ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

ウィルソンのラケット2

2018年07月29日 | テニスの玉子様
ウィルソンのラケット2

テニス・スクールに入って10数年。今思い返せば最初に買ったラケットが、ウィルソンでした。
テニスの事を何も知らないよしこりは、テニスショップに行って、そこがどこだったかも思い出せないが、

よしこり「初心者ですが、ラケットをください」
店主「どんな物が好きですか?」
よしこり「何も、わからなくて・・・・」
店主「どんなテニスをしたいですか?」
よしこり「強い玉を打ちたいのが本音です」
店主「じゃ、これはどうですか?」

そうやって薦められたのが、ウィルソンの「ハンマーラケット」

よしこり「これで、強い玉が打てますか?」
店主「そうですね」
よしこり「じゃ、これください」

こんな会話した事をはっきり覚えている。

それから、プリンス・ヨネックスと彷徨った。だって、スクールではコーチ達がみなプリンス・ヨネックスを使っていたし、それらのフェアがあって、少し割り引きで買えたから。

それから、10年たってテニスショップで買うようになり、ヘッド・バボラエアロドライブ(ナダルのやつ)・ヨネックスVコア100P・ブリジストン・バボラピュアドライブと、あれこれ自分に見合うラケットを求めて彷徨った。そして、やっとテニスを始めた頃の「強い玉を打ちたい」という希望がかなうラケットに、やっと出会ったかもしれない。

コントロールなんてどうでもいい(いや気になるよとっても)、若者に負けない強い玉を打ちたい最初のころの夢を、またもう一度

でも、ちょっと肘が痛いような・・・シップ貼っとこ・・・ 終

写真の白い方が、一番最初に買ったウィルソンのラケット。左の新しいものと、形はあまり変わっていないように思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ウィルソンのテニスラケット1 | トップ | 録画DVDで鑑賞 「悲しみ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テニスの玉子様」カテゴリの最新記事