シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

BASSOの2019年モデル展示会情報!

2018年09月20日 | 4. 最新情報!!

昨日、東京・浅草で開催されたBASSOのニューモデル展示会情報をお届けします!

BASSO ⇒ http://www.job-cycles.com/basso/index.html

当店は、千葉県で2店舗しかないBASSOのプレミアムディーラーとして、試乗車(現在販売直後につき無し)や試乗会の準備なども行っておりますところ、イタリアの名門ブランド「バッソ(BASSO)」にご興味のある方は、是非、一度ご来店下さい!

↑ 最上位モデルの「ディアマンテ(DIAMANTE) SV」の弟分「ディアマンテ(DIAMANTE)」がモデルチェンジされています。まず、ヘッドパーツがエアロ効果はそのままに簡素化された点と、28Cタイヤのクリアランスを図りつつネジレ剛性が高められたとのことです。また、ディスクブレーキ仕様が追加になりました。生産は、イタリア国内のオートクレーブ窯が使用されています!

↑ ミドルグレードの「アストラ(ASTRA)」もMade in ITALY で、上位グレード譲りの製法により生み出されています。2019年モデルのカラーリングは、マット塗装なのに艶のある、落ち着いた大人っぽい感じです(Forest Green)。

↑ ベーシックグレードの「ベンタ(VENTA)」もカラーリングが一新されて、艶感のあるマットブルーが採用され、見た目は上位グレードと変わりません!ベンタは完成車もあって、ニュー105仕様で258,000円、アルテグラ仕様で298,000円の価格設定です。フレームセット単体での販売も可能で158,000円です(いずれも税抜)。

 

↑ BASSOブランドで初のグラベルバイクが登場。名前は「パルタ(PALTA)」。イタリア語(方言)で”ダート”を意味するそうです。42Cタイヤまで履ける遊び心満載のバイクで、フレームセットのみの販売ということで、パーツ選びから遊んでしまいましょう!

この他、クロモリやアルミフレームの完成車モデルがありますが、また、別の機会に紹介します。

ニューモデルのカタログが店内にありますので、興味のある方は是非ご覧下さい!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

バロックギヤの青色キャンペーンは9月30日までです!

2018年09月13日 | 4. 最新情報!!

登り坂でケイデンスが落ちにくく、ヒルクライム時の強い味方となる非円形ギヤ(バロックギヤ)に、限定のブルーカラーのキャンペーンが行われていて、期限は9月30日までとなっています。

通常のレッドはいつでも注文可能ですが、ブルーにされてみたい方は是非この機会に!

バロックギヤのラインナップはこちら⇒ http://smith.ne.jp/products_02_menu.html

バロックギヤの理論説明はこちら⇒ http://smith.ne.jp/products_02.html

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

New7000系105コンポ交換ご相談ください!

2018年09月11日 | 4. 最新情報!!

完成車メーカーでは2019モデルから既に取り付けられているシマノNew7000系105コンポですが、パーツ単位での取り寄せの場合は、特にクランクセットのデリバリーが遅れていたところ、最近ようやく行き渡るようになって、当店でも初の7000系コンポ乗せ換えのお渡しをさせて頂くことができました。

特に軽いギヤ比への交換を希望されている方で、SORAやTIAGRAからのアップグレードを考えられている方には絶好のチャンス到来です!

パーツ選定から工賃を含む総額などにつきまして、是非お気軽にご相談ください!(メールでもOKです。)

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

リドレー(RIDLEY)2019モデル展示会情報です!

2018年09月05日 | 4. 最新情報!!

ベルギーブランド「リドレー(RIDLEY)」のニューモデルについて、本日ようやく情報公開となり、今後、様々なメディアで取り上げられることと思いますが、今日はちょうど東京で展示会があったので、最新の情報をお届けします!

↑ 一番の目玉は、フラグシップモデルの「ノア(NOAH)」が「ノア・ファスト(NOAH FAST)」として、かつての究極エアロマシーンの名を蘇らせつつ、ケーブル類の全内装化など更なる究極化が図られたマシーンへと進化しています。

全て受注してからの本国発注という段取りになるようなので、納期は2カ月ぐらいです。現時点では、一体型ハンドルバー&ステムの幅は内内400mm、ステム長が100mmのみということですが、ショップとしてはポジションが出ないことには販売できないので、今後、選択肢を増やして欲しいと強く要望を入れておきました。

↑ ヘリウムは、再軽量の「SLX」が2019年モデルでは姿を消し、上の写真の「X」のみ(他にマッド・レッドあり)。最軽量モデルとしては、2018後期モデルとして発売されたばかりの「FENIX SLX DISC」の存在が大きく、山岳仕様=ヘリウムではもはや無くなりつつあるのかもしれません。

↑ ちなみに、2018年モデル「ヘリウムSLX」は、XSサイズの在庫が1本あります!

↑ 2019年モデルの一番の注目株は、グライペル用デザインが施された「FENIX SL DISC」かもしれません!!もう、どこのメーカーもDISCロードが一押しとなって、2~3年後にはノーマルブレーキ車の方が少なくなる勢いです。

「FENIX SL DISC」は、ディスクブレーキ用のフルクラムホイールが付いて一層カッコ良く、ロングライドに最適な、最もオススメなオールラウンド向けバイクと言えます!

↑ シクロクロス用フレームの「エックスナイト(X-NIGHT)」は、パワー伝達効率の向上と泥詰まり低減のための改良が図られるとともに、カラーデザインも一新されて再登場。

シクロクロスの会場では、とにかく、派手な個性的なカラーリングのバイクに乗って、本人のヤル気のみならず観客も喜ばせたいですよね!

↑ 2019年モデルから、フィットネス的な要素として「スポーツ」というカテゴリーが設けられ、アルミロードとクロスバイクがラインナップされました。当店ではまだ取り扱いが未定ですが、ご要望などございましたら、お気軽にご相談ください!

以上、リドレーの2019年モデルにつきましては、9月中にご予約を頂けましたら、お値引き等の特典があります。2019年モデルの納期は、最短のもので11月見込みとなっています。

価格や仕様詳細については、下記のメーカー(輸入代理店)のサイトをご覧ください。(2019モデル情報は間もなく更新されるとのことです。)

http://www.jpsg.co.jp/ridley/index.html

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

ROTORの新製品展示会&旧製品特価情報です!

2018年08月24日 | 4. 最新情報!!

シマノのようなメジャーメーカーとは一線を画して商品展開してきたローター(ROTOR)ですが、クランクはとうとう4アーム化されました!それでも独自性は貫かれていて、チェンリングとアームを一体構造にしたことで、軽量化(599g)と剛性の強化を同時に達成したとのことです。

さらに、より楕円の効果が出やすくなるように、ポジションが17段階にも調整できるようになった点と、変速のスムーズ性を大きく向上させるなど、これまでのROTORからさらに一歩進んだ完成度の高い商品となっています。

ラインナップは、超軽量の「アルデュー(ALDHU)」と、6082アルミ合金使用のセカンドグレード「ベガス(VEGAST)」の2種類で、チェンリングとアクスルは共通となっています。また、シマノの最新4アームにも対応した楕円リング(Qrings)もラインナップされています。

なお、楕円率(現行10%)は、より効果の高い12.5%に上がり、XL(16%)は廃止。

メーカーのHPはこちら ⇒ http://www.diatechproducts.com/rotor/index.html

↑ アクスルにスプライン(ギザギザ)を設けることで、大幅に細かく(17段階)OCPポジションを調整することが可能に。

↑ 歯先の形状も工夫されて、変速のスムーズさやチェーン落ちリスクをだいぶ減らしたとのことです。

↑ 油圧変速メカ「UNO」については、機会をみつけてまたご案内します!

 

【旧Qringsは全て20%OFF!】

さて、新製品の登場により旧製品となってしまった5アームですが、まだまだ、そのルックスの格好良さからしばらく人気は続きそうですが、当店の以下の在庫品に関しては、全て20%OFFにて販売しますので、探されている方は是非確保してください!!(価格は”税込”です!)

 

〇クランク

・3D24 110PCD 170mm      34,560円 ⇒ 27,648円

〇アウターチェンリング(Qrings)

・Qrings限定フラグ   52Tイタリア 及び 50Tフランス 110PCD  29,484円 ⇒ 23,587 

・QXLリング    52T 及び 52T(シマノ用) 110PCD         23,760円 ⇒ 19,008円

・Qrings    50T限定ブラック 及び 50Tレッド 110PCD       20,088円 ⇒ 16,070円 

・Qrings   53T 110PCD  及び 52T 130PCD                 20,088円 ⇒ 16,070円 

・Qrings   50T 110PCD  OCP3                                     19,008円 ⇒ 15,206円   

・Qrings   53T(シマノ用) 及び 52T(シマノ用) 110PCD          20,088円 ⇒ 16,070円   

〇インナーーチェンリング(Qrings)

・QXLリング    36T(シマノ用) 110PCD                   11,880円 ⇒ 9,504円

・Qrings       34Tレッド 110PCD                       10,152円 ⇒ 8,121円

・Qrings     39T 130PCD                                10,152円 ⇒ 8,121円

・Qrings   38T(シマノ用) 及び 36T(シマノ用) 110PCD           10,152円 ⇒ 8,121円

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

● 完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

● パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  

 

コメント

2019サーベロ展示会情報!

2018年08月23日 | 4. 最新情報!!

ロードやトライアスロン向けのハイパフォーマンスブランド「サーベロ(CERVELO)」は、イヤーモデルと言われるように決まったタイミングでリニューアルされることはないのですが、今回は、特に、新しく発表されて、手が届きやすくなった車種についてご紹介します!

↑まず、「R2」シリーズが、新型7000系の105仕様で、メーカー希望小売価格が5万円ダウンの32万円(税抜)となり、ぐっと手が届きやすくなりました!

カラーも2色展開になり、高い価格帯ゆえに遠ざかっていたユーザー層を意識してか、これで、もう少しサーベロユーザーが増えることが期待できそうです!

↑サーベロは来季のプロチームへのバイク供給を含め、ディスクブレーキ仕様車をかなり前面に押し出す方向にあるようで、市販車でその中心的な役割を果たしそうなのが「R3 DISC」シリーズ。

ブラックに加えて上の写真(新色オレンジ)の2色展開となり、さらに、フレームセット販売、アルテグラ(8020系)、アルテグラDi2(8070系)と、ラインナップを充実させています。

↑ 悪路を含むロングライド向けとされる「C」シリーズの中で、新型105のディスクブレーキ仕様車「C2 DISC 105 R7020」は38万円(税抜)の価格設定。

多くの日本のサイクリストが欲しがる車種ではないかということで、カラーも2色(上の写真の他、BLACK/Rivera(ブルー)あり)用意されています。

↑日本で既に50台以上は売れているらしいのですが、まだ一度も走っている姿を見たことがない「P5X」。江戸川CRで誰か乗られたい方はいないかな~

↑ トライアスロン向けバイクの中でもエアロ効果などで十分な戦闘力をもち、アイアンマン選手権などではとても高い使用率になっている「P3」。鮮やかなレッドとイエローの2色展開となって、更に人気が高まりそうです!

詳しいことは店頭にてお気軽にお尋ねください。宜しくお願いします!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  

コメント

2019ラピエール展示会情報!

2018年08月22日 | 4. 最新情報!!

今日は3会場で行われた新モデル展示会を廻ってきました。

まずは、当店の取扱いメインメーカーの1つであるフランスのブランド「ラピエール(LAPIERRE)」からご案内します!(後日、サーベロ、BH、ROTORなどについてお知らせします)

既にツール・ド・フランスで登場していたのが、山岳を含むオールラウンドモデルとしての位置づけとなる「新型ゼリウス(XELIUS)SL」ですが、独特なシートステイの形状はそのままに、ヘッドパーツやシートポストのクランプ部をエアコードのように空力が良くなるよう改良されています。なので、一見変わらないように見えるのですが、その他、プロ仕様のアルチメイトに関しては、カーボン積層を剛性バランスについて少し調整したとのことです。

ニューピノカラーは、ちょっと落ち着いたツートンカラーに。なお、トップチューブには、彼が勝利した峠の名前と標高が書かれています!この他、マットブラックにメタリックブルーのツートンデザインのカラーリングがあります。

エアロロードの「エアコードSL」に変更はなく、フレーム売りのアルチメイトのカラー展開は、ほぼ「ゼリウスSL・アルチメイト」と同じ。上のマットブラック/イエロ―は、アルテグラ完成車(AIRCODE SL 600)のカラーリングです。105完成車のカラーリングは、イエローの部分がレッドになります。

↑ ちなみに2018年モデルのメタリックブルーのトリコロールデザインは1年限り。当店に、サイズ48(TOP長535mm)の在庫が残ってます!

↑パリ~ルーベをはじめ、悪路をより速く走るために設計された「パルシウム(PULSIUM)」は世界的には需要の多い車種だそうです。

新型105でも価格据え置きの完成車「PULSIUM SL 500」はお勧めで、ブルベなどで林道を含む長距離コースに良さそうです!

↑ロングライド向けロングセラーバイク「センシウム(SENSIUM)」は、105又はティアグラの完成車仕様車のみのラインナップ

上の写真は105仕様車のSENSIUM 500。ベースカラーはブラックではなくDARK SLATEというややグレーが入ったカラーです。

↑ アルミロードの「アウダシオ(AUDACIO)」は、105仕様(175,000円)から、ティアグラ仕様、SORA仕様、クラリス仕様(100,000円)まで多彩です。

 

カラーリングや価格などについて、もっと詳しく知りたい方は、2019年モデル用カタログが店頭でご覧いただけますので、ご来店をお待ちしております!

※8月下旬は臨時休業が多くなってますので、ご来店までにHPの営業予定表などで確認くださるようお願いいたします。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  

 

 

コメント

フォンドリエスト&URSUSの2019年モデル情報!

2018年08月16日 | 4. 最新情報!!

展示会開催日から少し間が空いてしまいましたが、イタリアンブランド「フォンドリエスト(FONDRIEST)」と同じくイタリアのホイールブランド「ウルサス(URSUS)」のニューモデルについてご案内します!

←トップグレードについてはMade in Italyを貫き、下位グレードについても独自の設計理論で確固たる地位を築いてきた、かつての名選手マウリツィオ・フォンドリエストが創業したブランドも、いち早くディスクロードに傾注しているようです!

エアロロードをベースに改良された「ダルド(DARDO)DB」は、レース向け機材にディスクブレーキを搭載した本格的な戦うためのマシーンとして仕上げられています。カラーは写真のホワイトの他に、マットブラック/ビビットレッドの2色となっています。

価格は、105油圧システムにVISIONホイールで、税抜378,000円。(アルテ油圧は488,000円)

←「ダルド」には、もちろんノマールブレーキタイプも用意され、写真のビビットレッドの他、マットシャイニーブラックとビビットグリーンの3色展開。メーカー希望小売価格は、新型7000系105でも不変の298,000円(税抜)。アルテグラ仕様は368,000円(税抜)。

←ディスクブレーキ仕様車でも、ツーリング向けカテゴリーとして位置付られたのが「ダガ(DAGA)」です。TOPチューブとシートステイの独特な形状は、振動吸収性を高めるとともに、フレーム剛性を強くする設計のように見えます。

価格は、新型7000系油圧システム搭載で298,000円(税抜)です。写真の展示車はまだ旧型油圧システムが付いています。

←「ウイリエールーセライタリア」や「CCC」などのプロチームが使用し、ジロ・デ・イタリアでお目見えした「ウルサスT37EVO」が発売されます!

約40mmハイトで前後1,250g(チュブラー仕様)の軽さは、特にヒルクライムで優位性は抜群。新型R40ハブは、最新鋭のCNCマシーンを使用して回転性能をアップさせたようです。カラーは、写真のダークの他、ウルサスお馴染の、蛍光イエロー又はオレンジがラインナップされます。

メーカー希望小売価格は198,000円(税抜)で、セラミックベアリングにするとプラス50,000円(税抜)。

←スポークはテンションを高めても折れにくいストレートプルタイプ。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

千葉の山どころ満載「ブルベ818千葉200kmバーニング山だらけ」山間部の下見情報

2018年08月08日 | 4. 最新情報!!

昨日は、AJ千葉主催のブルベ「BRM818千葉200kmバーニング山だらけ」の試走(山間部の約100kmのみ)に行ってきました。個人的には、このブルベでSR認定がかかっているので、どうしても完走したいという思いと、最近走り込めていなかったので、下見走は不可欠と思い、台風の接近が遅れることを祈りつつ、雨を覚悟で走ってきました。

ブルベでは一番距離の短い200kmながら、獲得標高が3,500m以上あり、また、下りも路面の荒れた林道が多くスピードが出せないことから、時間制限(13時間30分(平均15km))の壁との戦いになりそうです。このため、難易度5段階で6という評価付けで、現在68人がエントリー(シクル・マーモットブルベ班からは、Hさんと私の2名)しているようです。

コース(ルートラボ)はこちらです。(実際は一部変更有)⇒ https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=10deb9ea8415872b71d3445f6481fddd

既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、半分は千葉県サイクリング協会主催の「清和の森サイクリング」のコースに近く、これに、いくつかの林道コースが加わっているイメージです。

←昨日の下見は亀山湖をベースにしたので、まずは三石山へ。実際には大福山を登った後の次の峠になります。距離は3kmほどですが、勾配のきつい所があるので、後半に備えてあまりここで脚を使わないようにしたいところ。峠の上に公衆トイレあり。

←三石山の下りは、無くなっていたグレーチングが嵌められていて一安心するも、水流で動いてしまったのか、隙間が空いているので要注意。そして、この日も鹿に遭遇!

←交通量とトンネルの多い房総スカイラインを走った後、マザー牧場のある鹿野山へ。中間点(約4km)の九十九谷展望公園はトイレもあって定番の休憩場所。

←指定フォトチェック場所となっているうちの一つ。当日は、自転車とともに撮る必要あり!

←PC2となっているセブンイレブン富津更和店。コースは店の裏側から入る設定。出発は道路標識のとおり鴨川に向かって走り始めます。

←かつて棚田オーナーになったこともあり思い出が残る大山千枚田。ここから愛宕山への急坂が始まります。

←愛宕山から下山したところに「通過チェック(有人)」があるようなので要注意。ここから嶺岡林道に入ります。

 

←以前、走行会でも企画したことのあるコースですが、路面が当時より悪化しているようで、舗装(コンクリート)の継ぎ目が大きく割れていたり、溝の蓋がない所が3ヶ所(1ヶ所は登りですが全く無いところも)あり、決して落車しないように。。

←尾根上を走る嶺岡林道からは、時折すばらしい景色が見られます。 しかしブルベ中は、後続車に要注意!あと、鴨川近くになるとペンション街の中を通りますが、歩行者が多いので、先を急ぎたいところではありますが、要減速です。

←鴨川の街やシーワールドを通り越し、天津小湊(あまつこみなと)にあるPC3へ向かいますが、その手前に気軽にテラスで食べられる海鮮丼屋さんを発見。マグロともんごイカの漬け丼にハマグリの味噌汁を付けて税込750円!頑張れば当日も食べられるかも!?

←天津小湊から約10kmで300m登る内浦山県民の森や麻綿原に向かう林道コースは、木陰が多くてとってもお気に入りのコース。でも、天気のいい日は車がよく通るので要注意。

←そして下りは結構荒れていて、すでに路肩が崩れかかっているところも。。今度の台風の影響が出ないことを祈るばかりです。

←案の定、下山中に後輪がパンク。ウエットコンディションでのグリップ性能と耐パンク性能の高いピレリ「VELO 4S 25C」だったので、何とかスローパンクで済んだのかもですが。

そして、雨の中、パンク修理をしていたら、ランドヌーズの方から「大丈夫ですか?」と優しく声をかけて頂きました。山だらけの翌日に開催されるブルベ「ぐるっと房総400km」に参加されるそうで、こんな日に走っているのはやはりブルベ人ぐらいでした!

 

さて、来週の火曜か水曜に、前半&終盤コースの下見をするかもですが、いずれにせよ、台風13号の影響が最小限で済むことを祈りましょう!!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

コメント (1)

ウイリエール(WILIER)2019モデル展示会情報!

2018年08月01日 | 4. 最新情報!!

今日は、いくつかのイタリアンブランドの展示会があり、まずは、創業110年の老舗「ウィリエール(WILIER)」の2019年モデルラインナップのうち、ニューモデルを紹介します。

まず最初に、既にお問い合わせをいくつか頂いている「GTR TEAM」から。

レース機材として開発されながら高い快適性を備えたロングライド向けバイクです。2018年モデルとしてはマットブラック1色だけでしたが、2019年モデルでは、そのマットブラックを含め4カラー展開となり、待望のホワイト、レッド、マットブラック/シルバーとなりました。価格設定は、新型105モデルで5,000円アップの270,000円(税抜)です。(納期8月) ディスクブレーキ仕様もあります。

次に、先のツール・ド・フランスで話題になった、チーム・ディレクトエナジーが乗ったイエローの「チェント10(ディエチ)PRO」。昨年の「チェント10AIR」からさらに剛性を高めたモデルで、ブレーキは前後ともダイレクトマウント仕様です。シフトワイヤーや電動変速用コードがハンドル及びステム内を通るのでエアロ効果は抜群です。

「チェント10(ディエチ)AIR」は、「チェント10(ディエチ)ELITE」という名前に変わっただけで、カラーラインナップも同じ。しかし!フレーム価格が何と10万円値下げの400,000円(税抜、ステム一体型ハンドル付き)に!!

一番手頃なエアロバイクだった「チェントウノエアー46」は、「チェントウノNDR」となり、一番の特色は、別売のスルーアクスルキットを使うと、キャリパーブレーキからディスクブレーキに変更できる点です。また、フレームのみの販売が可能になりました。

新しくラインナップされたTTバイク(TURBINE(ターバイン))は、Di2専用のディスクブレーキ仕様です。

この他のラインナップは、是非、店頭にある新しいカタログ(閲覧用のみ)をご覧ください。

8月12日(日)までにご成約頂いた場合は、大きな特典をご用意いたします!!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント