「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

流れ作業の盲点を克服してほしい!

2017-03-29 06:39:55 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

かつて日本でも隆盛を極めた流れ生産はほとんどが新興国にシフトされた。実は流れ作業には大きな盲点がある。100人の組み立てラインがあれば200回の「取り置き」と言うムダな動作が生じているのだ。

         ~コスト意識<その29>~

==================================================

【本文】

■流れ作業の盲点を克服してほしい!■

フォードの創始者であるヘンリーフォード氏はたまたま肉屋の前を通りかかった。

牛の肉の各部位が並んでいた。

ふと立ち止まり、考えた。

これらの牛の肉の部位をつなぎ合わせていけば一頭の牛になるはずだと考えたのだ。

かくしてフォード氏は自動車を流れ作業で組み立てることを思いつき、自動車産業合理化の礎を築いた。

今、自動車メーカーの製造ラインを見た人なら分かると思うが、筺体がゆっくり移動しているところに各持ち場の工員が部品を組みつけていくから基本的に取り置きはない。

だが、家電品やパソコンなどは相変わらず取り置きが生じるから、これがムダな手や体の移動となり、盲点になっている。

取り置きを限りなくゼロにするには、全ての部品を目の前に準備して、最初から最後まで一人で組み立てるセル生産システムがよい。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社員のモチベーションアップは重要課題です!

2017-03-28 15:13:47 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

社長は自身の経営管理の課題として社員のモチベーションアップを掲げるべきだ。社員のモチベーションが上がらなければ、いくらすばらしい戦略を掲げてみても実現されにくい。

         ~経営管理力<その28>~

==================================================

【本文】

■社員のモチベーションアップは重要課題です!■

社長にとって、社員が思うまま動いてくれないほど辛くて悲しいことはない。

社員がその気にならない原因は全て社長自身にある。

にもかわらず、社員のせいにしてしまう。

ウチの社員は会社に対する忠誠心が足りないなどと考えてしまっているようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会議などに参画させることから始めてほしい。

最初はなかなか意見も言ってくれないが気長に待つことが大事だ。

何か意見を言ってくれたら「それはいい考えだ」などとリアクションして欲しい。

企画の中に、参加者から出された意見を盛り込むと徐々に意識が変わってくる。

自分の意見が反映されていると積極的に行動しないわけにはいかなくなる。

こうして社員のモチベーションは少しずつ高まっていくのである。


        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

差別化すれば高く売れる!

2017-03-28 06:44:56 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

差別化する意識を強く持っていれば同業者よりも売上も利益も増やせる。祭りの夜店でかわいい小さなカメを売る店が数軒あったが、その中の一軒には人盛りができていた。カメの甲羅に何色ものペンキできれいに色が塗ってあったのだ。

         ~コスト意識<その28>~

==================================================

【本文】

■差別化すれば高く売れる!■

田舎の縁日では、今でもよくひよこを売っている。

ひよこを売る店は三軒あったが、その中の一軒には人盛りができていた。

覗いてみると、ひよこにはスプレーで色を塗っていた。

黄色の産毛のひよこは面白みがないが、赤、青、ピンク、柴などのひよこは子供たちの興味をそそる。

普通のひよこは一羽100円だが、色とりどりのひよこは一羽300円なのによく売れる。

亀も同様だ。

甲羅に何色かのペイントを塗って高く売っているお店に人盛りができていた。

ひよこも亀も色で差別化することで売上も利益も何倍も取れるのだ。

差別化は誰でも考え付くことができる。

「人間は考える葦である」と言った学者がいたが、「思考力」を高めることが大事だ。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当たり前ですが権限の行使には責任が伴うのです!

2017-03-27 15:41:36 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

社長がいくら偉そうなことを言っても会社を実際に動かすのは部課長などの中間管理職である。社長が部課長に「ツー」と言えば管理職が「カー」と応える関係を築くことが大事だ。権限行使に当たっては責任が伴うことをしっかり理解させておくことだ。

         ~経営管理力<その27>~

==================================================

【本文】

■当たり前ですが権限の行使には責任が伴うのです!■

半ボケの元都知事は「部下に任せていた」と主張する。

部下からは「報告がなかった」とも主張する。

だから豊洲問題の責任は自分にはないと言いたいのだろう。

組織のトップを張るべき人間ではなかったのに都民は間違って知事に選んでしまった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

社長がいくら偉そうなことを言っても実際会社を動かすのは部課長など中間管理職だ。

会社では中間管理職に権限を委譲し経営戦略を実行に移して具現化していく。

中間管理職は権限行使に当たっては自らに責任が伴うことをよく理解している。

どんなことがあっても社長は最終責任を負わなければならない。

この論理と組織体制があってスムーズな経営管理が進捗していくのである。


        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自主的に改善する風土を創ることです!

2017-03-27 06:48:22 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

働いている人々に自主的に改善してもらうことは大切なことだ。上から言われてやるのではなく自主的にやるからこそ価値がある。

         ~コスト意識<その27>~

==================================================

【本文】

■自主的に改善する風土を創ることです!■

上から指示・命令を下して改善させている会社は多い。

自主性を待っていても“らち”が明かないからトップダウンでやらせるのだろうか。

でも、ボトムアップで改善が進むようでないと本物ではない。

どうすれば自主的に改善に取り組んでくれるようになるか、それを研究する必要がある。

「はたらく」の意味をこんな風に説いてはどうだろうか。

「は」は速く、「た」は楽しく、「ら」は楽にできるように、「く」は工夫する。

一秒でも早くできるようになれば改善されたと認めることだ。

楽しくできるようになったら改善されたと認めることだ。

楽にできるようになったら改善されたと認めることだ。

仕事のどこかに工夫の跡があれば改善されたと認めることだ。

あとは表彰状を乱発すれば自主性が風土として根付いていく。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

独自のオリジナル商品で勝負する!

2017-03-26 14:42:14 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

下請けから足を洗う言う考えも「あり」だと思う。下請けは、QCDなどで無理難題を押し付けられるから利益なき繁忙になってしまう。第二創業に挑戦して他社が参入しにくい独自商品で勝負することをお勧めする。

         ~経営管理力<その26>~

==================================================

【本文】

■独自のオリジナル商品で勝負する!■

下請けに甘んじて苦しい経営を強いられている中小企業は多い。

親企業からはQCD(品質、コスト、納期)などで無理難題を押し付けられる。

コストダウンと称して定期的に何の根拠もないのに値引き要求がくる。

社員の給料を上げる余裕などないばかりか、ボーナスもスズメの涙程度しか出せない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

経営者は、下請けから足を洗い、独自のオリジナル商品で勝負すると決断することだ。

ひそかに第二創業を立ち上げる準備に入ることが出発点になる。

例えば関西のH社はブロー成型の技術を磨いて小型のプラスチック容器の開発に成功した。

文具メーカーに修正液の容器として採用されたのを皮切りに、化粧品や薬品などの容器として広く採用され、完全に下請けから脱却できた。

第二創業の立ち上げは、経営管理の重要課題になりえるのである。


        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多品種、小ロット生産でも利益を出すには!

2017-03-26 06:39:43 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

お客様の多様化で益々多品種、しかも小ロット生産が求められる時代になった。だから商品一個から確実に利益を出さないと赤字になってしまう恐れがある。ムダのないモノ作りに徹しなければならない。

         ~コスト意識<その26>~

==================================================

【本文】

■多品種、小ロット生産でも利益を出すには!■

多品種の商品を小ロットで生産するには頻繁に段取り替えをしなければならない。

そのときの段取り替えに要する時間が問題になる。

一回の段取りで数万個も大量生産すれば、段取り時間に要した時間は数万個に割り掛けられるから限りなくゼロに近づいていく。

それがたった100個だけの生産になれば、段取りに要した時間は100分の1ずつ割り掛けられるからバカにならなくなる。

シングル段取りとは10分以内に段取りが完了できるように改善することだ。

更に、ゼロ段取りとは3分以内に段取りが完了するように改善することだ。

段取りの合理化を研究すればコストが下がるから、その分利幅を大きく取れる。

人も機械も稼働率を高めればムダが少なくなるからコストパフォーマンスが高まるわけだ。

段取りをダラダラやっているようでは多品種、小ロット生産には対応できない。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在庫は必要悪!

2017-03-25 14:58:45 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

思い描いたほど儲からない原因の一つが在庫の問題ではないかと思う。ムダな原材料を抱え、ムダな完成品在庫を持っている。極力売れるものだけを生産する仕組みを作ることが重要だ。

         ~経営管理力<その25>~

==================================================

【本文】

■在庫は必要悪!■

主婦は何とか家計を切り詰めようと安いときに買い置きしてしまう傾向がある。

冷蔵庫は満杯で、底のほうに消費期限切れの食材が残る。

結局、しなびたり腐らせてしまい、捨てることになる。

チリも積もればで、年間にするとかなりのムダが生じているのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メーカーでも市況に左右される原材料は安いときに纏め買いしたりする。

完成品も作りすぎたものは在庫として抱えることになる。

結構倉庫は満杯で、在庫品の管理費用もバカにならない。

設計変更で原材料は使えなくなり、完成品在庫は売れないまま廃棄される運命にある。

在庫があって助かることもあるが、棚卸資産に計上され、利益を圧迫してしまうから売れる見込みのあるものだけを作るように生産管理の一大改革が必要だ。


        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買い叩きの前に自社内のコストダウンをやるべき!

2017-03-25 06:37:02 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

会社経営においては、コストダウンはとても重要な課題だ。だが、仕入れ値を買い叩くことをコストダウンだと考えている大企業は多い。仕入を止められたらどうするつもりなのだろうか。コストダウンのネタは自社にたくさん転がっていると言うのに。

         ~コスト意識<その25>~

==================================================

【本文】

■買い叩きの前に自社内のコストダウンをやるべき!■

年に数回ずつ取引先や下請け企業にコストダウンを要請する大企業は多い。

スタート時点から何度も見積もりをやり直しされられてやっと決まった価格だ。

にもかかわらず、何度となくコストダウンの要請がくる。

取引先や下請企業は自社の利益を削ってコストダウン応じなければ取引を停止される。

「転注」。

つまり、「発注する業者を替えるぞ」と半ば脅すわけだ。

ところが、発注する側では自分たちのコストダウンは手ぬるい。

社員のコスト意識は希薄であっちでぺちゃくちゃ、こっちでぺちゃくちゃ。

ムダな歩行や移動、もの探しも日常茶飯事だ。

コストダウのネタは自社に転がっているとの自覚に立って、まず自社内を清めるべきだ。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

売れすぎはむしろ危険の信号!

2017-03-24 14:23:19 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【贈る言葉】

ある商品が予想を超えてバカ売れすることがある。マスコミは「こんなに売れているのだから供給体制を見直すべき」などとコメントする。社内でも増産の意見が出るが、心ある経営者は一時のブームかどうかを読み解き、結論を出すものだ。

         ~経営管理力<その24>~

==================================================

【本文】

■売れすぎはむしろ危険の信号!■

寒天商品で有名なi食品工業と言う会社がある。

ナタデココを使用した寒天商品が爆発的なブームになったことがあった。

他の商品でもナタデココがブームとなり、多くのメーカーはフィリピンに出向いて農家にナタデココの増産をお願いしたりした。

i食品工業でも敷地内に工場を増設して増産体制を構築すべきとの意見が出された。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、経営トップは慎重で、残業や休日出勤程度で対応すると決めて工場増築などは行わなかった。

瞬く間にナタデココブームは去ってしまい、フィリピンの農家をがっかりさせた。

増産体制をとった他社は儲けるどころか増産に投資して借金だけが残った。

一時のブームに踊らされることなく、しっかり先を読んで意思決定することが重要である。


        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加