咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

鶏白湯濃厚ラーメン@金澤味噌󠄀 らぁめん 秀

2018-09-27 22:20:00 | ラーメン
今日は会議があったり入札があったりと慌ただしい一日。
昼食も食べずに午後は外出して打ち合わせ。
その帰りに遅いお昼ごはんをこちらでいただきました。



杜の里にある「らぁめん秀」さんです。
15時過ぎてたのですがこちらは通しで営業されているので助かります。

お店に入るとアイドルタイムなので先客3名後客なしと空いてます。
スタッフは元気なお姉さんがふたりでした。

座ってメニューを見ます。
期間限定で『鶏白湯濃厚ラーメン』(税込850円)てのがあります。
味噌󠄀が売りのお店なのに鶏白湯とは面白いじゃありませんか。
なのでこれを注文することに。



卓上のもやしナムルをつまみながら待ちます。
日によって出来にばらつきあるのですが今日はいい方かな。



5分ほど待ってトレイに載って出てきました。
鶏白湯がクリーミーな色してます。

さっそくいただきます。
スープはねっとり濃厚でチャウダーのような味わい。
合わせてある薄口醤油のカエシに帆立やいりこ、牡蠣節、鰹節といった魚介の出汁が効いてます。
これはうまいわね。



麺は平打ちの中太ストレート麺です。
パスタに使うデュラムセモリナを使っているとのこと。
確かにシコシコとアルデンテな感じ。
鶏白湯をまとった麺は滑らかに喉を通ります。



トッピングはチャーシューが鶏胸肉と鴨肉の2種、あおさ、穂先メンマ、細ねぎです。
チャーシューはしっとり柔らかで舌の上でとろけるうまさ。
あおさもスープに溶かして食べると磯の風味が引き立っていいですよ。







あれよあれよという間に完食。
なかなか優れた一杯でありました。
時間がなくて頼まなかったけどサイドメニューの炙り鴨めし(50円)も気になったなあ。
この限定いつまでやってるのかしら?


お店の詳細:
住所 金沢市もりの里3-233
電話番号 076-231-7744
営業時間 11:00~23:00(日曜・祝日は~22:00)
定休日 無休
コメント

牛すじラーメン@麺や 福座

2018-09-22 22:45:00 | ラーメン
今日からまた三連休ですね。
まあ私は明日午前仕事あるのでフルに休みじゃないのですがうれしいことには変わりない。
そういうわけで連休初日のお昼は行きたくてうずうずしていたこちらへ。

人気・実力ともに文句なしの「福座」さんです。
先週から始まった限定メニューが食べたくてしょうがなかったのです。

開店15分前に着いてポールポジションゲット。
秋晴れの元、待つのは苦になりません。
私の後からもひとりまたひとりと列についていきます。

暖簾が出ていざ入店、一番左の席へと座ります。
開店早々満席になって中待ちとおなじみの光景。

メニューは見なくても注文するのは限定の『牛すじラーメン』(900円)です。
注文を訊きにきた奥様にオーダーを伝えます。





じっくり待つこと15分で登場。
見るからにおいしそうな牛すじが麺の上に鎮座してます。

さあ早速いただきましょう。
スープを一口啜ります。
牛すじをメインに鶏ガラや豚骨、野菜からとったスープにおなじみの生揚醤油を合わせてあります。
これがすっきりしながらも深みのある味わい。
焦がしねぎやニンニクチップも加わり衝撃感がすごい。



麺は中力粉と強力粉をブレンドした中太ストレート麺です。
もっちりと弾力があって小麦の風味もしっかりと味わえるいい麺です。
スープに負けない力強さがありますぞ。



トッピングされた牛すじは国産牛を使用しておりレモン煮にしてあるとか。
でも酸味はそれほど感じず、むしろ牛すじが持つうまみがよく感じられます。
これがもうトロットロでやわらかーい!
これは絶対ごはんにぶっかけてもビールのつまみにしてもうまいよ!



その他のトッピングは白髪ねぎにかいわれ、もやし、長芋キムチです。
長芋キムチがピリッとシャキッと牛すじで甘くなった口の中を中和させてくれていいですよ。



途中で自家製ラー油を垂らして味変させます。
ピリ辛な感じが全体的に引き締まった感じになってこれまたうまいよ。





丼をすっからかんにしてごちそうさま。
牛すじを使ったラーメンは今まで何度か食べたことありますが今日ほど素晴らしいのはなかったです。
300円プラスしてすじ増しにすればよかったと少し後悔しました。
この記事書いてるだけでも思い出してまた食べたくなってきましたわ。


お店の詳細:
住所 金沢市有松4-1-1
電話番号 076-243-2930
営業時間 11:30~14:25、18:00~20:55(日曜・祝日は17:30~)
定休日 月曜日、月2回火曜日
コメント

いろいろとしてやられたビッグスワン初見参

2018-09-20 23:00:00 | ツエーゲン金沢
3連休初日の9月15日、ツエーゲン金沢はアウェイで昨年までJ1だったアルビレックス新潟と対戦。
それならば行くっきゃないでしょ、というわけで新潟まで行ってきました。

朝、高速バスに乗って一路新潟へ。
同じ北陸なのに近いようで遠いなあと思いつつようやく車窓から試合会場のデンカビッグスワンスタジアムが見えてきました。
いやあ感動するな。



無事新潟市へ初上陸。
金沢を出たときは雨でしたが新潟は晴れてます。
良かった。

新潟駅からシャトルバスでビッグスワンへと向かいます。
バス乗り場で待っているとやってきたのはなんとBRT(バス・ラピッド・トランジット)で使用されている連接バスでした。



バスに乗って15分ほどで到着。
改めて近くで見ると大きくて美しいスタジアム。
さすがは2002年の日韓ワールドカップの会場にもなっただけあります。
そして早くからたくさんの新潟ファン・サポーターが訪れていてサッカー文化が根付いているなとうらやましく思いました。



私もなじみのツエーゲンサポの皆さんと挨拶を交わしてスタグルを楽しみます。
まずは生ビールから。
サッポロビールの新潟限定「風味爽快ニシテ」です。
値段720円って高いなと思ったらカップはリユースするので返したらデポジットで100円戻ってくるんですね。
環境に配慮したいい考えです。
味のほうもスッキリおいしい。



あとは新潟のソウルフード、みかづきの「イタリアン」(340円)です。
焼きそばの上にミートソースがかかっているのですが意外とマッチしておいしかったです。



そしてヤサガラスとゲンゾイヤーも営業?で来ていました。
新潟サポにも人気ありましたよ。
しかしヤサガラスがいるってことは悪い予感がするのですが。





スタジアムに入るとその立派さにまた驚き。
専スタではないですが見やすくて屋根があって椅子も個別になってていいですな。
どこかの県の陸上競技場と比較してはいけないと分かっているんですがやっぱりねえ…
ただ風があまり入らなくて蒸し暑かったです。



ビジター席にあてられたブロックは赤いユニを来たツエーゲンサポでぎっしり。
なんでも700人以上いたとか。
ツエーゲンの選手紹介の時に柳下監督の名がコールされると新潟サポからも大きな拍手が。
それだけ愛されているのですね。
でも今はうちのヤンツーなんでw



試合ですが前半先制されたもののその後コーナーキックから#2山本義道がヘディングでたたき込んで同点。
ノリのプロ初ゴールもめでたいですがコーナーから点取ったのっていつ以来だよ?

後半もチャンスはつくりますが決めきれずATに途中出場した新潟U―18所属で2種登録の本間至恩に決められ万事休す。
西部での対戦に続きまたも敗れてしまいました。
しかしまあいい選手だな、来年うちに預けてくれませんかw





結果は悔しかったですがスタジアムの雰囲気や新潟サポさんのホスピタリティーなどとても良かったです。
いろいろ見習わないと。
ビッグスワン、来年もぜひ訪れたいものです。
もちろんそのとき勝つのはツエーゲンですよ!
コメント

塩煮干そば@自家製麺 TERRA

2018-09-09 22:45:00 | ラーメン
今日は一日中雨、せっかくの日曜日なのに最悪です。
午前中は一週間の買い出しのためスーパーとドラッグストアへ行くのが私の役目。
なので車を出してお出かけ。
それならばついでにお昼を食べようとこちらへと寄り道しました。



工大前の「TERRA」さんです。
しばらく来なかったら「Noodle kitchen」から「自家製麺」に名称替えしていました。

着いたのは開店直後の11時1分です。
中に入るとすでに先客が4名。
空いている席に座ります。

何食べようかなとメニューを見ますが黒板を見ると『塩煮干そば』(820円)とありますね。
なのでこちらをお願いしました。



待つこと17分、ようやく出てきました。
スープのクリアさといい具材の盛り付けといい芸術的なビジュアルで思わずうっとり。

それではいただきます。
黄金色に輝く清湯スープからは煮干の匂いがふわっと。
飲むとすっきりとした味わいの中に煮干がまったく雑味もなく溶け込んでおり言葉がありません。
10種の煮干魚介と6種の塩を使っているとのことでそれだけこだわりを見せていれば美味くないわけないでしょう。



麺は中細ストレート麺。
北海道産小麦を100%使用しておりもちっと滑らかなのに力強さがあります。
当然スープとの相性はバッチリです。



トッピングされた具材は鶏チャーシュー、メンマ、白髪ねぎです。
鶏チャーシューどこにあるのかと思ったら白髪ねぎの下に隠れておりました。
しかも薔薇の花のように重ねられて盛り付けられ美しいこと。
やや塩気は強めですがしっとりやわらかくとろける味わい。





このまま食べてもいいのですがちょっと試したいことが。
卓上にある柚子胡椒をちょびっと入れてみます。
すると程よい刺激が意外と煮干とマッチします。
ただ入れすぎると煮干の風味が飛んじゃうのでご注意を。



丼持ち上げてスープを飲み干しごちそうさま。
昨年夏もいただきましたがさらに洗練された味に昇華されてました。
自家製麺はもちろんのことスープや具材にもこだわりを持った店主さんの姿勢はぶれてません。
なかなか来られないのですがやはり目が離せませんね。


お店の詳細:
住所 野々市市扇が丘9-20 扇が丘ビル1F
電話番号 非公開
営業時間 平日11:00~14:00、17:30~20:00
     日曜・祝日11:00~14:00
     ※L.O.各15分前
定休日 月・金曜日
コメント

四川(汁なし)焼きラーメン@中華そば 桜三四郎

2018-09-02 12:00:00 | ラーメン
昨日は午前中ほかの担当で開催する研修会の応援で仕事に。
後片付けが終わって解散となったのでそのままお昼を食べてから家に帰ることに。
それで向かったのはこちらでした。



「桜三四郎」さんです。
こちらに来るのも久しぶりですね。

着いたのは12時半、前の駐車場空いててよかった。
先客は3名、後客は1名とこちらも少なめ。
お店はいつも誠実感あふれる店主さんのほかホール担当の女性スタッフがひとりいらっしゃいました。

空いているカウンター席に座りメニューを確認。
気になるメニューがいろいろ貼ってあります。
でも今回はこちら『四川(汁なし)焼きラーメン』(780円)という変わったメニューに惹かれこちらをオーダー。
四川と名がつくだけに辛さは普通・中辛・大辛と選べるそうで普通でお願いしました。







待っているとたしかに茹でた麺を炒めています。
期待に胸がふくらみます。

待つこと7分で丼が目の前に。
中は確かに汁なし、見た目は焼きそばのよう。

割り箸を割っていただきます。
麺を持ち上げ啜ります。
おお、これは確かにソースで味付した焼きそばではなく動物系の味わい。
ラーメンスープで焼き上げてあるのでとろみがあってふくよかな味わいになっております。



具材は麺と一緒に炒められた白菜、キャベツ、人参、しめじといった野菜に短冊切りのチャーシュー、メンマ、ねぎと具だくさん。
白菜の芯が細切りしてあってシャキシャキ感がたまらない。



食べているとピリッとした感じがきます。
花椒が効いていますね。
辛さ普通でそれなりに感じるので好きな人なら大辛にしたほうがいいでしょうね。

途中で卓上にあるラー油を少し垂らして味変させます。
うん、刺激がさらに加わりこれもうまい。



ずるずるっと完食してごちそうさま。
奇抜なようで正統派な仕事ぶりに満足です。
店主さんの人柄がより表れた一杯でした。


お店の詳細:
住所 金沢市高尾南3-7
電話番号 076-298-0346
営業時間 11:00~14:30(L.O.14:00)、18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
コメント