シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

千葉県松戸市のロードバイク専門ショップ~江戸川サイクリングロードのすぐ脇!松戸駅西口からも600m

チャレンジ走行会「渋川往復+榛名山」の下見情報です!

2022年08月04日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

現在、絶賛開催中(報告があったのはまだ3名ですが。。)の「チャレンジ渋川往復(+榛名山)」ですが、昨日、自分も3年ぶりに走ってきました!

暑さの厳しい地域を通りますが、昨日は北寄りの風で少し薄雲もあり、むしろ都心の方が暑かったかもです!??

↑ 渋川には利根川サイクリングロードの終点があり、また、今回は荒川サイクリングロードの終点を経由して渋沢栄一氏の生家に寄るなど、末端好きな方、歴史好きな方にもお勧めのコースです。なお、現在、大規模な堤防工事により、利根川は1か所、荒川は2か所、大きく迂回する箇所があり、思ったより時間を消費するのでご注意ください。

走行会案内とルートデータなどはこちらをクリックしてご覧ください。

↑ 荒川も上尾(榎本牧場辺り)から先は、道幅が細くなり、牧歌的なコースになります。なお、いくつかのサイクリングロードとの分岐点があるなどミスコースしやすい場所が多いので、GPS機器に予めルートデータを入れておくことがマストになります。

↑ 荒川CRの上流は補給ポイントが少ないので、ここの事務所内の売店は大変助かります(8:30開店)。4年前に比べパンや補給食が充実していて、あと自転車パーツも置いてありました。

↑ 荒川サイクリングロード(左岸)は、4年前に荒川を探索した時と変わらず、熊谷市街を少し過ぎたあたりでダート道になります。今回は、せっかくの新品タイヤだったこともあり、深谷市まで一般道で回避。

↑ 深谷駅前に渋沢栄一のからくり時計があるのですが、時報から1分間しか作動しないようで、今回はちょっとの差で見ることが出来ず。。(10時5分着)

↑ 今回のルート上には、渋沢栄一の生家に行く前に、従兄にあたる尾高惇忠の生家(尾高塾)の前を通ります。(無料で見学可能)

↑ ルート上から少しだけ外れますが、渋沢栄一記念館と生家(中の家)があります。なお、生家は現在改築中(耐震工事)のため入れませんでした。

↑ 深谷市内を北上すれば、どこからでも利根川サイクリングロードに入れます。夏の晴天時は暑さで非常に苦しめられるところになりますが、高崎市や前橋市に入ると木陰が多くなり、また、休憩所も多くて、すごくホっとします!なお、道幅の狭いブラインドカーブが多く、スピードは緩めにお願いします。

↑ 今回の走行会企画は、利根川サイクリングロードの終点まで行って往復するのがメイン目標ではありますが、余力のある方は、更に榛名山まで登ってみてください!もちろん、途中の伊香保温泉で1泊したり、輪行という手段で片道で帰るのもお勧めです。

↑ 私自身は、前回のチャレンジと同様に、榛名山に登ったあと前橋駅から輪行で帰った(走行距離220km)ので、まだ松戸⇔榛名山の往復チャレンジ(約350km)は達成していません。なお、このチャレンジには、ブルべなみに装備したバイクで、十分な計画を立てて挑まないと難しいかもしれません。

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする