シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

レザイン「スーパーGPS」限定レッド再入荷!

2017年09月30日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

限定カラーとして発売のあったレザインのGPSサイクルコンピュータ「スーパーGPS」のうち、レッドカラーのみ2個追加で入りました!

当店初回入荷分が予約分だけで終わってしまい、その後の問い合わせで”完売”と答えてしまった方には、申し訳ございません。

今度が本当の最終入荷となります。ご希望の方は、お早めに!(会員様は、メール、メッセンジャー、LINE等での取り置き依頼承ります。)

 

シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

  にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

 

コメント

希少価値となるKOGAのスチールバイク「Team-R」

2017年09月29日 | 4. 最新情報!!

 

オランダで1970年代に創業したKOGA(コガ)社は、手作り感の強い職人気質のあるメーカーとの印象が強く、今でもスチール・バイクを供給し続けていることで、その象徴が保たれていました。

しかし、来年モデルのカタログをチェックすると、スチール(クロモリ)製のロードレーサー「Team-R」が、なんとラインナップから外れていました。。唯一、スチールフレームとして、荷物をフル満載できるツーリングバイク「Randonneur Limited」は継続されていて、職人気質をツーリングバイクに託したあたりは、むしろ自転車王国オランダらしさを残したとも言えます。

さて、本日、今や希少価値となった「Team-R」のオーナーになられたA様は、主な用途は通勤用とのことですが、クロモリフレームの特徴である、細いシルエットながら丈夫で、また、自転車の存在感を高めてくれる水平なトップチューブは、仕事に行くモチベーションさえも高めてくれることと思います!

今日は、パンク修理方法もマスターして頂いたので、是非、お休みの日には、「Team-R」でツーリングを楽しんで頂けたら幸いです。

 

シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

  にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント (1)

荒川&利根川&江戸川を同時に楽しめるコースです!

2017年09月28日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

今年も、利根川サイクリングロード上流の終点(群馬県渋川市)まで行ってきました!来年のチャレンジ走行会(今年は、利根川下流に向かって犬吠埼往復)の下見も兼ねて??

コース参考(バッテリー切れのため、復路は野田橋まで) → https://connect.garmin.com/modern/activity/2011207483 (ガーミンコネクトへのログインが必要になります)

 

なお、今回は、荒川から経由して行くとどうなるかを試してみるために、久々の荒川上流方面を往路で走ってみました。慣れない道だったこともあり、また、市街地(松戸(江戸川)→千住大橋(荒川)、深谷(荒川)→上武大橋(利根川))を抜けなくてはならず、片道7時間以上も要してしまいました。距離も、江戸川経由より10km多い約160km。

荒川上流方面は、最近では榎本牧場以北に行く機会がなかなか無くて、以前、熊谷まで行って以来約10年振り。

この雑草が生い茂っている写真は、「鳥羽井沼」(ホンダエアポートから5kmくらい先)。ずっと前、奥武蔵方面からの帰り道、ここに住んでいた老夫婦が焼きそばやカップラーメンを作ってくれた思い出が。シロクマパンがまだ有名でなかった頃は、サイクリストの聖地として、アンカーの選手も立ち寄っていたという記憶が。

「鳥羽井沼」から少し先にいくと、「さくら堤公園」。サイクリングロードの両脇に桜が植わっていて、花見シーズンは凄いにぎわい。ゆえに、開花時期は、この区間を自転車に乗って通ることは絶対無理。最近では、曼珠沙華でも有名な所になったようです。

久々の荒川サイクリングロード上流で、ラバネロ時代のチームメイト布施君、否、布施選手に偶然遭遇!後ろ姿を見ただけで、スプリンター特有の脚など、ただならぬオーラを発していて、競輪選手引退後も、先日行われた全日本実業団トラックで表彰台に登った実力者です!

この日は、今度の大会で1000mTTに出るとのことで、彼にしては珍しく?LSD練の最中だった様子。しばし、LSDらしく、昔話をしながら一緒に走りました。

 

荒川上流の定番休憩処となっている吉見運動公園で一休み。お腹が空いてきたので、どら焼き2つ。

大芦橋で、布施選手と分かれ、自分は対岸に渡って、荒川CR終点と思われる熊谷を目指しました。

荒川サイクリングロードをとにかく行けるところまで行ってみよう!と決めて走っていたら、ちょっとダート区間があったものの、いつのまにか熊谷市を通り越して深谷市へ。せっかくなので、洋風建築で有名な駅舎を眺めつつ、北上して利根川を目指します。

 ← ヤマダグリーンドーム前橋(前橋競輪場)

深谷ネギの畑を通り抜け、やがて、利根川の上武大橋近くに到着。ちなみに、ここは、橋梁付け換え工事のため、サイクリングロードは迂回が必要となっています。

ここまで、大分、時間を費やしてしまい、日没が心配になってきたので、利根川は少し頑張って走ることに。ただ、高崎辺りから先は、道幅が狭く、また、ブラインドカーブも多いので、慎重に走る必要があります。でも、清流沿いで緑の多い”ザ・サイクリングロード”という感じのここの区間が、自分の一番大好きな自転車道路です!

利根川サイクリングロード上流に関しては、昨年のレポートを是非ご覧下さい⇒ 

http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/8d99f8ed6a2ced0ca7d65a2d4414f65f

渋川で、復路のためのエネルギー補給をするなら、大正橋近くにある(サイクリングロードの脇)中華定食屋さん「翠園」がお勧め。具だくさんで量が多く、写真の中華丼は本当にどんぶりに入って出てきます!(昼の営業時間は11:00~14:00)

帰りは、関宿城で日が暮れてしまいましたが、勝手知ったる江戸川なので、200ルーメン1灯で何とか松戸に到着。知らない道ならば、もっと明るいライトが欲しいかも。

 

シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

  にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

シクル・マーモットジャージ入荷のお知らせ!

2017年09月28日 | 1. 店舗インフォメーション

Marmotteuniform

この度も、シクル・マーモットジャージの御注文を頂き、誠に有難うございます。

本日、(新作のレジェフィットPROを除く)届きましたので、都合の宜しい時にご来店頂きたく、宜しくお願いいたします。

****************************************

 ※締切り:8月13日(日)17日(木)まで  

※予定納期 9月下旬

※お支払い:注文時又は8月末までに現金にて。【クレジットカードご利用の場合は価格が変更(+4%)となります。(原価販売&先払い契約につき協力方宜しくお願い申し上げます。)】

※以前、ロゴを付けることで「梅丹本舗」から助成金があったのですが、本制度が利用できなくなりました。(メイタンロゴはそのまま残します)

 

<製品詳細&価格(会員現金価格)(税込)>  ※各種類、発注単位の5枚集まった場合の価格となります。

○半袖ジャージ(レジェフィット)    14,200円(ネーム入りは+320円) 

(素材はレジェハニカム(3シーズン用ストレッチ素材。UPF25)。オプションのファスナーポケット(756円)&スソ滑り止め(1,080円)付き)

サイクルパンツ(レジェフィットPRO)   13,500円(全てビブ(肩ヒモ)付きサロペットパンツ)

(素材は快適なフィット感と速乾性のレジェスキン。裾はソフトなタッチのヴィータを使用。オプションの同色内股カラー(1,080円)代含む)

○サイクルパンツ  10,800円(ビブ付きのサロペットパンツは+540円)

(素材はトリンティ。透けにくいUVカット素材。オプションの同色内股カラー(1,080円)代含む)

○サイクルニーパンツ  10,800円(ビブ付きのサロペットパンツは+540円)

(素材はトリンティ。透けにくいUVカット素材。)

※オプションパッド: パンツには、メーカーHPに掲載されている特殊なパッドを追加料金で装着することが可能です。(1,080円~)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○夏長袖ジャージ   15,300円(ネーム入りは+320円)

(素材は、COMFORT UV GUARD(3シーズン用吸汗・速乾高機能素材。UPF45)。オプションのファスナーポケット(756円)&スソ滑り止め(1,080円)付き。冬場の重ね着用としてもどうぞお使いください!)

○冬用長袖ジャージ(レーシングサーモジャケット)  15,000円(ネーム入りは+320円)

(素材は、サーモネット(保温性裏起毛素材)を使用し、ウエア内部の蒸れを抑えつつ高い保温効果があります。(5度以下の時はウインドブレーカーの重ね着を推奨) 。オプションのファスナーポケット(756円)付き)

○ウインドブレーカー  15,000円(ネーム入りは+320円)

(素材は、東レH20FFの軽量防風素材。携帯にも便利です。オプションのファスナーポケット(756円)付き)

○スリムウインドブレーカー  15,000円(ネーム入りは+320円) 

(素材は、東レH20FFの軽量防風素材。一部に伸縮素材やメッシュ生地を採用。バタつきのないタイトフィットタイプ。オプションのファスナーポケット(756円)付き)

ストームベスト(バックポケット無し、ネーム入れ無し)  11,900円

(防風性に加え防水性も高く、悪天候時に体幹を冷やさない必須アイテム!小さく折りたためて携帯に便利)

 

詳細は、メーカー(Wave One)のホームページをご覧ください。

http://www.wave-one.com/item/racingthermo.html

 

<デザイン説明(背面)>

シクルマーモットのロゴの太い青の部分はアルプスの清流をイメージしていますが、具体的には至近の江戸川をさらにキレイな流れとなるよう願いを込めてデザインしています。その両端の白いラインは江戸川両岸のサイクリングロードを、そして、イエローグリーンは、アルプス山岳地帯の草原の色や、土手の芝生をイメージしています(当店のコーポレートカラーでもあります)。下の少し細い青いラインは、(新)坂川をイメージし、その脇(松戸競輪場のある辺り?)に2010年の千葉国体開催を記念してちーばくんを配置しています(マスコット使用県許可番号 報第629号)。長袖に白色を多用しているのはアルプスの氷河です!!そのアルプスに生息するマーモットの画は、姪っ子の原画がベースとなっています。フランスと日本の国旗を配置しているのは、フランスで行われるグランフォンド「ラ・マーモット」など、国際的なイベント参加にちょっと配慮しています。ロゴは長野在住で当店のお客様Aさんがご厚意でデザインして下さったものです。ご愛用いただけたら幸いです!

ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント (3)

第250回走行会(関宿城往復、中級者向け)のご案内

2017年09月28日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

ホームページ等で既に日程のみお知らせしておりました第250回走行会の内容が決まりましたので、お知らせします。

※今回は、目前に迫ったかすみがうらエンデューロに参加する方も、そうでない方も、集団走行における走り方を意識しての走行会となります。

※利根川CRでは、3人前後のグループで、安全な場所にて先頭交代を行いながらグループを崩さずに走行します。

※目的地の関宿城から、基本的には往路と同じ利根川右岸経由で戻りますが(左岸に行く可能性もあり)、江戸川経由の短縮ルートで戻ることも可能です(但し、別動隊)。 また、下記の関宿城博物館を見学してから帰るのもOKです!

 ← 写真は関宿城博物館HPより

http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=61

 

※参加ご希望の方は、前日9/30(土)20:00までに本ブログへの書き込み(要会員No)でお申し込み下さい。

★日時:平成29年10月1日(日)

1.受付 : 7:35~7:45(店舗内) 

2.出発 : 8:00頃(江戸川サイクリングロード「川の一里塚(樋野口)休憩所

3.関宿到着予定 : 10:45

★コース:店舗⇒江戸川左岸⇒利根運河⇒利根川右岸⇒関宿城(往復約90km)                           

※コースのおよそ90%はサイクリングロード(歩行者優先)を走行します。歩行者がいる場合は安全速度(急停止できる速度)を厳守!

コース図はこちら(実際とちょっと異なるので、ご参考までに)↓

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=26a3e3bb0604bcad0561f7b82aa0551a

★利根川以外も基本的に3~5名単位の編成で、グループ間は一定の距離を保って一列縦隊で走行します。休憩地点は2ヶ所(関宿城、16号線のセブンイレブン)のみ。補給食は必ず携行してください。

★雨天は中止(前日夕方頃の天気予報で降水確率が50%以上の場合は中止→ブログに掲示いたします)

★参加費は無料。ただし、下記の走行会HPをご覧いただき、走行会の注意事項を順守頂くとともに、受付時に誓約書へのご署名をお願いいたします。特に損害賠償付きの自転車総合保険への加入、健康保険証(コピー可)は忘れずに!

http://marmotte.server-shared.com/index1.html

 

<走行会での集団走行留意メモ (サイクリングロード(歩行者が優先)走行時を想定) >

・ 高速走行時の集団は3名以内、通常走行時は5名以内で、一列縦隊で走行する。(歩行者や対向車・追越車との接触、集団落車回避のため)

・ 集団と集団の間は、最低100m程度の間隔を保つ。集団が集団を追い越す際は、歩行者や対向車のない時に、声をかけ合いながら、なるべく速やかに行う。

・ 先頭は、必ず手信号を出すとともに、声を出して注意を促す。後続は、手信号よりも声がけを!

・ 歩行者やランナーには、「横を通ります!」「有難うございました!」の声掛けを!(急に道路を横切ったり、Uターンするのを防ぐため)

・ 道幅が狭い所で対向車が来ている時は、歩行者やランナーを抜かないこと!(道幅の広い所でも細心の注意を!)

・ 先頭交代は、歩行者や対向車&追抜車がいないことを確認し、また、車止め等の障害物のない安全な所で行う。

・ まず、先頭が後続に合図を出し、後続は同じスピードを保って進行方向右側から先頭を抜く。(加速しないこと!)

先頭だった者は、少しスピードを緩めながら最後尾に付く。(スピードを落としすぎると千切れてしまうので要注意!)

・ 集団走行時の細かなスピード調整は可能な限りブレーキは使わず、前後の間隔調整や右横に少しずれることで行う。

・ このため、前後の間隔は、競技練習ではないので50cm以上開ける。

・ 手離し運転は、接触の危険や後続の視界を妨げるので、当走行会では行わない。止むを得ない場合は、最後尾で行ってください。

・ 警音器(ベル)に関しては、危険防止の際に鳴らす装置を備えておく旨道交法で規定されており、必ず装着すること。

 

シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

  にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント (15)

「LOOK」2018年モデル展示会情報!

2017年09月26日 | 4. 最新情報!!

今日は、皇居外苑の北の丸公園にある科学技術館で、4つの輸入代理店の展示会が同時に開催され、まずはフランスの名門「LOOK」の情報をお届けします!

2017年モデルに関しては、お陰さまで当店では例年以上にLOOKの人気が高かったのですが、2018年モデルでは、クライミングバイクと称される軽量フレーム「785HUEZ」が発売になり、更なる人気の高まりを期待! したいです!!

「HUEZ」という名前は、当店の名の由来ともなっている、フランスで開催されるグランフォンド「ラ・マーモット」のゴール地点「ラルプドゥエズ」からも想像されるように、”山”というより”崖”を登るぐらい”急峻な峠道に向いているバイク”という意味で付けられたのかもしれません。

LOOKの車種名は、通常3ケタ(最初の数字=世代(大きいほど設 計が新しい)、真ん中の数字=グレード(大きいほどレース寄り)、最後の数字=製法)で表されていますが、「HUEZ」は、785にプラスしてネーミングされているぐらい、LOOKとしてもかなりの力のいれようです!

なお、商品名としての「HUEZ」の読み方ですが、仏語的には「エズ[ɥɛz] 」でいいと思うのですが、LOOK社では、英語読みを意識してなのか?「ヒュエズ」又は「ユエ」だそうです。

↑ 最上位グレードの「785 HUEZ RS」は、60tの高弾性ピッチ系UHM(ウルトラ・ハイモジュラス)カーボンを使用した、まさにヒルクライマーのための仕様!(フレーム単体重量は730g,Fフォークは280g)。さらに、ZED2クランク付属タイプも、チームレプリカカラーでラインナップされる予定だそうです。

↑ 「785 HUEZ」は、カーボン積層を変えて、快適性を向上させてモデル。それでも重量は、フレーム単体で990gと軽量級。

↑ 「785 HUEZ」は、アルテグラ完成車と105完成車があり、人気のホワイトカラーは105完成車に採用されました。

↑ エアロバイクの「795」では、久々に赤白系のカラーが復活!!

↑ 今年好評だったコンフォート・エンデュランスバイクの「765」は、2018年モデルでも、3車種(アルテグラ、アルテグラMIX、105MIX)で、カラーデザイン変更で継続。

↑ LOOKファンの方には是非オーナーになってもらいたい、MTB「977」(数量限定完成車モデル)!

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

MTB本格派を満足させるアンドラ公国の「コメンサル」!

2017年09月25日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

ピレネー山脈で、フランスとスペインに接する小さな国、「アンドラ公国」を本拠地とする「コメンサル(COMMENCAL)」は、クロスカントリーからダウンヒルまで、山岳地帯でのありとあらゆる走りに対応した、本格的なマシーンがそれぞれ多数ラインナップされています!

例えば、舗装されていない林道を登りも下りも得意とするのがオールマウンテン系「META」のハードテイル。フロントはロックショックスのエアサスペンションが標準装備されて、路面状態に応じた安定した走りを約束してくれます!

本日、「META HT AM O-Limited」のオーナーになられたI様は、モーターバイクで関東近郊の林道を知り尽くされている方なので、まずは走行ルート探しで戸惑うことはなく、羨ましい限りです。自転車だと走行距離は当然短くなりますが、その分、風や匂い、音などなど、自転車だからこそ感じることの出来る自然を、思いっきり堪能して頂けたらと思っています!

ただ、現在、経営されている理髪店(船橋法典駅至近の「カットカンパニー」)のお仕事が忙しく、なかなか自転車に乗る時間が取れないとのこと。。現在スタッフ募集をされているそうで、このブログを読まれている松戸、市川、船橋辺りで仕事を探されている方がいましたら、パートタイムも可能ということなので、是非、下記のHPなどをご覧の上、連絡していただけるでしょうか!!

https://www.froma.com/shain/jobDetail/?rqmt_id=65207245&edition_cd=11

↑ 早速、本日、ご兄弟揃って、自宅近くのMTB練習コースでシェイクダウン走行され、「快適な走行が出来た!」とご報告頂きました!

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント (1)

2017かすみがうらエンデューロの準備を始めます!

2017年09月25日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

 ←2016年大会

10月15日(日)の開催まであと3週間となった「かすみがうらエンデューロ」に向けた準備をそろそろ開始します!

まずは配車を考えたく、参加予定の方は現地までの交通手段について、シクル・マーモット掲示板にてお知ら下さい。見学、応援の方も大歓迎です!
掲示板のアクセスはこちらをクリック (ホームページからもアクセスできます。)

また、レンタカー運転、バイク積み下ろし、陣取り、食事、飲み物、会計、撮影、救護etc などの役割分担については、後日、全員にお願いすることになりますので、ご協力のほど宜しくお願いします。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

 

コメント

渡良瀬遊水地への走行会お疲れさまでした!

2017年09月24日 | 5. 走行会などで一緒に走りましょう!

今日も、海外を含め全国各地で多くのサイクルイベントが開催されたようで、参加された皆さんはいかがでしたか?

さて、走行会組は、江戸川、利根川&渡良瀬川を遡り、渡良瀬遊水地まで行ってきました。中・上級者向けということで、ワンストップのみのいいペースで、しかも風は追い風気味ということもあり、快調に3県境(埼玉、茨城、群馬)近くにある目的地の「道の駅きたかわべ」に到着。松戸からここまで約60kmちょっとの距離です。

今回は片道企画ということで、目的地からは自由行動。道の駅近くで食事して帰られた方が多かったようですが、今後とも、走行会+アルファは、皆さんそれぞれのアイデアで楽しんで頂けたらと思っています。

さて、10月15日(日)の「かすみがうらエンデューロ」が間近に迫ってきました。そろそろ準備を始めますので、参加される方、応援に来てくださる方の協力を宜しくお願いします!

あと、11月18日(土)開催(25日から変更したみたい?)の、千葉県サイクリング協会主催の「清和の森サイクリング」のエントリーが今日から始まってます。すぐに定員オーバーになることはないかもですが、参加される方は、早めに各自でエントリーしてください! エントリーはこちらから 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント (1)

フランドル地方が生み出したリドレー・フェニックス!

2017年09月24日 | 3. お渡しバイク Merci beaucoup!!

(たびたびブログで紹介させて頂いてますが、)ヨーロッパで開催されるロードやシクロクロスの大会で、黒い獅子の絵が描かれた黄色い旗が振られているのをよく目にします。これは、自転車競技に熱心なベルギーのフランドル地方の紋章で、民族意識を高揚させる目的もあると思いますが、今やレースシーンを語る上で、この旗は欠かせない存在となっています!

リドレー(RIDLEY)は、そのフランドル地方に本拠を構えたメーカーで、この黄色い旗とリドレーの間には強いつながりがあるといっても過言ではなく、フレームに獅子の絵が描かれることがよくあります。

 

「フェニックス(FENIX)」のアルミロード(残念ながら2017年モデル限りとなりました)には、「フランドルの獅子」がデザインされたものがラインナップされていて、フランドル地方に多く残されているのパヴェ(石畳道)のような、悪路にも通用する乗り心地を考えた「フェニックス」を象徴するようなデザインになっています!

オーナーになって頂いたO様は初のロードバイクということでしたが、ブレーキや変速機などの機構をすぐに理解して頂き、また、ホイールの着脱やチューブ交換といった実践的な練習もすぐに自分のものにして頂けたので、寒くなる季節の前には、かなり走り込みが出来そうですね。近いうちに走行会にも是非ご参加ください!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント (1)

Le café oursblanc 245 富士登山 秋の初めに想うこと

2017年09月24日 | ☆ Le Cafe Oursblanc ☆

     

  風がすっかり秋色になって来たこの頃ですが、今年はどんぐりが豊作ですね。

自宅付近で沢山落ちているどんぐりは小さい方が「シラカシ」大きいものは食べられる「マテバシイ」、

どんぐりお団子やクッキーにお豆腐のレシピも掲載されている「どんぐりノート」(ISBN 978-4-579-40956-1)は

お子さんとご一緒にも楽しめる1冊です!(写真1)

 

先週の連休最終日18(祝)は、ぎっくり腰なりかけ状態が悪化しお休みを頂き申し訳ありませんでした。 

レントゲンには老化現象状態の箇所が一ヶ所くっきりと写っていて、無理は禁物だなと。

ペットボトル飲料を、クロスバイクで大量に持ち運んだ時にやってしまいました...。

皆さまも、体調には十分お気をつけてお過ごし下さい!!

 

そして夏山シーズンも終わりの9/15~16にかけ、「嵐にしやがれ」番組企画で相葉さんが富士登山

された様という富士山で目撃された方のinstagram情報が流れていました。

自分のアルバムをひっくり返してみましたら、富士山に登ったのは大昔の1991年8月24~25日。(写真2)

山小屋で仮眠もしつつ余裕を持って友人4人(含む店主)で登っても、酸素が薄いし頂上付近は風も強く寒いし

高山病で頭痛はするしでかなりhard。下山後ウェアーをお土産屋さんに忘れてきてしまったほどです。

 

9月は更に寒いし(9/30追記降雪もあったそう)肺気胸のご病気になられた事もあるので、時間を詰め込んでの

ロケでなかった事を切に祈っています!ご来光はきっと拝見された事と思います。10/14放送日を楽しみに!

⇒ <10/16追記  ご来光は+α。過酷な登山の最中でも、相葉さんの素敵な人間性が沢山垣間見れました。Bravo ! ! !>

富士山登山の要注意点ですが、晴れていると日差しが強烈なので効果の高い日焼け止めを必ず持参されて下さい。

当時頭痛が治まるまで頂上で仰向けに寝ていたら、日焼け止めをしていたのにとんでもない事(黒クマ)になりました。

(勿論重篤な高山病の場合は、直ちに標高の低い場所へ下山する事が必須) 

<関連記事有 下山について等⇒ Le café oursblanc 247 輝き出す未完成の秋>

 

3枚目の写真は相葉マナブで紹介されていたサバ編レシピの2位、塩サバの油揚げピザ。

買い置きの絹ごしを使ってしまったのですが、やはりお豆腐は木綿の方が良かった。

水分が多いので、ソースの粘度が低くなってしまいました。油揚げは一度湯通ししてから使用。

店主が相当気に入った様で、美味しいレシピに感謝です。 

来週はSご夫妻もご参加になるツール・ド・三陸が開催。明日から又良い週をお過ごし下さい! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ    Merci  pour  votre adhesion!   文&写真  白クマ 
にほんブログ村     ( ご笑覧有難うございます)

コメント

エキップアサダを今だからこそ応援しよう!!

2017年09月22日 | 9. プロツアーレース

 写真出所:シクリズムジャポン

先日、某自転車メーカーの展示会で、ラバネロの高村師匠(浅田さん、飯島さん、宮澤さん他トップ選手を育てたレジェンドです!)とお話しする機会があった時に、日本代表強化の現状について少し懸念を示されていたのですが、そんな折、エキップ・アサダ後援会長の田之頭さんから後援会員あてに、若手選手育成の試金石となった「ツール・ド・ラヴニール」を終えての浅田監督インタビュー記事(シクロワイアード)と、下記のメッセージが送られてきました。

http://www.cyclowired.jp/news/node/244354 (前編)

http://www.cyclowired.jp/news/node/244355 (後編)

”浅田さんの思いが集約されているインタビューだと思います。この思いを具現化するには、様々な現実的なハードルが沢山あります。ただ、浅田顕には我々と後援会員の皆様がついています。かつてのような賑々しい活動はありませんが、死んだふりしていざという時は火の玉となって浅田さんを支援する。そんな後援会でありたいと思っています。”

東京五輪を前にもう充分な時間はありませんが、自転車ブームでサイクリスト人口は増えている一方で、自転車文化の一翼を担うプロロード選手の育成が進んでいない。。今、エキップアサダでは、強化選手チーム「EQADSエカーズ」を結成して、若手の育成に力を入れていますが、是非、この活動を支援する取り組みとして、まずは、「エキップアサダ後援会」への加入を、2018年からでいいので、是非ともお願いします!!

また、エカーズの拠点となっている「シクロパビリオン(埼玉県東松山市)」では、脚力やテクニックを磨くことの出来る様々なイベントが行われているので、当店の走行会では物足りなくなった?方は、是非、武者修行のために参加してみてください!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

2018年モデルBASSO展示会情報!

2017年09月21日 | 4. 最新情報!!

昨年、創業40周年を迎えたイタリアンブランド「BASSO(バッソ)」の2018年モデル情報をお届けします!

BASSOは、イタリア以外の国では、ドイツなど販促を積極的に行っている国以外での知名度は意外と低く、日本でも正直、知る人ぞ知るのブランドかもしれません。他人と被らない高品質なバイクに乗りたい方にはピッタリなブランドですが、いかんせん販売しているショップが少なすぎて、知名度は上がっていません。更にカーボンバイクの取扱店となると、千葉県では、当店の他にあと1件のみ。

BASSOの上位グレード「DIAMANTE(ディアマンテ)」と「ASTRA(アストラ)」は、手間ひまのかかるオートクレーブ製法の全工程をイタリアの工場で行われていて、スチールフレーム製作の時と同様の職人気質による手作業で、1本1本丁寧に仕上げられています。 

↑ 最上位グレードの「DIAMANTE SV」。V字断面チューブなど、徹底したエアロダイナミクス効果と剛性の最適バランスを実現。

 

↑ 「DIAMANTE SV」のカラーは全4色。他にマットブラック&アンスラサイト(グレー)があります。

↑ 「DIAMANTE」の新色は人気が出そうな予感!

↑ セカンドグレードの「ASTRA」は、少しデザインを変えての3色展開。ディスクブレーキ仕様もラインナップに加わりました。

↑ エントリーグレードの「VENTA(ヴェンタ)」は、4カラー全て継続モデルとなり、値段も変更なし。(105仕様車248,000円(税抜)、フレームセット158,000円(税抜))

現在、「ASTRA」と「VENTA」は現在庫を展示販売中です!是非、実物を一目見に来て下さい!

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

2018年モデルGIOS展示会情報!

2017年09月20日 | 4. 最新情報!!

本日行われた2018年モデルの展示会は、いずれもイタリアンブランドの「GIOS(ジオス)」と「BASSO(バッソ)」で、まずは、創業70周年を迎えた「GIOS」から、特に新ラインナップをご紹介します!

輸入代理店のHPはこちら ⇒ http://www.job-cycles.com/gios/

↑ 先のプエルタエスパーニャに出場した、コロンビアのプロコンチネンタルチーム「MANZANA POSTOBON」が乗っていたのが、久々にプロロードレース界の場に戻ってきたGIOS!

その主力マシーンは「AERO LITE(エアロライト)」。105仕様で258,000円(税抜)に抑えられていることから、市販用としても人気の車種となっています。ちなみに、8000系のアルテグラ仕様の価格は308,000円(税抜)。

↑ こちらは、70周年を記念したカラーリングの「エアロライト」。ジオスブルーとマンザナカラーがちりばめられたモザイク柄が、特別な意味合いを含んだユニークなデザインとなっています。

↑ こちらも、GIOS70周年を記念したクロモリフレームの「SETTANTA(セタンタ)←伊語で70の意」。ジオメトリは、「コンパクトプロ」を踏襲するものの、コロンバスの特別な軽量チューブを用いて、フレーム単体で1,560gの軽量級!!。価格は、298,000円(税抜)

↑ 「エアロライト」にディスクブレーキ仕様が加わりました!価格は、3万円アップの198,000円(税抜)。前後ともにスル―アクスル方式で、着脱時のロータークリアランス調整は不要に。

↑ ディスクブレーキ車でも、ツーリングや通勤などにお勧めなのが、グラベルロード車の「NATURE(ナチュール)」と「MITO(ミト)」。より自転車の走りの世界を広げてくれる車種です!価格(税抜定価)は、それぞれ、142,000円、115,000円です。

 

↑ 最後は、クロスバイクで、GIANTエスケープの最強の対抗馬とされている「MISTRAL(ミストラル)」のクロモリフレームヴァージョンです! 丈夫さで選ぶなら何と言ってもクロモリ(スチール)バイクですね!価格は、59,800円(税抜)。

上記のいずれの価格もメーカー希望小売価格となりますが、当店では取り寄せ品でも会員割引の対象となります。また、10月21日(土)までにご予約頂いた方には、予約特典もあります!

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

コメント

リドレーFENIXオリジナル車第2弾!!

2017年09月18日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

好評につき、リドレーFENIXのオリジナルバイクの第2弾が出来上がりました!

今回は、レーシングカーの証しとも言える鮮やかなレッドカラーに、MAVICのニューモデルとなるチューブレス(レディ)仕様のキシリウム・エリート・レッドを装着。コンポは105フル仕様(BBはTNIセラミック)。サドルはプロロゴ、シートポストは3Tと、今すぐに即戦力となる強力な布陣です!

これだけの装備をバラ完で作ると40万円近くになってしまうところ、特別オリジナルバイク価格で28万円(税込)を切る価格設定(278,000円(税込会員価格))となりました!(定価ベースから26%OFF)

↑ フレームとハブのカラーコーディネイトの相性は


【仕様詳細】

フレーム: 2017 RIDLEY FENIX 

ホイール: 2018 MAVIC KSYRIUM ELITE RED  イクシオンPRO UST タイヤ(25C)付

コンポ: シマノ105(5800系) クランク170mm 50×34 スプロケ 11-28

BB: TNI セラミックベアリング PF30-24

ハンドルバー&ステム: PZ Racing  400mm(ハンドル幅(芯芯)), ステム長110mm

サドル: プロロゴ CAPPA EVO PAS T2.0

シートポスト: 3T IONIC-25 PRO

バーテープ、アウターワイヤ: カラーをお選び頂けます。

コラムスペーサー:カーボン製(BLK & RED)

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

  にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 

 

 

コメント