シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

ラ・マーモット出場記⑫(最後のラルプデュエズの登り)

2010年07月30日 | 8. 2010 ラ・マーモット出場記

ラルプデュエズの麓の町「ブルドゥワザン」にある補給ポイントまでは、途中、若干の登りはあるものの、丁度良い速さのプロトンに乗って、無事到着。お腹も持ち堪えました。。しかし、ラルプデュエズのレストランに夕食の予約をしていた時間まであと30分しかなく、妻に怒られるのは必至・・・・急がねば。。。

Bourgdoisens ここの補給所では、コカコーラや擦りリンゴの飲み物もあって、これで硬いフランスパンも噛みやすくなったし、やっぱりちょっと時間をかけて十分な補給を摂ることにしました。

とにかく、あとゴールまではたった13キロ。マルコ・パンターニのようにここを37分で登れれば夕食時間に間に合うのだが、標高差は1140m・・・・

Overstims ここで、最終兵器の登場です!!テレグラフ峠とガリビエ峠で飲んだ「トップテン」は秘密兵器とも言うべき、ライバルや仲間に見つからないようにこっそり飲むものですが、この最終兵器「オーバースティム」は、これで勝負は決まったよとばかり、わざとライバルに見えるように飲むものらしい(?)です。実際、優勝を争う選手達がゴール勝負に入る前に口にしている(レッドトニックの方)のをみかけます。もちろん、ドーピング上は問題ないようです。

さて、最後の13キロに挑むべく軽やかに走り始めたのもつかの間、ラルプデュエズは最初のカーブから勾配が10%を越えるため、すぐにスピードダウン。あとは、写真を撮る元気もなく、ただひたすら、34×27Tをくるくると・・・じゃなくて、このギヤ比でも全然苦しくてひたすら踏むしかなく、BCAA切れなのか太ももの筋肉がつり出す始末。。

Marcopantani ところでラルプデュエズには21のカーブがあって、カーブごとにラルプデュエズの頂上ゴールを制した優勝者の名前が刻まれているのですが、頂上近くの第2カーブに、パンターニ選手の名前が刻まれた看板があります。ここのは特別な看板で、彼が1997年にコースレコード(37分35秒)を打ち立てた時のものです。あのランス・アームストロング選手でさえ、タイムトライアルだったにもかかわらず、この記録を塗り替えることが出来なかったのです。

パンターニのカーブを再出発してから、あとはよれよれになりながら、かなり冷え込んできたゴール地点にようやく到着。走行時間は12時間15分。今回が4回目ながら、寒暖の差が激しかったため、自己のワースト2位の記録となってしまいました。

来年は、もっと楽しく走れるよう、もうちょっとヒルクライムの練習をしてから参加したいと思っています!

もし、「ラ・マーモット」に出場したいという方がいらっしゃいましたら、もう今から準備しましょう!そして、少しでも多くの方が参加できるよう、ツアーの催行は出来ませんが、何らかのお力になれたらと思っていますので、ご質問などありましたら、お気軽にお尋ねください。

大変長い出場記となってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!

Lalpedhuez

(最後の写真は、翌日のラルプデュエズのメインストリート)











↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (8)

パワーバーの特製タオルをプレゼント!!

2010年07月30日 | 1. 店舗インフォメーション

Powerbartowel 走行会などの際に、また、「ラ・マーモット」出場記の中で、サイクリストにとって携帯補給食はいかに重要であるか、ちょっとくどいくらい説明させていただいてますが、

すばやくエネルギーを補給するための定番アイテム「パワーバー」はもう試されましたか?

本日より、パワーバー、パワージェル、フラスクの中から合わせて5個以上ご購入頂いた方に、パワーバーオリジナルタオルをプレゼントいたします!この機会に是非、補給食をお試しください!

なお、タオルの数に限りがございますので、是非お早めに!!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント

工賃を改定いたしました。

2010年07月30日 | 1. 店舗インフォメーション

開店当初に設定させて頂いた工賃を改定いたしました。一覧表は、下記の当店HPの「工賃表」をクリックして頂くとご覧いただけます。

大きな料金の改定はございませんが、サービス業の労働対価(10分1,000円)というおおまかな目安を参考にしつつ、概ね作業所要時間15分当たり1,000円で計算させて頂いておりますこと、予めご了知頂けたら幸いです。

なお、工賃表にない作業や複数の作業を同時に行う場合など、ケースバイケースで作業前にお見積りさせて頂きますので、どうぞお気軽に具体的に相談頂ければと思います。

また、平日の工賃を20%OFFといたしましたので、平日にご来店が可能な方はこの割引制度をご利用ください!(1週間以内のお預かりであれば、平日持ち込み週末受け取り、又は、週末持ち込み平日受け取りも20%OFFとさせていただきます!)

もちろん、マーモット会員証を提示いただけたら更に5%OFF(カードご利用の場合は3%OFF)!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

<script type="text/javascript" src="http://blog.ocn.ne.jp/js/free_adsense.js"></script><script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"></script><script src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/test_domain.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><script language="JavaScript1.1" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-ntt-ocn-blogzine-m_js&amp;output=js&amp;lmt=1280471403&amp;num_ads=3&amp;ea=0&amp;oe=utf8&amp;flash=10.0.45.2&amp;hl=ja&amp;url=http%3A%2F%2Fcyclesmarmotte.blog.ocn.ne.jp%2Fblog%2F&amp;adsafe=high&amp;dt=1280471403506&amp;shv=r20100721&amp;correlator=1280471403506&amp;frm=0&amp;adk=1681815754&amp;ga_vid=2009033432.1280471404&amp;ga_sid=1280471404&amp;ga_hid=789963849&amp;ga_fc=0&amp;u_tz=540&amp;u_his=37&amp;u_java=1&amp;u_h=900&amp;u_w=1600&amp;u_ah=860&amp;u_aw=1600&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;biw=1579&amp;bih=653&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=31"></script>

コメント

ラ・マーモット出場記⑪(ガリビエ峠からのダウンヒル)

2010年07月29日 | 8. 2010 ラ・マーモット出場記

Galibier5 壮大なアルプスのダウンヒルが大好きでこの大会に毎年出ている参加者も多いと思われるぐらい、ガリビエ峠からラルプデュエズの麓の町「ブルドゥワザン(Bourg d'oisans)」までは、45キロの道のりで約2,000mの下りが楽しめます!

Galibier6 しかし、今回は雨・風ともに強く、凍える手で、時には3本の指でレバーを引きながら慎重に下りました。ここにはガードレールはなく、もし前輪がパンクでもしたら谷底へ・・・。実際、ツール・ド・フランスで命を落とした選手もいます。

そして、落車したのか路上に倒れて動かない参加者が・・・・皆、フルブレーキングで急停止。やがて救急車が到着。大事に至らぬことを祈るばかりです。

Lautaret2 約600m下ったところにロゥタレ(Col du Lautaret)峠があり、とりあえずここで小休止。ここには、レストランや土産物屋、資料館、ハイキング道もあって、ちょっと寄り道をするには良いところですが、さすがに今日はそこまでは余裕がありません。(翌日、ドライブがてら再度訪れてみました。)

Lautaret1 ここからは国道を走ることになりますが、車の通行量が多いわりに道幅が狭く、路面は荒れていて、かつ暗いトンネルも多いので注意が必要です。前後のライトもここだけのために装備しました。

そして、運の悪いことに本格的なにわか雨が降り出して、身体が急激に冷え込み、ガリビエ峠に登る途中の給水所でもらった沢の水のせいもあり、ちょっとお腹があやしくなってきました。。

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント

高剛性フレームよりも適度にしなる方がいい!(グラファイトデザイン取扱い開始!)

2010年07月29日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Gdr 高剛性フレームはペダルの入力をそのまま推進力に変えるため、踏みだしも軽く加速がいい「踏んだ分だけ前に進む」との評価が一般的ですが、大きな反力が瞬間的に発生するので、ライダーに大きな負担を与えているかもしれません。

これに対し適度にしなるフレームは、その反力が一時的にためられ、次の入力(ペダルの踏み込み)に利用できるため、「踏んだ分以上に前に進む」という新たな発想が生まれています。

しかし、これは既に開発の歴史が古いクロモリ鋼フレームの特性に似ていて、これをカーボンフレームで再現したのが、ゴルフシャフトで有名な日本の「グラファイトデザイン社」が開発した、メテオランチとメテオスピードです。

昨年までチーム・アサダにフレームを供給して、新城、宮沢、清水、福島など日本のトップレーサーの戦績にも大いに貢献しました!

当店でも、グラファイトデザインのフレームとフォークの取り扱いを開始しました!現在のバイクからのフレーム乗せ換えなどなど、何でもお気軽にご相談ください!

詳細はこちらをご覧ください!↓

http://www.mizutanibike.co.jp/gdr/index.html

コメント

ウッズバルブでも高圧が入れられます!

2010年07月29日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Bulbcore 一般車に使われているウッズ(英式)バルブは、虫ゴムが使われているため、ゴムの劣化や空気を入れすぎた時などに破けて、空気がいっぺんに抜けてしまうなんて経験は誰にでもありますよね?

ウッズ式バルブは、小径車などにも使われていますが、ある程度タイヤの気圧を高く保ちたい時には、是非、虫ゴム不要の本製品をお使いください! 

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

<script type="text/javascript" src="http://blog.ocn.ne.jp/js/free_adsense.js"></script><script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"></script><script src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/test_domain.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><script language="JavaScript1.1" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-ntt-ocn-blogzine-m_js&amp;output=js&amp;lmt=1280379102&amp;num_ads=3&amp;ea=0&amp;oe=utf8&amp;flash=10.0.45.2&amp;hl=ja&amp;url=http%3A%2F%2Fcyclesmarmotte.blog.ocn.ne.jp%2Fblog%2F&amp;adsafe=high&amp;dt=1280379102403&amp;shv=r20100721&amp;correlator=1280379102403&amp;frm=0&amp;adk=2603939342&amp;ga_vid=2021265323.1280379102&amp;ga_sid=1280379102&amp;ga_hid=2051839167&amp;ga_fc=0&amp;u_tz=540&amp;u_his=42&amp;u_java=1&amp;u_h=900&amp;u_w=1600&amp;u_ah=860&amp;u_aw=1600&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;biw=1579&amp;bih=653&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=16"></script>

コメント

ラ・マーモット出場記⑩(ガリビエ峠)

2010年07月27日 | 8. 2010 ラ・マーモット出場記

テレグラフ峠を下り、スキーリゾート地でもあるヴァロワールの街を通過し、少し登ったところに補給地点があります。

しかし、食事はパン、チーズ、ハム、その他バナナ、オレンジ、プルーンなどしかなく、これだけではハンガーノックになることは必至です。

疲れた時にフランスパンのサンドイッチは噛むことさえ大変で、おにぎりがあったら言うことなしですが、そうも言ってられないので、必然的に用意したパワーバーが主なエネルギー源となります。

Galibier1 補給地点からは、フランスアルプス最大の難所「ガリビエ峠」までずっと登り坂が約16km続き、標高2,645mの頂上まで標高差1,200mを一気に登ります。

Galibier4 標高が上がるにつれて涼しくなってきて気持ちよいのですが、この日は早くも雷雲が発生し、冷たい下降気流の強風が一気に気温を下げて、山の天気の怖さを改めて感じさせられました。

Galibier2 ウインドブレーカーを持っていない参加者はひたすら寒さに耐えていた様子で、さらに雷鳴も近くなってきたので、みんな登りで辛いのに休むことなく先を急いでペダルをこぎ続けていました。

Galibier3_2 トンネルとの分岐点からは一層勾配が厳しくなり、プロレースでは余力のある選手がアタックをかける区間に入ります。

そして、ここら辺り一帯が、マーモット達の住みかとなっていて、時折鳴き声が聞こえます!

翌日、車で改めてガリビエ峠を登った時に、道路の脇にいたマーモットと遭遇!!もしかしたら参加者が落とした補給食の残りを食べていたのかも??

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (4)

MAVICキシリウムSR入荷!

2010年07月26日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Mavic_sr MAVIC新製品展示&説明会に出席してきた際に、本ブログに新製品情報として記載させて頂いた、MAVICのテクノロジーを集大成したといっても過言ではない「キシリウムSR」が入荷しました!

日本への先行入荷分のうちの1セットです!早くニューホイールをゲットしたい方、早い者勝ちです!

メーカー希望小売価格は、141,750円。当店の販売価格は、マーモット会員価格で???(ASK!)円です。お気軽にお尋ねください!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

<script type="text/javascript" src="http://blog.ocn.ne.jp/js/free_adsense.js"></script><script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"></script><script src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/test_domain.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><script language="JavaScript1.1" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-ntt-ocn-blogzine-m_js&amp;output=js&amp;lmt=1280290819&amp;num_ads=3&amp;ea=0&amp;oe=utf8&amp;flash=10.0.45.2&amp;hl=ja&amp;url=http%3A%2F%2Fcyclesmarmotte.blog.ocn.ne.jp%2Fblog%2F&amp;adsafe=high&amp;dt=1280290819594&amp;shv=r20100714&amp;correlator=1280290819594&amp;frm=0&amp;adk=2603939342&amp;ga_vid=307383014.1280290820&amp;ga_sid=1280290820&amp;ga_hid=1744547549&amp;ga_fc=0&amp;u_tz=540&amp;u_his=0&amp;u_java=1&amp;u_h=900&amp;u_w=1600&amp;u_ah=860&amp;u_aw=1600&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;biw=1313&amp;bih=477&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=219"></script>






前回のブログはこちら↓

http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/d/20100625

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント

江戸川サイクリングロードにピッタリなクロスバイク!

2010年07月26日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20100726anchorf5osama ブリヂストン・アンカーのクロスバイクF5は、ロードバイクにも使えるホイールを装備しているので、舗装されている江戸川のサイクリングロードを軽快に走るのにピッタリのバイクです。

本日オーナーとなられたO様も、休日にはサイクリングロードを走ってみたいとおっしゃっていましたが、可能な限り少しずつ距離を延ばしてみてください!

ただし、帰りの向かい風、突然の夕立、そしてハンガーノック&脱水症状には十分お気をつけください!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (1)

ツール・ド・フランスよもやま話その3(選手とともに通過していく関係車両たち!)

2010年07月26日 | 9. プロツアーレース

 今年のツール・ド・フランスは、昨日の最終第20ステージでパリのシャンゼリゼにゴールして、総合はコンタドール選手の2連覇(3勝目)ということで幕を閉じました。

今年は、久々にドーピングの話題がなく、正々堂々とした戦いが繰り広げられて、毎晩、自分も寝不足と戦いながら観戦を続けました。

Vittelcar

 さて、世界中の注目を集めるツール・ド・フランスには多くのスポンサーが集まってきますが、選手が通過する2時間くらい前に、約160台のキャラバンカーが、グッズを配りながら宣伝活動をします。しかし、今年実際に観戦に行ってみると、例年より車両台数も配布グッズも少なくなったような・・・・

ちょうどパヴェ区間の手前だったので、キャラバン車両の一部はこの区間を避けて通らなかったのかもしれません。。

                                   

Motopoliceキャラバン隊が通り過ぎるとコース沿いは少し静寂を取り戻しますが、やがて、ポリスカーやモーターバイクがコースの最終確認をするため通り過ぎていきます。写真のバイクはモトクロス用ですが、この日はパヴェ区間があるため、特別な仕様となったようです。

Lclcar この後、先導バイクが通り過ぎるやいなや選手達があっという間に通過していきます。新城選手を見つけようにも難しく、彼は日の丸国旗に気づいてくれたでしょうか??

そして、プロトン(集団)とプロトンの間には、その時間差を知らせるおなじみの黒板を搭載した黄色いLCLのバイクや、赤い審判車なども通過していきます。

Lamprecar

その後、各チームカーが選手の順位に基づいて指定された順番で通過していきます。

この日(第3ステージ)は、メインのパヴェ区間に入る前にチームランプレのクネゴ選手が落車して遅れてしまい、チームカーともども必死に集団に追いつこうとしていました。

Voiturebalai_2 車列の一番最後には、「ほうき車(Voiture Balai)」と伝統的に呼ばれる車両が通過します。(昔は本当に大きなほうきを車に積んでいたようです)

この車は、読んで字のごとく(?)、最後にほうきで掃除し(リタイヤ選手を拾い)ながら走る車なのですが、制限時間オーバーでこの車に乗せられるほど屈辱的なことはないでしょう。。(実際はチームカーが迎えに来てくれるはずですが)

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (5)

第8回走行会のご案内(初・中級者)<葛西臨海公園往復ポタリング>

2010年07月26日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

ホームページで既に日程のみお知らせしておりました、シクルマーモット第8回目の走行会の内容が決まりましたので、お知らせします。


参加ご希望の方は、予めご連絡ください(本ブログへの書き込みでも構いません。)


※今回のコースは、篠崎から先が道幅が狭く歩行者が多いため、前回に引き続いてで恐縮ですが、車列を短くするため、人数は少なめにして実施いたしたく(10名前後)、参加ご希望の方は早めの参加表明をお願いします!


★日時:平成22年8月1日(日)

1.受付 : 7:30~7:45(店舗内)

2.出発 : 8:00(サイクリングロード樋野口揚水機場付近休憩所)

3.帰着予定 : 12:00

★コース:松戸⇔江戸川右岸⇔旧江戸川右岸⇔葛西臨海公園⇔松戸(約50km) 

 ※コースの98%はサイクリングロードを走行します。このため、歩行者等とのロードシェアリングマナーを心がけ、特に歩行者がいる場合などは安全速度(急停止できる速度)を厳守します!

★約5名単位の編成で、一定間隔をおいて一列縦隊で走行します。途中、適宜休憩地点(柴又、ポニー牧場、葛西臨海公園等(いずれもWCあり))を設けます。なお、補給、給水できる場所が意外と無いので、補給食、ボトル(可能な限り二つ)は必ず携行してください。

★雨天は中止(前日夕方頃の天気予報で降水確率が50%以上の場合は中止→ブログに掲示いたします)

★参加費は無料。ただし、以下の注意事項を順守頂くとともに、受付時に誓約書へのご署名をお願いいたします。

走行会ご参加に当たっての注意事項及び誓約書

1.ヘルメット及びグローブを必ず着用してください。

2.自転車保険にご加入の上ご参加ください。(特に、歩行者への損害賠償、自転車同士の衝突事故などの際に必要です。)

(日本サイクリング協会に入会(保険付き)される場合は下記のHPをご参照ください。)

http://www.j-cycling.org/news/091219.html

3.バイクの点検整備を十分行った上でご参加ください。

4.体調の悪い時は、参加をご遠慮ください。

5.補給食、スペアチューブ、携帯工具などは必ず携行してください。

【誓約書】

私は、本走行会の参加にあたり、上記を確認するとともに、主催者側の指示に従い、自分自身及び他の参加者の安全面に十分注意を払い、万が一、死亡、負傷、その他の障害が生じた場合にも、補償については自己の責任においてこれを処理し、主催者側に対して責任を一切問わないことを誓います。

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

<script type="text/javascript" src="http://blog.ocn.ne.jp/js/free_adsense.js"></script><script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"></script><script src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/test_domain.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><script language="JavaScript1.1" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-ntt-ocn-blogzine-m_js&amp;output=js&amp;lmt=1280290819&amp;num_ads=3&amp;ea=0&amp;oe=utf8&amp;flash=10.0.45.2&amp;hl=ja&amp;url=http%3A%2F%2Fcyclesmarmotte.blog.ocn.ne.jp%2Fblog%2F&amp;adsafe=high&amp;dt=1280290819594&amp;shv=r20100714&amp;correlator=1280290819594&amp;frm=0&amp;adk=2603939342&amp;ga_vid=307383014.1280290820&amp;ga_sid=1280290820&amp;ga_hid=1744547549&amp;ga_fc=0&amp;u_tz=540&amp;u_his=0&amp;u_java=1&amp;u_h=900&amp;u_w=1600&amp;u_ah=860&amp;u_aw=1600&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;biw=1313&amp;bih=477&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=219"></script>
コメント (14)

今最高にコストパフォーマンスの高いロードバイク!

2010年07月25日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20100725anchorrfx8ysama NEW105が発売されてから2か月ほど経ちましたが、いち早くこのニューコンポを完成車に組み込んだのがブリヂストン・アンカーでした!

その中でも、50台のみの限定で発売された、フルカーボンのRFX8フレーム(ホワイト)に、特注ホワイトサドル&ホワイトアウターがセットになった特別モデルは、価格も下がって超お買い得なバージョンとなりました。

本日、この希少なロードバイクをご購入いただいたY様は、他社のバイクも検討されていましたが、サイズが最も合っていたこともあって、最終的にRFX8をお選びいただきました。

ポジションは、サドルとステムの高さがほぼ同じ当たりから始めましたが、少しずつ調整していきたいと思いますので、今後ともお気軽にご来店ください!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (1)

気軽にスポーツバイクを始めるのに最適な1台!

2010年07月25日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20100725babylonosama マウンテンバイクではメジャーなメーカーの「コメンサル」がプロデュースしたバビロンは、シティライドからロングライドまで気軽に楽しめる、希少で貴重なバイクです!

また、カラーリングにも工夫が凝らされていて、ステムとブレーキがフレームと同じホワイトに塗られているなどとてもお洒落な仕上がりです。

本日、このバビロンのオーナーになって頂いたO様は、松戸に引っ越されたばかりということで(マーモットからもすぐそば!)、是非、このバビロンに乗って、まずは松戸界隈を探訪して下さればと思います!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (1)

マーモットから最短距離の方にロードバイクをご購入いただきました!!

2010年07月25日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20100725bhvolanksama これまで、当店から105m(?)くらい至近のお客様(TTさん)がいらっしゃいましたが、今日、100m以内にお住まいというK様に、BHのロードバイクVOLANをご購入頂きました!

スペインのブランドらしい格好いいカラーリングをまず気に入ってくださりましたが、かえって目につきやすいため、丈夫なワイヤー鍵を装着して頂きました。

なお、残念ながらBHのVOLANは、2011年モデルでは日本への出荷の見込みがないとのことで、これから、VOLANを代替する質の良いバイクを探さなくてはならなくなりました。

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (1)

灼熱の第7回走行会(関宿)お疲れさまでした!

2010年07月25日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

7thrun 異常気象とは思いたくないのですが、本当に今日は(も)暑かったですね。。皆さんお疲れさまでした!(写真は、関宿城近くのファミリーマート)

今回は各参加者のポジションチェックを行うというのが主な趣旨でしたが、暑すぎて何を説明していたのか詳しく思い出せず、でも、もし少しでも皆さまのライディングのご参考になりましたら幸いです。これに懲りず、また何でもご質問ください!

さて、今日は、もう一つ習得したことがありました・・・・いかに、熱中症にかからないように走るかという・・・・

8月にも3回、きっと暑い中での走行会となると思いますが、是非ご参加ください!

9月11日~12日はシクロ軽井沢(シクロパビリオン主催)が開催されます。もうすぐ募集が始まるとのことなので、是非参加をご検討ください!

↓スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

コメント (4)