咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

バソキヤ@らーめん 一心屋

2016-06-27 22:15:00 | ラーメン
週末勤務だったので今日はお休み。
梅雨の合間の貴重な晴天だったので朝から洗濯。
その後はあとは録り溜めてた番組を見たりして過ごしました。
午後は駅西方面へ用事があったので向かう途中、とあるお店の前を通ったらまだ営業してたのでつい寄り道しちゃいました。



金石街道沿い北町にあります「一心屋」さんです。
3週間前に『鬼にぼしラーメン』を食べて以来になります。

お店に着いたのは14時40分ごろ。
昼の部の営業は15時までやってるんですね。

入店して食券を買います。
今日は前回来た時に気になった期間限定の冷やしまぜそば『バソキヤ』(750円)です。
昔そんな名前のカップ焼きそばがあったなあ。



食券をスタッフの方に渡してカウンター右端の席へと案内されました。
麺のサイズは大盛り(450グラム)でも同額なのですが昼食は先に食べてたので並(300グラム)でお願いしました。
ランチタイム無料のライスもパスしました。

こんな時間なので先客は6名、後客はなし。
お店は店主様と男女スタッフがひとりずつでした。

お水を飲んで一息ついてる間に出てきました。
空いていると早いですね。

じゃあ食べるとしますか。
麺はもっちりとした太麺です。
つけ麺用の麺なのでしょうか?
鰹ベースのタレに人気のサイドメニュー『金澤ソースかつ丼』で使っているソースを合わせたまぜだれが絡んでおります。
これが以外とさっぱりしていて食べやすいです。



具材は角切りチャーシュー、温泉玉子、ナルト、カラムーチョ、刻み玉ねぎ、水菜そして焼きそばらしく紅生姜がトッピングされています。
なかなか遊び心がある感じです。
これを一気にぐちゃぐちゃかき混ぜて食します。
ソースの風味と温泉玉子が麺に絡みまろやかさとコクが増しますね。



がつがつと一気に食べてごちそうさま。
ジャンキーなようで決してキワモノではないところに店主様の探求心が垣間見えました。
これは食事にするよりおやつに食べるといいかもね。


お店の詳細:
住所 金沢市北町丁22
電話番号 076-262-1483
営業時間 平日11:30~15:00、18:00~22:30
     土日祝日11:30~22:30
定休日 無休
コメント

ニボリューション@らーめん la.la.la.

2016-06-24 20:40:00 | ラーメン
昨日の午後は金沢港にクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が入港していたので見物に行ってきました。
昔何度か乗船しましたがやはり美しい船ですね。



さて見物をした後は小腹が空いたので車を走らせこちらへ。
なんでもすごい夏季限定メニューが出たそうな。



内灘にある「らーめん la.la.la.(ラララ)」さんです。
なかなかこっち方面へは来ることないので久しぶりです。
どうでもいいけど私と同じgooブログなので親近感あります(*^_^*)

お店に着いたのは14時7分頃。
お昼の営業は14時30分までやってるのでセーフ。
先客は1名、後客は2名とこの時間でも来るのがパチンコ店敷地内にあるからか。
お店は店主さんがひとりで切り盛りされてました。

で注文は噂の『ニボリューション』(750円)です。
冷たい煮干しラーメンとのことで煮干し好きの私としては気になってたのですよ。



注文して8分ほどして出てきました。
見たなり煮干したっぷり使ってるのがわかります。

ではいただきます。
スープがねもう飲んだ瞬間からニボってる!
でも全然えぐみや苦みは感じられない不思議さ。
鰯・飛魚・鯵・鯛・秋刀魚と5種類の煮干しを使ってる上、冷たいスープなのにすごいとしか言いようがない。



さらにスープには煮干し氷が入ってます。
氷の中に煮干しの欠片があるよ!



麺は加水率低めの細麺ストレート。
プツプツした食感が意外といいです。
まあこのスープだと選択肢としてこのタイプがいいでしょう。



具材はチャーシューと穂先メンマ、海苔、ねぎです。
チャーシューは真空低温調理タイプのものでけっこう大ぶり。
いやあこれもうまいね。



お好みでこれを入れてねと出されたのが煮干しパウダー。
パウダーというよりふりかけ的な感じです。
ただでさえ煮干し度高いのにさらにニボニボしちゃうじゃないの❤
一杯で80グラムも煮干しを使っているのに750円でいいんですか?



などと心の中で思いつつ完飲完食、ごちそうさま(^0^)
これは予想以上にマーベラスな出来ですよ。
まさに煮干しラーメンの革命や~(彦摩呂風に)
ニボラーならぜひ食べておくべきやで~(^o^)/
夜だと温かいスープのバージョンも食べられるそうでそちらも気になるわあ。


お店の詳細:
住所 河北郡内灘町向粟崎5-247
電話番号 080-2956-5520
営業時間 火~土曜11:30~14:30、17:30~22:00(L.O.21:45)
     日・祝日11:30~22:00(L.O.21:45)
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
    ※第2・4月曜11:30~14:00(L.O.)は豚骨ラーメン専門店「ブタララ」として営業

コメント

夏めん@麺や 福座

2016-06-23 20:45:00 | ラーメン
せっかくの休日なのに雨で残念。
でも髪を切りに行った後こちらで昨日から始まった夏の限定メニューをいただきにこちらへ行ってきました。



もう説明もいらんでしょう。
有松の「福座」さんです。

開店20分前に到着してポールポジションゲット。
それでも続々と開店を待つ人が並びます。
やっぱり開店と同時に満席となり中待ちができる人気でした。

左端の席に座ってメニューを確認。
夏の限定メニュー『夏めん』(900円)ですか、期待しちゃうな。
当然これを注文しました。
塩チャーシューも気になりますがまた今度に。








お店はご主人と奥様、男性スタッフ2名の4名体制です。
注文を受けてからの機敏な動作はやはり見事なものです。

まずは別皿に盛られた具材が出てきました。
豚肩ロースのレアチャーシューにスモークエッグ、白髪ねぎ、大葉、パプリカ、メンマキムチです。
どれも見ただけでよだれが出そうです。



そしてガラスの丼に入った麺とスープが出ました。
見るからに涼しげです。



奥様から「スープの上に海洋深層水のジュレがのっているから混ぜずに食べてね」と説明が。
なのでおそるおそるレンゲでスープの上のほうをすくいます。
すると確かに透明なジュレがありますよ。
能登小木沖水深320mから汲み上げたミネラル豊富な海洋深層水で作ったジュレだそう。
これを口の中に入れるとなんとも爽やかで清涼感があふれます。



スープは鶏ガラや豚骨、6種類の野菜からとったスープに煮干で出汁をとった醤油ダレを合わせた澄んだ冷製スープです。
胡椒が多めに入ってます。
このスープもまた奥深い味わいでなんともいえない味わいでたまりません。

麺は全粒粉の細縮れ麺を使っています。
モチっとした感じが持ち上げたときジュレとスープが自然と絡まり啜ると至高の三重奏を奏でます。
なお大盛(100円)は替玉での対応になります。



別皿の具材もいただきますか。
チャーシューはしっとりと肉の旨みがよく感じられます。
スモークエッグは黄身がゼリー状になっていい燻し具合。
メンマキムチも程よい辛さです。
正直どれも酒の肴にしたいくらいw







食べてる途中でスタッフさんが自家製の辣油を出してくださいました。
これをちょっと入れて食べるとまた刺激的な感じでいいですね。
ただけっこう辛いので入れすぎないほうがいいですね。





麺をあっというまに食べ切り、具材も惜しみつつ口の中へ。
そしてスープとジュレの一滴も残さず飲み干してごちそうさまでした。
いやーこれは芸術作品ですわー!
長年日本料理の道を歩んでこられたご主人だからこそできる逸品でございました。
今日はちょっと肌寒い日でしたが暑い日にいただくとミネラルが補給されていいんじゃないでしょうか。
夏の間また食べに来ますよ(^0^)/


お店の詳細:
住所 金沢市有松4-1-1
電話番号 076-243-2930
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:25)、17:30~21:00(L.O.20:55)
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)、月2回火曜日
コメント

冷しよだれ味噌󠄀@味噌󠄀専門 麺屋 大河

2016-06-21 22:45:00 | ラーメン
今日は遅番勤務。
家族は咲ちんの塾帰りに外食してくるとのことだったので私も仕事帰りに夕食を食べて帰ることに。
で夏の限定メニューが出たというこちらのお店へ行くことにしました。



金沢駅前の超人気店「麺屋 大河」さんです。
着いたのは午後8時26分、行列覚悟で行ったところ店の前には誰もいない。
でも中待ちかなと思ってお店に入ると運よく席が空いていて一番奥の席へと通されました。
この後続々とお客さんが来て私が出るときには外に10人ほど並んでいたのでラッキーでした(^o^)v

お店は厨房に店主さんがいてあと男性と女性のスタッフがひとりずつ。
カウンターの上に夏の限定メニューが置いてありました。
『冷しよだれ味噌󠄀』(800円)ですって。
スタッフさんに注文すると「辛いですけど大丈夫ですか?」って訊かれました。
えっそうなの?でも気になったので「はい」と答えました。



まずはおなじみの野菜ジュースが出ます。
血糖値さがれ~と思いながらぐいっと一気飲みw



それにしても火曜の夜だというのに飲んだ帰りらしきサラリーマンの多いこと。
飲みに行く小遣いもままならぬ身にはうらやましい限りです。

11分待って出てきました。
大きなガラス皿に盛られているのは見た目もいいですね。

それではいただきます。
提供時に「よくかき混ぜてください」と言われたのでまぜまぜして一口啜ります。



その瞬間、
辛ーい!
口から火を噴きそうな辛さです。

特製の辛味噌ダレは味噌󠄀らーめんで使う赤味噌󠄀をベースにコチュジャン、山椒、唐辛子、アンチョビ、ハチミツ、ニンニク、生姜などを加えて作ったものだそう。
だからか刺激的な辛さのなかにもほんのりと甘みやコクが感じられます。

麺は月曜限定の「麺屋 渉」さんで使われている国産小麦100%の麺を使っているとのこと。
ツルシコ感あふれる麺には卵を絡めてあるからか辛さが直接麺に染み込まずなめらかに食すことができます。

具材は鶏チャーシューにメンマ、茹でもやし、水菜、枝豆、砕いたナッツ。
この上にあらびき唐辛子がまぶされ糸唐辛子がトッピングといかにも辛そうなビジュアル。
よだれ鶏をイメージした鶏チャーシューは胸肉を使い、しっとりとやさしい味わい。
辛味噌󠄀でヒリヒリした合間箸休めにいただくとおいしさが一層ひきたちます。



辛いのはあまり得意ではありませんが不思議とぐいぐい食べられちゃいます。
口の中はヒイヒイしますが水をゴクゴク飲みつつきれいに完食しました。
これは暑い日に食べると汗がよく流れて新陳代謝しそうですね。
毎年刺激的な夏限定メニューを出されてますが今夏の限定メニューも見事な出来栄えでございました♫


お店の詳細:
住所 金沢市堀川町6-3
電話番号 076-260-7737
営業時間 11:00~15:00、17:30~23:00(日曜・祝日は昼のみ)
定休日 月曜日(ただし「麺屋 渉」として営業)
コメント

冷やしのどぐろ煮干しらーめん+煮たまご@Ramen&Bar ABRI

2016-06-19 22:30:00 | ラーメン
貴重な日曜日の休日。
いろいろと家のことしたり買い物に出かけたりと何かと忙しいのです。
そんななかお昼に香林坊のほうへ行く用事があったので久しぶりにこちらへ行ってきました。



4月にオープンした「ABRI(アブリ)」さんです。
気鋭の女性店主によるのどぐろ煮干しを使ったラーメンが食べられるというなんとも素敵なお店です。

開店直後に入店したので一番乗り。
後客はひとりでした。
お店のほうは美人の店主さんのほかに若いスタッフ(もち女性)が入ってました。

前回は『のどぐろ煮干し中華そば』をいただいたので今日は『のどぐろ煮干しらーめん』にしようと思って来たのですがなんと限定メニューが!
夏季限定の『冷やしのどぐろ煮干しらーめん』ですって!
こりゃ食べなきゃダメじゃんってことで1080円という価格も気にせず注文しました。
これに金沢情報のクーポンで煮たまごをトッピングです。





水を飲みながら待ちます。
ランチタイムの小皿メニューがどれもおいしそう。
ビール飲みたくなりますよ。



先に煮たまごが出ました。
つるっときれいな卵です。
普段は豚チャーシューの煮汁で味をつけるそうですが今日のは鶏チャーシューの煮汁だそう。
鶏と卵ですから合わないはずはないですねw



続いて別皿トッピングが出てきます。
左からモロヘイヤのお浸しのみじん切り、無農薬トマトのジュレ、大分産の大葉胡椒です。
これらを入れて味変を楽しむ仕掛けだそう。



そしてメインの冷やしのどぐろ煮干しらーめんの登場です。
丼がひんやりとして気持ちいい。



では心していただきます。
透明度の高いスープはのどぐろ煮干しに利尻昆布の出汁とのどぐろ煮干しらーめんと同じ塩ダレに岐阜「福来純」さんのみりんとシチリア島の岩塩を加えたもの。
これが非常にすっきりとして見事な淡麗さを出しています。



麺は京都の「棣卾」さんの全粒粉低加水細麺です。
小麦の風味もさることながら程よい食感で冷たいのどぐろ煮干しスープに負けてません。



食べてると店主さんが明日発売のクラビズムを見せてくださいました。
夏のラーメン特集とくれば買わないわけにはいかないでしょう。
どう掲載されてたかは買って確認してくださいね(^_-)~☆



麺の上にのってるトッピングは鶏チャーシューが2枚、メンマ、白髪ねぎ、みょうがです。
鶏チャーシューは国産鶏の胸肉を使っていてさっぱりした味わい。
噛めば噛むほどうまみが出てきます。



途中で別皿トッピングを入れて楽しみます。
まずはトマトジュレを。
トモファームあゆみ野菜」さんの無農薬トマトを使ったジュレは甘くておいしい。
口の中でとろけそう。
スープとも相性ばっちりです。



モロヘイヤはクセが全然なくて食べやすい。
個人的にはあまり好きな食材ではないのですがこれは大丈夫。
ネバネバ感がいいねえ。



そして大葉胡椒ですがこれがうまい!
柚子胡椒はよくありますが大葉胡椒って珍しいですよね。
なんでも店主さんが京都へ行かれた時に見つけたものだそうで私も初めて味わう逸品です。
これがスープもですが鶏チャーシューとよく合うこと。



しっかり完飲完食、ごちそうさまでした。
夏の限定ラーメン戦線にまた強者が現れましたね。
なお別皿トッピングがないシンプルバージョンも880円でいただけるそうです。
でも絶対つけたほうがいいですよ~♪
今度こそ初志貫徹してのどぐろ煮干しらーめん食べるぞ。


お店の詳細:
住所 金沢市香林坊2-12-39
電話番号 080-7896-2193
営業時間 平日11:00~14:00、17:30~23:00
     土曜11:00~23:00
     日曜11:00~17:00
定休日 月曜日
コメント

豚骨能登塩らーめん(並)+半熟玉子@豚蔵 せせらぎ通り店

2016-06-09 20:30:00 | ラーメン
雨模様の天気はいやですなあ。
そんな中午後は用があって香林坊方面へ。
そういやお昼ごはん食べてないなと思いつつ時間は午後2時を回っておりました。
でどうしようかなと考えて2時半までやってるこちらに訪問しました。



先月せせらぎ通りにオープンした「豚蔵」さんです。
1か月ぶりの訪問です。

時間も遅かったので先客は3名後客はなし。
スタッフは男性と女性ひとりずつでした。

カウンター奥の席に座ってセルフでお冷を入れて飲んでから注文。
今日は『豚骨能登塩らーめん』を並で。
並だと麺は太麺と細麺を選べるので細麺をチョイス。
これにLinkについてたクーポンで半熟玉子をトッピングしてもらいます。



空いてたので3分ほどで出てきました。
雨でちょっと肌寒かったので丼の温もりにほっとします。

ではいただきますか。
最初にスープです。
じっくり煮込んだ豚骨スープと珠洲の塩を使ったタレを合わせたスープを啜ります。
あーなんとも滋味、じわじわとくる味です。



細麺は低加水タイプののシコシコ麺。
横川の本店でもいただきましたがやはり塩には細麺のほうが合いますね。



半熟玉子以外の具材はチャーシュー、海苔、きくらげ、アオサ、青ねぎです。
『豚骨醤油らーめん』とは構成が異なります。
半熟玉子は塩味が効いてますね。
出色だったのはアオサ、これがスープがしみてとろけてくるとうまいんですよ♪



ずるずるっと完飲完食。
ごちそうさまでしたあ。
なんともほっとする味わいでした。
日本海のミネラルをたっぷりと吸収しましたよ(^_^)v
さて次こそはキャベ二郎トッピングにチャレンジしなきゃ。


お店の詳細:
住所 金沢市長町1-1-61
電話番号 076-221-0125
営業時間 11:30~14:30、17:30~23:00
定休日 水曜日
コメント

トマト冷めん@麺座 金沢駅前店

2016-06-08 22:40:00 | ラーメン
昨日は仕事が終わったあと職場の飲み会がありました。
場所が家から歩ける距離だったので帰り道ふらふら歩いてこちらに寄っちゃいました。



ポルテ金沢地下にある「麺座」さんです。
ハチバンがプロデュースする新しいタイプの野菜らーめん専門店だそうです。

ラストオーダーになる5分ほど前だったのでぎりぎりセーフ。
金沢駅前なんだしもう少し営業時間遅くまでやってもいいんじゃないかな。

券売機で食券を購入します。
お店の前に出ていた夏季限定の『トマト冷めん』(税込650円)がそそったのでボタンをぽちっと。







先客は外国人カップルだけ。
スタッフは2名でした。

5分ほどで出てきました。
そのままラストオーダーコールです。

ではいただきます。
麺はやや平打ちでかなり細いです。
ぷりっとしていてなかなかいい感じ。
冷製パスタも細麺のカッペリーニを使うことが多いですからこのチョイスはいいんじゃないかな。



上に載っているのはトマトソースに豚挽肉、水菜、白髪ねぎ、スプラウトです。
完熟トマトを使ったトマトソースは酸味と甘みのバランスがとても良い味わい。
麺に絡ませていただくと冷涼感が口の中に広がります。
ちょっぴりイタリアンな気分♪





量は少なめで大盛り対応はないのが残念。
その分サイドメニューを注文してもらおうって感じなのかな?
とはいえ飲み会帰りにはちょうどいい分量。
しかも酔い醒ましにいい感じで満足しました。

昨日から「8番らーめん」で始まった『トマト冷めん』とはちょっと違うようですね。
こちらも早いとこ食べに行かなきゃね。


お店の詳細:
住所 金沢市本町2-15-1 ポルテ金沢B1F
電話番号 076-223-8688
営業時間 11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日 年中無休(臨時休業あり)
コメント

鬼にぼしラーメン+玉子@らーめん 一心屋

2016-06-06 17:25:00 | ラーメン
シフトの関係で三連休になった最終日、土日は遊んだので今日は家のことをする日。
午前中は食材や日用品を買い出しに出かけたのでそのままお昼を食べて帰ることに。
そこで向かったのはこちらでした。



金石街道沿いにある「一心屋」さんです。
4月の期間限定メニューだった『鬼にぼしラーメン』が先月からレギュラーメニューになったとのことなので3か月ぶりにやって来ました。



開店2分前に来たらすでにご夫婦らしき方がお店の前のベンチで待っておりました。
開店して順番に食券を買います。
お金を投入して『鬼にぼしラーメン』の玉子トッピング(800円)のボタンを押します。



案内されたカウンター席に座って食券を渡します。
ここではライスがランチタイム無料になるので忘れずに。

後からも続々お客さんは入ってきて中待ちが出るほどの人気ぶりは健在。
スタッフはひげを剃られた店主様はじめ男性2名女性2名の体制です。

待ってる間厨房を眺めます。
店主様が大きな棒を持って豚骨の入った寸胴をかき混ぜたり濃度計でスープの濃度を測ったりしているのを見るとプロだなあと感心しきり。



10分ほどで出てきました。
鰹馬鹿一代のお店の煮干ラーメンとはいかなるものか楽しみです。

では早速スープを味わいます。
いい色合いですがいわゆるセメント系ではありません。
ですが飲んだ瞬間に煮干の味わいが脳天を突き抜けます。
これはかなり濃厚でたまらない味わいです。



麺はこのメニューのために特注したという縮れ平打ち多加水麺を使用しています。
これがもうモチモチプリプリでいい食感。
平打ちなので滑らかさがあってスープを絡ませてずるっといけちゃいます。



玉子以外の具材はチャーシューと海苔が各1枚、メンマ、水菜、刻み玉ねぎです。
チャーシューも玉子もいい出来です。
刻み玉ねぎがスープと一緒に味わうと甘味がよく感じられます。





そういやライスも頼んでたんだった。
これはおかず力が高いラーメンですわ。



スープを最後の一滴まで飲み干してごちそうさま。
正直ここまでレベル高いとは思いませんでした。
店主様の研究熱心さがよく出ています。
『鰹メガマックス』に続く看板になりうるかもしれませんよ(^_^)d


お店の詳細:
住所 金沢市北町丁22
電話番号 076-262-1483
営業時間 平日11:30~15:00、18:00~22:30
     土日祝日11:30~22:30
定休日 年中無休
コメント

冷やしとろろやぐら@麺や 神やぐら

2016-06-05 09:00:00 | ラーメン
昨日は百万石まつりで金沢市内はにぎやかなこと。
まあ私はそんなに興味がないのですが、うちの前も午後1時から交通規制で車が出せなくなるとのこと。
ならばと午前中に車で6月からの夏期限定メニューが出たこちらへと行ってきました。



ガツ盛り系でおなじみ「神やぐら」さんです。
自転車でも行けるんですけど汗かきたくなかったf(^o^;)

勢い勇んで開店10分前に着いてしまいました。
ですがすでに学生さんらしき3人グループがおりましたよ。

今日は限定の『冷やしとろろやぐら』(税込850円)がお目当て。
ネバネバ好きの私としては非常に楽しみなメニューです。





開店3分前になったらスタッフさんが「先に食券買っといてください」と。
なのでお金を入れてぽちっと。
『冷やしとろろやぐら』のボタンは一番左の上から5番目にあります。



定刻に開店して順次案内されます。
カウンターの端の席に座って食券を渡します。
ニンニクはとろろに合うのか不安だったのでなしでお願いしました。

後客はみなひとり客で10名。
カウンター席が埋まっちゃいました。
スタッフはベテランのおじちゃんおばちゃんのふたりでした。

10分ほどで出てきました。
注文時「お時間少々かかります」って言われたのですがそれほど待たなくて済みました。

ではいただきましょう。
スープはもちろん冷たくなっております。
酢と油が入っているからかまろやかな酸味があります。
最初ん?ってなりますがだんだんとこの味が好きになってくる不思議さ。



麺は自家製の極太麺です。
冷水で締められコシがあります。
つるっといけます。



具材は青のりがかかったとろろに豚チャーシューが1枚、おぼろ昆布、茹でたもやしとキャベツ、水菜、プチトマト、細かく刻んだしょうがです。
粘り気のあるとろろはもちろん、おぼろ昆布がいい仕事してます。
よく麺と絡ませて食べるとネバネバトロトロヌルヌルでツルツルと喉を通っていきます。







冷たい麺だと汗かかずに食べられるので一気にいけちゃいます。
クセになるスープも飲み干してごちそうさま。
野菜増しできないのが残念だけどこれはいいですね。
食べやすいし精がつきそうだし夏バテしたときにはもってこいです。
今度仕事で疲れたら帰りに食べに行こうっと。


お店の詳細:
住所 金沢市元菊町17-13
電話番号 076-221-0044
営業時間 平日11:00~15:00、17:30~23:00
     土日祝日11:00~22:30
定休日 無休
コメント

濃厚とろとんこつ+煮玉子@らーめん樹 ITUKI

2016-06-03 22:15:00 | ラーメン
今の職場に異動してから仕事で外に出る機会がめっきり減りました。
なので昼食は、

①コンビニで買ったおにぎりやパン、カップ麺
②自分で作った弁当
一膳に注文した弁当

が中心となっております。

ですが今日はとってもラーメン気分だったので昼休みになったら自転車をこいでこちらまでやって来ました。



長土塀にあります「らーめん樹」さんです。
ご無沙汰してるなあと思ったら今年初の訪問でした(^_^;)

着いたのは12時57分です。
お店に入ったらピークタイムを過ぎていたからか先客5名後客1名とゆったり。
スタッフは店主ご夫妻と女性スタッフ2名でした。

まずは券売機で食券を買います。
今日は新メニューの『濃厚とろとんこつ』(780円)をチョイス。
これに金沢情報の煮玉子サービスクーポンを一緒に出して注文しました。



5分ほどで出てきました。
もちろん平日ランチタイム無料のライスも忘れずに。
サイズは自重して中にしましたw



まずはスープからいただきます。
魚介豚骨醤油味のスープはねっとりと濃厚。
味は目近、鯖、ウルメの魚介節をたっぷり使ったというだけあって魚介の風味がどかんと染み渡ります。
唐辛子のピリ辛感が強めですがいいスープです。



麺はストレートの極細麺です。
やや硬めに茹でられた麺はパキパキ感があって好き嫌い分かれそう。
でも私は好きですよ。
この麺がスープとよく絡んでたまらん食感を出しています。
現在休業中の「神仙」さんに近い感じです。



デフォの具材はチャーシュー、メンマ、ねぎ、刻み玉ねぎ、刻み海苔です。
ここのチャーシューは細長のバラチャーシューでいいですよね。



クーポンサービスの煮玉子は黄身がとろーり。
ライスとよく合いますわ。



わしわしと食べていってスープも完飲、ライスもぺろり。
いやーこれはうまいわ!
ライス大にしてもよかったよ。
やはりこちらはもっと評価されてもいい店だと思います。

食べ終わったときご主人が「お久しぶりですね」と声をかけてくださいました。
しばらく来てなかったのに覚えていてくださったとはうれしいじゃありませんか!
今度は間を開けずに来ますからね(^o^)ノ


お店の詳細:
住所 金沢市長土塀2-17-32
電話番号 076-223-3911
営業時間 平日11:30~15:00、17:30~23:00
     土日祝日11:30~23:00(スープなくなり次第終了)
定休日 不定休
コメント