咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

群馬の旅前編

2009-03-22 19:27:33 | 国内旅行
群馬から帰ってきました。

今回はにゃまんのいとこのさゆりさんのパートナーであるスタンさん(米国出身)が群馬県立近代美術館で作品展をやっているので、さゆりさんの母親の静子おばさんといっしょに見に行くことにしたものです。

はくたか~上越新幹線~八高線と乗り継いで最寄の北藤岡駅にさゆりさんが迎えに来てくれました。
早速美術館まで直行。
美術館に着いて昼食をとったあと作品展へ。
スタンさんは元気そうで何よりです。
現在、群馬県の六合村に拠点をおいて活動をしており、村内の自然物(木、葉、動物の骨など)を使った作品はとても生命力あふれ自然の豊かさが伝わってきます。
咲ちんもすごく興味深々と見ていました。

あっというまに閉館時間となってみんなでホテルへ移動。
この日の宿はホテルルートインコート藤岡です。
失礼ながらこんなところに、って立地ながら長期出張の人や飛び込みの人など結構にぎわってました。

一休みした後みんなで食事へ。
北藤岡駅近くのりんでんばーむというお店。
地元で人気の南欧料理店だそうです。
みんなでいろいろチョイスして注文。
スタンさんと私はワイン飲み放題にしてしこたま飲んじゃいました。
素材のよさがそのまま料理に出てどれも美味しかったです。

そんなわけで昨日はいい気分でベッドに入りました。
ちなみに咲ちんは静子おばさんのところで寝ましたわ。

今日の分は明日書きます。
コメント

京都日帰り

2008-07-27 21:20:05 | 国内旅行
突然ですが日帰りで京都へ行ってきました。
目的はくまのがっこう絵本原画展です。

サンダーバードで京都駅まで2時間ちょっと。
一眠りしたら着きました。

まずはお昼ごはん。
10階の京都拉麺小路でラーメンを食べることに。
ここに来るのは2年半ぶりです。
今回は前回なかった尾道ラーメンの「柿岡や」にしました。
しばらく並びましたが回転してるんで15分くらいで入れました。

魚介系スープが甘辛くてなんともまろやか。
豚々飯もおいしかった。
ちなみににゃまんは大盛りでした。

原画展は予想以上によかったです。
来場者も多くてびっくり。
ジャッキーをはじめとするキャラクターが生き生きと描かれていてひきつけられました。
咲ちんも楽しかったみたい。
にゃまんはグッズをしこたま買い込んでました。

その後伊勢丹内をショッピングしてるうちに帰りの電車の時間。
ホームに入ったらなんか様子がおかしい。
なんと湖西線が大雨で速度規制してた影響で遅れてるとのこと。
そんなこんなで予定を40分あまり遅れ、先ほどようやく帰ってきました。

疲れたけど楽しかったです。
明日はちゃんと起きられるかな?
コメント

石垣島

2008-07-01 21:14:54 | 国内旅行
金曜から今日まで代休や夏休みを使って石垣島へ行ってきました。
これで石垣島は3度目、久々です。
前回来た時は咲ちんはまだ5か月だったんだよなあ。

今回も宿泊はクラブメッド・カビラです。
ここは食事やアクティビティが全部ふくまれているので高いかなと思いつつも結構楽しめちゃうのです。
しかも川平湾が広がって海がすごくきれい!
足がつくところでも魚がいっぱい泳いでいて感動モノです。
咲ちんもニモが見られたと大喜びしてました。

それにしても平日でも子ども学校休ませてくる人結構いますなあ。
人のことは言えんが。
また韓国や台湾からのツアー客がたくさんいてびっくりでした。

咲ちんは初日からとばして炎天下プールや海で遊びまわったせいか、昨日は38度台の熱を出して一日中寝てました。
愛子さまじゃありませんがヘルパンギーナだったらどうしようと心配しましたよ。
まあただの熱中症だったみたいで冷やしたら今日は復活して出発ぎりぎりまで遊んでました。

今回は咲ちんを子供向けのミニクラブに入れようとにゃまんと2人で画策したのですが、結局嫌がってだめでした。
次回こそ(っていつだ?)入れてやるからな。

まあ、散財しましたが久しぶりの沖縄でリフレッシュできました。
今月は大きなイベントがあったりして忙しくなるのでいい気分転換になったと思います。
明日からまた仕事がんばらないと。
それにしても3人して真っ黒に日焼けしちゃってどうしよう…


今日の夕飯:
かつら食堂で鳥から揚げ定食
コメント   トラックバック (1)

能登ふらっと紀行その2

2008-03-31 21:35:09 | 国内旅行
夜寝てる間、国道に面しているため意外と車が通り、走行音が気になってあまり眠れませんでした

それでも朝食を目の前にしたらそんな気分もふっとびました!
ごはんは能登産こしひかり。
とってもつやつやに輝き、口の中に入れるとふっくらとおいしさが広がります。
咲ちんもおかわりするくらい食べてました

お味噌汁はスズキのあら汁。
昨日もそうでしたが、スズキがこんなに脂がのってる魚だと再認識しましたよ

おかずは鯖の焼いたものやキャベツの塩もみ、切り干し大根などいたってシンプル。
でもどれもこれも手間隙かけているのがすぐわかりました。
特に鯖のうまさにびっくり
鯖が得意でない私が全部平らげるくらいでしたよ。

チェックアウトして一階にあるベーカリーへ。
パンが次々に焼きあがってます。
パン好きのにゃまんはいろいろと購入してました。
カフェも併設されており、エスプレッソでまったりと

ゆっくりした後は宿で教えてもらった柳田村植物公園へ。
いやー、広い。
そのぶん寂しさがただようなあ。
シーズンオフなのもあるんでしょうけど。
それでも咲ちんは元気に遊具で遊びまくってました。

帰り道にマルガージェラートというジェラート屋さんへ寄りました。
行きしな看板を見かけて気になってたのです。
奥能登の牧場でとれた生乳でつくったジェラートはこれまた能登の名産を使ったフレーバーがいっぱいあって迷います。
私は季節っぽくふきのとうにしました。
うーん、なんと表現すればいいのか?でも春っぽくていいのかな。
咲ちんも口の周りチョコだらけで喜んでました

それから咲ちんは予想通り金沢に着くまで車の中で寝ておりました
そういえば能登半島地震からおよそ1年になるのですね。
宿のほうはあまり被害がなかったと言っておられましたが、観光への影響は大きかったと思います。
私たちもまだまだまわってないところがありますので、また行きたいですね

(おわり)
コメント

能登ふらっと紀行その1

2008-03-23 20:49:32 | 国内旅行
昨日今日と能登へ旅行に行きました。
出発していきなりデジカメのバッテリーを忘れて取りに戻ったりしましたが、無事行ってまいりました。

今回の目的は能登町にある民宿ふらっとの味を堪能することです。

宿に行く前にお風呂
なごみ温泉というところです。
とても気持ちいい湯でした。
露天風呂から立山連峰が望めて最高です
農産物の直売もしており、柳田のはさ干し米を買いました。

すっかり満足して宿に到着。
3室のみという小さな宿。
ここは日本一朝食のおいしいといわれる民宿さんなみの娘さんご夫婦でやっています。
お部屋からは内浦が一望。むこうに立山が。
うらやましいなあ。

夕食は6時半から。
ご主人自慢の能登の魚をつかったイタリアンコースです

まずはポテトといしりのスープ、輪島塗のおわんに入れられてます。
いしりはさんなみ自家製のもの、香りがとてもすばらしい
ちなみに咲ちんにはパスタを用意してくれました。
こっちもうまいんだよなあ。

続いてさざえのガーリック焼き。
ご主人の故郷オーストラリアのワインによく合います。
咲ちんも気に入ったみたいです。

それからヤリイカの自家製パスタ。
これは本当にうまい!
いしりのこくと香りが最高に引き出されてます。
咲ちんはうまくででかした!って感じで踊りだします

続いてオコゼのフリッタ。
オコゼの頭をたべるのってちょっと怖い気が
身はほっこりとして顔に似合わずおいしいのです。

メインはスズキのソテー。
スズキってこんなに脂がのってる魚なんですねえ
もう言葉で言い表せないくらいうまいっすよ。

そしてこんかいわしのピザ。
能登とイタリアンのコラボの集大成です。
うちはちびっこがいるのでチキンとのハーフで出してもらえました。
チキンもうまかったですが、こんかいわしは今まで味わったことのないうまさ。
ワインが進むこと

奥様とお話したところ、私たちが新婚旅行でオーストラリアに行った頃、ワーキングホリデーでシドニーで日本語教師をされてたそう。
そこでご主人と知り合ったそうです。
もしかしたらすれ違ってたかも
で、お話中部屋のふとんは9歳になる息子さんが敷いてくれてました。
えらいなあ。

食後にエスプレッソとデザートをいただき、すっかり堪能させてもらいました

満腹になったおなかをさすりながら部屋にもどると、窓からきれいな月が浮かんでます。
海を照らしてとてもきれいです。
月明かりを眺めながらいつのまにか寝てしまいました


(つづく)
コメント

今年もカニin三国

2007-11-23 21:25:48 | 国内旅行
今シーズンもまたカニを食べに三国のちひろさんへ行きました。
先週行きたいねえとにゃまんと話して電話したらちょうどきのう1室空いてるとのことだったので即決したものです。
あいかわらず思い立ったらすぐ行動に移してしまう我が家です。
これで咲ちんが生まれてから4年連続です。

着いたのは6時をすこしまわったころ。
それにしても改築されてすごく立派な建物になってびっくり
モダン和風テイストで素敵になりました、って前を否定してるわけじゃないですよ
全部で6室あるうちの205号室が我が家が泊まるお部屋です。
それにしても新しい畳のにおいがして気持ちいい。
窓から日本海が一望です。

夕食の前にお風呂。
男湯・女湯・貸切湯と3つあるのですが、この日はすべて貸切として開放されてました。
そんなわけで帰るまでにすべての湯を堪能できました。
お風呂はどこも小さいながらも内湯と露天風呂の2つありました。でも露天は屋根がありましたけど。
お風呂は天然温泉、ナトリウム・カルシウム塩化物泉のお湯はしょっぱいけれど温まります
もう汗がとまらん

風呂上りは待ちに待ってた夕食です。
カニ尽くしのメニュー、まずはカニ刺し。
これが甘くてうまいの
咲ちんもむしゃぶりついてます。
カニの甲羅焼きも身がたくさん入っていてうれしい一品。
そしてここの名物であるカニのしゃぶしゃぶ!
まずはカニ味噌を湯に入れると花が開いたような感じになります。
それをたれに入れていただくのですが、これはもうこの世のものとは思えぬうまさ
毎年これを楽しみにきてるようなもんです。
そしてゆでガニ。
もうほぐすと無口になりますな。
ひたすら食うべし!

これで1泊2万2千円の安さ!
なぜかというとこのカニが足折れガニといって成長の途中で足が欠けたものを出しているから。
見た目が悪いのでほかのカニに比べ安くなりますが、味は変わらないのでこの値段で提供できるそうです。
しかも改築したのに値段が変わってないのが良心的でうれしいですね

しゃぶしゃぶを食べた後は雑炊にしていただきました。
あと甲羅に日本酒を注いで飲むのもわすれずに
お腹いっぱい、みんな満足です。

朝起きたら東尋坊のほうに虹がかかっていました。
すっごく大きくてきれいでしたよ。
朝ごはんはカニ釜飯とカニの味噌汁が出ました。
これもぺロリと平らげましたよ。

それにしてもこんないい宿なかなかないっすよ。
日曜日の旅の香りでも紹介されてましたが、それから予約の電話がひっきりなしだそう。
こりゃ来年ははやめに予約しないと
それにしても望洋楼と姉妹館とは知らなかった。

チェックアウト後、近くを散策したのですがサンセットビーチがすぐ近くにあったのでびっくり。
これなら夏に来て海水浴もOKです。
また楽しみが増えました

去年の今日の日記見たらおんなじようにカニ食べに行ってました

コメント

クルーズ帰り

2007-08-06 20:45:26 | 国内旅行
お久しぶりです。
今朝までぱしふぃっくびいなすの「竿燈・ねぶた 東北二大祭りクルーズ」に行ってました。

今回金沢港から乗下船できるというので早々に予約してたのでした。
やっぱ船旅はいいですなあ。
しかし咲ちん連れだと正直きっついものがあります。
だんだん体もいうこときかなくなってるし。
でもやめられないなあ。
今回は台風5号(USAGIちゃん)が追いかけてくるという展開でどうなるかと思いましたが、無事祭りを堪能することができました。
本当に東北の夏祭りは見ててあきません。
咲ちんも竿燈祭りでは「どっこいしょー」と叫び、ねぶた祭りでは「ラッセ~ラ~」ってはねてましたよ

クルーズは年配の人が乗るものというイメージがありますが、けしてそんなことはありません。
食事は全部込みだしいろんなエンターテイメントも楽しめるし目的地までゆったり連れてってくれるので値段が高いってことはないと思いますよ。
ぜひ小さなお子さん連れの方も一度乗ってみてください

それにしても体中がたがた。
にゃまんはダウンしてしまいました


今日の夕飯:
ナポリタンスパゲッティ
コメント

ニチマ倶楽部宿泊記(その3)

2007-05-19 20:03:49 | 国内旅行
ジェルベッドに埋もれるようにぐっすりと眠ることができました
でも高いんでしょうね。

シャワーを浴びて朝食に行きます。
朝食は「ザ・ロビー」でバイキング形式です。
吹き抜けになっててとても気持ちがいいですね。
奥にはチャペルがあってここでウェディングをするカップルはうらやましいなあ
和洋いろいろなおかずがあって迷うなあ、といいつつたらふく食べてしまいました
味もなかなかおいしかったです。

にゃまんがパンがおいしかった言うので、「パティスリー」で買って帰ることにしました。
ホテルメイドのパンはこれまたどれもこれもおいしそう。
食べ切れるのかというくらいたくさんのパンと隣の工場でつくったパスタソースを買いました。

そんなこんなであっというまにチェックアウトの時間がせまってきました。
名残惜しいけど荷物を整理しないと
食事もおいしいし、肩肘はらないしほんとにいいホテルでした。
また機会があったら宿泊したいと思います。
コメント

ニチマ倶楽部宿泊記(その2)

2007-05-06 20:59:39 | 国内旅行
たっぷり休んだ後はお風呂に入って夕食です。
今回はチューリップフェア宿泊プランなので2食付なのです。
レストランは選択できるのですが、予約時に串揚げの「礪波庵(となみのいおり)」をお願いしました。
ここはとってもおいしいとの評判で金沢から車を飛ばしてくる人もいるくらいだとにゃまんが言ってたんです

お店はカウンター7席と座敷が2卓というこじんまりした構成。
私たちはカウンター席でしたが、咲ちんはカウンター好きなのでぜんぜんかまいません。
ほどなく店はいっぱいになったので予約しといて正解でした

まずはお刺身と小鉢、サラダが出てきました。
お刺身おいしー
でもマグロはほとんど咲ちんに食べられました
串はお姉さんが目の前で揚げて少しずつ出てきます。
地鶏やスナックえんどう、しいたけのミンチ詰めなど平凡ではないけど決して奇をてらってない具材が好感持てます。
しかもからっと揚がってぜんぜん油っぽくなくてとてもおいしいです
串は10本で終了。もっと食べたかったよー。

それからお食事に玉子雑炊が出ました。
これが大根やにんじん、セロリなど細かく刻まれた野菜がいっしょに入っていてこれまたいくらでも食べられそう。
卵アレルギーの咲ちんも食べたがって少しあげたらとっても喜んでました。
その後湿疹も出なかったので安心しました。

最後はシャーベットが出ました。
特別に咲ちんにもいただきました。ありがとうございますう。
これまたさっぱりとして串を食べた後にぴったり。
すっかり満足させていただきました。
これだけ食べに車を出す理由がわかりましたよ。

食後、ウェルカムドリンク券もいただいたのでメインバーの「マッキー&フレイザー」へ移動しました。
これがまたいい感じで落ち着いていて私好みの内装です。
なのに咲ちんはものめずらしく椅子によじ登ったり走り回ったり
バーテンのお兄さん、どうもすいません

私はモスコミュール、にゃまんはパッシモオレンジをいただきました。
モスコミュールがこれがもう正解!
銅のマグカップに入って、味もドライで正統派。ひさびさにおいしいモスコミュールが飲めました
パッシモオレンジもなかなかおいしかったです。
咲ちんがいなかったらもっとゆっくりしたかったなあ。

ほろ酔い気分になり、遊び疲れもでたので今日は早く寝ようっと。


(つづく)
コメント

ニチマ倶楽部宿泊記(その1)

2007-05-06 19:55:44 | 国内旅行
行ってきましたチューリップフェア
今年はなんとニチマ倶楽部に宿泊しました。
連休前だめもとで電話したら運よく空いていたんです

金沢から1時間ほどでホテルに到着しました。
これくらいなら車の運転が好きではない私たちでも大丈夫です。
ホテルはとってもモダンでおしゃれですねえ。
もとは工場の女子寮だったのを改装してるのだそうでいいセンスしてます。
でも入口に「長靴・サンダルはご遠慮ください」ってのが笑えます
チェックインには少し早く着いたので部屋に入るまで散策しました。
ロビーが吹き抜けになっててすごくおしゃれです。
着いたときはランチバイキングでごった返してましたが

ここで気になった点をひとつ。
ホテルの人が部屋まで案内してくれなかったこと。
忙しかったからかもしれませんが、荷物を運ぶとかいう以前に安全のための非常口確認とか案内する必要があるんじゃないでしょうか。
仮にも日本ホテル協会会員なんですから、ねえ

部屋は1209号室。ほかの部屋からすこし離れてます。
ここなら咲ちんが叫んでも安心です
部屋は思ったより広いです。
しかもなんとジェルベッド!はじめてかも。

すこし休憩してからチューリップフェア会場へ。
ホテルから歩いて10分あまりで行けます。
途中マクドナルドがあったのでここで昼食です。
去年はなかったし新しい建物だなと思ったら先月オープンだったそうです。
ベーコンレタストマトバーガーおいしかったです。

さて会場の公園に到着。
天気にも恵まれこどもの日ということもあって大勢の人でにぎわってます。
会場内はきれいに咲きそろったチューリップで華やかです。
咲ちんは高校生のつくったミニ電車に乗ったり公園中央の塔に昇ったりしてご満悦
けれどもいいかげん退屈してきたみたいなので小一時間ほどで出ることにしました。

ホテルに戻る途中、ほどよい感じの公園があり、そこで遊んでいくことに。
遊具も充実していて咲ちんは大喜びです。
とくにショベルカー型の遊具は気に入ったみたいでずっと遊んでました。
金沢の公園はいろいろ事情があって遊具は減りつつあるし砂場もなくなってきているので本当にうらやましい限りです。
たっぷり遊んだ後はホテルに戻って咲ちんはお昼寝です


(つづく)
コメント