シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

2台目にお薦めの超快適バイク「BOMAデフィーラ」!

2012年11月30日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20121130bomadefirassamaデュアル・モールディング・テクノロジー(D.M.T)にハイプレッシャー・トランスファー・モールディング(HPTM)などなど、最先端のカーボン成型法の導入により設計通りの精緻な製法が可能となり、更なる軽量化と快適性を生み出すことに成功したのがBOMAの最新マシーンの「デフィーラ(DE'FIRA)」です!

 

デフィーラは競技用のスピード系マシーンというよりは、脚に優しい軽さとしなやかさを持ったロングライド向けのバイクで、エントリー向けのロードを乗りこなした後により快適にロングツーリングを楽しみたい方に是非お薦めしたいバイクです。

 

本日、このデフィーラのオーナーになられたS様は、既にアルミフレームのロードバイクを乗りこなしビンディングペダルにも慣れてきたとのことで、さらなるステップアップを目指すべく当店に2台目のバイクを探しに来られました。

S様は関東の河川のことについては誰よりも知り尽くされていらっしゃるので、デフィーラに乗り換えられてからは、江戸川のみならず、利根川、渡良瀬川、荒川などなど縦横無尽にロングライドを楽しんで頂けたらと思います!

なお、冒頭、難しい製法の名前を並べましたが、9日にBOMA本社に行ってカーボン成型技術を教えてもらった後、試乗もできてしまう走行会企画を予定しています!
http://cyclesmarmotte.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/11/post_5472.html

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント (1)

イーストン初のチューブレス対応ホイール「EA90RT」入荷!

2012年11月30日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Eastonrtイーストン初のロード用チューブレス対応ホイールとなる「EA90RT」が入荷しました!

チューブレスタイヤは転がり抵抗が少なくなるとのことで長い距離を乗れば乗るほど脚への負担が軽減されることから、ブルベなどロングライド派のライダーに愛用者が増えています!

イーストンが発売を開始した「EA90RT」は、前後輪ともに25mmハイトで重量は1550g。ロゴの片方が反転となっていて、ルックス的なイメージも変えています。

値段は、定価で前後84,000円で、マーモット特別価格&会員価格でお買い得になっています!また、チューブレスタイヤをお買い求め頂いた場合は装着料が無料です!!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

アルプスで開催されるグランフォンド「ラ・マーモット」の募集は明日(12月1日)からです!!

2012年11月30日 | 4. 最新情報!!

Lamarmotte当店の名前の由来ともなっているフレンチアルプスで7月6日に開催される「ラ・マーモット」の申し込みが明日(12月1日)から始まります!

「ラ・マーモット」は、グランドン峠、テレグラフ峠、ガリビエ峠、ラルプデュズなど超級、1級山岳を1日で登ってしまうヒルクライマーにはたまらないグランフォンド(シクロスポルティフ)で、毎年、ツール観戦と合わせて世界中のサイクリストがフランスに集まってきます!

なお、申し込みは下記のサイトからとなりますが、その日のうちに締切になってしまう可能性が高い人気のある大会となっています。

http://www.sportcommunication.info/web2010/epreuve2.php?langue=1&trophee=128

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

取り付け簡単なミニベルは絶対お薦めです!

2012年11月29日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Cateyeoh2400道交法では自転車(軽車両)でもベル(警音器)を鳴らさなくてはいけない場合の規定があり、また、千葉県や東京都(埼玉県は?)では装着が義務付けされているようです。

でも、ハンドル回りにライト、コンピュータなどを取り付けると装着できる場所が無くなってしまって、ベルの装着を怠ってしまいがちです。

この度、「キャットアイ社」からカスタマーサービスに寄せられたアイデアをもとに、ライトやコンピュータのブラケットバンドに一緒に取り付けられる小型のベル(OH-2400)が発売されました!カラーは、ブラック、シルバー、ゴールドの3色です。

小さいとはいえ真鍮製なので、いい音奏でますよ!・・・とはいえ、むやみに鳴らすのは禁物。。。声を掛け合ってのコミュニケーションを基本としていただきたく、よろしくお願いします!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント (1)

アンカーコーナーがやっとそれらしくなりました!

2012年11月29日 | 1. 店舗インフォメーション

Anchorcornerディスプレイが正直言って素人っぽいつくりの当店ではありますが、この程ブリヂストン・アンカーコーナーが出来まして、やっと少しは自転車屋さんらしい佇まいになりつつ?あります!

アンカーには、カラーオーダーをはじめ体格に合わせたサイズのハンドル幅を選べるなど、可能な限りオーナーになる方の要望に応えられるバイクが提供できるシステムがございます。

そして、当店も導入している独自のフィッティングシステムがあり、ポジショニングを行った後にフレームサイズやパーツの選定ができるので、初めてロードバイクを乗られる方にも安心してバイクをお選びいただけます!

現在、2013年の新モデルが随時入荷している他、お買い得な2012年モデル特価車もございます。アンカーのご購入に関しましては、是非当店にご相談ください!

ブリヂストン・アンカーのHPはこちら↓

http://www.anchor-bikes.com/bikes/index.html

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

軽量フレームの代名詞「リドレー・ヘリウム」が更に軽量に!

2012年11月28日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Ridleyheliumsl今年のツール・ド・フランスでは、リドレーの「ノアFAST」に乗るグライペル選手の活躍が目立ちましたが、山岳では「ヘリウムSL」に乗ったヴァンデンブロック選手のしぶとい走りにも多くのメディアが注目していました!

その「ヘリウム(HELIUM)SL」は、特に山岳コースに必要となる剛性を確保し、パワー伝達効率を落とさずに可能な限りの軽量化に成功した最新作です!(重量はフレーム単体750g、Fフォーク310g)

当店にはSサイズ(トップ長545mm)が入荷していますが、その他のサイズも今ならまだ問屋在庫が残っているかもなので、ご興味のある方は、流通量の少ないリドレーだけにお早めにお問い合わせください!

詳細はこちらのHPをご覧ください↓

http://www.ridley-japan.com/helium-sl.html

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

フルメンテナンスの費用はどれくらいかかる?

2012年11月27日 | 12. Q&A

久々となりますが、Q&A集に1つ追加です!

Headparts
Q フルメンテナンスにかかる費用はどれくらいですか?

A 1シーズン使いこなしたバイクは、ベアリング部やワイヤー類に汚れが付着して潤滑性が無くなっているものや、ひどくなるとサビが発生するなどしてパーツやフレームの寿命を短くさせてしまうことがあります。

このため、概ね1年に1回のフルメンテナンスをお薦めしていますが、どれくらいの費用がかかるのかについて、以下簡単にご説明いたします。

当店のHPに掲載している工賃表には、オーバーホールAセットとBセットがあり、前者は全ワイヤー、チェーン、ブレーキシュー、バーテープなどの消耗品交換と全体点検&調整、注油の作業工賃として10,000円となっています。後者のBセットは、ヘッドパーツ、ハブ、フリーボディ、BBのベアリング交換又は分解清掃&グリスアップの作業工賃として10,000円となっています。

いずれの場合も、不要な作業についてはその作業工賃分を差し引き(※)いたしますので、作業に入る前に作業範囲についてご相談させて頂き、見積表を作成いたします。

(※)例えばシールドベアリングとなっているものについては分解ができませんので、交換されない場合はその作業工賃分を差し引かさせて頂いています。

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

恐るべしCULTベアリング!!

2012年11月26日 | 4. 最新情報!!

Cultendurance写真は、フルクラムR3ハブをCULTベアリングキットに組み換えられたお客様のもので、ブルベの最高峰「パリ~ブレスト~パリ」を含め5000km以上走行された後に分解清掃させて頂いたものですが、クリーニングする前なのにピカピカの状態でした!

CULTシステムは、カンパニョロ社が開発したセラミックボールを使用したベアリングシステムで、最大の特徴はカップやコーンにクロニテクト・スチールといわれる熱化学処理された耐性のある素材が使われていることで、グリスの使用が最小限に抑えられる点にあり、グリスの粘性抵抗が少なく、また、グリスが埃を吸収してしまう心配もありません。

カンパ又はフルクラムホイールを使用されている方は、その多くがCULTシステムに交換することが可能ですので、ご興味がありましたら是非お気軽にご相談ください!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

2013モデルのアンカー初お渡し!

2012年11月25日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20121124anchoruf5tsama早くも多くのメーカーの新モデルが店頭に並び始めていますが、ブリヂストン・アンカーも殆どの車種で2013モデルが揃ってきたようです!(カラー、サイズによってはまだ在庫なしのものがあります。) 

アンカーのクロスバイクは毎年カラーリングが変わるのですが、アルミフレームの「UF5」は、2013モデルでは、レッド、ブルー、ホワイト、グレの4色がラインナップされています。

その一つ一つの色は単純な原色カラーではなく、例えばレッドは「フェニックス・レッド」という質感があり艶出しも鮮やかな綺麗な色に仕上がっています。

メカニカルな面では大きな変更点はないのですが、シフトレバーが改良されたシマノST-EF51Aが装着され、前年モデルよりも正面からのルックスがだいぶ変わった印象です。

このフェニックスレッドの「UF5」のオーナーになられたT様は、まずは通勤用に使われるとのことで、アンカー純正のマッドガードを装着していただきましたところ、これまで見慣れていたスポーティなUF5とはちょっと違った都会的なスタイルに大変身!

もし休日も時間が取れましたら、お近くの江戸川を是非いつもより少し長めに走られてみてください!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント (1)

第92回走行会(輪行ライド(市原~養老渓谷))お疲れ様でした!

2012年11月25日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

92ndrun今回は混雑覚悟で紅葉シーズンど真ん中の養老渓谷まで、日中は汗ばむくらいの陽気の中でサイクリングしてきました!

前回はやっていなかった小湊鉄道「里見駅」の朝市でしたが、今回はちゃんと確かめて開催日に照準を当てましたので、ここで、焼き芋に自家製の大福やケーキ&コーンスープなどなどコンビニでは味わえない補給食をゲットすることができました!

里見駅では、FSRの集団と合流し記念撮影をパチリ。今回のコースを走るのは3回目になるのですが、もともとはFSRらんまさん推薦のコースで、特に秋に走ると風情が感じられ、また適度なアップダウンのある誰でも楽しめるコースでした!

メインイベントは大福山までのヒルクライムでしたが、ハイカーがかなり多くて、声援を送ってくれる人もいれば、道幅いっぱいに広がって「こんなとこ自転車で走るのかよ?」みたいなことを言われたりもしましたが、ここ以外は混雑もなく、いつもの静かな房総の田園地帯を堪能してきました!

ちなみに、今日は輪行ライドという名目ながら自走組が3人もいて、ロングライドファンが徐々に増えつつあるようです!(実はもう一人、時間に間に合わなかったIさんが大福山まで自走往復されたそうです!)

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

サイスポ1月号の補足です!

2012年11月24日 | 4. 最新情報!!

Wirecutting現在発売中のサイクルスポーツ1月号のセルフメンテナンス特集でワイヤー交換について担当させて頂きましたが、ちょっとだけ役に立つ付け足し情報をアップします!

 記事中のワイヤーの末端処理については、ここはキッチリやらないと抵抗が大きくなったり、初期伸びが出やすくワイヤのテンションが安定しなかったりするので、とても大事なポイントです!

 まず、よく切れるワイヤカッターを使うということは言うまでもないのですが、ブレーキアウターの場合は直角よりやや螺旋の方向に近い角度で切断すると、つぶれることなくスパッと切れます。もしつぶれてしまっても、ニッパーできれいに切り取って、グラインダーで直角に末端処理すれば大丈夫です。結構手間がかかりますが、ヤスリでも丹念にやれば可能です。

 次に、中のライナーがつぶれていてもかなりの抵抗が生じてしまうので千枚通しなどで丸く形を整え、そして誌面でも紹介したように非塩素系の潤滑剤を注入します。

 ちなみに、シマノは専用グリスをインナーワイヤーに塗布することを推奨していますが、半年ぐらいで固化してしまい抵抗が大きくなるのと、インナーワイヤー装着作業時に地面に触れてしまうなどで異物が付きやすく、当店では行っていません(少なくともステンレス製のワイヤーを使う必要がありますが)。

メンテ作業については細かい点を言いだしたらキリがないのですが、少しでも経験して覚えて頂くとメカにも詳しくなり、いざという時の身の助けにもなりますので、是非挑戦されてみてください!

なお、新版の総合メンテナンス本「ロードバイクの整備と修理」が再入荷しました。こちらもどうぞバイクメンテのバイブルとしてお使いください!!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

最後のカンパウエア・・・・

2012年11月23日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Campawearカンパニョロ社がウェア部門から撤退することとなり、カンパユーザーにとってはウェアとのコーディネイトも楽しめただけに残念なお知らせ。。

せめて、ウェア小物類だけでも残してくれたらいいのに・・・と思いつつ、少しだけ、アームウォーマーとシューズカバーを仕入れてみました。

これが最後の入荷かもなので、ご興味ある方はお早めに!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

エントリー向けで一番走るアルミバイクと言えばKUOTA「コルサライト」!

2012年11月22日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

20121122kuotakorsalitensamaイタリアンブランド「KUOTA」の「KORSA LITE(コルサライト)」は、エントリー向けと言えど走りに徹したバイクづくりを行う「KUOTA」だけあって、7000番台の軽量アルミ合金を使用しフレーム単体で1200gちょっとの重量に抑え、高速系からロングライドまでを可能にしたロードバイクに仕上がっています!

この軽量フレームに「ティアグラ」又は「ソラ」のフルコンポをアッセンブルしたお値段はそれぞれおよそ10万円前後のリーズナブルな価格帯に設定され、ロードの世界に入ろうかどうか迷われている方々を魅了し続けています!

しかし、残念なことに2013年からデリバリーされなくなってしまうとのことで、当店でも残すところあとブルーのLサイズが1台のみとなってしまいました。。

本日、このコルサライトのレッドのオーナーになられたN様は、これまでクロスバイクに乗られていたとのことですが、更なる高いスピードとより長い距離を楽しむためにロードの世界に足を一歩踏み入れられました!

ロードバイクは追い風や下り坂だったりすると想像以上にスピードが出てしまうことがあるので、何はともあれまずはヘルメットも同時にご購入頂きました。安全第一で楽しいサイクルライフをお楽しみください!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント (1)

2013カンパテクニカルセミナーに行ってきました!

2012年11月21日 | 4. 最新情報!!

Campytriple今日は、カンニョロジャパンの主催でカンパ&フルクラム製品に関するテクニカルセミナーが東京で開催され、参加してきました! 

新製品情報に関しての目新しい話題はあまり多くはなかったのですが、いくつかの補足的な説明とカンパジャパンに問い合わせの多かった組付けとメンテに関する販売店向けの技術的な説明がありました。 

新製品情報に関しては、まずは、アテナ、ケンタウル、ヴェローチェにラインナップされたトリプルクランクについての話があり、グランフォンドなどツーリング志向の強い欧米のニーズに応えて再デビューしたようです。アルミクランクでは初めての中空構造となり、トリプルにしたことでの重さも気にならなくなりましたが、ただ、チェーンステイの短いバイクでアテナの11速&フロントトリプルで組み合わせた場合の変速調整は結構シビアかもです(あくまで予感です)。 

次にハイトを35mmに上げ、メガG3とラージフランジを採用しエアロ効果と剛性アップを同時に狙ったミドルグレードホイールの「シロッコ」は、シャフトがスチールからオーバーサイズのアルミ製に改良され、重量は逆に60gのマイナスになったようです! 

あと、もう一点、この場でお伝えしたい点は、シマノの11速用のフリーボディの供給が、フルクラムは来週にも、カンパは2~3週間後に入荷する見通しとなったことです。これと同時に、シマノ11速用フリーボディが初めから付いたホイールの供給も増えてくる見通しとのことです。お急ぎの方はやはり早めのご予約をお薦めいたします!

最後に、毎回書いていることで恐縮ですが、本セミナーやスモールパーツの供給に係るコストはカンパジャパン及び正規代理店によりまかなわれているので、海外サイトや並行輸入によりお求めになられた商品のメンテナンス等につきましては、特別な料金を頂く場合があること、また、製品保証の対象外となる点につきご了知頂けたら幸いです。

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

ROTOR楕円リングとDURA9000系11速との互換性は?

2012年11月19日 | 4. 最新情報!!

Rotordura9000デュラエースが11速化されて、既存のパーツとの互換性はどうかという点で、ユーザー様はもちろんショップといたしましても腐心しているところが多々ありますが、 

ROTORとの互換性に関しましては、まず、公式的には互換性ありとの発表はないようですが、日本の輸入代理店が確認したところ問題ないとのことでした。 

当店でもご依頼によりROTORクランク&楕円形状のQ-RINGSにデュラエース9000系の11速を取り付けてみたところ、

 まず、11速チェーンとQ-RINGSの噛み合わせについては問題は無く、チェーンの歯離れもスムーズで抵抗が増すようなことは無かったです。

 次に変速性能ですが、これはもともとシマノ純正の組み合わせに比べ特にインナーからアウターへの移りは微妙なところはあったのですが、やはりこの点は細かな調整の必要がありそうです。

また、フロントディレイラーの内幅が実測で7900系よりも0.5mm以上狭くなっており、インナートップなどではチェーンがFDの外側プレートに当たりやすいため、今回は、9000系FDに備わったサポートボルトを少し強めに当ててFDのプレートを僅かに外側にセッティングすることで、変速性能の改善とチェーンの当たりを最小にしてみました。

このように技術が高度化すればするほど調整が微妙になってきており、パーツの組み付けに関しては経験豊富なショップにお任せ頂くことをお薦めいたします!

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント (1)