼り紙が。



鴨つけめんだけでなく「氷まぜそば」(600円)も始まってるのですね。
なので今日は氷まぜそばを食べることにしました。

お店に入ったのは11時23分。
ありゃ、一番乗りだったみたいですな。
とりあえずカウンターに座ってまぜそばの大盛(+50円)にLinkのPremiamチケットを使った半熟煮玉子トッピングでお願いしました。

テレビを見ながらのんびり待ちます。
その間にも5人ほどお客さんがやって来ました。
厨房から漂うスープの薫りがたまりませんねえ。

待つこと13分、氷まぜそばの登場です。
見た目は普通のまぜそばと変わりませんね。
氷はどこにあるの?と思ったら麺の下に隠れておりました。



麺は太麺でコシがあります。
冷水でしっかり締めてありキリリと冷たい麺になってますね。
魚介しょうゆ味のまぜ汁をよく吸っておいしい仕上がりです。

具はまぜそばと同じチャーシュー、メンマ、岩海苔、ねぎ、刻み玉ねぎです。
岩海苔たっぷりなのがうれしいですね。
コロチャーもちゃんと入ってました。
半熟煮玉子は白身は柔らかく黄身はとろーり、まぜそばによく合います

まぜまぜしながら食べていきます。
途中でブラックペッパーをかけてちょっと辛めにして味の変化を楽しみました。
大盛にしただけあって食べ終わった後の満足感はMaxです。

ごちそうさまでした。
暑い日にぴったりですね。
今度は鴨つけめん食べに行くぞ。


お店の詳細:
住所 金沢市安江町11-22
電話番号 076-233-0354
営業時間 平日11:00~14:00、18:00~22:00
     土曜日11:00~15:00
定休日 日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごまざるらーめん@らーめん 樹 ITUKI

2013-05-22 22:12:00 | ラーメン
今日は業務で掛ける保険の手続きを急いでしなければならず午前中慌ただしく処理をして保険会社へと行っておりました。
無事用件が終わったらもうお昼を過ぎているではないですか。
じゃあ職場に戻る前にお昼食べて帰ろうかと車を走らせました。

向かったのは最近よく行く長土塀の「らーめん 樹 ITUKI」さんです。
夏季限定の新メニュー『ごまざるらーめん』(600円)を始めたとのことだったので今日のような暑い日にはうってつけです。



午後1時過ぎにお店に到着したら食べ終えた人が次々と出てきて空いてます。
先客は5名、後客は1名でした。

カウンターに座ってPOPを確認して注文しました。
とりあえず今日は普通盛りです。



ご主人の作業を眺めながらしばし待ちます。
麺を盛る丼は冷蔵庫から出してました。
細かい気配りですね。

注文から6分くらいで出てまいりました。
麺の入った丼にはチャーシューとメンマ、刻み海苔がトッピングされてます。
ざるらーめんなのにざるが見えないなあ?と思ったら麺の下に隠れてましたw





つけ汁はいかにもごまって色をしてますね。
みじん切りのねぎののった薬味皿もついてます。



まず麺をそのまま一口。
流水で締めた麺は細麺でゆるいウェーブが入ってます。
国産小麦の全粒粉を使用しているようで黄金色に輝く麺はしっかりとした小麦の風味を感じさせますね。

つけ汁は鰹節からとっただしと練りごまをベースに作られてます。
口当たりはくどさを感じず柔らかい味わいです。

では麺をつけ汁につけて食べてみます。
練りごまを使っているだけに麺との絡みは抜群。
さっぱりとした味なのでいくらでも食べられそう。
ただチャーシューが冷たい麺なので脂が固まった状態なのが残念です。

楽々完食、大盛りにしても良かったかも。
食欲をそそる夏向きのおいしい麺でした。

余談ですがふと食べた後ざるを上げてみると丼の下に水がありません。
ご主人の水切り技術完璧ですな!



そういやこれで3日連続お昼は冷やし系のつけ麺食べてるなf(^_^;)


お店の詳細:
住所 金沢市長土塀2-17-32
電話番号 076-223-3911
営業時間 11:30~15:00、17:30~23:00
定休日 月曜日(祝日の場合その翌日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2013年24号

2013-05-22 06:43:00 | 週刊少年チャンピオン
新連載攻勢のラインナップなかなかだね。
鈍足毎日先生の連載はまだですか?


(巻頭カラー)「真・餓狼伝」
月が照らす中、対戦は最終局面に。
回想でのお父さんが本当に立派だ。

「侵略!イカ娘」
私服姿の鮎美ちゃんがなんともかわいい。
対人恐怖症克服のためスーパーで買い物とは考えたものだな親父。

(新連載)「ペーパーブレイバー」
高校卒業して間もないのにいきなり週刊連載とはよほど期待されてるんだな。
レベル1の勇者とまな板の白魔導士の伝説がいま始まる。
相変わらずセリフ回しが面白いけど読むのが疲れる。
スタートダッシュがどう出るか楽しみです。

「囚人リク」
田中一郎の脱獄話、元ネタ実話昔どっかで読んだことあるような。
ブラザーが3人になったねえ、一歩前進だ。

「バチバチBURST」
天雷さん人格者だわ。
そういや白水さんいたのすっかり忘れてたわ。
いい体つきになったのう。

「実は私は」
新キャラは角つきロリっ子だ…と…
まさか先生の身内とは…ひぃひぃ!

「バーサスアース」
まさか兵真兄さん死亡フラグ?
ハルトきゅん覚醒しないのか?

「ブラック・ジャックREAL」
最初この絵はないわーと思ったけど読んだらすごく良かった。
堀田先生が描いたので蔵前仁一氏は30年ぶりにチャンピオン買ったそうな。
医者になれずMRとなった原案者にふりかかった東日本大震災、テーマが深くて心に染みた。

「ANGEL VOICE」
今回ほどサッカーの審判とはかくも聖なる役割を担っていると思わせる話はなかった。

(読みきり)「朝日の野球部」
コンスタントに描かせてもらってNJは幸せモンだなあ。

(最終回)「天然まるみこ小学校」
回を追うごとに面白くなった。
お疲れ様でした。


次号新連載は小沢としお先生が帰還、いじめられっ子がダークヒーローになる「スリーセブン」。
読みきりに「巨大魚」の杉浦洸先生の「投棄区画」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一鶴的広島つけ麺@ラーメン 一鶴

2013-05-21 18:27:00 | ラーメン
今日も休みだったので朝からトレーニングして汗を流しておりました。
トレ終了後シャワーしたらおなかがぺこぺこ。
というわけでお昼は冷たい麺が食べたいなあとこちらへ行ってきました↓



工大前の「一鶴」さんです。
着いたのがちょうど開店直後。
車をとめてお店に入ったらすでに先客が6人も。
みなさん好きですなあ(^_^)

今日お願いしたのは新メニューの『一鶴的広島つけ麺』(780円)です。
ご主人が広島で食べたのを研究しオリジナルにアレンジしたものだそうです。
だから”一鶴風”ではなく”一鶴的”なんですね。
そもそも広島つけ麺は食べたことないんですごく楽しみ。



これに金沢情報のクーポンで煮玉子トッピングでオーダー。
最初普通盛りにしようと思ったのですがお店の方に麺の量少な目ですよと言われ、ふと壁に目をやるとこんな貼り紙が。
大盛り(1.5玉)でも同額だったので迷わず大盛りにしてもらいました。



竹炭の入ったお水がおいしい。
10分ほど待って出てまいりました。

麺の入った丼にはデフォでチャーシュー、メンマ、ゆでたもやしとキャベツ、ねぎ、貝割れがトッピング。
レモンも一切れ添えられてます。



つけ汁の入った器にはごまがたっぷり入ってます。
そして一鶴さん手作りのラー油も赤々と入ってるのがわかります。



まず麺を何もつけずに食べてみます。
けっこうごわごわしてますね。
ウェーブがきつめの太麺で冷水で締めてあります。
食感はすごくもちもちしてていいですね。

つけ汁につけるとなんとも甘酸っぱいさっぱりした風味の後にラー油のピリ辛さがきいてきて食欲をそそります。
これなら麺も野菜もいくらでも食べられそう。
本当、ラー油がいい仕事してますね。

途中でレモンを麺の上に搾って食べてみます。
するとレモンの酸味とつけ汁の甘辛さが見事に調和してより爽やかな味わいに。
もう言葉が出てきません。

無我夢中で食べてぺろりと大盛り完食です。
ごちそうさまでした。

これから暑くなってくると食べたくなる一品ですね。
これは夏季限定なのかレギュラー化するのかわからないんですが寒い日に食べてもおいしいと思います。
でも食べ終わった後はラー油の影響かしばらく唇がヒリヒリしました。
食べてる最中は感じなかったくらい美味かったてことですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷やし肉盛り蕎麦(生卵付)@金澤濃厚中華そば 神仙

2013-05-20 13:47:00 | ラーメン
車運転してたら暑く感じるようになってきましたね。
こういう日は冷たい麺が食べたくなりますよね。
てなわけで今日のお昼は金沢でも有数の人気店「神仙」さんへとやってきました。



到着したのは11時7分、なんと一番乗りでした。
カウンターの端に座ってメニューをチェック。
でも今日は最初から食べるものは決まってましてこちら↓



夏季限定の『冷やし肉盛り蕎麦』(850円)です。
見るからに食欲をそそります!

卓上にある無料のキャベキムチをぽりぽりいただきながら待ちます。
やっぱウメー!
って食べてると注文から5分ほどで出てまいりましたよ。

トレーに麺が盛られた丼とつけ汁の入った器と生卵が乗ってます。
麺の上には豚肉と刻み海苔、斜め切りのねぎ、ごまがトッピングされて麺が見えないくらい。
生卵はすでに器に割られて入ってます。

まずは麺を何もつけずにいただきます。
細麺でウェーブがかかってますね。
食べてみたらなんともぷにぷにでコシがあってチョーウマーイ。
もっちり感では定評のある小麦粉「春よ恋」を使用してるだけあります。

つけ汁は鯖節・宗田鰹・上ウルメ・鰯・利尻昆布で取ったスープに日本蕎麦で使われる「かえし」をブレンドさせたもの。
一口飲んでみると魚介の風味とかえしのパンチが効いている上、ラー油が入っておりピリ辛感が出て暑い時には食欲をそそりますね。

オススメは麺を溶いた生卵につけて絡ませた後つけ汁に浸して食べるようです。
さっそくやってみましょう。





すると卵のなめらかさとつけ汁の辛さが見事にマッチして麺に絡みつきうまいのなんの。
もう箸が止まりません。

豚肉は能登産の豚バラ肉。
冷しゃぶ上にしてあります。
つけ汁に浸して食べると肉の甘さが引き立ってこれまた美味し。

きれいさっぱり平らげてごちそうさまでした。
並盛りは200gですが充分おなかがいっぱいになりました。

濃厚が売りの神仙さんにしては上品な感じですがいい意味で期待を裏切ってくれました。
さすがは神仙さん、レベルの高い仕上がりです。
お店のスタッフさんは相変わらず好感の持てる接客ですし人気があるのもうなずけますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼なじみでもアホな子は恋愛対象にはなりません「アホガール」

2013-05-18 21:56:40 | マンガ
「マンガ家さんとアシスタントさんと」のヒロユキ先生が週刊少年マガジンにて連載されている「アホガール」の単行本1巻がこちらでは今日発売になったので早速買ってきました。

チャンピオン以外の週刊少年誌はほとんど読まない私がこの作品を知ったのは先日とある書店で見たPOPがきっかけ。
そのPOPにはヒロユキ先生は地元石川県出身でしかも姉の恵広史先生も同じ週マガで「ACMA:GAME」の連載をされているということを書いてありました。
そんなわけで思わず興味持っちゃったのです。
それで週マガ本誌を読んでみたら思いっきりツボにきちゃったというわけです。

前置きは長くなりましたが基本4コマ形式のギャグ作品です。
この作品の主人公・花畑よしこはテストはいつも0点、勉強嫌い遊ぶの大好き、好きな食べ物はバナナという本能の赴くままに生きるサルのような女子高生。
一言で言ってアホ、苗字の通りおつむがお花畑のタイトルどおりのアホガールです。

一方、よしこの幼なじみであるあっくん(本名:阿久津明)は成績優秀ながらよしこと同級生。
連載1回目からよしこに告白されたり毎朝起こしに行ったりパンツ見せられたりと一見うらやましい展開ですが、本人にとっては腐れ縁もいいところ。
よしこに対してイラっとして手が出ることもしょっちゅうですが結構面倒見のいい人です。

このふたりを中心にいろんなキャラも登場します。
いつもよしこが引き起こす騒動に巻き込まれ、また周りに怖がられ友達がいないあっくんと友達になったさやかちゃん。
いつの間にかあっくんのことが好きになり怪しい行動をしてしまう巨乳の風紀委員長(名前はまだ出てない)。
よしことあっくんに既成事実を作らせてふたりをくっつけさせ自分の幸せな老後を目論むよしこの母。
よしこのようになりたくないと勉強してもかけ算ができないあっくんの小5の妹・瑠璃。
なんか残念な女子ばかり集まってるなあ。

とにかくよしこのアホっぷりに笑いが止まりません。
「マンガ家さんと~」でも強烈だったテンションが輪をかけて上がりまくりで読んでるこっちもアホになりそう。
あっくんもくじけずにがんばってほしいものです。
果たして最終回までによしこの想いはあっくんに通じるでしょうか。

単行本には描きおろしのキャラクター紹介や2コママンガなどもついてます。
巻末おまけマンガはこの作品が連載に至った経緯が描かれていて興味深かったです。
いまからもう2巻が楽しみですわ。

それにしても週刊連載で4コマ作品を描くのは結構大変だと思います。
松井秀喜に続く石川の星としてヒロユキ先生にはぜひともがんばってほしいものです。
応援しますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏とん@ラーメン 吟とん

2013-05-16 20:13:10 | ラーメン
今日は午前中に事務連絡や銀行に行く予定で仕事してたのですが資料まとめたり来客があったりでなかなか出られません。
ようやく行ける体制が整ったのが午後1時を回ってから、もちろん昼食抜きで仕事しましたよ。
そんなわけでお昼は用事を済ませてからラーメンにしようと相成りました。

今日行ったのはおなじみ神宮寺の「吟とん」さんです。
昨日家に届いた「金沢情報」のラーメン特集に紹介されていた期間限定メニュー『鶏とん』(700円)が美味そうだったので決めました。



お店に着いたのは午後1時50分頃。
先客は3名、後客はいませんでした。
スタッフは調理担当の長身長髪のお兄さんにお姉さんが2人。

カウンターに座って鶏とんのPOPをチェック。
さっそく金沢情報から切り取った100円引きになるクーポンを出し、品切れじゃないことを確認して麺固めで注文。
当然ランチタイム無料の大盛にしてもらいました(^_^;)
ちなみに呼び方は「けいとん」ではなく「とりとん」だそうです。



5分ほどで出て来ました。
白湯スープがいい色してますね。

それではスープからいただきます。
比内地鶏から取ったスープに魚介をきかせた塩ダレを合わせたというスープはコクがあってかつ飲みやすい。
鶏油も入ってて唇が膜でつやつやに。
本当に鶏から取ったの?と思わせるような濃厚でパンチのあるスープはいっぺんで気に入りました。

麺は特注の中太ストレート麺を使用しています。
もっちり感があって食べごたえあります。
スープとの絡みもまずまずです。

具も鶏とんというだけに鶏チャーシューが3枚とつみれが2個入ってます。
あとはメンマ、うずら玉子、海苔が3枚。
ねぎは博多ねぎと白髪ねぎ、スープにもみじん切りにしたのが入ってて色鮮やか。

鶏チャーシューはちょっと濃いめの味付けですがほどよい弾力性があっておいしい。
つみれは逆に余計な物は入れずあっさりと鶏本来の旨みを前面に出した感じ。
どちらも工夫されてて好感が持てます。

調味料は何も入れず食べてましたが途中でブラックペッパーを振りかけました。
するとスープの味が引き締まった感じになりGoodでした。

あまりにもスープがうまいので残さず全部飲んで完食。
本日もごちそうさまでした。
鶏とんだけに「ゴーゴー!トリトーン♪」って歌いながらまた行きそう(歳がバレるね)。

前作の牛とんもたいそう美味でしたが本当にここの限定メニューはハズレがありません。
おかげでレギュラーメニューをしばらく食べてませんよww


お店の詳細:
住所 金沢市神宮寺1-17-17
電話番号 076-225-8422
営業時間 11:00~15:00、18:00~22:00
定休日 無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加