咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

煮干しラーメン@自然派ラーメン 神楽

2016-04-28 18:30:00 | ラーメン
世間は明日からゴールデンウィークで中には10連休って方もいるとか。
私はそんなの関係なく仕事の日が多いんですけど今日はお休み。
久しぶりにこちらへお邪魔してきました。



寺町にある名店「神楽」さんです。
明日からの連休はさぞかしたくさんの人が来られるんでしょうね。

着いたのは午後2時前。
時間が遅かったのと雨だったからか先客11名とすぐ座ることができました。
スタッフは店主様はじめ4人態勢でした。

今日のオーダーはもちろん限定の『煮干しラーメン』です。
15食限定とのことでまだあるか不安でしたが大丈夫でした。
価格はレギュラーメニューと同じく780円です。



注文してから7~8分くらいで出てきました。
見た目シンプルなのですが奥深いオーラが出てる感じ(^_^)

それではレンゲを取ってスープからいただきます。
今日は薄口醤油を使った清湯スープです。
きらきらと輝くスープを飲んだ瞬間口の中いっぱいに煮干しの風味が広がります。
雑味のない洗練された煮干しの味わいに五感が研ぎ澄まされるよう。



麺はやや中太でもっちりした感じが出ています。
自家製麺から製麺所に切り替えてから1年ほどになるのかな?
少しずつ改良されているのかだんだんと麺のレベルが高くなってきてます。



具材はチャーシュー、メンマ、海苔、青ねぎです。
チャーシューは相変わらず味といい食感といい文句なしのうまさ、思わずうっとりします。



さらっと平らげて丼を持ち上げてスープも飲み干してごちそうさまでした。
煮干し濃度が高いのにここまで上品に仕上げられるとはさすがとしか言えないです。
ご主人の力量の高さには毎回驚くばかりです。
実は午前中、白山市の「」さんで『特煮干そば』を食べてきたのですが同じ煮干系でも対極にあって面白いですね。
さあこれで明日からの仕事を乗り切るぞ!


お店の詳細:
住所 金沢市寺町1-20-10
電話番号 076-280-5010
営業時間 11:30~14:30、17:30~20:00(スープ切れ次第閉店)
定休日 月曜日
コメント

辛鶏味噌󠄀らーめん+半熟煮玉子@麺屋 渉

2016-04-18 17:00:00 | ラーメン
今日はお休みなんでごろごろ。
あまり遠出したくなかったのでお昼も自宅から歩いていけるところ、ってことでこちらにしました。



先週の「絶好調W」でも紹介されていた「麺屋 渉」さんです。
麺屋 大河」さんが定休日の月曜日にのみ営業されるお店です。
1月に『濃厚鶏味噌󠄀らーめん』を食べに来て以来ですね。

余裕を持って開店15分前に来たらなんともう開店を待っている人が9人も。
もちろんこの後も行列は伸び、開店前から満席確定です。

開店して順番に中へ。
お店は渉の店長でありシアスタのベーシストでもある村井渉さんはじめ男性3名。
店内にはシアスタはもちろんツエーゲン金沢のポスターも貼ってあってサポーターとしてはうれしいです。



今日は『辛鶏味噌󠄀らーめん』(850円)を注文しました。
それにLinkのクーポンを使って半熟煮玉子トッピングしてもらいます。





注文してから15分で出てきました。
鶏味噌󠄀スープがほんのり赤いです。

手を合わせていただきます。
スープは最初ピリッとしますが濃厚な鶏白湯味噌󠄀スープと融合してまろやかな感じに。
辛いのが苦手な人でも安心して飲める味です。



麺は縮れタイプの太麺です。
大河さんで使ってるものとは違うようです。



デフォの具材は炭火鶏チャーシュー3枚に鶏団子2個、あおさ、もやし、ねぎ、糸唐辛子です。
鶏節もたっぷりトッピングされていて鶏尽くしです♪



鶏チャーシューは柔らかくてハムのよう。
酒の肴にいただきたいくらい。



鶏団子は大葉入り。
シャキシャキすると思ったらなんと刻んだごぼうを混ぜ込んであります。
これはいいですなあ。



クーポンでいただいた煮玉子をがぶり。
黄身がとろーりと流れ出る仕上がりに満足です。



ハフハフと食べてスープも飲み干しごちそうさま。
ほどほどの辛さがいい刺激になって非常に良かったです。
これが月曜しか食べられないなんてもったいないですね。
渉さんは音楽活動がメインだから仕方ありませんが本当惜しいなあ(XoX)


お店の詳細:
住所 金沢市堀川町6-3
電話番号 076-260-7737
営業時間 11:30~14:30、17:30~23:00
定休日 月曜以外(麺屋 大河として営業)
コメント

煮干しそば+煮卵@らーめん そらみち

2016-04-14 16:00:00 | ラーメン
今日もお休みなんですよ。
週の真ん中連休だと結構退屈するもんですな。
昼食は昨日放送された「絶好調W」で紹介されていたお店の中で唯一まだ行ってなかったこちらでいただいてきました。



昨年10月にオープンした「らーめん そらみち」さんです。
ずっと気にはなっていたのに今まで行ってなかったのはなぜだろう?
場所は前「金澤つけめん 鈴」さんがあったところです。

開店5分前に着くと私と同じく開店待ちをされている方の車が何台か。
皆さんテレビ見てこられたのかしら。

定刻より2分遅れで開店して順次券売機で食券を購入します。
私の番が来たのでここは店長おすすめと書かれた『煮干しそば』(750円)にしました。
なお本日より1か月間「絶好調W見たよ」と言うと煮卵がサービスされます。



カウンター6番の席に坐って待ちます。
店内はカウンターとテーブルが2卓。
「鈴」さんのときと厨房はともかく内装はそんなに変わってないのかな。
絶好調Wの千社札ステッカーが貼ってありましたよ。





メニューはこんな感じです。
なお無化調にこだわっているそう。
和え玉も気になりますけど体重を考え今日は我慢><





スタッフは金沢にUターンしてきた店長さんと大学時代からの友人ふたりとの3人でやっておられます。
だからかチームワークがいいですね。

待ってる間お客さんみんなにフライヤーを配っていました。
この間「ABRI」さんでもらったのと同じものです。
次回これを持ってくると煮卵サービスだそうです。



15分ほど待って出てきました。
丼はちょっと小ぶりな感じですね。

まずはスープです。
キャラメル色に澄んだスープは飲んでみると最初ちょっと軽めな感じなのですが後からじわじわと煮干しの風味が効いてくる。
とても丁寧に作られてます。
使う煮干しは日によって違うそうで今回は外の看板に貼ってありましたが4種類もの煮干しをブレンドさせてるとは贅沢ですね。
てことはガツン系の味の日もあるのかな。





麺は三河屋製麺から取り寄せている低加水中細ストレート麺です。
今回は麺の固さはリクエストしませんでしたが個人的には固めのほうがのど越しよさそうかな。



デフォの具は低温調理されたレアチャーシューとねぎだけとシンプル。
チャーシューは大判薄切りで麺を巻いて食べるといいんでしょうがもったいなくてちびちび食べました。
うん、いい出来だよ。



サービスの煮卵は黄身はかため。
てか白身がこんな厚いの珍しいような。



さらっと完食してごちそうさまでした。
洗練された後味すっきりの煮干しそばでございました。
ぜひまた来なくては!
でも駐車場が少ないのが難点ですね。
この問題が解決されたら行列間違いなしだろうからこれまた難しいな。


お店の詳細:
住所 金沢市窪7-281 ヴィアーレ伏見台1F
電話番号 070-6964-2471
営業時間 11:30~14:00、17:30~20:00※スープ切れ終了
定休日 不定休(今月は毎週火曜日)
コメント   トラックバック (2)

蛤を使ったハマ潮豚骨@麺や 福座

2016-04-13 15:45:00 | ラーメン
今日は咲ちんが12歳の誕生日を迎えました\(^0^)/
だからではないのですが休日出勤の代休を取ってのんびりすることに。
お昼ごはんはここ1週間行きたくてたまらなかったこちらのお店へ行ってきました。



説明無用の「福座」さんです。
先週から春の限定メニューがお目見えしたのでずっと楽しみにしていたのです。

開店1分前に到着するとすでにお店の前には先客7名待ってらっしゃいました。
しまった出遅れたか(>_



注文から15分ほどで出てきました。
盛り付けが春らしい色合いできれいですね。



まず丼を持って直接スープを飲んでみます。
豚頭やゲンコツ、野菜からとった豚骨スープはさらっと飲みやすい仕上がり。
蛤のエキスも溶けているのかじんわりとした余韻を感じます。



麺は低加水の中細ストレート麺です。
小麦の風味も良く滑らかに喉を通っていきます。
最近このタイプの麺流行っているのですかね。



具材は韓国産蛤3個と白髪ねぎ、針生姜、花びら大根、三つ葉です。
蛤はやや小粒ですが身が引き締まって滋味あふれます。
針生姜がこってりした口の中をさっぱりさせてくれます。



このラーメンには自家製のセロリオイルをレンゲに入れて出してくれます。
これがセロリの臭いを感じさせない爽やかな味わい。
蛤に添えるかスープに溶かしてとのことなので私は蛤にちょっと盛っていただきました。
和と洋がマッチングして味に深みが出たかな。





麺をずるずる蛤をもぐもぐスープごくごくと完飲完食でごちそうさま。
今回の限定も見事な味でございました。
欲を言えば金額高くなってもいいからぜひ国産の蛤でいただきたいものです。

なお今夜7時から北陸放送で放送される「絶好調W」のラーメン特集で紹介されるそうです。
カウンターの上を見たらしっかり宣伝されておりましたw
もちろん奥様はお客さん皆に宣伝しまくってましたよww




お店の詳細:
住所 金沢市有松4-1-1
電話番号 076-243-2930
営業時間 11:30~14:30、17:30~21:00
定休日 月曜日、月1回火曜日
コメント

豚しゃぶやぐら@麵屋 神やぐら

2016-04-13 10:00:00 | ラーメン
年度初めはいろいろと忙しいですな。
昨日も仕事を終えてから帰りにこちらへ寄って夕飯をいただいてきました。



元菊町の「神やぐら」さんです。
系列の「神仙」さんは先日火事があって休業中ですがこちらは普段どおりに営業されております。

着いたのは午後8時4分です。
お店の前には大きく期間限定メニューの『豚しゃぶやぐら』のターポリン看板が。
これは食べなきゃというわけで券売機にて食券を購入、税込950円です。





お店に入ってカウンターの左端の席に座って食券を渡します。
ニンニクは少なめでお願いしました。

先客は4名、後客は13名と繁盛しております。
外国人やまちのりに乗ってきてる人もいて観光客にも知られているのでしょうか。
スタッフは店長さんといつものおばちゃん、そしてもうひとり女性の3名体制でした。

待ってる間壁に貼ってある食べ方を書いたマンガ調のPOPを眺めます。
なかなか面白いですね。



10分弱で出てきました。
丼の上一面が肉で覆われてます。
豚しゃぶといっても湯通しした豚肉ではなく薄くスライスされた豚肩ロースチャーシューなんですね。



まずは肉をよけてスープを啜ります。
いつものスープよりやや甘く薄い感じ。
おそらく肉が蓋の役割になってチャーシューの下にあるもやしやキャベツといった野菜の甘みや水分がしみ込んだのかな。



麺は自家製麺された極太麺です。
これがスープをしっかりと吸って相変わらずうまい。
わしわしいけます。



チャーシューは柔らかくて以外とさっぱり。
スープに浸して麵や野菜を巻いて食べるといっそうおいしく楽しめます。





3分の2くらい食べ進めたところで卓上にあるガツンカレーをふりかけていただきます。
今まで気づかなかっただけなのかこんなのあったっけ?
でもこれは食欲を刺激しますな、いいですよ。



さすがにスープ完飲は自重しましたが完食ごちそうさま!
これはなかなかの食べごたえでありました。
ちょっと値は張りますが肉巻き食いだとぺろっといけちゃいますよ。


お店の詳細:
住所 金沢市元菊町17-13
電話番号 076-221-0044
営業時間 平日11:00~15:00、17:30~23:00
     土日祝日11:00~22:30
定休日 無休
コメント

北インド@自家製麺 のぼる

2016-04-12 22:45:00 | ラーメン
日曜日は「ABRI」さんで『のどぐろ煮干し中華そば(醤油)』をいただいてきたのは前の記事のとおり。
そのあと帰宅してから車のタイヤをスタッドレスからノーマルに交換するためディーラーへ。
で交換が終わった後にこちらへ寄ってお昼ごはんその②をいただいてきたのでした(^_^;)



ご無沙汰していた「のぼる」さんです。
しばらく来ない間に営業時間がお昼の部のみになっちゃいました。
ご主人の健康が第一ですから致し方ありませんね。



着いたのは午後1時半ごろ。
この時間でも店内は満席、中待ちもいっぱいでお店の前に据え付けてあるベンチで待ちます。
休日だけあって客層は小さなお子さんを連れた家族連れやカップルが多いですね。

しばらくして店内の待ち席に移れたのでメニューをもらいます。
ですがこの日はお店に来る前から注文するものは決めていたので見ずに注文しました。

お店に来てから20分くらいでカウンター右端の席へ案内されました。
スタッフは店主様をはじめ男性2名女性3名の5名体制ですがそれでも忙しそうです。

今回注文したのは期間限定のエスニックメニュー『北インド』(並800円)です。
こちらでは以前『南インド』という限定メニューをいただきましたが果たして今回はどんなお味なのかしらん。



席に着いてから10分弱で出てきました。
エスニックな香りが漂ってきますね。

まずはスープを。
白湯スープをベースクミン・カルダモン・クローブ・コリアンダー・チリパウダー・ガラムマサラと6種類のスパイスを配合させたとのこと。
これがとってもスパイシーなのですがさらりとして口当たりが良く後をひくうまさです。



麺はもちろん自家製麺。
小麦感がしっかりした中細ストレート麺はスープをしっかりと受け止めています。
さすがはのぼるさん、どんな麺と合うのかしっかりと研究されていますね。



具材はチャーシュー、スライスチーズ、パクチー・ルッコラ・ワサビナからなるミックスハーブです。
ですがミックスハーブの下には挽肉が隠れているじゃないですか。
うれしいサプライズですね♪



低温調理されたチャーシューは2枚入っています。
個人的にはパクチー好きなのでミックスハーブがもう少しあるといいんですけど。
なおチーズはフライドオニオンに、ミックスハーブはねぎに変更可能だそうです。



口の中が刺激を受けながらも決してヒイヒイするような辛さじゃなくて不思議な味わい。
気持ちよく完飲完食することができました。
個人的には『南インド』よりこっちのほうが気に入りました。
スープは残しておいて別注したライスを投入して食べると絶対合うよ!
ぜひ近いうちに再訪してチーズをフライドオニオンに変更して試してみたいと思います。


お店の詳細:
住所 金沢市玉鉾1-177
電話番号 076-200-9397
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日
コメント

のどぐろ煮干し中華そば(醤油)@Ramen&Bar ABRI

2016-04-10 17:00:00 | ラーメン
日曜日の今日は午前中咲ちんの習い事の送迎で片町まで。
習い事の間、時間があるので早めのお昼をこちらでいただいてきました。



香林坊に4月1日オープンした「Ramen&Bar ABRI」さんです。
日本銀行金沢支店と金沢東急ホテルの間の道を下りせせらぎ通りに出るところにあります。
以前片町でバーを経営されてその後近江町市場にてキッチンカーでの営業をされていたのですが再びお店を出す運びとなりました。
おめでとうございます!

開店時刻の11時に行ったらまだ準備中だったのですが10分ほどたって暖簾が出されました。
暖簾にぶら下がってるのどぐろ煮干しがいい匂いを出していです。
カラスに狙われないかな?



お店はカウンターが5席とテーブルが2卓とこじんまり。
女性の店主様がおひとりで切り盛りされているようです。
後客はカップルが2組でした。



麺のメニューは塩味の『のどぐろ煮干しらーめん』(750円)と『のどぐろ煮干し中華そば(醤油)』(780円)の2種類です。
ただ塩ダレが昨日で切れてしまったとのことで醤油味のみ。
いや食べられればいいのでもちろんお願いしましたよ。



ランチタイムはコーヒーやお茶が無料でいただけるセルフサービスコーナーがありました。
ちょっとした心配りがうれしいですね。



夜はバーとして営業されているので各地のクラフトビールなどが楽しめるようです。
飲みにも来たいですね。









そういや「麵屋 大河」さんと「らーめん そらみち」さんからお祝いのお酒が飾ってありました。
そらみちさんはフライヤーも置いてあったのでなにか関係があるんでしょうかね?

待つこと13分で出てきました。
ひとりでやってらっしゃるから仕方ないのかもしれません。
花の絵付けがされた丼が素敵ですね。

それではいただきます。
スープはいい写真が撮れなかったので画像なしです。
琥珀色に輝くスープはのどぐろ煮干しだしに鶏節を加え、5種類の醤油をブレンドしたもの。
いまや高級魚ののどぐろを贅沢にも煮干しにしただしはなんとも上品な味わい。
これに鶏節と合わせたことで味に深みが出ています。

麺は低加水のストレート麺。
やや細めの麺は小麦の風味もあっていい口当たり。



具材はチャーシュー、メンマ、白髪ねぎとシンプル。
白髪ねぎの上には煮干しの粉がかかってました。
チャーシューは雪室熟成豚を使ったもので余計な味付けは控えめに肉本来の旨みがよく出ていました。



無言で食べ進めてぐびびっとスープも飲み干しごちそうさま。
口の中から小骨が1本出てきたのはご愛敬。
女性店主ならではのなんとも繊細でやさしい味わいでございました。

まだ開店して間もないのでけっこうばたついてるところもありましたが味のほうは安心してください。
店主様に夜はラーメン出すのか尋ねたところ、昼の営業次第らしいですが9時ごろまでラーメンを提供できるようにしたいとのことでした。
おひとりでの営業大変でしょうががんばってくださいp(^_^)q
落ち着いたころに『のどぐろ煮干しらーめん』を食べに来たいと思います。

それにしても香林坊近辺は「豚蔵」さんの支店も間もなくオープンしますしラーメン事情が好転してきてますね。
飲んだ後の締めのレパートリーが増えますなw


お店の詳細:
住所 金沢市香林坊2-12-39
電話番号 080-7896-2193
営業時間 火~金曜日11:00~14:00(L.О.)、17:30~23:00(L.О.)
     土曜日11:00~23:00(L.О.)
     日曜日11:00~17:00
定休日 月曜日
コメント

まぜそば(温玉付)@中華そば 響

2016-04-09 19:00:00 | ラーメン
今日も暖かないい天気。
桜は一昨日の雨で散ってきましたがまだ花見はできそうな感じ。
まあ花より団子ってなもんでお昼は団子ならぬまぜそばをこちらでいただいてきました。



すっかり白山市の新店舗での営業も板についてきた「中華そば 響」さんです。
一昨日から今年もまた期間限定の『まぜそば(温玉付)』を始めたとのことでやってきました。

開店7分前に到着するとすでに7人もの待ち客が!
私の後からも続々とやってきて開店前から満席確定な勢いでした。

開店しても食券を買うために列がなかなか進みませんね。
券売機の横には煮干の段ボール箱がお迎えしてくれてますw



券売機に750円を投入してもちろん限定のボタンを押します。
追い飯用にごはんのボタンも押したかったのですが体重が気になるので今日は自重です(>_

食券を渡してカウンターへ。
今日は店主様ご夫妻と女性スタッフが3名の布陣。
それでもお客さんが次々と来ますから大変ですね。

8分ほどで出てきました。
他のメニューに比べ手間がかかる分待ちますがそれほど気になりませんね。

それではまずは混ぜずに麺だけをいただきます。
まぜそば用専用の極太麺は持ち上げただけでもっちり感が伝わってきます。
すでに混ぜダレの味がしっかりとしみ込んでいて煮干粉も使っているので煮干感がストレートに味わえます。
このまま混ぜずに食べてもいいくらい。



トッピングされている具材は温玉、チャーシュー、メンマ、かいわれ、桜海老、肉味噌󠄀、白ねぎです。
ごまもたっぷりふりかけてあります。
これを一気にかき混ぜちゃって麺を啜ります。
うおーこりゃたまらん!
肉味噌󠄀の甘さ、温玉のなめらかさ、桜海老の香ばしさ、ねぎのシャキシャキ感などが複雑に絡み合って五感に訴えてくる。
上品なジャンクさといったところでしょうか。



途中で酢をたらしてさっぱり味変。
これまたうまし。
そしてあっという間に完食。
やはり何度食べてもうまいもんはうまいわー♪
夏の限定メニューまでのつなぎにしとくにはもったいないよ。
次は平日に来て再開した『特煮干そば』を食べなきゃな。

帰るときには中待ちが10人以上いてびっくりぽん(*o*)
毎日のようにスープ切れで早じまいするほどの人気ぶりなのを実証しております。
でもご主人あんまり無理なさらないでくださいね☆


お店の詳細:
住所 白山市乾町40-3
電話番号 076-214-6800
営業時間 11:00~14:30、17:30~21:00(L.О.20:45)
     ※スープ切れ次第閉店
定休日 水曜日(火曜日も休みの日あり)
コメント

ハマグリ出汁の塩豚骨らーめん+のり玉セット@金沢麵屋 達 武我

2016-04-06 20:55:00 | ラーメン
新年度入ってばたばたとしております。
昨日は仕事終わった後に甥っ子の高校入学のお祝いを持って弟の家へ。
でその帰りに夕飯をいただきにお初となるこちらへと行ってきました。
なおそのとき妻と娘はホテル日航金沢でママ友とディナーを楽しんでおりましたとさ(>o

久安にある「金沢麺屋 達 武我」さんです。
前は「ラーメン 轍」さんがあったところに昨年6月オープンしたお店です。
最近店舗数を増やしている達グループとしては4号店になるのかな。

着いたのは19時17分です。
お店に入ると先客はひとりだけ、後客もひとりと工大はまだ春休みなのかしら。
スタッフは店長さんはじめ男性2名女性1名でした。

まずは入口に入ってすぐ横の券売機にて食券を購入します。
本店では何度か食べたことがあるのでレギュラーメニューじゃないものを。
ってことで限定の『ハマグリ出汁の塩豚骨らーめん』(800円)をチョイス。



これに金沢情報についてたクーポンでトッピングがつけられるのですがこんなに選択肢があるのですね。
ですが迷わず海苔3枚と味玉がついたのり玉セットで。
食券とともに渡して麺固めでお願いしました。



カウンターの空いている場所に座って待ちます。
店内は轍さんのときとそんなに変わってないのかな。



4分ほどで出てきたのでびっくり。
いや早いのは悪いことではないのでいいんですが。

それじゃいただきましょうか。
スープはおなじみの豚骨スープにハマグリの出汁を濃縮したタレを合わせた塩豚骨。
塩は能登町の海洋深層水の塩やピンク岩塩などをブレンドしたものを使っているそうです。
飲んでみると豚骨の感じはまさしく達の味。
ハマグリの風味はあまり感じられないのがちょっと残念。
ですがさっぱりとしてなかなかの味わい。



麺はストレートの細麺です。
低加水タイプの麺なので固めだとちょっとパキパキ感がありますね。
時間とともにスープとなじんでくるのでそれほど問題ではないです。



デフォの具材はチャーシュー、海苔、メンマ、もやし、なると、ねぎ、刻んだ大葉です。
大葉がスープにいいアクセントとなっていいですね。
チャーシューはロールタイプ、箸でつまみ上げようとすると崩れるほど柔らかいです。
味玉は黄身がとろーりととろけていい塩梅です。





ぺろっと完食ごちそうさま。
春らしい感じの一杯でした。
工大周辺はラーメン激戦区ですからいろいろ工夫しないと大変ですな。


お店の詳細:
住所 金沢市久安2-323
電話番号 076-225-3014
営業時間 11:30~14:30、18:00~22:30
定休日 無休
コメント

ムチムチ×チラチラ=ドキドキ∞「天野めぐみはスキだらけ!」

2016-04-04 23:00:00 | マンガ
週刊少年サンデーはずっとご無沙汰だった私。
最近は「だがしかし」をチェックするくらいだったのですが、とある作品に目が行った瞬間衝撃が走りました。
これはすごくいい!とすっかり毎週水曜日が楽しみになったその作品こそ今回紹介する「天野めぐみはスキだらけ!」なのです。
最初週刊少年サンデーS増刊にて掲載されていたのが満を持して本誌へ移籍して連載開始。
そしてついに先月単行本1巻が発売されたので即購入しましたよ。

どんなお話かというと高校の特進科に通う東大志望のまー君こと進藤学には幼なじみがいます。
その幼なじみは同じ高校のスポーツ科で剣道部所属の天野めぐみちゃん。
ふたりは家が近くよく一緒に遊んでいたものの中学時代はクラスが離れ一旦疎遠になっていましたが同じ高校に入学して再び距離が縮まります。
疎遠になっていた間にめぐみはすっかりムチムチなぷに子に成長していたのです。

めぐみは部活ではスキを見せない剣道少女なのですがそれ以外では気をゆるめてパンチラ胸チラのオンパレード。
まー君はめぐみに勉強を教えたり一緒に下校するたびにそんな場面に遭遇してドキドキしっぱなし、勉強にも身が入らなくなっちゃいます。
ふたりともそれなりに相手のことを意識しているんだけど面と向かって言えないもどかしさがほほえましい。
友達以上恋人未満な関係に読んでるこっちもドキドキさせられちゃいます。
こういうストレートなラブコメは近頃意外と少ないので正直うれしいです。
さすがはラブコメのサンデー!
ですがなぜか中高生の頃読んでた月刊少年マガジンを思い出してしまうw

それにしてもめぐみは私の琴線に触れるコだわ。
なにがいいかっていうと…
猫のようなつり目で牙のような八重歯がかわいい!
自分のことウチっていうのがかわいい!
毎回違う柄のパンツはいてるのがかわいい!
とにかく惚れてしまうやないのってくらい魅力的なのです。
でも個人的には水泳部の三澤さんがお気に入りなんですけどねww

そしてまたうれしいのがこの作品の舞台が石川県だってこと。
なのでふたりが通う高校や住んでる町のモデルはあそこなんだろうなあと容易に推測できちゃいます。
もしかして作者のねこぐち先生は石川県出身なんでしょうか?
だとしたら石川県民としては素直に喜びたいですね。

天真爛漫なめぐみと彼女のスキに振り回されっぱなしのまー君、ふたりの仲は進展するのか?
そしてまー君は東大合格できるのか?
この先が見逃せない作品ですよ(^o^)/
コメント