シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

ブルベ(BRM316チーバくん600km)参加レポート後半

2019年03月25日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

3月16~17日に開催されたAJ千葉主催「BRM316ぐるっとチーバくん600km」の参加レポートの後半です!

前半はこちらをご覧ください ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/c2c49355612eec65813d06f64adfef07 

霞ヶ浦近くのPC6(セブンイレブン稲敷高田店(272km地点))に着いたのは大体21:00頃で、マージンは3時間弱。

ここから20キロほど先の佐原にあるビジネスホテルの部屋に辿りついたのは23:00頃で、まずはカップ麺を食べつつ湯船にお湯をため、身体じゅうの解凍作業に専念。そして、送っておいた小包を開けて、着替えを済ませる。生きかえった心地で早く寝たいところだが、明日(3時間後)の出発準備だけはしておく。そして、スマホが無いのでホテルのモーニングコールに全てを託す。

約2時間半寝て、ホテルを出発したのは3:00過ぎ。一旦外れたブルベコースまで戻るのに3kmぐらいあり、ここの時点でのマージンはマイナス2時間ぐらい。現時点で恐らく一番最後になってしまったかもしれないけど、それでも、十分に身体を温め直して2時間半熟睡できたのは大きなアドバンテージのはず!ということで、焦らず、淡々と犬吠崎までの真っ暗な利根川の土手沿いの道をひたすら走る。


【犬吠崎(通過チェックポイント1)343km地点~勝浦(同2)439km地点~館山(PC7)524km地点】

誰にも会うことなく、ちょっと人恋しくなってきた頃に犬吠崎に到着。通過チェックポイントとなるセブンイレブンに、この辺りで仮眠をとったと思われる参加者が結構いて、少しホッとする。

そして、こんな明け方にT夫妻が応援に来てくれていて、ますます心強くなってきました!マーモット・ブルベ班のHさんとKさんも少し前に出発したばかりということを聞いて、なんか安心してしまって、ゆっくり朝食をとることに。

勝浦までは、途中20%ぐらいの激坂があったような気がしましたが(夢?)、基本的には九十九里沿いの平坦路。途中、海鮮を売り物にした食事処の看板が多く、いちいちすごく気になるものの、殆どまだ準備中。常に腹ペコな気分に。。

片貝海岸では、バンクシー作と言われている壁画を見たかったが、時間的な余裕は無く、またスマホで写真が撮れないので残念ながらパス。


【勝浦(通過チェックポイント2)~館山(PC7)524km地点】

勝浦の通過チェックポイントでマージンがプラマイゼロとなり、あと残り160kmを新たな気持ちで再スタート。

ところが、鴨川の手前で側道に入るべきところを本線に行きかけ、キューシートを確認していたらキャッツアイ(路上に設置してある反射板)に乗り上げてしまい前輪がパンク。前輪はUST(チューブレス)だったので、空気を再度入れれば復活するかと思いきや、どうしても1気圧ぐらいまで下がってしまう。どうもリムが変形してしまったらしい。このため、チューブレス用バルブを抜いて、チューブを入れて修理は完了。

そして、出発しようとした矢先に、後輪がスローパンクしていることに気付く。これもキャッツアイのせいなのか??タイヤやチューブをみても原因がみつからず、取り敢えずチューブ交換。これで、予備チューブは残り1つ。Co2ボンベは3つ使い果たしてしまった。。

さて、ようやく再々スタートを切り、館山までに少しでも多くのマージンを得るべく、ちょっと本気モードでペダルを漕ぐことに。

すると、上手い具合に試練を与えてくださる神様がいて、房総半島の南端に行くにつれてお見事な向かい風。実は登り坂に比べたら向かい風の方が好きなのだが、半島を回って進行方向が変わっても常に向かい風というのはどういうことか・・・、ちょっとイライラしてしまう。

ずっと下ハンを握っていたこともあり、館山に着いた時には、30分だけのマージンと引き換えに、腰とお尻の筋肉は完全に売り切れ状態に。

<コースマップ(稲敷~館山(シン3作成))> https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=3ce1a776fafb83f32f4aea5ea3fefeab

←パンクのせいで遅くなったと言い訳している図

【館山(PC7)524km地点~袖ヶ浦海浜公園604km地点】

PC7では、スタート時に見送ってくれたAJスタッフのKさんにちょっと心配されながら待ち受けて頂き、「マーモットのHさんとKさんが待ってますよ~」とのことで、イートインで再会!

ここまできたら、あとは落車などのトラブルだけには気を付けて、再び夜間走行の準備をして出発。佐久間ダムへの登りなど、今回のブルベで初めて峠道に差し掛かるが、すっかり暗くなったので、立ちゴケなど些細なミスはしないよう、慎重にラインを選んで進む。

<コースマップ(館山~袖ヶ浦(シン3作成))> https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=611b84e5948ab19df80dc73eb4c4d6bc

↑ 佐久間ダムでは、通過フォトチェック箇所があり、前のグループがいたからその場所が分かったものの、1人だけだったら通り越してしまったかも。

ここからは、長狭街道やもみじロードなど、昼間なら勝手知ったる道なのだが、夜だと全然どこを走っているのか分からず、ただただ、ガーミンに表示される目的地到着予想時刻が気になり始める。45分ぐらい余裕があるうちは良かったものの、30分を切った時にはさすがにちょっと焦りが。。

←PBPを一緒に走るメンバーと同時ゴール!

上総湊近くの海岸線に出てからは、今度は信号が多くなりマージンは減る一方。15分を切るまでは焦るのはやめようと思いつつ、何とか、制限時間の15分前(21:45)にゴールの袖ヶ浦海浜公園に到着。

夜になると再び冷え込みが厳しくなり、こんな寒い中、ゴール受付をしてくださるスタッフの方々に本当に感謝です!

600kmになるといろんな事がありますが、無事に戻ってこれたことに感謝。そして、帰宅するまでがブルベと言われますが、帰りの運転もやはり眠気に襲われ、幕張SAで約3時間仮眠したあと、家には3時頃到着しました。

今回、スマホを無くしたことで余計に心配をかけてしまい申し訳ありませんでした。現地やSNSなどで応援してくれた方々に、改めて御礼申し上げます。


 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 基本乗車練習会(第291回走行... | トップ | 第292回走行会(道の駅「庄和... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トダ)
2019-03-25 22:23:57
ゴールをしたのは知ってましたが、内容を知るとハラハラドキドキしますねー!!しかもパリブレストがかかっているとなったらプレッシャーも大きいはず!!本当におめでとうございます!!そして、お疲れ様でした!!600キロ凄いです!!(>_<)
Unknown (シクル・マーモット)
2019-03-26 18:19:11
トダさん、コメント有難うございます!
ブルベとプライベートライドとの大きな違いは時間の制約があることで、でも、その成約があるからこそ、いろいろ工夫することもあり、そこに魅力の一つがあるのかもしれません。そのうち是非~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。