「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

主力商品が売れなくなっても生き残る術!

2019-09-18 15:33:16 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

商品寿命はある日突然やってくる。そのときになって慌ててももう遅い。主力商品が売れなくなっても企業として存続できる手段を絶えず考えて手を打つのが経営者の手腕だ。

         ~リーダーシップ力<その18>~

==================================================

【本文】

■主力商品が売れなくなっても生き残る術!■

これまで会社を支えてくれていた主力商品の寿命が突然尽きてしまうことがある。

例えば、記録媒体がレコードからカセットテープやCDに切り替わり、レコード針が売れなくなってしまった。

今では音楽を聴くだけでなく動画とともに音楽を楽しむDVDが主流になった。

デジタル信号で記録することで画質も音質も劣化のない動画を楽しむことができるようになり、かつて一世を風靡した音響メーカーの多くは退場して行った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、フジフィルムは主力商品である写真用フィルムが消滅して、そのあおりでラボ機器事業まで消滅した。

しかし、挑戦した第二創業が実を結び、化粧品や薬品、タックフィルムなどで売上・利益を増やすことができた。

世界のコダックが破綻したのに、フジフィルムが華麗に生き延びることができたのは絶えず次世代の事業を成功に導いてきた経営者のリーダーシップによるところが大きい。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

モチベーションは仕事力の重要な要件!

2019-09-18 06:33:02 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

モチベーションが充実していないと仕事が思うように進捗しない。したがって成果が得られないのだ。モチベーションは仕事力の要件から外せない。モチベーションは自分で高めるものだが、会社もモチベーションが高まるような環境を提供しなければならない。

         ~仕事力<その18>~

==================================================

【本文】

■モチベーションは仕事力の重要な要件!■

モチベーションは「動機付け」や「やる気」が本来の意味だと思う。

「よーし、やってやるぞ」と言う強いモチベーションがあると人間は「火事場のバカ力」を発揮する。

ラグビーのワールドカップで日本が強敵「南アフリカ」を破った例は正に異常なまでに「勝ってやるぞ」と言うモチベーションの賜物だったわけだ。

もっとも番狂わせの起きにくいラグビーで現実に起こったのだ。

会社での仕事においても同じことが言える。

強烈な達成意欲と言うモチベーションがあれば、社員は難しい課題も乗り越えてしまう。

モチベーションは基本的には自分で高めるものだ。

しかし、会社がモチベーションを高めるための環境を提供すれば社員とのコラボレーション効果で一層モチベーションは高まることが期待できる。

モチベーションは仕事力の重要な要件なのである。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

山本五十六流人財育成術の実践!

2019-09-17 16:23:30 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

人材はあくまでも材料としての人間だ。それを人財に育てなければならない。それが管理職の大きな任務だ。やってみせる、分かりやすく解説する、やらせてみる、うまくいったら褒める。これを繰り返すに限る。

         ~リーダーシップ力<その17>~

==================================================

【本文】

■山本五十六流人財育成術の実践!■

文句ばかり言う課長がいる。

怒鳴ってばかりいる課長がいる。

部下たちは、「そもそも課長こそ本当にできるのだろうか」と懐疑的な目で見る。

会社における人財育成も職人の世界の人財育成も「見よう・見真似」だけで人財は育ちにくいのではないか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

軍人でありながら軍人らしからぬ教育方法を採っていたのが山本五十六氏だ。

「やってみせ 言って聞かせて させてみせ 褒めてやらねば 人は動かじ」と。

上司はまずやってみせ、そして分かりやすく解説を加える。

次に本人にさせてみて、うまくいったら褒めてやるのだ。

ただ厳しいだけでは人は育たないことを管理職は肝に銘じるべきだ。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

仏を作ったなら必ず魂を入れること!

2019-09-17 06:32:49 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

どんなにマニュアルを整備しても確実な実行が伴わなければ成果は得られない。例えば、苦労してISO9001の認証を取得しても一向に不良は減らず、CS(顧客満足)が向上しない企業のなんと多いことか。

         ~仕事力<その17>~

==================================================

【本文】

■仏を作ったなら必ず魂を入れること!■

大企業、中小企業を問わず全企業の10%ほどがISO9001の認証を取得しているそうだ。

中小企業は親企業からの外圧で渋々認証を取得する例がほとんどだ。

しかし、認証を取得した多くの企業では認証取得前に比べて思うように不良が減っていないし、コストも下がっていないと言う現実がある。

よってCS(顧客満足)も向上していないのだ。

マニュアル、規定、手順書などのドキュメントは確かに整備された。

しかし、それらのドキュメントを遵守し、誠実に記録を残している会社は少ない。

つまり、確実に実行されていないから成果が得られないのである。

ISO9001の認証を取得することが目的になってしまい、上手に運用して所期の成果を出すことが忘れ去られてしまった。

仏を作ったのなら、必ず魂を入れることを忘れてはならない。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

熱いビジョンを語れば部下も燃える!

2019-09-16 14:39:03 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

リーダーはメンバーに対して熱くビジョンを語らなければならない。ビジョンも語らずにいきなり事業計画作りに着手しても部下の心に響かない。リーダーがどんなビジョンを示すかによって部下の対応振りが違ってくる。

         ~リーダーシップ力<その16>~

==================================================

【本文】

■熱いビジョンを語れば部下も燃える!■

ビジョンとは、心に描く未来像と言ってもいいかもしれない。

課長昇格の辞令をもらってからビジョンを考えるのでは遅い。

新任の課長がビジョンも語らずにいきなり課の方針を説明してもインパクトは低い。

ビジョンを持たない課長は、気の抜けたビールのようなものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

課長になるはるか前から「もし自分が課長だったら」と仮定してビジョンをしっかり思い描いて、紙にしたためておくことだ。

何度も何度も書き直して推敲を重ねたらいい。

課長に昇進したり、人事異動で新しい課に移ったならば、まず真っ先に自分のビジョンをぶち上げたらいい。

課長がビジョンを熱く語れば部下も燃えて「課」としての今後の成果に好影響をもたらす。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

店舗巡回は開発者の仕事力の起点!

2019-09-16 06:50:29 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

「のどごし生」を開発したときのリーダーは江部るみ子氏だった。彼女はスーパーやコンビニを足しげく巡回していたが、極普通の消費者の目線を忘れないようにするためだったと述懐されていた。商品開発者の仕事力の起点ではないかと思う。

         ~仕事力<その16>~

==================================================

【本文】

■店舗巡回は開発者の仕事力の起点!■

アサヒスーパードライをお化け商品と評する人もいる。

海外生産でシンガポールやマレーシフに長期滞在していたとき、小遣いを節約するため現地のビールをよく飲んだ。

商品名は「タイガー」や「アンカー」がポピュラーだったがはっきり言ってスーパードライのような切れがなく、おいしいとは思わなかった。

キリンは打倒スーパードライを目指して次々新商品を投入したがスーパードライの牙城を崩すことはではなかった。

作戦を変え、スーパードライを敵視するのではなく、第三のビールで対抗する策に出た。

それが発泡酒「のどごし生」なのだが、開発リーダーとして江部るみ子氏を起用したのがはまった。

彼女はスーパーやコンビニを巡回して消費者目線で売り場を見て回り、味や切れも大事だがコストパフォーマンスも重要であることに気付いた。

開発者の仕事力は「消費者目線が起点」になるのである。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

緊急時には明確にワンポイントで指示を出す!

2019-09-15 13:38:52 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

あれもこれもとたくさんのことを一度に指示する管理職がいる。部下は混乱して何から先にやったらいいか分からなくなる。一方、ワンポイントで伝える管理職もいる。いくつも同時に指示すれば部下が混乱すると思うからだ。

         ~リーダーシップ力<その15>~

==================================================

【本文】

■緊急時には明確にワンポイントで指示を出す!■

ランナーが溜まり、絶対に打たれてはいけない場面で強打者を迎えることは野球では良くあることだ。

ピッチングコーチがマウンドに行き、「敬遠気味に臭い球を投げろ」と指示をした。

ボール球だったが、当時売り出し中の柏原選手にとっては絶好球になってしまい、ホームランを打たれてしまった。

「敬遠気味の臭い球」と言うよりも「完全に外して歩かせろ」と指示すべきだったが後の祭りだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会社でも部下に向かって長々といくつもの指示を同時にする課長がいるだろう。

しかも興奮気味に早口で話すから聞いている部下は聞き漏らしたり迷ったりしてしまう。

マネジメントの上手な課長は、特に緊急時にこそワンポイントで分かりやすく指示をする。

部下は迷うことなく行動できるわけだ。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

職位が上がるほどEQを高める必要がある!

2019-09-15 06:36:02 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

会社には職位が上がるほど能力を発揮する人がいる。一方、職位が上がるにつれてダメになってしまう人もいる。職位が上がるほど仕事力の要素としてEQが求められるのだ。

         ~仕事力<その15>~

==================================================

【本文】

■職位が上がるほどEQを高める必要がある!■

若いときは仕事力としてIQが大きなウエイトを占める。

IQ(Intelligence Quotient)、つまり知識、技術面の知能指数が高ければ仕事力は高くなる。

課長になり、部長になっていくほど能力を発揮する人がいる一方でだんだんダメになっていく人も多いと言う現実がある。

その差はどこら生まれるのだろうか。

職位が上がればIQよりもEQのほうがより重要になっていく。

EQとはEmotional Quotientのことで「心の知能指数」と理解してほしい。

人格ができていて、相手の気持ちを察して行動する能力のある人は決まって仕事ができる。

人を思うまま動かすことのできる人は「人徳」のある人で、共感や支持を得られるから意図したように人が動いてくれるのである。

部下を通じて仕事を成し遂げることのできない管理職は、はっきり言って使いものにならないのである。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

悩みを聞いてもらうだけで部下はやる気が蘇る!

2019-09-14 13:09:23 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

部下が悩みを訴えてきても真剣に取り合わない上司は多い。部下はがっかりしてそれ以降は相談に来なくなる。部下の悩みを聞くのがオレの仕事ではないと思っている限り、リーダーは務まらないと思うな。

         ~リーダーシップ力<その14>~

==================================================

【本文】

■悩みを聞いてもらうだけで部下はやる気が蘇る!■

管理職ともなればいろいろと悩みは尽きないことと思う。

だが、部下にだって悩みは多い。

課長に相談に乗ってもらいときもある。

しかし課長は真剣に取り合わない。

話にならないと思った部下はそれ以降、もう相談には来ないだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、部下が相談に来ると真剣に聞いてあげるのも上司の務めと心得ていて「アフター5のほうがいいかな」と言って時間を作ってあげる課長もいる。

仕事の悩みか個人的な悩みかは別にして人間は悩みを吐き出すことによってすっきりする。

例え解決できなくても気持ちが晴れ晴れするのだ。

聞いてもらえた事で胸のつっかえが取れて、やる気が蘇るのだ。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント

仕事に夢中になれば寂寥感から解放される!

2019-09-14 06:36:41 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

今でも自分探しをやっている人は多いようだ。自分はどこにあるのか、探しあぐねている。自分探しをけなすつもりはないが、目の前の仕事に夢中になってやり遂げてはどうだろうか。きっと仕事力が向上して探し求めていた自分に少しずつ近づけると思うよ。

         ~仕事力<その14>~

==================================================

【本文】

■仕事に夢中になれば寂寥感から解放される!■

若いとき自分探しに時間を使うことは決して悪いことではないと思う。

遠回りをしたけれど後に仕事の達人になった人はたくさんいるからただ。

だが、30歳代、40歳代になってもまだ自分探しでさまよっている人がいる。

ついには中高年の引きこもりになってしまう。

少なくとも20歳代中盤以上になったら自分探しから足を洗うことを決断すべきだ。

そして何が何でも仕事に夢中になることだ。

仕事に夢中になれば寂寥感から解放される。

開放されたら1ランク上の自分を目指すのだ。

そのためには仕事力を向上させる必要がある。

将来飯の食える資格を取得するもよし、職人の道や自営の道を探すのもよしだ。


        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。
コメント