シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

千葉県松戸市のロードバイク専門ショップ~江戸川左岸サイクリングロード20kmポストのすぐ横!松戸駅西口からも600m

リドレーのバイククラフトに105 DI2が追加されました!

2022年08月30日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

リドレーのフレームを購入される際に、コンポセットを付けることの出来る「バイククラフト」というオプションがありますが、これに、もうすぐ発売が開始される新型105Di2が、対象に追加されたとのことです!

アルテグラDi2より約6万円ほど予算を抑えることができるので、Di2へのハードルが少し下がったのではないかと思っています。

なお、リドレーの2022年モデルのフレームは、車種とカラー・サイズによって、既に完売品が多くなっています。メーカー及び当店の在庫状況などについては、いつでもお気軽に、早めにお問い合わせください!

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

完成車が無いならバラ完で!ARGON18 GO!

2022年08月21日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

カタログやネット情報を見て、欲しいなぁと思える完成車がようやく決まっても、なかなか入手が難しかったり、かなり待たされてしまうのが現実の世界。。しかし、そんな時こそ、販売店を頼って相談頂けたら、いろんな引き出しがありますので、可能な限りご希望に沿ったバイクをご案内できるかと思います!

本日、ARGON18のエントリー向けカーボンフレーム「GO!」をベースにロードバイクを組んで頂いたT様は、より高性能な2台目のロードを探されていて、でも、なかなかメーカー完成車ではすぐにお渡しできそうなものが見つからず、、

そこで、当店で在庫していたARGON18のフレーム「GO!」に、ちょうど1セット揃っていた105コンポ(7000系)を組み合わせて、何とかご希望に叶った1台を作ることができました!デザイン的にも独特なカラーリングのフレームで、バラ完ならではの個性的なバイクに仕上がったと思います。

現在、再び中断している走行会は来週から再開する予定ですので、ご都合に合わせて、是非ご参加ください!

 

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【8/28まで】サーベロTTバイク「Pシリーズ」試乗車のご案内!

2022年08月19日 | 1. 店舗インフォメーション

ツール・ド・フランスで大活躍したサーベロ(cervélo)のTTバイク『Pシリーズ(アルテグラDi2(8070))』の試乗車が、下記のとおりご用意できました。

試乗可能期間は、今週末から翌週末までの約1週間のみとなりますが、普段、試乗することが難しいTTバイクに興味のある方は、是非、この機会にご利用ください!(要予約)

「サーベロ」のHPはこちらをご覧ください⇒ cervélo 東商会 (eastwood.co.jp)

※なお、当店は借用した試乗用バイクについて、事故や盗難、また、試乗される方の安全を考えて、下記のように利用に関するルールがちょっと厳しめになっていることを、予めご了承ください。

 

1.貸出バイク 

2022 P Disc R8070」 (←HPはR8020)  サイズ51(身長の目安167~177cmぐらい)

 

2.利用方法

(1) ご予約の上、貸出時に写真付の身分証明書(有効期限内の運転免許証又はパスポート等でコピーは不可)をお預かりします。

※ご予約は「メール」、「メッセンジャー」又は「ホームページのお問い合わせ」にてお願いします。

(2) サドル及びハンドルの位置調整、ペダル交換(お持ち込み可)、エア注入後お貸しします。なお、今回は、試乗して頂く前に、まず固定ローラー台で、可能な範囲でTT用のフィッティングを行います。

3.利用条件

(1) シクル・マーモット会員様限定(当日の会員加入可)です。

(2)  安全面を重視するとともに、万が一事故に遭われた場合に備えて、走行会ルールに準じて以下をご準備の上、誓約書への署名をお願いいたします。

ヘルメット(貸与可)及びグローブの着用、②損害賠償付きの自転車総合保険に予め各自で加入、③健康保険証を持参

【誓約書】 私は、試乗車の借用にあたり、上記を確認するとともに、走行中の安全面に十分注意を払い、万が一、死亡、負傷、その他の障害が生じた場合にも、補償については自己の責任においてこれを処理し、シクル・マーモットに対して責任を一切問わないことを誓います。

4.利用料金

(1) 江戸川河川敷でのご利用 (1時間程度)           1,500円(税込会員価格) 

(2)イベントやツーリングなどへの持ち出し(1~2日)     本車体は予定していませんがご相談ください。

※当店でサーベロをご購入(成約)頂いた方には、利用料金をキャッシュバックいたします。 

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今までと違った走りをリドレー「ヘリウムSL」で堪能してください!

2022年08月14日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

ロードバイクの油圧ブレーキ仕様が一般的になってからは、市場には、コンポやホイールが予めセットされた完成車ばかりになっていますが、やはり、ロードバイクの奥深さは、フレームから好みのパーツを組み合わせる”バラ完”であったり、フレームの乗せ換えだったり、ホイールやコンポなどのパーツ交換により、自分に合ったバイクに変えていくことにあると思います。

あと数年もすれば、リムブレーキ時代のように、また、バラ完やフレーム乗せ換えなどのニーズが再び高まってくるのではないかと思っていますが、各社が独自の規格を乱発し、選択肢が減ってしまわないことを願うばかり。。

本日、リドレー・ヘリウムSLのオーナーになって頂いたI様は、これまでクロモリフレームに乗られていたところ、今までとは趣向の異なるライドをされたいとのことで、今回、高剛性かつ超軽量のカーボンフレームに乗せ換えをされました!

平坦路でもヒルクライムでも、いつもとは違ったスピード感を楽しめるのではないかと思いますが、思わず踏み過ぎてしまわないよう、三船さんの教え!?を守って、ヘリウムSLとともに、快適なライドをお楽しみください!

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リドレー・ファングッズ第5弾のキャップが入荷!

2022年08月13日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

リドレ・ファングッズシリーズの第5弾、「クラシック スナップバック キャップ」が入荷しました!当店の入荷は2つのみ!

税込4,400円を10%OFFの3,960円にて!

 

下記の第1~4弾のグッズも、当店又は輸入代理店にまだ在庫があるかもなので、お気軽にお問い合わせください!

第1弾 Tシャツ

第2弾 ソックス

第3弾 サイクリングキャップ

第4弾 ハンドルバー用ドラムバッグ

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

店主のブルべ参加レポート

2022年08月13日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

<店主ブルべ参加レポート


○2019パリ~ブレスト~パリ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 最終話
 ☆まつどやさしい暮らしラボ記事掲載 ☆ラジオポアロ第362回収録

○2022ブルべ(BRM611甲斐300kmセンテニアル)の参加レポート

○2021ブルべ(BRM619もてぎクラシック600km)の参加レポート
○2020ブルべ(BRM1031ぐるっと安曇野600km)の参加レポート
○2020ブルべ(BRM919喜多方600km)の参加レポート
○2020ブルべ(BRM126真岡200km)の参加レポート

○2019ブルべ(BRM706ハート400km)の参加レポート
○2019ブルベ(BRM413西上州300km)の参加レポート
○2019ブルベ(BRM316チーバくん600km)の参加レポート(前半) (後半)
○2019ブルベ(BRM226ぐるっと沖縄400km)の参加レポート 
○2019ブルべ(BRM104三浦200km)の参加レポート
○2018ブルベ(BRM1005アタック鶴岡1000km)の参加レポート 1日目 2日目 3日目 使用機材等
○2018ブルベ(BRM818千葉バーニング山だらけ200km)の参加レポート
○2018ブルベ(BRM623ぐるっと富士山400km)の参加レポート
○2018ブルベ(BRM526興津クラシック600km)の ①参加レポート  ②使用機材レポート
○2018ブルべ(BRM414もてぎ300の①参加レポート ②ブルべ対策パーツ ③雨・風対策用品

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本格シクロレーサーへの道はリドレー「X-Night」で!

2022年08月12日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

シクロクロス大国ベルギーのブランド「リドレー(RIDLEY)」は、ロードばかりではなく、やはり、シクロクロスバイク抜きには語れません!シクロクロスバイクに初めてカーボンフレームを導入し、これまで数々の世界チャンピオンを生み出してきた中で、あのファンアールトも、リドレーX-Nightに乗ってU23の世界チャンピオンになったことがあるようです。

本日、X-NightのオーナーになられたS様も、間もなく始まるシクロクロスシーズンに備えて、早いうちから新しい機材を検討され、フレームはX-Nightのご予約を頂いてました。フレームはほぼ納期通りに入荷し、パーツも揃っていたので、無事、シーズン前に納車させて頂くことができました!

なお、シクロクロスではコースレイアウトやコンディションによってポジショニングも変わってくるため、ステムの上下調整や交換が必要になることが想定されますが、最新モデルでは、ケーブル類はハンドル・ステムまでフル内装仕様のため制約がかなりあります。このため、ステム下にケーブルを沿わせる「DEDA SUPERBOX」のステムを選択して頂きました。(※取付に際しての留意点が若干あります)

この他、敢えて油圧ブレーキではなく、グロータックのワイヤー式EQUALを採用して、細かな制動力調整が可能となっています。新たな機材でのシーズン入りが楽しみと思いますが、これまでのバイクとの違いが結構あると思うので、マッドコンディションも想定した練習を十分に積んでください!何回もの洗車に耐えうる対策は施してありますので~

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

105グレードのカーボンホイール入荷!

2022年08月11日 | 1. 店舗インフォメーション

105グレードで初のカーボンホイールが発売になりました!

当店に本日入荷したのはハイト高めのC46です。エアロ効果の高い46mmというリム高にもかかわらず、重量はカタログ値で1,612g。値段は、当店会員価格で117、770円(税込)です!!

なお、チューブレス対応でリム幅が19mmあり、また、スポークが折れても汎用スポークでもすぐ直せるので、シクロクロス用としても良さそうです!

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チャレンジ渋川往復(第360回)走行会お疲れさまでした!

2022年08月08日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

今年のチャレンジ走行会は、利根川自転車道終点のある群馬県渋川市まで行って帰ってくるというものでしたが、かなり暑かったり、天気が不安定だったりと、なかなかチャレンジに踏み切れなかった方も多かったと思います。

そんな中でも、チャレンジしたと報告のあった方は、自分を含め6名で、一人は途中で引き返してDNF。終点まで行かれた方のうち、2人は伊香保温泉経由のコースで榛名山へ、1人は渋川から渋峠へ!

ただし、皆さん、帰路は輪行をされたということで、純粋なる往復完走者は0という結果でした。厳しい天候であったこと、堤防工事による迂回路が複雑で距離も長かったことなど、無理に走らず輪行を選択されたのは賢明だったと思います。

走行会案内やルートデータなどはこちら

下見情報(荒川&深谷経由)はこちら

 

 

↑ 利根川終点は、大正橋からさらに3キロほど先にあり、ちょっと分かりにくいので、あまり知られていないようです。でも、ちょうど修景工事が行われていたので、もしかしたらベンチとかトイレが出来て、少しはサイクリストが訪れる場所に生まれ変わるかも!

 

さて、来年のチャレンジ走行会は、来年は、利根川の反対側の終点(始点?)となる、銚子・犬吠埼往復の予定です!

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロングライドを快適に!女性向けアンカーRL8DW+DTスイスP1800

2022年08月07日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

当店の「お渡しバイク」記事では、特に最近、ブリヂストン・アンカーが目立っています!オーダーを受けてから上尾工場で塗装を行い、パーツをアッセンブルすることから、フレームやパーツを揃えて一気に組立&箱詰作業を行う海外ブランドの工場出荷品より、パーツ不足の状況下でも融通が利きやすい生産体制が有利に働いたと思われます。

しかし、ここにきて、さすがのブリヂストンも、特にシマノのパーツ不足により受注停止品が多くなっており、2023年モデルからの立て直しを期待するしかない状況です。

そんな中で、本日お渡しバイク記事にさせて頂くのは、オーナーI様のアンカー「RL8DW」です!ロングライドを快適に楽しむことをコンセプトに作られた女性向けのカーボンバイクで、ハンドルやサドルは女性向けのものが用意され、また、STIレバーも手の小さな方がレバー操作しやすいタイプのものが付いています。さらに、オプションとなるDTスイスの軽量ホイールをお選び頂きました!

コロナがまた流行りだしたタイミングでの納車となりましたが、人込みを避けて外出したくなったらサイクリングが一番!ということで、暑い日中を避けて、まずは江戸川サイクリングロードで走りに慣れて頂き、そして次は是非、走行会にご参加ください!

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新製品のビットリアタイヤ「コルサ・ネクスト」を使ってみました!

2022年08月05日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

ビットリアのレーシング用タイヤ「コルサ」と、ツーリングやトレーニング向けタイヤ「ルビノプロ」の間に位置付けられるモデルとして、この度、「コルサ・ネクスト(N.EXT)」が新たなカテゴリーとして新発売されました!!只今、チューブレスレディ、クリンチャーの両モデル各サイズが入荷しています!

「コルサ・ネクスト」は、タイヤを形づくるケーシングが、コットンからナイロンに変更されるとともに製法も変わり、耐久性を向上させたニューモデルとなっています。この変更に適合するようにコンパウンドも見直され、サイド部分はコルサと同じ「グラフェン」を用いて高いグリップ力を維持する一方で、トップ部分は新たなコンパウンド「シリカ」により、転がり抵抗を抑えつつ耐摩耗性を向上させたとのことです。

←榛名湖のブラックスワンに焦点が合ってしまった。。

これまで、「ルビノプロ」でパリ~ブレスト~パリをパンク無しで走るなど、自分はすっかり「ルビノプロ」派であったのですが、「コルサ・ネクスト」が「ルビノプロ」に比べて、重量は14%減、転がり性能は20%アップ、対パンク性が9%向上していると聞き、ちょっと心が揺り動かされています~

そこで、当店の走行会企画「チャレンジ渋川(+榛名山)」は絶好の試乗チャンスと思い、松戸から渋川まで、荒川と利根川CRを利用して平坦路を約170km。その後、渋川から伊香保温泉経由で榛名山に登り、ダウンヒルは、榛名山-箕郷線で一気に前橋駅まで下ってみました(約50km)。走行レポートはこちら。

転がり抵抗は、新品タイヤであることを差し引いても、「確かに軽いな♪」というのは感じられ、また路面との接触音も静かでした。これは「ルビノプロ」とは、コンパウンド&トレッド面が異なっているのは明らかで、あとは耐パンク性が高ければ(今のところ無し!)、もう「ネクスト」派になるのは時間の問題かもしれません!

山岳地帯(榛名山)では、登りでは暑さに負けてパワーが出ず、インプレに全くならず。。下りは、数日前の大雨により大型車が通行止めとなるくらいに荒れた路面でしたが、予定していた電車に乗るべく少し急いで下ったものの、グリップ性能に対する信頼性は高く、横滑りなどの危ない場面はありませんでした。

今度は、荷物をある程度積んだブルべでのインプレをしてみたいと思いますが、次の参加は、8月の八幡平400kmの予定がDNSになりそうで、「コルサ・ネクスト」には過酷なインプレになりますが、9月に石和温泉を出発しビワイチして戻ってくる1000kmブルべで試してきます。

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チャレンジ走行会「渋川往復+榛名山」の下見情報です!

2022年08月04日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

現在、絶賛開催中(報告があったのはまだ3名ですが。。)の「チャレンジ渋川往復(+榛名山)」ですが、昨日、自分も3年ぶりに走ってきました!

暑さの厳しい地域を通りますが、昨日は北寄りの風で少し薄雲もあり、むしろ都心の方が暑かったかもです!??

↑ 渋川には利根川サイクリングロードの終点があり、また、今回は荒川サイクリングロードの終点を経由して渋沢栄一氏の生家に寄るなど、末端好きな方、歴史好きな方にもお勧めのコースです。なお、現在、大規模な堤防工事により、利根川は1か所、荒川は2か所、大きく迂回する箇所があり、思ったより時間を消費するのでご注意ください。

走行会案内とルートデータなどはこちらをクリックしてご覧ください。

↑ 荒川も上尾(榎本牧場辺り)から先は、道幅が細くなり、牧歌的なコースになります。なお、いくつかのサイクリングロードとの分岐点があるなどミスコースしやすい場所が多いので、GPS機器に予めルートデータを入れておくことがマストになります。

↑ 荒川CRの上流は補給ポイントが少ないので、ここの事務所内の売店は大変助かります(8:30開店)。4年前に比べパンや補給食が充実していて、あと自転車パーツも置いてありました。

↑ 荒川サイクリングロード(左岸)は、4年前に荒川を探索した時と変わらず、熊谷市街を少し過ぎたあたりでダート道になります。今回は、せっかくの新品タイヤだったこともあり、深谷市まで一般道で回避。

↑ 深谷駅前に渋沢栄一のからくり時計があるのですが、時報から1分間しか作動しないようで、今回はちょっとの差で見ることが出来ず。。(10時5分着)

↑ 今回のルート上には、渋沢栄一の生家に行く前に、従兄にあたる尾高惇忠の生家(尾高塾)の前を通ります。(無料で見学可能)

↑ ルート上から少しだけ外れますが、渋沢栄一記念館と生家(中の家)があります。なお、生家は現在改築中(耐震工事)のため入れませんでした。

↑ 深谷市内を北上すれば、どこからでも利根川サイクリングロードに入れます。夏の晴天時は暑さで非常に苦しめられるところになりますが、高崎市や前橋市に入ると木陰が多くなり、また、休憩所も多くて、すごくホっとします!なお、道幅の狭いブラインドカーブが多く、スピードは緩めにお願いします。

↑ 今回の走行会企画は、利根川サイクリングロードの終点まで行って往復するのがメイン目標ではありますが、余力のある方は、更に榛名山まで登ってみてください!もちろん、途中の伊香保温泉で1泊したり、輪行という手段で片道で帰るのもお勧めです。

↑ 私自身は、前回のチャレンジと同様に、榛名山に登ったあと前橋駅から輪行で帰った(走行距離220km)ので、まだ松戸⇔榛名山の往復チャレンジ(約350km)は達成していません。なお、このチャレンジには、ブルべなみに装備したバイクで、十分な計画を立てて挑まないと難しいかもしれません。

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロードバイクの直販は ”必要悪” であり、一般化したら…

2022年08月02日 | 1. 店舗インフォメーション

一般の自転車で普及している自転車の直販は、ペダルも付いた完全な状態で送られるものから、工場出荷段階の段ボールのまま送る業者までいろいろですが、最近、ロードバイクにも直販の波が押し寄せてきています。

最寄にロードバイクを取り扱っている店が無いという方や、自転車のメンテナンスに自信があって少しでも安く入手したいという方など、様々なニーズに応えられるものとして否定は出来ないのですが、最近は、大手の自転車通販や大型小売店が、ロードバイクの直販を利益性の高いビジネスモデルとして積極的に展開してきています。アメリカ系の大手ブランドも、キャニオンに続けとばかりに着々と布石を打っているようにも見えます。

「もし、何か問題があった場合は、提携しているショップや最寄りのショップに持ち込んでください。」というのが基本スタンスになっているようですが、製造・販売の過程が分からないバイクの不具合の原因を特定して修理をするのは、自店で整備・販売したものに比べて難しい場合が多く、コストも2~3倍以上はかかる可能性が高いです。

そもそも、初めてロードに乗られる方だと、何が問題なのか分からないまま乗り続けて、その結果、大きな破損があって初めて製品の欠陥や整備不良、操作ミスなどがあったと認識することになるかもしれません。

実は、ちょうどこれから、ブリヂストンのカーボンフレームをメーカー保証で交換するための作業に入るのですが(BSは当店では初めてのケース)、工業製品、とくにカーボン製品となると、何らかの小さな不良が大きな破損、そして事故につながることもあり、販売店はその点を見抜き、適切な対処を行うべくメーカーにつなぐ役割を果たします。しかし、直販だと、ユーザーが直接メーカーと交渉することになり、メーカー相手に製造物責任を追及することは難しいと思われます。(メーカーの真の狙いはここなのか・・・)

また、ハード面のみならず、適正なサイズとポジショニング、パーツの操作やメンテナンスの仕方、そして安全な乗車方法に至るまで、これらのソフト面はバイクの販売と同時に行われる必要がありますが、これらを抜きにロードバイクを入手しても、きっと長続きすることなく、ロードバイクの良さを理解する前に、すぐに飽きて乗らなくなる人が続出しそうです。

今、スポーツバイク販売店も、その果たすべき役割を変えていかねばならないと言われていて、でも、本当に「変えることが必要なのか」という気もしていて、毎日、堤防上を走っている人たちを眺めながら、これからも考えていきたいと思っています。

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする