シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

西上州300km完走でPBPの参加条件をクリアしました!

2019年04月15日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

4月13日(土)に開催された、AJたまがわ主催の「西上州300km」に参加し完走することができました。これで、今年のSRが取得できたので、2019パリ~ブレスト~パリへの参加資格を得ることができました!

ブルベに参加するためには、週末の店舗営業や走行会をお休みにする必要があり、ご来店予定日を変更して頂くなど、多くの方々にご協力頂いたことを、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

↑ コースは、二子玉川を起点に多摩川&玉川上水を遡り、小沢峠と山伏峠を越えて秩父に入ります。秩父からは最大の難所「志賀坂峠」を越え、上野村を通過したあと湯の沢トンネルを越して下仁田、富岡へ。その後は、意外とアップダウンの多いルートで青梅まで戻り、行きと同じ多摩川沿いの道を戻る約300kmのコースでした。

↑ 秩父のあたりの桜はちょうど満開!国道299号線の本格的な志賀坂峠の登りに入るまでは、楽しい楽しいお花見サイクリングでした!

 

↑ 秩父で美味しい手打ち蕎麦が食べたかったけど、せめて気分だけでも。。

↑ 志賀坂峠にて。眼下に今登ってきた道がよく見えます。この時点で午後2時を過ぎ、早めに寒さ対策をして下山。

↑ 道の駅「上野」は、全面改装されてビックリ!前の建物の方が趣があって好きだったけど、店の数が多くなったようだし、より多くの観光客に利用されるようになるといいですね!

↑ PC1から、ブルベを心底愛してやまないメンバーと一緒に、ゴールまで楽しく走らさせてもらいました!

↑ 今や有名人の”ひるとん”さん。内装3段のママチャリで完走されて、なんとあと600kmを走ればSR!!PBPにも出て欲しいなぁー

↑ アットホームで仲のいい”たまがわファミリー”!! 

マージンがゼロ近くになったこともあったけど、SIN3とばんばんさんの的確なリードで、無理なく1時間以上のマージンでゴール! 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント

ブルベ(BRM316チーバくん600km)参加レポート後半

2019年03月25日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

3月16~17日に開催されたAJ千葉主催「BRM316ぐるっとチーバくん600km」の参加レポートの後半です!

前半はこちらをご覧ください ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/c2c49355612eec65813d06f64adfef07 

霞ヶ浦近くのPC6(セブンイレブン稲敷高田店(272km地点))に着いたのは大体21:00頃で、マージンは3時間弱。

ここから20キロほど先の佐原にあるビジネスホテルの部屋に辿りついたのは23:00頃で、まずはカップ麺を食べつつ湯船にお湯をため、身体じゅうの解凍作業に専念。そして、送っておいた小包を開けて、着替えを済ませる。生きかえった心地で早く寝たいところだが、明日(3時間後)の出発準備だけはしておく。そして、スマホが無いのでホテルのモーニングコールに全てを託す。

約2時間半寝て、ホテルを出発したのは3:00過ぎ。一旦外れたブルベコースまで戻るのに3kmぐらいあり、ここの時点でのマージンはマイナス2時間ぐらい。現時点で恐らく一番最後になってしまったかもしれないけど、それでも、十分に身体を温め直して2時間半熟睡できたのは大きなアドバンテージのはず!ということで、焦らず、淡々と犬吠崎までの真っ暗な利根川の土手沿いの道をひたすら走る。


【犬吠崎(通過チェックポイント1)343km地点~勝浦(同2)439km地点~館山(PC7)524km地点】

誰にも会うことなく、ちょっと人恋しくなってきた頃に犬吠崎に到着。通過チェックポイントとなるセブンイレブンに、この辺りで仮眠をとったと思われる参加者が結構いて、少しホッとする。

そして、こんな明け方にT夫妻が応援に来てくれていて、ますます心強くなってきました!マーモット・ブルベ班のHさんとKさんも少し前に出発したばかりということを聞いて、なんか安心してしまって、ゆっくり朝食をとることに。

勝浦までは、途中20%ぐらいの激坂があったような気がしましたが(夢?)、基本的には九十九里沿いの平坦路。途中、海鮮を売り物にした食事処の看板が多く、いちいちすごく気になるものの、殆どまだ準備中。常に腹ペコな気分に。。

片貝海岸では、バンクシー作と言われている壁画を見たかったが、時間的な余裕は無く、またスマホで写真が撮れないので残念ながらパス。


【勝浦(通過チェックポイント2)~館山(PC7)524km地点】

勝浦の通過チェックポイントでマージンがプラマイゼロとなり、あと残り160kmを新たな気持ちで再スタート。

ところが、鴨川の手前で側道に入るべきところを本線に行きかけ、キューシートを確認していたらキャッツアイ(路上に設置してある反射板)に乗り上げてしまい前輪がパンク。前輪はUST(チューブレス)だったので、空気を再度入れれば復活するかと思いきや、どうしても1気圧ぐらいまで下がってしまう。どうもリムが変形してしまったらしい。このため、チューブレス用バルブを抜いて、チューブを入れて修理は完了。

そして、出発しようとした矢先に、後輪がスローパンクしていることに気付く。これもキャッツアイのせいなのか??タイヤやチューブをみても原因がみつからず、取り敢えずチューブ交換。これで、予備チューブは残り1つ。Co2ボンベは3つ使い果たしてしまった。。

さて、ようやく再々スタートを切り、館山までに少しでも多くのマージンを得るべく、ちょっと本気モードでペダルを漕ぐことに。

すると、上手い具合に試練を与えてくださる神様がいて、房総半島の南端に行くにつれてお見事な向かい風。実は登り坂に比べたら向かい風の方が好きなのだが、半島を回って進行方向が変わっても常に向かい風というのはどういうことか・・・、ちょっとイライラしてしまう。

ずっと下ハンを握っていたこともあり、館山に着いた時には、30分だけのマージンと引き換えに、腰とお尻の筋肉は完全に売り切れ状態に。

<コースマップ(稲敷~館山(シン3作成))> https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=3ce1a776fafb83f32f4aea5ea3fefeab

←パンクのせいで遅くなったと言い訳している図

【館山(PC7)524km地点~袖ヶ浦海浜公園604km地点】

PC7では、スタート時に見送ってくれたAJスタッフのKさんにちょっと心配されながら待ち受けて頂き、「マーモットのHさんとKさんが待ってますよ~」とのことで、イートインで再会!

ここまできたら、あとは落車などのトラブルだけには気を付けて、再び夜間走行の準備をして出発。佐久間ダムへの登りなど、今回のブルベで初めて峠道に差し掛かるが、すっかり暗くなったので、立ちゴケなど些細なミスはしないよう、慎重にラインを選んで進む。

<コースマップ(館山~袖ヶ浦(シン3作成))> https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=611b84e5948ab19df80dc73eb4c4d6bc

↑ 佐久間ダムでは、通過フォトチェック箇所があり、前のグループがいたからその場所が分かったものの、1人だけだったら通り越してしまったかも。

ここからは、長狭街道やもみじロードなど、昼間なら勝手知ったる道なのだが、夜だと全然どこを走っているのか分からず、ただただ、ガーミンに表示される目的地到着予想時刻が気になり始める。45分ぐらい余裕があるうちは良かったものの、30分を切った時にはさすがにちょっと焦りが。。

←PBPを一緒に走るメンバーと同時ゴール!

上総湊近くの海岸線に出てからは、今度は信号が多くなりマージンは減る一方。15分を切るまでは焦るのはやめようと思いつつ、何とか、制限時間の15分前(21:45)にゴールの袖ヶ浦海浜公園に到着。

夜になると再び冷え込みが厳しくなり、こんな寒い中、ゴール受付をしてくださるスタッフの方々に本当に感謝です!

600kmになるといろんな事がありますが、無事に戻ってこれたことに感謝。そして、帰宅するまでがブルベと言われますが、帰りの運転もやはり眠気に襲われ、幕張SAで約3時間仮眠したあと、家には3時頃到着しました。

今回、スマホを無くしたことで余計に心配をかけてしまい申し訳ありませんでした。現地やSNSなどで応援してくれた方々に、改めて御礼申し上げます。


 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント (2)

ブルベ(BRM316チーバくん600km)参加レポート前半

2019年03月22日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

今回、「パリ~ブレスト~パリ」の参加資格を得るため、どうしても完走しておかなくてならない600kmのブルベ「BRM316ぐるっとチーバくん」に参加してきました。

まさに千葉県の輪郭に沿いつつも、東京都、埼玉県、茨城県にちょっとはみ出しながら、ここを走るのか!という迷路みたいなルートから、中川や利根川沿いの直線路を走ったり、九十九里や房総の海岸線を走ったりと、変化に富んだコースでした。

初日にスマホを紛失してしまい、写真が少なめですが、2日間のレポートを書きますので、少々長くなるかもですが、最後まで読んで頂けたら幸いです。

←同じシファックでPBPを完走されたAJ千葉スタッフのKさんと。

【袖ヶ浦~佐倉(PC1)~柏(PC2)72km地点】

出発&ゴール地点は、袖ヶ浦海浜公園。まだ暗い5:00頃に到着して受付をすませ、第1ウエーブの6:00にスタート。市原までは信号も多く、自然と集団での走りになるが、この後平均速度が上げられない地帯に突入するので、少しでもマージンを稼ぐべく、PC2まではそれなりのペースで進む。

<コースマップ(袖ヶ浦~吉川まで(シン3作成))>

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=419269334c8ca1f8fcfa7261865d6f82 

←手賀の丘周回練習コースでお馴染のファミリーマート柏柳戸店(PC2)

【柏~浦安(PC3)~五霞(PC4)181km地点】

一旦北上した柏から浦安まで南下するコース取りになるのだが、ここが序盤の難コース。こんな狭い道がコースなの?という箇所が多く、最初はオリエンテーリングみたいで楽しかったものの、道を間違える度に時間と体力が少しずつ削られていく感じで、この難コースを作って頂いた方を本当に尊敬! 

浦安を出発した後は、TDLをかすめ、江戸川と中川に沿って北上する少し土地勘のある場所。潮止橋から先の中川沿いは未知のエリアで、道幅が狭いものの交通量は少なく、なかなか牧歌的?な感じで、そのうち走行会のルートにしてみたいと思います!

関宿橋近くまでやってくると広い一般公道に出るので、集団のスピードが自然と上がり、向かい風にもかかわらず35km以上で引く人がいて、「600kmなのに速いペースですね!」と声をかけたら、これまでスピードを出せなかったから脚を溜めていたとのこと!!

←PCのトイレは込み合うので、勝手知ったる旧江戸川の常夜灯公園で一休み。

【五霞~柏(PC5)~稲敷(PC6)272km地点】

五霞から犬吠崎までは、利根川に沿って海まで下って行くコース設定だが、途中、利根運河や霞ヶ浦にも寄る変化のあるコース。

<コースマップ(吉川~稲敷まで(シン3作成))>

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=b9d24c2b2b03bb40a9696b61159f0f1b

五霞を出た頃から何となく怪しげな雲行きになってきた。午前中の雨予報が外れ、もう降ることはないと思いこみ、シューズカバーと下のレインウエアは車に置いてきてしまっていた。

ここで大雨男ぶりを発揮しようとは本人も思っていなかったが、雨宿りする場所もない利根川堤防下の道路で本格的などしゃ降りとなり、すぐに止むと思ってそのまま走り続けたものの、一旦止んでもまた降りだす始末。芽吹大橋を渡り、利根川右岸から利根運河に入ったところまでずっと降りっぱなしで、何とか利根運河終点の水門がある東屋に逃げ込む。ここで、あまりの寒さのため、ありったけのウエアを着込むことに。

ただ、この際に、どうもスマホを落としてしまったらしく、このあとしばらく音信不通状態に。。

再び柏まで戻ってきたところにあるPC5で本当にスマホが無いことを悟る。雨に濡れて寒いのとスマホを無くしたショックで、ここから自宅まで10kmぐらいだしDNFしたかったところだが、PBP参加がかかっているのでその選択肢はなし。まずは、暖かいスープを飲んで、気が抜ける前にPC5を出発。

PC6の稲敷までの約40kmは、真っ暗な農道の中を右に行ったり左に行ったり。幸い雨は止んだが、身体がますます冷えてくるため、ひたすら軽いギヤをくるくる回して身体を温めるしか方法はなし。

ようやくPC6についたところで、”生存確認”情報を発信してもらうため、フェイスブックでのタグ付けをAJ千葉スタッフのSさんに依頼。

そして、この時、6:15出発の第2ウエーブでスタートしたHさんがPC6に到着。ようやくスマホを無くして連絡が出来なかったことを伝えることができ、これで、安心して予約してあった佐原のホテルで仮眠ができそうだ。

続き(後半)はこちら⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a7f0f1f4909bbba4eb4e0f826c5d5bca

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント

今週末はブルベ「チーバくん600km」参加のため、土日ともに臨時休業いたします。

2019年03月12日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

「パリ~ブレスト~パリ」の参加資格となる2019年のSR(スュペール・ランドヌール)獲得のため、あと残されたブルベは300kmと600km。3月に600の方に挑戦するべく、今週末に行われるAJ千葉主催「BRM316千葉600kmぐるっとチーバくん」参加のため、納車や商談、メンテナンス等でお待ち頂いている方には大変ご迷惑をおかけいたしますが、16日(土)~17日(日)の両日ともに臨時休業させて頂きます。

さて、コースは地図をご覧頂いたように、千葉県の輪郭を辿るように袖ヶ浦を起点に時計回りに走り、勝手知ったる東葛地域や走行会などで走ったことのある道も多いのですが、その分、今回は寄り道や観光などはせずに、もくもくと確実に距離を稼ぐ予定です。

ただ、居眠りによる危険走行は避けたいので、中間地点辺りにある佐原市内のホテルを予約してあるので、ここでしっかり睡眠をとる予定にしています。

今回のコースをキューシートとともに勉強していたところ、親族や知り合いの家の近くをたくさん通るようで、ただし、ここに寄って、例えば食事や飲み物をもらったり、仮眠などをさせてもらうのは、ブルベのルール上ではPC以外での特定の者のみに対する便宜供与となり許されないので、本当に今回は寄り道一切無しで、ひたすら前に進むのみとなりそうです。

スタートは16日(土)6:00~6:30のウエーブスタート。ゴールは、制限時間(40時間)より2時間前の17日(日)20:00頃の予定です。マーモット・ブルベ班から、Hさん、Kさん、Sさん、Nさんがエントリーしていますので、声援をお願いいたします。

なお、途中経過をブログにアップするのは難しいので、フェイスブックの個人ページ(馬場善久)又はインスタグラム(yoshihisa.baba)をフォローして応援頂けたら有難いです!

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント

ロングブルベではハブダイナモ以外は考えられない!

2019年03月10日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

先日の沖縄での400kmブルベで、Son28のハブダイナモにブッシュ&ミュラー「LUXOS」のライトを使用してみたところ、さらに暗い道を走ることになる「パリ~ブレスト~パリ」での使用はマストであることを実感しました!

ある研究レポートによると、Son28の負荷は、点灯時やバッテリーチャージ時に約7ワット、点灯していない時は約1ワットということで、言われなければ気がつかない程度。

その代わり、ガーミンのバッテリー残量を100%の状態で維持することができ、常に明るくバックライトを照らせるのは夜間走行ではとても助かります!さらに、ガーミン以外にもバッテリー充電器に蓄電させて、安全にスマホなどに充電させることも可能です。

そして何より、バッテリーライトの場合に必要となる、予備バッテリーや予備電池の携行が不要となるメリットは大きいです!

←「LUXOSの欠点は、キャッシュバッテリー搭載のため大きさはエデュルクスの2倍以上」

写真左のSON「エデュルクスII」との明るさ比較を沖縄で試してみたところ、「LUXOS」の方が20ルクス暗めですが、キャッシュバッテリーに電気を蓄積させていれば、"Beam Boost"の使用で、デュルクスIIと同じ90ルクスまで明るく照射することが可能。なお、約20km以上で走っていれば継続してBeam Boostの使用が可能のようで、ただし、この間は、他の機器への電源供給は止まるので、バッテリー充電器への給電は昼間に行っておく必要があります。

照射角度については、両者ともにワイドかつ対向車に迷惑にならない配光。偏りの無い明るさは、下りカーブを含め、ナイトライドをより安全なものにしてくれます!

沖縄では一晩のみの走行だったためスマホに充電する必要が無かったのですが、来週末に開催される「BRM316千葉ぐるっとチーバくん600km」では、二晩走行することになるので、スマホや補助用ライトのキャットアイVOLTへの充電も試みておきたいと思っています。

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

コメント

飛行機(JAL)輪行の予行練習

2019年03月01日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

先日参加した沖縄のブルベでは、「パリ~ブレスト~パリ」を意識していくつか試行したことがあったのですが、そのうちの一つが飛行機輪行。

フランスに行く際は、直行便であることと、空港でレンタカーを借りるのに便利なターミナル2に到着する便であるという条件があったので、同行して頂く方には半強制的に日本航空(JAL)のチケットを予約して頂いてますが、そのJALの預け入れ手荷物の大きさが3辺で203cmを超すと超過料金が発生するので、今回はその規定以内に収まりそうか否か試してみました。

3辺203cmというのは、ロードバイクを分解して入れるのに本当にギリギリのサイズで、今回は、店にあった空き箱(縦95×横24×高さ75 計194cm)で試してみました。

両輪を外し、ステムを抜き、リア変速機を取り外して、とりあえず箱に入れてみたのが上の写真です。ハンドル&ステムの位置をどこに持ってくるかがポイントで、この点、無線コンポのeTapは無敵です!バッテリーの取り外しが簡単で、機内持込みの手荷物に入れることもできます。

もう少し箱にゆとりがあるとホイールが楽に入りそうで、出来たら横幅は27cm欲しいところ。縦幅もぎりぎりで、RDハンガーが箱の向きによっては当りそうだったので、念のため取り外しました。

養生をし、バッグ類やシューズ、ヘルメットなどなどを隙間に詰めていきます。ちなみに許容重量が23kgなので、詰め込み過ぎに要注意。

ショップでもなかなかちょうどいいサイズの箱があることは稀で、強度的に少し弱くなりますが、適当な大きさにカットするなどの加工・成型が必要になります。

なお、上記のような折りたたみ式の市販されている箱(QbicleバイクポーターPRO)もありますので(当店で取り寄せ可)、海外に行かれる場合は是非ご検討ください!

 

ちなみに、国内線(LCCを除く)の場合ですが、布地の輪行袋でも超過料金無しに運んでくれるようで(他の参加者からの話)、しかも通常荷物とは別のコンテナで優しく取り扱ってくれる感じもします。今回、帰りの羽田空港では、自分の自転車と明記した箱がスーツケースと同様にターンテーブルで流れてきてしまったこともあり、国内の場合は、もしかしたら輪行袋の方が良さそうな気が・・・

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

コメント

光量の確保と充電対策の要はやはりハブダイナモ!

2019年02月22日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

「パリ~ブレスト~パリ」と国内ブルベの装備品の一番大きな違いは、バッテリー対策用品ではないかと思われます!

照明関係では、フランスは街灯が少ないので、夜間は常にライトを最大光量にして走る必要があり、バッテリー式のタイプだと、夜が短い欧州の夏とはいえ、4回夜を迎えることになるので、予備バッテリーを相当数持って行く必要があります。

また、GPS機器やスマホなども、走行時間が80~90時間に及ぶことから、例え、GARMIN1030に拡張バッテリーを搭載しても半分しかもたないことは確実。国内ブルベだと、ホテルを利用して仮眠中にバッテリー充電させることも可能ですが、「パリ~ブレスト~パリ」では6,000人を超える参加者がいて、仮眠所は用意されているものの仮眠中のバッテリー充電はほぼ不可能と思われます。

← 走りながら発電できるハブダイナモなら、常に最大光量で走ることができ、また、日中でも、天気の悪い日や市街地などでは点灯させて走った方が絶対に安全。さらに、発電した電力をGPS機器やスマホに給電することも可能に!

なお、このような給電システムを作るには、ある程度電気関係に詳しくないと難しそうですが、ブッシュ&ミューラーの「USBウェルク」という5V直流に整流して蓄電&給電を可能にするキャッシュバッテリーか、今回使用した、同様の機能をもつ同社のライトシステム「LUXOS U」を使用すれば、誰でも取付け可能です。

少し試用してみたところ、約20kmの走行(ライト不使用)で、ガーミンの拡張バッテリーの容量が約1/4増えたので、簡単に換算すると、約1時間の走行でガーミン5時間分の稼働電力が得られた計算です。

← 直接、スマホへの充電も試みてみたところ、ライト不使用の昼間走行約3kmで、スマホの電池残量が3%増加。ちなみに夜間走行でも(但しライトは20ルクスに低下)昼間と同じ量の給電が行われました。(給電モードに達する時速(約15km/h以上)であれば、100mA以上での給電が可能になるとのこと)

←LUXOSのボディはちょっと大きめ。

← 「LUXOS」の明るさに関しては、今まで、SON「EdeluxII」の明るさ(90ルクス)にとても満足していただけに、「LUXOS」の70ルクスはちょっと暗い印象。また、給電時は20 LUXまで落ちてしまうので、給電するなら昼間しかなさそうです。

来週、26日火曜日開催のランドヌール東京主催ブルベ「BRM226ぐるっと沖縄400km」で、実用試験を行ってきたいと思ってますので、その結果またご報告します! 

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」でブログの最新情報を常に確認できます!

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

PBP先行登録に次いで宿と移動手段の確保!

2019年01月29日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

PBPの先行登録(Pré-inscriptions)による優先エントリーについては、昨日からBRM600km認定者の受付が始まり、PBP参加予定の方はほぼ登録を済まされたことと思います。現時点でまだ2,000人以上の空きがあるようで、400km, 300kmの認定者にも先行登録の可能性がかなり残されています!

さて、先行登録のあとは、正式エントリーに必要な条件(2019年に200,300,400,600km全ての認定を取得したSR(Super Randonner))をなるべく早めに取るべく、寒い季節から頑張らざるを得ないのですが、他に必要なこととしては、早く参加日程を決めて、宿とフライト、そして現地の交通手段を確保することが重要。

6,000人以上が集まるイベントで、今回のスタート&ゴール地点がパリから50km以上離れたランブイエという小さな街になったということから、特に宿については争奪戦が繰り広げられているようです。パックツアーというものはないので、自力で確保する必要がありますが、オダックス・ジャパンが依頼した旅行会社が、スタート地点から遠くない位置に40部屋ほど確保している(た)との情報があるものの、日本人の参加人数からすると十分ではなさそうです。

今回、自分を含め4名分のみとなりましたが、パリに住んでいる友人に頼んで、ホテルではなく民宿を手配してもらいました。スタート地点まで約20kmぐらいの場所で、部屋数はわずかに3つなので貸し切りです!その代わり夕食は無いので、食いっぱぐれないように注意せねばなりません!

あとは、空港から宿までと、宿から前日受付&スタート地点までの移動手段ですが、ここは迷わずレンタカーをチョイス。パリ駐在中の3年間で5万キロ運転した経験や、「ラ・マーモット」でもレンタカーを活用したことがあるので。でも、やっぱり、空港から約100kmとはいえ、宿まで無事に辿りつけるのかがちょっぴり不安。。いざとなったら、ロードバイクを組み立てればいいし心配ないかな~と♪

レンタカーの機動力は、レストランやスーパー等への移動、ドロップバッグ依頼場所への移動、DNFとなった場合の救助、観光などなど、いろんな用途が考えられるので、やっぱり選択肢から外せないです。

あと、フライトは、全員JALの直行便を選択。ロストバゲッジなどのトラブルは絶対避けたいのと、レンタカーを借りるのに便利なターミナルに到着してくれるのがその理由です。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

【パリ~ブレスト~パリ】まずは先行登録の受付から!

2019年01月15日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

4年に1回フランスで開催される自転車の祭典ともいわれている「パリ~ブレスト~パリ(約1,200km)」は、ブルベを行う人達が一度は完走してみたいと願うビッグイベントで、日本のみならず世界各国で参加を希望する人達が増えているようです。

シクル・マーモットブログでは、このイベント参加への準備段階から大会当日の様子まで、開催される8月までの約半年間、レポートをさせて頂けたらと思っておりますので、続けてご覧頂けたら幸いです。

主催者(ACP:Audax Club Parisien)では、人気が高まっていることを背景に、前回の大会から先行登録(Pré-inscriptions)方式を採用して、より完走率の高い参加者に絞るべく、昨シーズン中に1200又は1000kmブルベの認定を受けた人から優先申し込みの権利が得られる先行登録を行い、順次600,400,300,200kmという流れで登録が行われていきます。この登録をした後に、参加条件となる今シーズンのSR(200,300,400,600km)を取得しだい、本申し込みを行うというシステムになっています。

その先行登録は昨日から開始され、1日だけで約1,700人が登録済になったようで、定員6,000人の半分くらいまで1200/1000kmの認定者で占められそうな勢いです。このため、600kmでの先行登録(1/28~)を予定している方は、より早く確実に手続きを済ませる必要があります!なお、申請の際は、完走予定時間別のカテゴリーや出発希望時間を予め決めておく他、BRM認定番号や連絡先情報、クレジットカードを手元に用意しておいてください。また、英語と一部仏語が必要になるので、グーグル翻訳などを使える状態にしておくと安心です。

http://www.paris-brest-paris.org/index2.php?lang=fr&cat=inscription&page=comment_sinscrire

 

【追記:先行登録日前までに是非アカウントを先に作っておいてください! こちらから⇒ https://inscription.paris-brest-paris.org/

 

このように、”世界最高峰の自転車の祭典”だけに、エントリー峠もなかなかの厳しさがあるようです。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント