咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

週刊少年チャンピオン2016年13号

2016-03-01 17:40:00 | 週刊少年チャンピオン
安心してください、読んでますよ(^_^)/
イカ娘が最終回とのことで久しぶりのチャンピオン感想更新。


(巻頭カラー)「刃牙道」
神田川に現れた巨大生物はイリエワニ、実際にありうる設定。
だがそれより恐ろしいのはホームレスとなった原人ピクルか。
ワニを襲うピクルが仁ママに見えてしまうほうがはるかに恐ろしい。

「弱虫ペダル」
古賀さんちは高級マンション、これを丸ごと一軒の家だと思い込む坂道くんはある意味素敵。
壮行会にはパーマ先輩と杉元だけが先生に挨拶してたけどふつう全校生徒を前に壇上に並ぶもんじゃないのか?

「ハリガネサービス」
大きな体育館には空調があるのか。
インドア派の読者にとっても目からウロコである。

「毎度!浦安鉄筋家族」
大鉄じいちゃんのサイレントシリーズ。
泡とともに溶けそうなラスト。

(コラボ読み切り)「実は私は×吸血鬼すぐ死ぬ」
2大吸血鬼マンガのコラボ、よくぞやってくれました。
白神さんとはり合うジョンがヌーかわいい。

「吸血鬼すぐ死ぬ」
ジョンくん回、しかも次号に続くのね。
鶴見には恐くて行けない、行く機会はないと思うけど。
アルマジロ見たら誘拐したくなるものなのか?

「実は私は」
岡君玉砕。
増田先生が本当に描きたかった回なんだろうなあと思うほど力入ってましたね。

「囚人リク」
笑顔の裏で涙するリク。
レノマに威嚇射撃した看守はおじさんそっくりなのは弟なのかクローンなのか。

「少年ラケット」
世界卓球に出場する松平選手って石川県出身なのか!
すいません、石川県民ですが知りませんでした。

(最終回)「侵略!イカ娘」
9年、じゃなかったひと夏に渡るタダ働きで修理費完済でお役御免なイカちゃん。
だけど海の家れもんを全壊させて再び労働の日々へ。
うまいまとめかたじゃなイカ!
でもまた次号普通に掲載されていてもおかしくないでゲソ!
安部先生お疲れ様でした。

「鮫島、最後の十五日」
鍼灸師の先生に嫉妬するお嬢に草w
一方目が覚めた蒼希狼は付け人や大山道相手に稽古に精を出す。
山ノ上部屋が活気よくなって良かった。
さあ七日目が楽しみだ。

「スメラギドレッサーズ」
なんか最終局面に入った感じ。
あと何話でまとめるかな。

(最終回)「兄妹」
骸骨兄キも生きてたことだしよかったよかった。
マーニーの隣町でのお話って設定だったんだね。
話が続けば本当は出したかったんじゃないかな?
ともあれ木々津先生お疲れ様でした。

「木曜日のフルット」
鯨井先輩のおじいさんは愉快な人だったんでし。
私も石川県民でし。

次号、ハリガネサービスが表紙&巻頭カラー。
第1回キャラ人気投票結果発表だと。
弱虫ペダルはペダステ新作特集。
集中新連載で「ビーストコンプレックス」、不思議な感じな作品なのかな。
コメント

週刊少年チャンピオン2015年40号

2015-09-06 12:34:30 | 週刊少年チャンピオン
巻島小野田ときたら当然東堂真波ですね。
そういや先週号の感想書くの忘れてましたわ(汗)


(巻頭カラー)「弱虫ペダル」
ついに動き出すピークホーネット新開弟。
伊達に1年で箱学メンバー入りはしてない。
手島を振り切り坂道に追いつく。
勝負せざるを得ないんだろーなー。

「少年ラケット」
単行本1巻発売記念のカラー。
少年誌らしい絵柄と展開は好感が持てる。
でも卓球興味持てねえ。

「ハリガネサービス」
下平ミス覚悟でサーブを打ち見事成功。
また一歩踏み出せてよかった。

「刃牙道」
武蔵の顔面に渋川先生の渾身の一発。
烈さんの仇討ちというがこんなもんじゃ足りんだろう。
武士道対合気道の闘いが始まるッ!

「バイオハザード ~ヘヴンリーアイランド~」
元BSAAだったブラウン。
だが彼もゾンビに感染してるのかも。
「女たちを守ってやってくれ」のセリフが意味深だ。

「囚人リク」
スケッチを描き紙飛行機を飛ばすことに成功したリク。
お日さまに照らされてついうたた寝して点呼時間にギリギリ間に合うという失態だけどつかの間の幸せだったんだろうな。
これでまた希望がつながった。

「侵略!イカ娘」
今回のテーマはちょっと重い話ですね。
実際イルカを海に戻しても助かるケースは少ないんですけどこの作品には悲しいオチはいらないからこれでいい。

「実は私は」
獅穂さん・委員長・みかんの秘密がお互いバレてしまう。
けどあまり影響なかったw
今回の獅穂さんの泣き顔見て過去の増田先生の作品の感じがよく出てるなあと思った。

「毎度!浦安鉄筋家族」
仁ママが最高にバカでいいぞ。

「鮫島、最後の十五日」
笑顔の消えた巨桜丸。
逆に鮫島は笑みを見せてぶつかっていく。
いい対比だ。

「藍の時代 ~一期一会~」
リングにほえろwww
突っ込みどころ満載ですが次で最終回って8回早いわ!

「ニコべん!」
多部さんお母さんいたんだ。
それにしてもこの弁当おっさんが買うにはつらいぞ。

「兄妹」
スマホにのめりこむ死神だったおかげでひとりの少女の命が救われた。
うん、掲載位置的に厳しくなってきたかな。


次回、じつわた白神さん役の芹澤優さん特集だそうで。
もちろん巻頭カラーは「実は私は」。
京伏シールもついてるのか、キモーッ!
コメント

週刊少年チャンピオン2015年38号

2015-08-26 22:22:00 | 週刊少年チャンピオン
またも次号発売直前の更新。
表紙の刃牙さんアクビしてるんだろうけどなんだか卑猥。


(巻頭カラー)「刃牙道」
剣道チャンピオンとは何だったんだ?
でここで渋川先生の登場ですかッ!

「弱虫ペダル」
鏑木マジでうざいキャラで腹立ってしょうがない。
青八木先輩よう我慢できるな。
神様のヒントがまさかのヒメヒメww

「ニコべん」
角先生が実際に作ったニコべんグラビアがつくとは。
コロッケってメインのおかずにするには華がないんだよね。
それなら親父さんもう総菜専門でやってけよ。

「実は私は」
そうきたか!
いきなり地獄のどん底に突き落とされた獅穂さんwwwww
そりゃ血の涙が流れるほどのショックですよね。
確かに未来を変えるしかありませんな(ToT)

「鮫島、最後の十五日」
思わぬかたちで兄弟子の取組相手に塩を贈った大吉。
リトルジョージが覚醒しちまったよ。

「囚人リク」
田中の推理ではケシ畑におじさんの協力者がいるはず。
リクは暗号が書かれた紙飛行機を飛ばすことができるか、ってとこでまたピンチ。

「ハリガネサービス」
猫田先輩も家守先輩もいい人やね。
松方ちゃん頼むよ!

「藍の時代 ~一期一会~」
先生、今までのボツ原稿全部とってあったんですね。
それにしてもデビューは少年チャンピオン、東田→車田の誤植がそのままペンネームに、ってどんどん実話からかけ離れていってますよ!

「Gメン」
薙と肝田の出会い編。
どっちもいい奴じゃんてことで和んだ。

「スメラギドレッサーズ」
話無理やりまとめようとしてるからかコマ割が大変そう。


次号、劇場版公開直前ってことで弱虫ペダル大特集。
これが落ち着いたら新連載攻勢来るかな?
コメント

週刊少年チャンピオン2015年36+37号

2015-08-10 21:34:55 | 週刊少年チャンピオン
合併号ってことでお盆も近いのねって風物詩。
「吸血鬼すぐ死ぬ」はお休みだったスナア…


(巻頭カラー)「弱虫ペダル」
いくらなんでも先輩に対する口の利き方じゃないね。
無口先輩は鏑木殴ってもいいと思う。
山口の山際さんは強烈なキャラが多いこの作品には珍しくまともな人っぽくていいわ。

「刃牙道」
滔々と語る全日本剣道四連覇の三輪巡査部長。
宮本武蔵にとってはなんのことはない相手であったか。

「毎度!浦安鉄筋家族」
なんてことない話だけどノースリワンピなノムさんがかわいくて癒される。

「実は私は」
みかんさんの笑いどころと同じでしたわ。
で桃地ちゃんのおばあちゃんが獅穂さんってどういうこと?
ますます混乱してきたわあ。

「囚人リク」
ギロチンに死ぬ一歩手前まで追い込まれていた周龍。
すんでのところでレノマと江田のWアタックでギロチンを倒す。
わだかまりはあろうとも男の友情すなあ。

「鮫島、最後の十五日」
スマイルの陰で巨桜丸が戦うプレッシャー。
まさかの大吉が話し相手とは。

(Championタップ!より出張)「臆病の穴」「それでも世界を崩すなら」
単行本発売記念だそうで。
申し訳ないけど個人的にはどちらも受け入れにくい作品でした。

「侵略!イカ娘」
ゲームやらないからわからないんだけどこのコラボってすごいことなの?

「マジカロマジカル」
百合展開の次はケモナーきたか!
正直エロいすな。
狼一はにゃんにゃん以前にストレスで死にそう。

「藍の時代 ~一期一会~」
前号感想で言及したらまさか本当に秋田書店ですか週刊少年チャンピオン編集部ですか壁村編集長ですか!
白鳥ルイ先生のモデルが実在してたらもしかしてあの人なのかと勘ぐってしまう。

「ハリガネサービス」
アル中の母親が投げるものを受け止めるために即時に物理演算できるようになったからってバレーと結びつくものなのか?
まあ面白いからいいか。
それより金田のプライドがズタズタになってないか心配だわ。

「Gメン」
なんとすばらしいオチ!
EDから解放されて瀬名君良かったね。

「スメラギドレッサーズ」
見事な最終回であったな…ってまだだった。
てくらい今回は惹きつけられた。
でもやっぱ打ち切りダシタイナ号行きかな。


次号は20日発売。
表紙&巻頭カラー刃牙道、地上最強クリアしおり付きッッ!!
コメント

週刊少年チャンピオン2015年35号

2015-08-05 09:01:00 | 週刊少年チャンピオン
表紙裏表紙中開とアイドル成分が高い。


(巻頭カラー)「ドカベン ドリームトーナメント編」
京極対岩鬼は出刃ボールでゴクの勝ち。
岩鬼は手を冷やしてるが今後に影響あるかな。

「ハリガネサービス」
朧が出てから逆転セットポイント。
松方は物理演算してブロックを落とせると考える。
できるようになりたくなかったってどういうこと?

「弱虫ペダル」
さすが古賀さん、鏑木の不調を読んでた。
そして無口先輩が待ってた。
いい3年生がついていて幸せもんだよ。

「毎度!浦安鉄筋家族」
昨年のアニメ全話収録したDVD&コミックが出るの?
しかも850円+税って安すぎるな!

「刃牙道」
大本事件か、歴史の勉強になるね。
真偽はともかく板垣先生うまいこと持ってくな。
武蔵の一喝でひるむ機動隊の表情がいい。
警視総監が武蔵に持ちかけた取り引きは警視庁の剣道日本王者との対戦。
また死人が出るな。

「実は私は」
すっかり凜ちゃんを肩車してる朝陽がなじんできた。
まあ孫を肩車してるのだから問題はないはず。
銀さんもアホの娘になったなあ。
朝陽がお人よしすぎてかわいそう。

「侵略!イカ娘」
エビ娘になったでゲソ!

「藍の時代 ~一期一会~」
高3で本格的に漫画を描き始める東田。
この時点で週刊少年ジャンプ編集部はこんなに大きかったのか。
15年持ち込みを続けた末ガンで死ぬ中村さんの哀しさ、これは実話だったらきついなあ。
もし車田先生がジャンプじゃなくてチャンピオンに持ち込みに行ってたらどうなってたんだろう。

「鮫島、最後の十五日」
元の世界に戻りたくないがための笑顔。
そこには恐怖心を封じ込める不気味さが。

「囚人リク」
ギロチンの鞭をひたすら受けて耐えるだけの周龍。
そしてギロチンのいた見張り台には夥しい数の囚人の遺体、マジキチだわ。
ここで江田の出番か。

「マジカロマジカル」
なにこの百合展開。

「木曜日のフルット」
なんか石黒先生の実体験っぽい。


次号、表紙&巻頭カラーは弱ペダ。
タップから「臆病の穴」「それでも世界を崩すなら」の2作品が出張。
コメント

週刊少年チャンピオン2015年34号

2015-07-29 22:38:20 | 週刊少年チャンピオン
表紙の構図がなかなか秀逸。


(巻頭カラー)「刃牙道」
本部さん、完全に自分の世界に入っちゃってるなあ。
警視総監自ら宮本武蔵容疑者を殺人容疑で逮捕ですってよ。
それなら徳川のご老公も殺人幇助とかにならんの?

「吸血鬼すぐ死ぬ」
ゼンラニウム、マンガ史上最悪の吸血鬼やなw
最後のコマはおばちゃんたちがムシャムシャ食べてるのかと思いました。

「ハリガネサービス」
朧が入って竜泉が1点差に迫る。
ここで不気味さでは負けない金田の出番ですね。

「弱虫ペダル」
チーム2人解散か、引退したらまた再結成できるよ。
そして古賀さんの登場、そんなに3年生が目立ったら主人公が霞んでしまうよ。

(連載再開)「バイオハザード ~ヘヴンリーアイランド~」
南米にいるうってつけの男とはもしや?
洞窟の中にゾンビの村ってシュールな光景。

「藍の時代 ~一期一会~」
のちに師となる本宮ひろ志「男一匹ガキ大将」との出会い。
この時点ではまだ漫画家を目指そうとは思わなかったのね。
友との別れが近づきつつあり、宇津木刑事も亡くなる。
この先どう展開していくか楽しみですな。

「実は私は」
流しそうめんでここまで盛り上がるのもおめでたい。
とりあえずスク水の銀さんを拝めただけでも眼福。

「ドカベン ドリームトーナメント編」
リリーフに京極を持ってきて打者岩鬼。
強烈キャラの因縁の対決再びでアクの強さがたまらんな。

「鮫島、最後の十五日」
図体はでかいがチキンハートの巨桜丸を引き取ることになった寒河江親方。
彼の微笑みがここまでにしたのであればやはりこういう指導法は在りなのかも。

「鉽力のアーチスト」
本当に桃ちゃん弟に「お兄さん」と呼ばせてやがった。
素直な弟さんやねえ。

「囚人リク」
松尾一世一代の大芝居と原田の機転によって囚人たちは混乱に。
続いて周龍vsギロチンの死闘が始まるのか。

「クローバー」
ハママヘッド弟と再会。
もちろん何も起こらないわけないよねえ。

「マジカロマジカル」
サボちゃんも師匠と同じく心の中へ。
さみしいけど成長の証、なんだけど掲載位置が不安だな。


次号、またまゆゆかよ。
これで何回目だ?
巻頭カラーはドカベン、高校野球の季節ですからね。
コメント

週刊少年チャンピオン2015年33号

2015-07-21 20:03:33 | 週刊少年チャンピオン
表紙のチャンピオンのロゴが隠れちゃった感じで車田正美マガジンのような感じに。


(オールカラー袋とじ)「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」
未来の世界の今は亡き黄金聖闘士?なんだかややこしい。
連載再開は秋からですか。

(新連載)「藍の時代 一期一会」
いったいどこまでが事実でどこからがフィクションなのか。
とりあえず大鍋の煮込みがうまそう。
さて車田少年が漫画家になるきっかけはいかに、全8話見逃せないよ。

「ハリガネサービス」
円陣いいよね。
竜泉も弱者の戦い方で踏みとどまって秘密兵器朧が出てくる。
また流れ変わるか。

「弱虫ペダル」
鏑木を連れて戻ろうと坂道が志願。
だがゼッケン1をつけているだけにそれを許さない手嶋。
そこに無口先輩が。

「実は私は」
まさか先週の続きを描くとは。
百地は凜ちゃんの秘密兵器だったのねw
委員長(外部ユニット)の美尻で救われたわけだが本体のほうはどう美尻なのだろうか?

「吸血鬼すぐ死ぬ」
自伝の続編を出せるとはそこそこ売れたのだな。
目からビーム出るヤツ略してメビヤツ、そのまんまだけどいいネーミング。

「鮫島、最後の十五日」
マコ姉が女子アナになっちまってるよ、おい。
今までの相撲部屋のしきたりを廃止して楽しんで指導する寒河江部屋の方針、甘いとか思う一方で実際にあったら面白い試みだと思うね。

「毎度!浦安鉄筋家族」
春巻がちゃんと通知表つけてるのに驚いたチューン!
恐怖心に怯えるのり子の表情がいいよねえ。

「囚人リク」
田中の発案による発火装置は無事タイヤを火の海に。
囚人を陽動する役目を担う松尾、ここで不安になってどうする。

「クローバー」
季節はようやくクリスマス、みんな彼女とデートだったり受験勉強だったりしてるのにひとりハンバーガー食いに行こうと盛り上がるアミチンさん。
小学生かお前は。
でももっと精神年齢が小学生なエリナがいてくれてよかったな。

「羽恋らいおん」
トーナメント表を見る限り岩手県が舞台なんですな。
部長以外のレギュラーの実力が明かされてますが伏喜さん危ない人なの?
やっぱ大会入ってくると面白くなってくるな。

「マジカロマジカル」
彩音に治癒能力が覚醒した…だと!
これでは雫さんの存在意義が危ないではないか。

「鉽力のアーチスト」
蔡理の秘密兵器は桃ちゃん弟か。
蛮堂に影でお義兄さんと呼ばされてないか心配なそっくりさだな。


次号、表紙は初のハリガネサービス。
連載1年ちょっとでここまで人気上がってるのね。
バイオハザードが連載再開。
コメント

週刊少年チャンピオン2015年32号

2015-07-15 09:41:00 | 週刊少年チャンピオン
М・A・Оさんの代表作はいまだにゴーカイイエローだと思うのは私だけでしょうか?


(巻頭カラー)「ハリガネサービス」
金田も大船も五十嵐先輩も魅せてくれる。
それよりも監督がときたま外見に似合わないポーズをしてくれるのがいいよね。

「弱虫ペダル」
鏑木がちぎられたのは銅橋をブタ呼ばわりしたからに違いない。

「刃牙道」
某扱いされる佐々木小次郎w
まあ当然といえば当然なんだろうが。

「実は私は」
獅穂さんてばやっぱそうだったんだね。
ますますややこしくなりそうで楽しみだねえ。

「毎度!浦安鉄筋家族」
鈴ちゃんはいい子やなあ。
今回は笑いのツボにハマりました。

「鮫島、最後の十五日」
四日目の相手は角界最重量、サモアの怪人こと巨桜丸。
笑顔の裏に影がありそうだね。
大吉も相変わらずだけど部屋に残ってるのは立派だよ。

「囚人リク」
7人の囚人と原田看守の絆、熱いなあ。
いよいよスケッチ作戦決行開始。

「吸血鬼すぐ死ぬ」
ジョンかわいいよジョン。
特におなかがキュート。

(最終回)「辻浦さんとチュパカブラ」
慌ただしくもうまくまとめられたかな。
お疲れさまでした。


それにしてもここしばらく新連載の不作が続いてる感が。
と思ったところで次号新連載は車田正美先生の自伝的作品「藍の時代 一期一会」と袋とじオールカラーで「聖闘士星矢ND冥王神話」とWで!
藍の時代は楽しみすぎるぞ!
コメント

週刊少年チャンピオン2015年31号

2015-07-05 22:40:30 | 週刊少年チャンピオン
内田さんや新田さんはわかるけどなぜ芹澤さんまで生まれ年出さないの?


(巻頭カラー)「実は私は」
みかんさん再び50年後の世界へ。
朝陽の嫁がだれかより痴女がどこから湧いてくるかのほうが気になりますが。

「刃牙道」
宮本武蔵17歳、関ヶ原はどこから弓や鉄砲が飛んでくるかわからぬ場所であった。
烈さんをリスペクトしてくれてよかった。
そして水戸のご老公は烈さんと佐々木小次郎を比べたらという質問、気になりすぎるッ!

「鮫島、最後の十五日」
空流部屋に飛天翔や宝玉光がチャンコ食いに来てるよw
こういうノリが好きなんだよ。

「吸血鬼すぐ死ぬ」
新横浜駅から徒歩圏内とはいいとこに事務所構えてるな。
ならドラルク城は緑山スタジオあたりにあるのか?
たけし城みたいなもんだしな。

「囚人リク」
ギロチンの恐ろしさがハンパない…どっかに弱点はあるんだろうけど。
天野の気転で田中さんの頭脳が再び冴える。
これは期待できるか。

「毎度!浦安鉄筋家族」
アベンジャーズ新作公開記念なのか浦安アベンジャーズ回。
かと思いきや宮崎危機回であったでござる。

「ドカベン ドリームトーナメント編」
剛球仮面の正体は渚だったのか。
里中へのライバル心だけでやってるというのもなんだかなあ。

「侵略!イカ娘」
人間関係の複雑さを垣間見たでゲソ!
やはり清美の存在は不可欠じゃなイカ!

「辻浦さんとチュパカブラ」
まだバンド続けてたんだ。
ってか次号最終回かよ。

(第84回新人まんが賞受賞作)「大改造!サイボーグバレンタイン」
テンポいいし絵もきれいにまとまってるし入選したのも納得。
このまま連載出来るまで頑張ってほしいね。


次号もじつわた祭。
巻頭カラーはハリガネサービス。
コメント

週刊少年チャンピオン2015年30号

2015-06-30 22:30:50 | 週刊少年チャンピオン
もうAKBとかHKTとか誰いるのかおじさんわからんわ。


(巻頭カラー)「弱虫ペダル」
「始まる 2年生になって 初めてのインターハイの2日目のレースが」って、坂道くんあんた留年して来年も2年生で出場するんかい?
鏑木は初日の体調が回復してないのかプレッシャーによるものなのか、まあ神様のメモで復活するかな。

(新連載)「吸血鬼すぐ死ぬ」
読み切りからまさかの連載スタートかよ。
個人的には「マリリーン大魔法研究所」の再連載がよかったかな。
柱にクイズ書いてあるの気づかなかったから最終ページ見てもう一度最初から読み直したわ。

「刃牙道」
烈さんは本当に死んだのか。
なんか徳川財閥の科学力でサイボーグとかクローンとかで蘇りそうだけど。
武蔵が言う「関ヶ原」なみってどういうこと?と思ってググったら黒田官兵衛のもとで出陣してたとかどうとか。

「実は私は」
アニメ予告PV見た。
花井くんの朝陽はなかなかいいんじゃない。
さて本編、黒峰先生の模擬授業はいきなり学級崩壊。
果たしてあかりんの年齢はいくつなのか知りたいような知りたくないような。

(じつわたアニメアフレコレポート企画)「レポートしよう!」
おお稲山先生がこんな形で週チャンに再降臨するとは。
3回連続とは楽しみね。

「鮫島、最後の十五日」
全力で向かい鯉太郎の勝利。
取組後舞ノ島に手を差し伸べる鯉、2人の表情がいいね。

「囚人リク」
田中の立ちくらみが今後脱獄の際再発しなけりゃいいがな。
看守を引き付ける囮に周龍が名乗りを上げるがこれは死を覚悟してる面だな。

「羽恋らいおん」
なんと「ばどばどミント!!」とリンクしておったのか。
鈴蘭さんに引導を渡したのがミントだったとはねえ。

「辻浦さんとチュパカブラ」
久しぶりの子門(とその子分)登場。
ラブコメモードよりこういうおバカな話のほうが生き生きしてるな。

「鉽力のアーチスト」
やっぱり桃ちゃんはかわいーなー。
清作と永源を取り合う赤面顔がたまらんにゃあらー!


次号、アニメ放映直前ってことで2号連続じつわた祭ですよ!
声優オタに買い占められないよう気をつけようw
第94回新人まんが賞入選作「大改造!サイボーグバレンタイン」も掲載。
コメント