山野颯想

山野走、山野歩、山野逍遥など、山野にかかわる事柄を中心に記載しています。

街中走(34分53秒23)

2013年09月06日 | 街中走

P7130018_2

◆撮影:2013年7月13日、八ヶ岳(大同心稜)にて

(キバナノコバノツメ)

201396日(金)

 

『街中走』

345323

今朝の「街中走」のタイムは345323、自身でもびっくりの34分台突入だ。819日にAH君と走ったときのタイムが360343、またそのときのタイムが619日に走りはじめて以降で最もよいタイムであったのだが、そのタイムを上回ることは今後あり得ないだろうとその時は思った。ところが今朝にあっさりとそのタイムを1分以上も上回ったのだ。それは、蒸し暑い季節から脱出し清々しい気候になったことがその大きな理由だろうと思うが、ここ三日間連続で37分台を記録していて、「もしかすれば再び36分台で走ることができるかもしれない」「頑張ってみよう」と考えた。また、今朝走り始めたときの脚腰の状態から、歩幅を広くとって走っても大丈夫に違いないと判断し、最初からしっかりと腕を振りしっかりと走ったことが34分台に繋がったのだろう。しかしいずれにしてもそのタイムは自身でも殊に意外であった。

コメント

道場・千苅貯水池堰堤

2013年09月02日 | 山野歩

130901_101201

◆撮影:2013年9月1日、千苅貯水池堰堤

201391日(日)

『T山の会』

<千苅貯水池堰堤>

■参加者:ABちゃん、MOくん、YUさん

[コースタイム]

[JR道場]930→[不動岩]→1000[千苅貯水池正門]→1005[千苅貯水池堰堤]→[ゴルフ場トンネル]→1100[光明寺]→[展望台]→[鏑射寺]→1230[JR道場]

<国の登録有形文化財>

この14日~16日の日程で御在所に行く。今日のメンバーはその山行に参加する三人、「岩に慣れておきたい」というのが目的の不動岩であったのだが、生憎の雨となってしまった。jR福知山線に乗るときには降っていなかったのだが、道場駅舎を出るや否や降り始めた。仕方なく不動岩での岩登りを中止し「歩荷」に変更する。

未だ嘗て不動岩より東へと歩んだことはないのだが、「ダムがあるそうだ」「人気コースらしい」と云うMOくんの言葉に誘われて、しっかりと雨が降る中、傘をさしアスファルト路を進む。我がザックの中には、ロープ(50m1本、登攀具、テルモス、カッパなどが入っておりそれなりの重量があった。

千苅貯水池正門が現れるが鍵がかかっている。「さて…」と思案に暮れる中、波豆川とフェンスの間に道があった。それより間も無く千苅貯水池堰堤に到着するのだが、その辺りにも武庫川沿いにも、桜の樹が多く、桜が開花する季節は美しいだろうなと思えた。また楓の樹も其処彼処にあったゆえ、桜葉の紅葉も含めて秋には色彩華やかな景観に出合えるのかもしれない。ところで、千苅貯水池堰堤は石を積み上げた至極立派なダムで、大正8年に建設、昭和4年~6年に増築(高さを6m嵩上げ)され、国の登録有形文化財の指定をうけていると記されていた。一見の価値がある建造物だ。

堰堤より貯水池の西側を進むのだが、そこに「通行止め」の看板があった。自己責任という判断で前進すると岩の崩落箇所が幾つかあったが、危険なところは直ぐに通り抜けた。トンネルを利用してゴルフ場を横切ると直ぐに光明時到着、雨の中、東屋を利用して暫し休憩する。光明寺はその字の如く光り輝く境内中にあった。その後、ゴルフ場の北側をぐるっと廻るような形で起伏のある道を行くと、三田の街を眼下に望む展望台に到着する。その頃になると降雨は弱まる。鏑射寺を左に見ると車道に飛び出し、駒形岩を正面に眺めながら舗装道路を下った。それにしても、ABちゃんとMOくんの歩みは相変わらず速い。

コメント