山野颯想

山野走、山野歩、山野逍遥など、山野にかかわる事柄を中心に記載しています。

仁川(何を目的として山に行くのか)

2016年07月28日 | 岩登り
2016年6月26日(日)
『山の会』
<仁川>
■参加者:中島くん、安部ちゃん、梅安さん、最くん、ゆうさん
<何を目的として山に行くのか>
自宅に戻って来て玄関で腰を降ろして靴を脱ごうとしたときに、腰が痛いのはいつものことなのだが、左足脹脛に異常なほどの痛みを感じた。何時何処で脚を痛めたのだろうかと考えたが分からない。
「ムーンライト」でのトップロープによる登攀が4本、「三段岩」での「右ルート」の登攀が2本だけではないか。その内、ロープや登攀具が入っている重いザックを担いで2本登ったことが脚に応えたのだろうか。また、仁川駅から仁川渓谷岩場まで往復1時間ほど歩いただけではないか。そのぐらいの行動でこれ程までに左足脹脛に痛みが生じるとは信じられなかった。
今日、電車中で思考したこと、それは「何を目的として山に行くのか」「何が目的で岩登りをするのか」であった。
半年前には、来年正月に嘗てのように日本アルプスに独りで行きたいと考え、脚腰を鍛える目的で生駒山系を歩き始めたのだが、しかしそれも挫折したという恰好だ。それは「僕の身体力では不可能」「鍛える時間と精神力が無い」と認識したからだ。
先日の金毘羅の「Mフェース」と「ビビリフェース」では、トップロープであってもクライミングをしているという充実感が味わえた。以前は、ホンチャンがあって初めてその為のゲレンデでのクライミングという発想であったのだが、もしかすれば、ホンチャンが無くてもよいのではないかも知れないと考えた。ゲレンデの登攀難度が我が身体力と技術のワンランク上、否、我が実力に見合った登攀であっても、そのときの登攀がフリーで、しかもリードができれば十分に充実感が味わえる筈だと考えた。しかしそれにはパートナーが必要だ。
山の会では、夏季には沢登り山行が加わる。しかし、この7月末に計画している「川迫川神童子谷」のように、腰まで水に浸かってしまう沢登りは、身体を冷やすことを苦手としている今の僕には向かない。また、我が会では泊りは天幕使用の山行が主体なのだが、天幕生活は僕の脚腰が許してくれそうにもない。
また、スタジオを経営する娘家族や三人の孫の世話を司る上さんの生活を考えたとき、僕が家に居ることが必要不可欠であるのは間違いのない事実で、僕に許される自由日数が殆ど無く、正月を除くと泊りの山行が駄目なのは明白だ。
コメント

京都・金毘羅山(老化を如実に感じる転倒)

2016年07月23日 | 岩登り
2016年6月11日(土)~12日(日)
『山の会』
<京都・金毘羅山>
■参加者:安部ちゃん、梅安さん、最くん、聖子さん、ゆうさん
<老化を如実に感じる転倒>
昨年と同様、戸寺のバス亭近くにある民宿を利用する。幕営と違って、脚腰がしっかりと伸ばして寝ることができ、しかも二食&お風呂付の、僕にとっては嬉しい一泊であった。
登攀したのは、初日は「北尾根」と「Mフェース」。二日目は「ワイケン尾根」と「ビビリフェース」で、「北尾根」と「ワイケン尾根」は兎も角、「Mフェース」と「ビビリフェース」は手強かった。「Mフェース」では「Mのクラックルート」を、「ビビリフェース」では「ビビリ沢奥壁」を攀じった。
なかでも「Mフェース」では、取り付きにおられた、先客の中高年御夫婦の励ましがあって全員がトップロープで完登する。奥様が我々の眼前で見せてくれた華麗でしなやかな登攀を観た僕は、一度目の登攀で満足出来なかったゆえ二度目のトライを行なった。しかしやはり、奥様のようなしなやかな登攀はできなかった。そのクラックは僕の身体にとってリードが可能なそれではなかった。クライミングはリードしないとそれを享受できないと思うのだが、今の僕には仕方のないことである。「ビビリ沢奥壁」も、最くんがセットしてくれたトップロープで全員が登攀を楽しんだ。
併しだ、壁の登攀よりも我が身体力の老化を如実に感じたのは、下山時の転倒であった。足が滑ったのだろうと思うのだが、ポールを握っていたにもかかわらず平衡感覚を失い仰向けに転んでしまい、暫く起き上れなかった。脚の踏ん張りが利かなくなってしまっているのも転倒の大きな原因なのかも知れない。まだヘルメットを被っていたのと、背中のザックがショックを和らげてくれて大事に至ることはなかった。
コメント

裏六甲・不動岩(リードしなければ享受することはできない)

2016年07月16日 | 岩登り
2016年5月29日(日)
『山の会』
<裏六甲・不動岩>
■参加者:安部ちゃん、最くん、ゆうさん
<リードしなければ享受することはできない>
東壁の中央部のルートは、ピンが多いしクライミングそのものは平易だからと、最くんと安部ちゃんの許可があって、昨年の11月1日に蓬莱峡でⅡ~Ⅲ級ルートをリードして以来、七ヶ月振りのリード登攀を楽しむ。2本2ピッチをリードし、計2本3ピッチの岩登りをする内にポツリポツリと降雨があり、14時には不動岩を離れ帰路に着いたのだが、僅かな本数と少しの時間の岩登りであったにもかかわらず、その帰路では、我が脚腰にかなりの疲労を感じていた。
2013年の藤内壁前尾根前壁ルンゼ滑落事故で迷惑をかけてしまった安部ちゃんと最くんに、二度と迷惑をかけてはならない、二度と事故を起こしてはならないという思考が働き、至極慎重にゆっくりと登り続け、何事も無くリードできたことに安堵する。先日の仁川では半年ぶりのクライミングゆえリードすることはなかったが、クライミングとはどんな平易なルートであってもリードすることに意義があるように思うし、クライミングはリードしなければ、それを享受することはできないようにも思う。
一本目の登攀をするとき、上部より「ラク!」という声が聞えると同時に、岩らしきものが僕の頭上を通り過ぎ落ちて行った。後に聞いたのだが、結果的には、誰かが落したのは石ではなく、一度目は靴、二度目はカラビナであったそうで、取り付きに居た人間が「ええ加減にせえ!」と叫んだ。
我が眼に止まった生き物は、東壁を攀じるときに岩から岩へと飛翔する一羽のテングチョウと、帰路不動岩下の車道を歩くときに、林中に咲く白花のウツギくらいであったろうか。
コメント

仁川(手指や腕が脆弱化)

2016年07月09日 | 岩登り
2016年5月15日(日) 
『山の会』
<仁川>
■参加者:梅安さん、最くん、聖子さん、ゆうさん
<手指や腕が脆弱化>
ムーンライトから見上げる新緑に包まれた狭い空には絹雲が棚引く。新緑の渓谷中を、クロアゲハやキチョウやコミスジが心地好く飛翔し、初夏の候を満喫している様子であった。また仁川渓谷入り口辺りでは、子供達が水遊びに興じていた。
ムーンライトにやって来たときには先行パーティー(6~7人)が居た為、我々は空いている「右端のルート」を最くんがリードしトップロープをセットし、先ずは梅安さんと聖子さんが楽しんだ。その間に今度は左端の「ハングルート」をやはり最くんがリードしトップロープをセットしてくれて僕も攀じった。その後、先行パーティーが三段岩へと移動したので、中央の俗に言う「ヘソルート」や、その左側の「ちょっとしたレイバックルート」、またその左の「ピンの乏しいルート」を、やはり最くんがリードしトップロープをセットしてくれて全員が楽しませてもらう。ムーンライトで岩登りを楽しむとき僕は我が手指の異変にまだ気付いていなかった。
我々が三段岩へと移動すると、先行パーティーが「右ルート」を占領して居た為、左側の「リッジルート」を最くんが登り、最初のテラスにある二つの支点を利用してトップロープをセットして下降する。そのときビレイしていた僕の左手指に酷い痙攣が生じ、上手くビレイできなくなってしまったのだ。その後も何度も両手指が、挙句は左腕までが酷い痙攣に襲われる始末で、最くんから頂戴した「シャクヤクカンゾウトウ」を服用したお蔭か、15時頃には「三段岩」を離れ帰路に着いたのだが、それ以降我が手指が痙攣することは無かった。
今年の初めより、出掛けられる環境にあり、山の会の例会が無いときには独りで生駒山系縦走を行なうのが僕の日曜日の過ごし方であり、その度に我が脚力の無さを痛感していたのだが、今日は手指や腕までが同じ状態に陥った。昨年の11月1日(蓬莱峡)以来の半年振りのクライミングであったのだが、これ程までに我が手指や腕が脆弱化しているとは思いも寄らなかった。
コメント