シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

千葉県松戸市のロードバイク専門ショップ~江戸川サイクリングロードのすぐ脇!松戸駅西口からも600m

新製品のビットリアタイヤ「コルサ・ネクスト」を使ってみました!

2022年08月05日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

ビットリアのレーシング用タイヤ「コルサ」と、ツーリングやトレーニング向けタイヤ「ルビノプロ」の間に位置付けられるモデルとして、この度、「コルサ・ネクスト(N.EXT)」が新たなカテゴリーとして新発売されました!!只今、チューブレスレディ、クリンチャーの両モデル各サイズが入荷しています!

「コルサ・ネクスト」は、タイヤを形づくるケーシングが、コットンからナイロンに変更されるとともに製法も変わり、耐久性を向上させたニューモデルとなっています。この変更に適合するようにコンパウンドも見直され、サイド部分はコルサと同じ「グラフェン」を用いて高いグリップ力を維持する一方で、トップ部分は新たなコンパウンド「シリカ」により、転がり抵抗を抑えつつ耐摩耗性を向上させたとのことです。

←榛名湖のブラックスワンに焦点が合ってしまった。。

これまで、「ルビノプロ」でパリ~ブレスト~パリをパンク無しで走るなど、自分はすっかり「ルビノプロ」派であったのですが、「コルサ・ネクスト」が「ルビノプロ」に比べて、重量は14%減、転がり性能は20%アップ、対パンク性が9%向上していると聞き、ちょっと心が揺り動かされています~

そこで、当店の走行会企画「チャレンジ渋川(+榛名山)」は絶好の試乗チャンスと思い、松戸から渋川まで、荒川と利根川CRを利用して平坦路を約170km。その後、渋川から伊香保温泉経由で榛名山に登り、ダウンヒルは、榛名山-箕郷線で一気に前橋駅まで下ってみました(約50km)。走行レポートはこちら。

転がり抵抗は、新品タイヤであることを差し引いても、「確かに軽いな♪」というのは感じられ、また路面との接触音も静かでした。これは「ルビノプロ」とは、コンパウンド&トレッド面が異なっているのは明らかで、あとは耐パンク性が高ければ(今のところ無し!)、もう「ネクスト」派になるのは時間の問題かもしれません!

山岳地帯(榛名山)では、登りでは暑さに負けてパワーが出ず、インプレに全くならず。。下りは、数日前の大雨により大型車が通行止めとなるくらいに荒れた路面でしたが、予定していた電車に乗るべく少し急いで下ったものの、グリップ性能に対する信頼性は高く、横滑りなどの危ない場面はありませんでした。

今度は、荷物をある程度積んだブルべでのインプレをしてみたいと思いますが、次の参加は、8月の八幡平400kmの予定がDNSになりそうで、「コルサ・ネクスト」には過酷なインプレになりますが、9月に石和温泉を出発しビワイチして戻ってくる1000kmブルべで試してきます。

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする