キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

スラップベースのソロを作る

2018年10月12日 14時50分15秒 | スラップベース奮闘記
今日も朝からスラップベースの練習を4時間した。



なにしろできないなりにも、もうなんとかしてレッスンの宿題である「スラップベースのソロ」の譜面を作らないといけないので、まずはあれこれ弾いてみた。

けど、、、うーん、イメージが、というより手が、、。(涙)

そんな感じなんだけど、ここはもう諦めて!一か八かっ!!!より~リアルに感じるためにPCのソフトで伴奏のドラムのオケを作って、それに合わせて弾くことを思い立った。



で、早速、愛用の音楽ソフト「バンドプロデューサー5」のMIDI機能を使い、手打ちでスラップベースの伴奏である打ち込みを作ってみた。
幸い、スラップベースのソロの所は簡単な8ビートのパターンだけなので打ち込みはすぐに終了ー。(20分程度。)

で、MIDIの打ち込みの方が、メトロノームで弾くよりも、より細かなリズムが設定できるし、なによりリアルなドラムの音で練習できてイメージも掴みやすい。

それでソロの長さをどうしようか?、、、考えた挙句、とりあえず音源元のソロと同じ長さにした。

そして今までレッスンで教えて貰ったスラップベースのフレーズパターンを元に8小節ごとのセクションに分け、全部で4パターンほど作って弾いてみた。

で、スラップベースソロ自体は、それに加え、さらに一パターン(8小節の)キメがあって、それを入れて全部で45小節になった。

結局、この期に及んで、「新しくカッコ良いスラップベースのソロをコピーして弾く。」とか、「練習している曲でスラップベースを弾いている桜井哲夫さんのフレーズをコピーするとか。」ということは無謀なので、諦め、レッスンで先生に教えて貰ったスラップベースの基礎のフレーズを基に自分なりに解釈して弾くことにした。

そんな感じで、ようやくソロの譜面は完成した。

がしかし、、。


実際にマイナスワンでソロを弾いてみたけど、、、あっーーーー。


なんということでしょう!!!

まったくドラムのリズムとフレーズが合いません!?

うん、どうやら今まで練習してきたフレーズって、メトロノームでしか合わせて弾いていないので、実際にドラムのリズムで弾くとノリが掴めず、右往左往~。
リズムを合わせるのは得意だと思っていたのでショックだったー。

・・・。


仕方ないので、しばらく打ち込みのドラムに合わせてスラップフレーズのリズム練習をした。

それから一時間後、、。

なんとか、ようやく打ち込みのリズムと合ってきたので、ベースソロを全体的に通し練習をすることさらに一時間~。

最後は手が力尽きそうになりながらも、ようやくリズムも合ってきてソロらしくなってきたので、練習も終わりにした。


と、ここまではよかったけど。




おっ!?


よくよく考えたら、この課題曲。

もちろんベースソロの後もちゃんと演奏があるといことで、、、。

それをすっかり忘れていて、まったく練習していないことに気付き、、。(汗)

あと発表会まで一ヶ月しかないのに、まだまだやること多し。

もちろん曲全体的なスラップの完成度もいまいちなので、、、まだまだ茨の道でした。


つづく。