シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

千葉県松戸市のロードバイク専門ショップ~江戸川サイクリングロードのすぐ脇!松戸駅西口からも600m

2019パリ~ブレスト~パリのDVDお貸しします!

2020年01月30日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

2019パリ~ブレスト~パリ(PBP)のDVDが届きました!

しばらくの間は店内にて映像を流しますが、ご希望の方がいらっしゃいましたらお貸ししますので、ご連絡ください。

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス

ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

 

 

コメント

ラジオポワロでPBP参加インタビューの放送が始まりました!

2019年10月10日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

★一昨日に収録したばかりのPBP(パリ~ブレスト~パリ)参加インタビューのラジオ放送(ラジオポワロ)が、下記のHP上での配信が始まりました!

【 今週のゲスト 】 まつどやさしい暮らしラボ市民記者 千葉淳さんの記事とのコラボ企画第二弾。 「松戸発 サイクリストの 夢のパリ ~1200km走る4年に一度のサイクルイベント挑戦~」 に登場する「パリ-ブレスト-パリ」に挑戦した馬場さん、陳さん、小玉さんに お越し頂きました。

http://www.fmmatsudo.com/2019/10/10/%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%9d%e3%83%af%e3%83%ad-%e7%ac%ac362%e5%9b%9e/

★30分番組の約半分を割いて頂き、編集なしのノーカット版となっています。PBPの雰囲気を少しでも多くお伝えできたら幸いです。小玉さんの詳しい解説と陳さんが熱く語る美声が聞けますよ!なお、準公共放送ながら、さりげなく「シクルマーモット」の宣伝も。

★今回のラジオ放送に当たっては、「まつどやさしい暮らしラボ市民記者」千葉淳さんの記事が元になっていまして、千葉さんには、今回のPBPを取り上げて頂き、限られた紙幅の中で、分かりやすくPBPを記事にして頂き、この場を借りて御礼申し上げます。

こちらの記事もラジオと合わせて是非ご覧ください!⇒ http://matsudo-yasashii-labo.jp/theme05/14402.html

★そして、PBPに興味を持たれた方は、私がブログに書いた2019PBP参戦記も是非ご一読ください!⇒ 

https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/21ae4a71da365f1154cf42f33327a780?fbclid=IwAR2akJmCfRCk7xG1CKzZrXf977zzbtGvTwB5fhqnXVKqfKIo5KBiOoWmw0w

★ラジオポアロは、『松戸市を元気にする情報、よもやま話、全然関係ない話もお送りするポッドキャストラジオ。 松戸市にコミュニティFM放送局の開局を目指して奮闘中』とのことで、FM放送になったら台風の際の防災情報などにも必ず役に立つはず。皆さんからの支援&視聴を宜しくお願いいたします。<店内随時放送を検討中!>

★今後とも、ロードバイクのいろんな楽しみ方について、メディアを含めて松戸から多く発信できるよう頑張っていきますので、「シクル・マーモット」を今後ともご愛顧頂きたく、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

コメント

PBPの道中で1泊させて頂いたMさんファミリーです!

2019年10月03日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

復路869km地点のタンテニアック(TINTENIAC)というPCのあった街で、仮眠所を含む全施設がクローズされた後の22:00頃、偶然居合わせたボランティアスタッフの友人Mさんに親切にご自宅に泊めて頂いたのですが← https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/861dc9f86d8f9c9705778eb0cad37d46

帰国後も何回かメールでやりとりさせて頂き、先日、愛車リドレー・オリオンで初のトライアスロンに挑戦された時の家族写真を送って頂きました!(ご本人に了解を頂いてブログアップさせて頂いてます。)

到着が遅かったので、お子様2人には会えなかったのですが、Mさん夫妻の歳からして小さな子供達を想像していたら写真を見てびっくり!!家族総出での応援ならパパは頑張っちゃいますよね!!

PBPのような大きなお祭りイベントだからこそ、このような素敵な出会いも生まれるのだろうなとPBPに本当に感謝です!

↑ もちろん、Jさんの夜中まで頑張ってPCまで辿りついた姿に、Mさんの心が動かされたのは言うもまでもありません!!

↑ Mさんの趣味部屋にて男同士で自転車談議!

↑ バイクは大きな倉庫の中に停めさせてもらいました。

 

夜中のわずかな時間の滞在だったのであまり写真がありませんが、昼間だったら、丘の上に建つ大きくて優雅な邸宅と中庭、そして素敵な眺望が見られたことと思います!4年後にまた是非。。。

 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

 

 

コメント

松戸市の広報活動HPにPBP参加レポートが掲載されました!

2019年09月30日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

松戸市の広報活動の一つ「まつどやさしい暮らしラボ」のHPに、「松戸発 サイクリストの 夢のパリ ~1200km走る4年に一度のサイクルイベント挑戦~」と題した記事が掲載されました!

8月にフランスで開催された4年に1度の”サイクリストの祭典”とも呼ばれる「パリ~ブレスト~パリ(PBP)」に、松戸市民の中から参加された4名(他にもいらっしゃるかもしれませんが。。)を、市民記者の千葉さんに取材して頂き、PBPがいかに大変で、でも楽しいか!?について、とても分かりやすく書いて頂きました!

是非、こちらのサイトをご一読頂けたら幸いです ⇒  http://matsudo-yasashii-labo.jp/theme05/14402.html

 

↑ 出発前にお店で取材頂いた時の4人。少し緊張感が・・・・

 

↑ 帰国してから最初の走行会で、皆さんから完走を祝福して頂きました!

↑ 1週間後に開催した「マーモット・ブルベ班」の報告会にも千葉さんに取材に来て頂きました(於:パストール)

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

 

 

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記⑨(ホテル峠&打ち上げ&シャルトル観光&出国)

2019年09月05日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

今回のPBPでは、制限時間をかなりオーバーしたものの、その分いろんな経験をすることができました。また、自転車の故障をはじめ大きなトラブルもなく、無事にランブイエにたどりつき、念願のメダルも何とかもらえて、目標としてきたことはほぼ100%達成!! と思ったら、一気に体中の力が抜けてしまった。

しかし、宿で待ってくれているHさん、kさんが心配していると思いすぐに連絡を入れる。レンタカーでの迎えが必要かとのメッセージをもらっているのに気付き、Jさんとも相談するが、少し食事をしてから帰りたいのと、慣れない運転でせっかく来てもらってもうまく会えない可能性があると思い、自走で帰る旨連絡。

あいにく、この日は土曜日で朝から食事が出来るところが少なく、肉屋さんの店先のテラスに腰をおろして、肉屋さんならではのテイクアウト料理と鶏のローストで、宿までの約15キロの道のりに備えました。1,219km走ってきたのに、この15kmが気分的にかなりツラかった。

↑ なんか、ボーッとしていたので自転車通行可の歩道を走るがすぐに終わってしまい、とにかく車道のセンターラインに寄らないように走る。前日受付の際に車で運転した道だから覚えていると思ったが、意外と道を覚えてなく、Jさんのナビを頼りに、2ヶ所の激坂区間(ホテル峠)を乗り越えて、何とか1時間以上かけて宿に到着。門から入ったところでKさんが出迎えてくれて、正真正銘のゴールシーンを撮ってもらいました!

 

↑ 早速、シャワーを浴びて、3時間くらい仮眠したのち、荷物整理。そして、夜は宿のダイニングテーブルを貸してもらって打ち上げをするべく、近くにあるスーパー(オーシャン)まで買い出しに行く。フランス最後の晩餐ということで、フランスならではの血のソーセージやら生ハムやら、みんな好きなものをカゴに入れてもらいました。

乾杯に冷えたビールが欲しかったが、スーパーには冷やしたビールは売ってなく、冷えてなくても飲めそうな、ブルターニュ名産のシードルで乾杯することに。そしたら、なんと宿の主人から冷えたシャンパンのプレゼントが!!

落車による怪我もあり途中で折り返しDNFとなったHさんも900kmほど走られており、時間内完走したKさんともども、語り尽くせぬほどの思い出話は、結構夜遅くまで続きました!

↑ 3部屋&ダイニング貸し切りで、いろんな要望をも聞いてくれた民宿のご夫妻には本当にお世話になりました。

↑ そして、この宿の手配をしてくれたフランスの親友のAさんに心から感謝です。今度、来日される機会があったら、富士山に是非登りに行きましょう!

↑ 翌朝は8:00に食事をとり、すぐにバイクパッキングにとりかかる。なかなか行きに入れた方法と同じ様にいかず、ならば帰るだけだし、さらに分解してしまえばいいや!ということで、何とか箱に納める。

↑ 出発準備を終え、ホッと一息。宿のご夫妻は旅行に出て行ってしまい、イケメンの息子さんに見送ってもらう。

↑ レンタカーもあるし、少し時間に余裕が出来たので、世界遺産のシャルトル大聖堂まで行ってきました!中世の街並みが残るが、坂道がやたら多い。。

↑ ちょうどお腹がすいてきて、大聖堂前のレストランで、400gぐらいありそうなステーキプレートで、疲労回復を図る!

↑ 大聖堂というとパリのノートルダム寺院の火災を思い出すが、このシャルトルの大聖堂も半分を消失させるほどの大きな火災が過去にあったとのこと。

大聖堂を見学したあとは急いで車にもどり、空港へ急ぐ。高速だけならすぐに着くかと楽観していたら、ナビは国道に一旦降りて、A86という近道ルートを指定してきた。国道は信号もありちょっと渋滞していて、フライトの時間がやや心配になってきた。やっと高速のA86に入ったところで、なんと、2mの高さ制限のポールが出現!高速なのにかなり低い!!

急いでブレーキを踏んでポールを恐る恐るくぐってみると、ぶつかりはしなかったが本当にわずかな余裕しかない。後で調べてみたが、フォード・トランジットの高さは1.85mということで、15cmしか天井との間にすき間がないことになる。。。

しかし、もはや前進するしか選択肢はなかった。なるべくゆっくり目に走るが、天井にぶら下がっているサインが眼前に迫っては後ろに飛んでいく、まさにスターウォーズ状態。路面の凸凹には気を遣い、可能な限り車体が縦方向に跳ねないように気を付けた。

眠気は完全に吹っ飛び、心臓が飛び出そうな気分だったが、助手席のHさんはもっと恐かったかもしれない。後ろの席のKさんとJさんは多分気付かなかったかも?トンネルは数キロ続き、少なくとも10分間以上は生きた心地がしなかった。

あとは帰りのフライトも羽田からのリムジンバスも快適で、お陰さまで無事に松戸まで帰って来ることができました。

 

ここまで、ずっと読んで頂いた方に感謝申し上げます。これを読んで、PBPのみならずブルベに興味を持って頂けたら深甚です。でも、もしかしたら、ちょっと過酷な話しが多かったので引いてしまわれたかも。。

今回のPBP参加に当たっては、店舗を長期休業させて頂くことから多くのお客様のご理解とご協力を賜り本当に有難うございました。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

↑ 当店でPBPのためのスペシャルバイクを作ってくださったJさんには、ブルベの先輩として自分をPBPまで導いてくれて感謝しています。今回、メカ的な面と英語&少しの仏語についてはサポート出来たと思っていますが、時間配分や補給、睡眠といった進行管理に関しては任せっぱなしで、大変お世話になりました!極限状態で意思疎通がうまくいかなかったこともあったけど、お互いに助け合いながら、完走という最大の目標が達成できて良かったです!本当に有難うございました。

 

↑ 1週間後に、マーモットブルベ班でPBP報告会を行いました。偶然にも同時ゴールとなったAさんにも遠くから参加頂き有難うございました!

↑ みんな、それぞれの思いが込められた完走メダルを手にして、満面の笑顔で、はいポーズ!!

 

 

☆ 第1話(空港からホテルへ)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/21ae4a71da365f1154cf42f33327a780

☆ 第8話(5回目の夜は最大最強の睡魔と時間との闘い。。)はこちら⇒

https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5d7f3be0590f486153dbf1c472a46932 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

 

コメント (2)

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記⑧(5回目の夜は最大最強の睡魔と時間との闘い。。)

2019年09月04日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

ドゥニさんのお宅を出発したのは朝の5時で、約6時間滞在させてもらいました。睡眠は4時間以上とれ、シャワーもスタートしてから初めて浴びることができて、本当にリフレッシュ!! いくら感謝しても足りないくらいでした。ただ、着替えだけはルデアックに置いてあったドロップバッグから取り出せなかったので、5日間そのまま・・・・(さすがJさんは往路のルデアックで即行で着替えた模様)

さて、この他、ドロップバッグから取り出せなかったのは、スマホ充電用のバッテリーや、眠気防止のためのサプリメントや補給食、ホッカイロなどなど。スタート時の装備のまま1,200kmを走り通さなければならなかったのはかなり厳しかった。 。ただ、ハブダイナモからの給電で、ぎりぎりながら全てのバッテリーをもたすことが出来たので、本当にハブダイナモさまさまでした!

↑ 少し大きな街に入れば、ブーランジェリ(パン屋さん)が朝の7時頃にオープンし、焼き立ての美味しいパンが食べられます。ここ(SENS-de-BRETAGNEという街だったか?)のパン屋さんは菓子パン類も豊富で、PBPで立ち寄った中で一番のお気に入り。

↑ 923km地点の「フジェール(FOUGERES)」のPCに着いたのは11時半過ぎ。殆どの機材が片付けられていて「コントロール」の看板も撤去寸前。スタンプも無かったが、暫くして1人のスタッフが「こっちへおいで!」ということで、押してもらうことができました!

↑ 今回、走行上で一番危ないと感じたのがロータリー交差点。もともと馬車用に作られたものなので、車のスピードだと大事故につながることもしばしば。パリ市内を除き殆どはロータリー内の車両が優先され、進入する側は一時停止しなければならないが、交通量の多いところでは、車の周回スピードが速いため進入するタイミングを見極めるのは車同士でも難しい。ましてやスピードの遅い自転車だとさらに厳しい。。

↑ トイレを探すのもPBPでは大きな課題の一つで、ボランティアで水や食料品を提供してくれる人達に頼むのもありだが、やはりトイレまで貸すことにはきっと抵抗があるに違いない。礼儀としては、「Je cherche des toilettes publiques(ジュ・シェルシュ・デ・トワレット・ピュブリック)」と公共のトイレが近くにないか聞いてみてから、次に、もし可能ならという言葉「Si possible (英語のIf possible)」を付けて、お宅のトイレを使わさせてもらえますか?という頼み方は最低限必要と思われます。ただし、借りられるのは女性のみと思ってください!! 

↑ 約1,000km到達記念ということで、PBPで初めてレストランで食事!前菜、メイン、デザートのムニュ(セットメニュー)で12ユーロ。しかも、PBP参加者は20分以内にサ―ブしてくれるとのこと!ただ、他の人より先に料理が運ばれてくるので、隣の席から冷たい視線を感じ、一応謝ってみたら、写真を撮ってくれたり、再スタート時に励ましてくれたりと、やっぱり、コミュケ―ションは大事だなぁと感じた瞬間でした。

 しかし、自分はネムネムの情けない顔。。なのに、

↑ Jさんは1,000キロ走ったとは思えないほど、疲れが顔に出ない!! 

↑ 次のPCは1,012km地点の「VILLAINES-la-JuHEL」で、19時頃に到着。建物のシャッターは閉まり、誰もスタッフはいない。とうとう、ここで通過チェックの記録が途絶えてしまう。一応、証拠写真を撮っておく。Jさんは時刻も書き留めていた。

台湾人の参加者から、明日の9時までにランブイエに戻れば、時間内完走の認定はもらえないけれど、メダルはもらえるかもしれないとの情報をJさんは得ていたようで、この辺りから、Jさんの時間管理が厳しくなる。。。 

 

↑ 最後の晩は、時間はないしホテルなどの宿泊施設に泊まることは不可能。夜通し走るための食料を調達すべく食料品店を探すが、なかなか大きな街はなく、運よく通りかかったサイクリストの紳士(60歳くらい?)が、10kmぐらい離れたPBPルート沿いの街まで一緒に走って、スーパー(カルフール・エクスプレス)まで連れていってくれた。何回かPBPに出たことがあるらしく優しい方だった。

スーパーで買ったものは、トマト、リンゴ、モモ、オレンジ、そしてマドレーヌがたくさん。なんかもう、こういうものしか受け付けられないくらいに身体がダルくなっていたが、果物から摂取するビタミン類は本当に身体が喜んでくれたようだ!

 

↑ 5回目の夜は本当に長かった。。1,097km地点のPC(モルターニュ(MORTAGNE))に着いたのは22時半ごろ。もちろん誰もいるはずがない。次のPCとなる「ドル―(DREUX)(上の写真)」までの約80kmは、また童謡の替え歌合戦をしてみたり、大声を出してみたり、100mダッシュを何本が繰り返してみたり、しかし、何をやっても脳が完全に寝てしまっていた。後ろからJさんが、「センターライン割ってる!」、「右!」、「左!」、「対向車!」など、暗闇の中でいろいろ注意を促してくれて命拾いしたが、時折、声がしなくなることも。Jさんも結構辛いのかもしれない・・・。

↑ パリに近づいたら暖かくなるかと思いきや、この日の朝の気温は4~5度くらいで霜が降りていた。殆どのPBP参加者はゴールして爆睡していた頃と思われるが、ほんの少人数だけどまだまだ睡魔と闘っている参加者がいたのでした。仮眠は森の中は恐いので、街の中で。特に教会近くはスペースがあって寝易かった。しかし、すこぶる寒くて眠れず・・・。星は綺麗だった。

Jさんから、「危険だし、辛いようだったらメダルは諦めて、ゆっくり休んでからランブイエに向かいましょう」という優しいサジェスチョンもあったが、その語気はちょっと強くもあり、ここで諦めたら、何のためにここまで一緒に走り、また、PBP完走をシミュレートしながら練習目的で走った「ハート400km」のブルベや榛名山往復のチャレンジ走行会で頑張った意味がなくなってしまうので、この時、”ペダルを止める”という選択肢はあり得なかった。

 

↑ やがて、幻想的な朝霧が立ちこめる田園風景とともに夜が明けて、あと20~30km走るのみ! 

↑ ランブイエの手前は地味に登る坂道が続き、ここで何度か路肩の草むらに落ちそうになってしまったので、「1分だけ時間ちょうだい~」と言って立ち寝を2回ほど。ゴール直前に無駄に登る坂があったりとルート設定者を恨んだが、なんとか15分前の8:45分に到着。

まだこの時にはゲートが撤去寸前ながら残っていて、そして、何とそこにJさんの友達のAさんが出迎えてくれた!・・・・のではなく、彼女も約110時間費やしての粘りのゴールだったとのことで、本当に偶然の同時ゴールでした!

自分達は、とにかくメダルをゲットするため、ゲートで写真を撮るよりもまずは事務所に駆け込まなければ・・・と会話もそこそこに先を急いだ!

 

↑ しかし、事務所にいたのはボランティアスタッフのみで、もうメダルは無いとの返事だった。。それでもゼッケン番号や名前などを控えてくれていたので、後日、メダルを送ってもらえるのかと思ったが、それは関係なかった。。最後の夜に頑張った労力は、残念ながら110時間30分でランブイエに戻ってきたという申告を事務局に伝えるのみに終わった。。

 

↑ 悔し涙を流したJさんの表情から察してくれたのか、10分ほどした後に、英語が堪能な正規スタッフが事務所に来てくれ、一応、走行経緯を伝え、「何とか時間外でも記念になるものがあったら嬉しいのだけど」と言ったところ、完走メダルを授与してもらえることになった。もちろん、認定時刻欄に数字が入ることはないが。。。そして、未使用の案内板も記念に持たせてくれました!

 

※無事にゴールしてホッとしたのもつかの間、まだ話は終わりません!宿まで激坂越え含む約15kmの道程を帰られねばならぬのと、予備日が1日無くなったので、明日帰国するための準備をすぐにしなければならず。。。次回は、よく言われる『家に帰るまでがブルベ』ということで、日本到着までをレポートをします。実は、「ここを通らないと飛行機に間に合わないぞ!」という危機が、多分Hさんと自分しか知らないのですが、あったのです!

 

 

第7話(PCクローズ後のPBPはサバイバルイベントに)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/861dc9f86d8f9c9705778eb0cad37d46

第9話(ホテル峠&打ち上げ&シャルトル観光&出国)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5b1c82c312e590ed98921141826d2866

 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記⑦(PCクローズ後のPBPはサバイバルイベントに・・・)

2019年09月03日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

783kmポイントのローディアック(LOUDEAC)のPCに着いたのは、昼過ぎの13:00。制限時間からは、もはやマイナス12時間。予想通り、PC施設内はもぬけの殻となって、シャワールームも閉鎖されていた。もちろん、日本の旅行会社が手配してくれていたドロップバッグは引き上げられていた。。

 

↑ 施設内は使えないため、施設外に机を移動して、ボランティアの少年が、パリに戻る制限時間を超えた参加者のブルベカードにスタンプを押し、丁寧な字で時刻を書き入れてくれていた。 

 

↑ 外のテントでは、地元のボランティアスタッフの人達が打ち上げで盛り上がっていて、そこに日本の美人女性ライダーが制限時間を大きく超えて到着したとあって、ハグやキスの嵐で大盛り上がり!飲めや食えやで、焼き立てのソーセージやらいろんなものがJさんに届けられ、自分もその恩恵にあずかることに。

↑ スタッフの人達からフランスの法律上問題無いとのお墨付きをもらって、キンキンに冷えた生ビールを頂く!!今まで生きてきた中で、どんなビールよりも最高に美味しかった!!

 

↑ ローディアックのスタッフの方からもらったバゲットに野菜を詰め込んで補給食に。ハンドルに取り付けるバッグは、走りながら食べる(補給する)のに便利で、信号ストップの少ないPBPでは必須アイテムではないかと!

↑ 沿道の牛からも声援をもらって勇気づけられた!!

 

↑ コース沿いには、ロマネスク様式で中世に建てられたと思われる教会&ジャンヌダルク像が多くみられた。ブルターニュやノルマンディ地方でやはり人気が高い!

↑ これで、4回目の夕日。もう既に各PCの仮眠所は閉鎖されているため、いよいよ寝所の心配が出てきた。。

そして、869キロポイントのPC(TINTENIAC(タンテニアック))に着いたのは22時を回っていた。当然、スタッフは誰もいないかと思っていたら、1人のボランティアスタッフ(ジルベールさん)とその友達が施設から引き上げようとしていて、インド人の参加者がスタンプは無くともスタッフサインだけでももらえないか交渉していた。

自分たちも、彼のサインをもらうことはできたが、しかし泊まるところがない。。彼はトイレの場所なら教えてあげると言ったあと自分の車を取りに行っている間、スタッフでもない彼の友達(ドゥニさん)が、Jさんに自分の家に泊まらないかと提案してくれ、本当に助かった!!Jさんがいなかったらこんな幸運には巡りあうまい。。 

 

↑ その後、彼の奥さんに連絡をしてくれ、家まで車で先導してくれるとのこと。必死に車のライトが見えなくならないようについていったものの、どんどん暗い山の中を登っていく。本当に大丈夫なのか~とちょっと心配になりつつも、約5キロ離れた丘の上の村に建つ彼の一軒家に辿りついた。

英語が旦那さんよりも得意な奥様が出迎えてくれて、明日の出発までの段取りを決め、シャワーやベッドの準備もすぐに整えてくれました。お子さん達は既に寝ていたようですが、本当に優しいご家族でした!

 

↑ そしてドゥニさんが、自分のバイクを見せてくれるということで、彼の趣味部屋に連れていってもらったら、何とリドレー・オリオンではないか!!シクル・マーモットではリドレーは主力ブランドだよと言って、早くシャワーを浴びて仮眠したかったが、自分のバイクでmade in FRANCEの「シファック(CYFAC)」にも興味津々で、自転車談議に花が咲いてしまった。(帰国後、彼あてにリドレーグッズを送ってあげたのだが、間もなく着くころだろうか!)

 

ゴールまであと350km。

 

☆第6話(森の中の仮眠は危険がいっぱい・・・)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2ab21f29652be208b0d21b3ded7cbd53 

☆第8話(5回目の夜は最大最強の睡魔と時間との闘い。。)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5d7f3be0590f486153dbf1c472a46932

 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

 

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記⑥(森の中の仮眠は危険がいっぱい・・・)

2019年09月02日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

ブレストを出た時点で、ゴール日時の予想を立ててみましたが、もはやゴール日の夜に開催予定の日本チーム懇親会への参加はまず不可能。そして、ランブイエにその日の明け方に到着しそうなHさんとKさんに、レンタカーで先にホテルに戻ってもらえるようにメッセンジャーで連絡。Hさんには国際運転免許証の取得と、前日受付の時に少しだけだったけど運転を練習して頂いて本当によかった。

ブレストまでの往路は、とにかく制限時間内完走を目指したため、リスクを承知で取ることのできた仮眠タイムは2日間のうちでわずか2時間。このため、日が暮れて寒くなる前に、そして、あのまた獲得標高800mほどの峠を越す前に、仮眠マイスターのJさんが素敵な仮眠場所を見つけてくれた。夕方と言えど、まだ日差しは強かったので日陰を探してくれたのだが、足元は日が照っていて、思わずシューズを脱ぎ裸足になって、30分くらいだったか、気持ち良く仮眠することができた。

↑ やがて牧草地を進むパリへの帰り道はだんだん暗くなり、そして気温も一気に下がっていく。

↑ そして、3回目の暗闇に突入。おまけにずっと上り坂で退屈になり、Jさんの発案で童謡を歌い始める。「カエルの歌が~♪ 聞こえてくるよ~♪ ぐぁグぁぐぁ~#$%&#$%&・・・」⇒「アヒル」、「カモメ」、「キツネ」、「ウサギ」・・・  かえって眠気を誘ってしまったか、登り途中の道端でJさんが少し寝たいと仮眠の準備。後続のランドヌールや車に轢かれないように、前後のライトは点けっぱなしにして。。

自分も少し横になったが、間もなく、背中に「ダ・ダ・ダ・ダ・・」という地鳴りの振動が!! これはタダ事ではなさそうだと急いで起き上がると、風の音とともに鼻息のような音も聞こえる。自転車も起こしてライトを森の中に当てると、両目の狭い瞳がキラリ☆と光った。襲われたら大変と、とにかく急いで退散することに・・・

後続のランドヌール(アジア人?)から大丈夫かと聞かれ、「サングリエ(仏語でイノシシの意)」と答えたが、ハリネズミぐらいの小さな動物だったかもしれない。いずれにせよ、夜行性動物の多い森の中で仮眠をするのは危険だった。。。  

そんなことがあっても、眠気は何度も襲って来て、しかし森の中で立ち止まることは出来ない。。ようやく峠を越えて、街の光が見えた時、ようやく生きた心地がした。しかも、ボランティア休憩所があって、温かいコーヒーを飲ませてもらい、その横でまだ営業していたパン屋さんで食料を調達。

その後、もうろうとしながら、3時にようやくPC(CARHAIX-PLOUGUER)に辿りつき、スタンプを押してもらったあと、たまらず4時間の仮眠を取ることに。毛布を貸してくれたが寒かったので寝袋兼輪行袋に入り、係の人が起こしに来るまでぐっすり眠った。

 

↑ 初めて4時間というまとまった睡眠をとり、快調に次のPCであるローディアックに向かう。しかし、ローディアックのPCがクローズしてしまう可能性が高く、急がなければまたしてもシャワーが浴びられない。更には預けていたドロップバッグの中身を受け取ることすら出来なくなる可能性が高かった。

↑ ちょうどお腹が空きだした頃、行きにも立ち寄った24時間営業(PBP期間だけ特別)のパン屋さんが開いていた。少し重たいものが食べたくなったので、パン屋さんなのに、恐らくこの日のために特別に用意してくれたスープパスタを頼み、外はまだ寒かったので、暖かい店の中に椅子を持ってきて食べさせてもらった。

 

↑ パリ・ブレスト(このお店では”パリ・ブレスト・パリ”という名前で売っていた)のお菓子を行きに食べたが、こちらも4年に1回だけ特別に作ったものなのかも??甘くておいしかったです!

 

↑ 淡々と走る毎日で、Jさんとの会話もだんだん少なくなり、でもJさんが綺麗な花の飾り付けとか見つけると手で丸く合図するようになり、お陰で復路は多くの風景写真を残すことができました!

 

↑ 特に自転車王国ブルターニュのドライバーは、みんな自転車に優しかった!!

 

 

☆第5話(ローディアックから先は別世界??)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/706a0cbf9082207c87ae5a8162e6928d

☆第7話(PCクローズ後のPBPはサバイバルイベントに・・・)はこちらhttps://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/861dc9f86d8f9c9705778eb0cad37d46

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記⑤(ローディアックから先は別世界??)

2019年08月30日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

445km地点にあるローディアックのPCでは、寝不足解消とブレストまでのきついアップダウンに備えるため、多くの参加者が仮眠をとるなど体調を整えていたようですが、時間内完走を目指すとなると、ここまでにどれだけマージンを稼げるかどうかが大きな一つのポイントになりそうです。

↑ ローディアックから先は、通過する街の数が少なくなりずっと闇の中の山道を進んでいきます。眠気をこらえ切れずに道端で休んだりするうちにJさんを見失ってしまい、探そうと振り返るとなんとKさんが!PCで仮眠をとったというKさんは力強いペダリングで、やがて視界から消えていってしまいました!(Kさんは見事に時間内完走されました!)

その後、闇の中に無数に点在するライトをつけた参加者の中からJさんの声が!しかし、二人とも睡魔に襲われていて、ちょっと側道の広い所でしばし仮眠。10分ほど気を失った(寝た)気がしたものの気温は6度くらいまで下がっていたため、それ以上は寝られず。。

こんなことを何回か繰り返したと思われるが(記憶なし)、何とか488km地点のSAINT-NICOLASの休憩ポイントに到着し、とりあえず温かい野菜スープで一休み。そこから33km先のPC(CARHAIX-PLOUGUER)に翌朝8:40分に辿りつき、たまらず仮眠所で2時間の休憩を取ることに。 

↑ 2時間でもまとまった時間で寝るとだいぶスッキリして、約800m登った先の高台に出るまでタイ人など他の参加者と談笑しながらヒルクライムを楽しみました。やがて景色が開けてきて、そこには早くも復路を走っている赤いベロモービルの颯爽と走る去る姿が!

↑ しかし、景色が広がるとお腹がすいたり眠くなったり。お互いに走り方の”異変”に気付いたらすぐに小休止。これにより、2人ともゴールまで落車せずに済みました!

↑ ボーっとしているとこのマーク!!! ルートを外れると御丁寧に”いっちゃダメヨ~”のサインが立っていました! 

↑ ここは公式?の補給ポイント。コーヒーにブルターニュ名物の蕎麦粉のクレープ。甘いジャムをたくさん挟んで、ブラックコーヒーで目を覚ます!ブレストまではあと少し! 

↑ 折り返し地点のブレストのPCには17:35分に到着。出発してからほぼ丸2日が経過。PC通過の制限時間から5時間余り超えてしまったが、でも、あと600kmを40時間ぐらいで帰ればゴールには間に合う計算。ブルベをしたことのある人ならピンとくる数字で、そう、600kmのブルベを規定時間内(40時間)で走るのと同じ。←これは、PBPの場合、後半に設定される平均スピードが遅くなるため。

しかし、無理は禁物!というか残された体力は既になし。とにかく、帰りは、睡眠をとりながら安全に帰ろうということで、制限時間にとらわれることなく、パリまでの復路を楽しむことにしました。 

ブレストを出る前にまず腹ごしらえ。真っ先にJさんの目に止まったのがフルーツ屋さん。フランスでは野菜や果物はマルシェ(朝市)で買う習慣があるためあまりフルーツ屋さんをみかけませんが、どれも新鮮で食べたくなるものばかり。ビタミン不足を訴えていた身体も大喜びで、だいぶリフレッシュ!!

 

※後半(復路)は更に”珍道中”な旅となりました。レポートを書くのもブルベなみに疲れてきましたが、週末はいったんお休みして、月曜からレポートを再開しますので、続けて読んで頂けたら嬉しいです。 

 

☆第4話(スタートしてすぐに夜間走行からの長い1日)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5e0b84e4682029526712c8e63a18110e

☆第6話(森の中の仮眠は危険がいっぱい・・・)はこちらhttps://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2ab21f29652be208b0d21b3ded7cbd53

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記④(スタートしてすぐに夜間走行からの長い1日)

2019年08月29日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

↑スタート時間は18:00頃で、日没は21:30頃だったので、走り始めて間もなく日が暮れ始め、気温もぐっと下がってきます。日本ではあまり見ることの出来ない地平線に沈む夕日は本当に綺麗でした!

↑一つの目のチェックポイント(PC)は、217km地点の「VILLAINES -LA-JUHEL」。PCでは命よりほど大切なブルベカードにスタンプを押してもらい、安堵の表情を浮かべるJさん。朝の6時30分到着で約2時間のマージンはあるものの、不眠のままここまできたので、いつ睡魔に襲われてもおかしくない状況。

↑ PC内の補給所は混雑していたので、ちょっと先に行ったバーで、カフェ&ホットドッグで朝食。余った分は、走りながら食べる補給食として、小さく切ってラッピング。

↑ 時折通過する美しく小さな街は、ほっと一息できる心のオアシスに!でも、補給物やトイレを探したりと意外に忙しい。車道と歩道との1~2cmほどの段差がトラップとなり、転びそうになったこと数回。。

↑ どこの町からブルターニュ地方に入ったのか分からなかったものの、ツール・ド・フランスでもお馴染のこの旗をみると、ブレストに向かっているんだという実感が沸いてきます!

↑ 眠気と向かい風のため、360km地点の「TINTENIAC」のPCで貯金は1時間に減ってしまい、最低限の補給とトイレを済ましてすぐに出発。しかし、そのツケが直後にきて、しばし仮眠タイム。「倒れるようにすぐに寝て、ちょっと寒くなって起きたらすぐに走りだす」という仮眠の仕方をJさんに教えてもらったものの、自分はなかなかうまく寝られず。。

↑ ブルターニュに入ると、至るところで私設の補給所が増えてきます! 近所の人達が寄り集まって、夜通し飲み明かしたりして楽しんでいる様子。彼らも4年に1度のお祭りを目一杯楽しんでいるようです。

 

そして、ドロップバッグが置いてある445km地点のPC(LOUDEAC)に着いたのは、2回目の夜の23時48分。貯金は約30分だけ。ここで仮眠したかったが、制限時間内完走をあくまで目指すというJさんの強い意志により、急いでドロップバッグの補給食をちょっとだけ引っ張り出してすぐに出発!

 

ここからが、本当のPBPの厳しさを味わうことに・・・・

 

☆第3話(1,219km先のゴールを目指していざスタート!)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/aa049819ae183badfcca0087ed6addab

☆第5話(ローディアックから先は別世界??)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/706a0cbf9082207c87ae5a8162e6928d

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記③(1,219km先のゴール目指していざスタート!)

2019年08月29日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

前日受付を終えてホテルで軽く前夜祭をしたあと早めに就寝。夜間に通る車は無く辺りはとても静かで、ぐっすり眠れました。

当日はスタートが夕方なのでゆっくり目に朝食をとり、あとは、ゼッケンなどをつけて最終装備を確認したのち、昼過ぎにホテルを出発。

 

↑ ゼッケンの取付に、Hさんから頂いたトリコロールリボンを使用!その他、ヘルメットなどにもデコレーション!!

 

 

↑ ハーレーダビッドソンに乗るホテルのご主人にブレストの方向を確認して、その方向を目指すポーズで記念撮影!

↑ スタート地点近くにレンタカーを止めて、まずは徒歩で会場へ。予約してあった昼食を食べにレストランに行ったところで、昨年の完走者のOさんと一緒になり、やっとマーモット・ブルべ班参加者5人そろって記念撮影。

↑ 1,200kmを走る前にしてはちょっと量が少なめか。。フランス特有のパスタであったが味付けは意外と濃いめだった。

↑ 制限時間80時間部門に挑戦するOさんは、最初のAグループでスタート。Bグループの三船さんの”前待ち作戦”という噂が!?

↑ 2回連続完走している三船さんは、今回は全参加者の中で1番目のゴールを目指すべく、身体もだいぶ絞られている感じでした。400名近く参加する日本人が崇拝するPBPランドヌールです!

↑ 2か月ぐらい前にPBPへの参加を急遽決められ、当店でディスクブレーキ用ハブダイナモシステムをご注文頂いたS様とも、スタート前にお会いすることができました!

↑ 照度、光量、持続性の面で優位なハブダイナモは、多くのPBP参加者のバイクに装備されていました。気になる抵抗ですが、約20km/hで8ワット(son28)程度ぐらいなので、言われないと分からないくらいです。 

↑ そしてスタート!いきなり向かい風の中、ブレストまでのアップダウンの続く道をひたすら西に向かいます。だがしかし、この時はまだ5回も夜を迎えるとは思ってなく。。

 

☆第2話(ホテル到着からPBP受付へ) はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ebb2862a383215888977a772bbc5d64a 

☆第4話(スタートしてすぐに夜間走行からの長い1日)) はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5e0b84e4682029526712c8e63a18110e

 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記②(ホテル到着からPBP受付へ)

2019年08月27日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

宿に着いたのは薄暗くなってきた夜の21:00過ぎ。レンタカーを借りるのに手間取り遅れてしまったのだが、宿に先着してもらったAさんに事情を説明して頂き、宿のオーナーご夫妻にこころよく迎え入れてくださいました!

↑ 宿(Le Cedre Bleu)は、自宅のうち3部屋のみを民泊として貸し出している"民宿"ですが、もちろん4人で貸し切りで、フランス人の生活がそのまま体験できる素晴らしい宿でした!

↑ フランスならではの大きなテーブルで、トラッディッショナルなフレンスの朝ご飯(プチ・デジュネ)を頂きました。カフェオレにクロワッサン。バゲットなどのパンには自家製ジャムや蜂蜜を付けて、チーズは山羊を含めて4種!!

↑ 朝食後、急いでバイクの組立とドロップバッグの準備。そして、ご主人に淹れてもらったコーヒーでホッと一息。

↑ スタート地点となるランブイエ城で、前日の車検&受付が行われましたが、あいにくの雨のため近くまでレンタカーで移動。それでもかなり濡れてしまい。。。

↑ 受付会場は思っていた通りの!?混沌状態で、やっとの思いで自分のゼッケンとジャージを受け取る。Hさんのジャージサイズが違っていたりと、ボランティアの人達も大変だろうが、こういう時ほど単純ミスは勘弁してほしい。。

さあ、明日はスタートラインへ立つ日がいよいよやってきます。この時のためにあらゆる努力をしてきただけに、それぞれの胸に特別な思いがよぎっていることと思います。自分もそうですが、でも、何より、無事にここまで3人を連れてこれた安堵感の方が大きかったです。

 

 

↑ 今回、宿を手配してくださったラピエールに乗るAさん。自分を自転車の世界に再び引きづり込んでくださった恩人です!!退職したらトライアスロンに挑戦したいとのことで、ますます元気いっぱいで羨ましいです。

☆第1話(空港からホテルへ)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/21ae4a71da365f1154cf42f33327a780 

☆第3話(1,219km先のゴール目指していざスタート!)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/aa049819ae183badfcca0087ed6addab

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント

2019パリ~ブレスト~パリ参戦記①(空港からホテルへ)

2019年08月26日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

4年に1度開催される「パリ~ブレスト~パリ」に、今回は日本から400人近くの参加者がいるとのことで、事前の情報交換は、SNSの普及もあって多くの情報が流されていました。

中でも、どのようにフランスまでバイクを運んだらよいのかについて関心がとても高かったようです。最近、特に国際便の荷物規定が厳しくなり、数万円の超過料金を支払えばそれで済むものの、費用を節約できるところは節約しておきたいところ。

参加者の多くは、バイクポーターなどの飛行機会社の規定に合わせた輪行専用箱を利用されているようでした。ただ、滅多に使わない人にとって1万円以上の出費となり、かといって、段ボールもちょうどいい大きさのものを探すのは一苦労します。

 

↑ 今回、ステムとフロントフォーク、ペダル、シートポスト、リアディレイラーを外し、どの方向から力が加わっても、バイクが壊れないようにパッキング。このあと、同梱荷物や緩衝材を詰めていきます。

↑ ウレタン入りのオーストリッチOS-500輪行袋も、折り曲げるなど可能な限り小さくすれば規定サイズを何とかクリアできるかもですが、横積みされた時にホイールが歪んだりパーツが破損したりしない様に、パッキングに相当工夫が必要になります。(写真はツイッターに掲載されていたシャルルドゴール空港での1枚)

 

↑ さて、羽田空港までは、外環道が完成したおかげで、松戸駅西口発着で、京成又は新京成のリムジンバスで楽々行けるようになりました!バス乗り場まで、バイク箱の運搬&壮行に来てくれたSさん有難うございました!

↑ 台風の影響が心配されましたが、無事に定刻通り出発することとなり、ほっと一安心。(搭乗ゲートにて)

↑ パリ・シャルルドゴール空港にも順調に到着し、少し入国審査に時間がかかったものの、ロストバゲッジはなし。ここまでは順調・・・

このあと、ハーツのレンタカーを借りるのだが、予約していた4人4台乗れそうな大きなバンがないとのこと!!代わりに用意してくれたルノーのエスパスでは全く歯が立たず、更に大きめのシトロエン・ジャンパーでも難しそう。。結局、約2時間待って戻ってきたフォードの大型バン(トランジット)をようやくゲット。しかし、ミッション車でバックギヤの入れ方が分からず、となりのAVISの人に教えてもらうなど、ちょっと空港でもたついてしまいました。。

↑ 空港からはA1→ペリフェリック(環状道路)→A13→A12→N12と高速&幹線道路で宿までは80km。途中のサービスエリアで買ったサンドイッチがフランスでの初めての食事に。

 

☆ 第2話(ホテル到着からPBP受付へ)はこちら⇒https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ebb2862a383215888977a772bbc5d64a

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント

パリ~ブレスト~パリから帰ってきました!

2019年08月25日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

先ほど、パリ~ブレスト~パリを走り終えて、無事帰国しました!

現地では、電波状態やバッテリー残量の関係で、SNSを含め報告が少なくなってしまい申し訳ありませんでした。

あまりに長く、濃い内容だっただけに、どこからレポートしたらよいのか、また、写真の整理にも時間がかかりそうですが、これから少しずつ、PBP全体の雰囲気や、走行レポート、機材面に関するレポートなど、させて頂けたらと思っております。

今回、スタート地点から15kmほどの「Le Cedre Bleu」という民泊B&Bに泊まった4人ではKさんが完走!Jさんと自分は制限時間外ながら完走。Hさんは体調崩されたのと落車により途中折り返しのDNF。「Le Cedre Bleu」以外に宿泊されて参加されたOさん、SさんはDNFとのことで、かなり厳しい結果となりました。

行きがずっと向かい風で時間的なマージンが作れず、睡眠が十分に取れないまま5度~7度まで冷え込んだ夜間走行を強いられたこともあり、全参加者をみてもかなり苦戦していた様子でした。

Jさんと自分は、折り返しのブレストで既にマージンがマイナスになっていたため、制限時間外での往復完走を目指しました。PC撤収により仮眠所がなくなり、また預けていてドロップバッグも受け取れずちょっと苦労したことも多かったですが、民家に泊めて頂いたり、食料調達出来る場所まで自転車で案内してくれた地元の方など、多くの助けを得て、無事1,219キロを110時間半ぐらいで完走することができました。

イノシシ?に遭遇するなどの珍道中になりましたが、改めて、詳しくレポートしていきますので、是非ご覧下さい!

今回のPBP参加に当たっては、作業スケジュールを調整して頂くなど多くのお客様にご協力、ご支援を頂き、本当に有難うございました。ただちに、お待ち頂いている作業を着実にこなして参りますので、何卒、宜しくお願いいたします。

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント (1)

1200km持続するチェーンオイルはあるか?

2019年08月08日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)参戦記

8月18日(日)にスタートするパリ~ブレスト~パリ(PBP)に参加される方は、今、いろんな準備に追われていると思いますが、絶対忘れてならないのがチェーンオイル!

1200km持続するオイルはあり得ないので、休憩時などに適宜チェーンに注油しなければならず、これを忘れたら見過ごせないほどのパワーロスに。。

ワコーズから、雨天時などの過酷な条件下でも600km程度の耐久性がある「エクストリーム(CL-EX)」というオイルが発売されていて、PBPにこそ使いたいオイルです。

但し、予めチェーンの脱脂&溶剤の洗浄、そして水分を十分に取り除いた後に、エクストリームを注油してから6時間以上乾燥させる必要があり、このような手間をかけることで強いコーティング面が出来上がります。なお、600kmほど走った時点の足し油は、同じエクストリームを塗布するとコーティング面から流れてしまうため、”クッション型”チェーンルブの「POWER(パワー)」を使います。

 

「エクストリーム」は、ロングライドのみならず、悪条件下で走ることの多いシクロクロスやマウンテンバイクにもお勧めです!

「エクストリーム」の販売価格は1,600円(税抜)ですが、今なら税込1,600円にて販売中!

 

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/  

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp 

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●9周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7 

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7 

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます! 

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック!  

コメント