探墓巡礼顕彰会-歴史研究会連携団体による墓碑調査プロジェクト-

全国歴史研究会の連携団体「探墓巡礼顕彰会」のブログです。

大久保主水の墓とその系譜

2019-01-13 02:05:28 | 会員の調査報告
会員のカネコです。

前回のカトケンさんの記事に正月時代劇「家康、江戸を建てる」の話題がありましたが、その前編の主人公で江戸上水の大恩人である大久保主水の墓は谷中瑞輪寺にあります。



大久保主水は通称藤五郎、諱を忠行といい、宇津忠茂の五男、兄に大久保忠員がおり、忠員の子には小田原藩祖となる忠世、俗に「天下のご意見番」と呼ばれた彦左衛門忠教がいます。
主水は三河一向一揆の際に負傷し歩行が困難となったため、以後は徳川家康に菓子を献上する菓子司となり、代々子孫がその役目を務めていました。

大名・旗本家の系譜集である『寛政重修諸家譜』第11巻には藤原氏道兼流として大久保諸氏の系譜が所載されています。
そこには忠茂の子として忠平・忠俊・忠員・忠久が挙げられていますが、主水忠行の記載はありません。これは主水の家が旗本ではなく御菓子司であったため省かれたものではないかと思われます。

主水の家系については森鴎外の弟である森潤三郎が「江戸幕府御菓子司大久保主水が家系」(『今昔 3(2)』)で子孫より提供された資料を基に記述しています。
森潤三郎については当ブログ森鴎外記念館で「森家三兄弟―鴎外と二人の弟」展を見るでも書きましたが、我々の大先輩とでも言うべき偉大なる掃苔家であります。

この「江戸幕府御菓子司大久保主水が家系」は兄鴎外が『伊澤蘭軒』を書く際に、伊澤家と大久保主水家が姻戚関係であることを知り、潤三郎が子孫を探したましたが、遂に鴎外の生前に見つけることができずにいたものを、大正13年(1924)の主水贈位の際に子孫である大久保忠五郎が千駄ヶ谷に居住していることを知り、さらに転居してものを捜索し高井戸に居住していることを探し当て、昭和4年(1929)に自身の耳が悪くなっていたため、友人の塩田節三郎に質問を託し、塩田が記録を写し、さらに潤三郎が文通で得た情報をまとめたものです。

これによると、大久保主水家の系図は粟田関白道兼十世の孫景綱からはじまり、主水忠行は忠茂の五男として記載されています。
主水忠行の後は忠元-忠辰-忠武-忠光-忠郷-忠著-忠英-忠宜-忠記-忠保-忠達(忠五郎)と続いています。

この潤三郎の記事では、五代忠光の時にそれまでの宗旨日蓮宗より浄土宗に改宗し、墓所が別寺院となったことも書かれており、瑞輪寺の大久保家墓所に何故子孫の墓がないのかという疑問がこれで解けました。
この記事には忠五郎の子供の事まで書かれており、昭和4年(1929)時点での大久保主水家のことがよく分かります。

さらに潤三郎は「調査余録」(『今昔 3(10)(25)』)に静嘉堂文庫所蔵の宝暦5年(1755)八代忠英提出の先祖書を載せています。

潤三郎が見たであろう主水家の系図は『東京市史稿 上水篇 第1』に「大久保惣系図」として所載されており、八代忠英までが記載され、その後、大久保忠五郎蔵由緒書及び位牌等に拠るとして、忠英から忠五郎忠達までの当主が記されています。

Wikipedia「大久保忠行」のページに「幕末の大久保主水は徳川宗家の静岡移動にも従い、娘を旧幕臣の重鎮で同族の大久保一翁の子息の嫁としている。」とありますが、大久保一翁の子には子爵家を継いだ四男業、業が早世した後爵位を継いだ五男立がありますが、主水子孫の娘を妻としたのはこの両名ではなく、旗本大久保家を継いだ三男三郎であるようですが、明確な資料まだ確認していないので、確定はできません。
尚、大久保一翁の系図は『桜園集』に所載されています。

森潤三郎が鴎外没後に大久保主水の子孫を探し出し、その家系を明らかにしたことは正に執念と言うべきでしょうか。また一つ森潤三郎の功績に触れ胸が熱くなりました。
*******************************************************************
★ガイドブック『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』のご注文は下記フォームよりお申込みください。

『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』購入申込みフォーム


★Twitterにて当会の最新情報を更新しています。是非フォローください。

twitter
******************************************************************
コメント

創業と守成と

2019-01-05 22:54:26 | 会員の調査報告
会員のカトケンです。
新年あけましておめでとうございます。

楽しみにしていた正月時代劇「家康、江戸を建てる」を見て、家康が新国家建設に当たって才覚者たちを活躍させる目の付けどころに今回はスポットが当てられた(写真は静岡市にある後藤庄三郎供養塔と銅像。大久保主水の墓は東京谷中瑞輪寺にあるというが、筆者未見)。





戦争から生活にいち早く目を向ける視点は、経営者にも重ねることができよう。

だが考えてみれば、徳川政権の権力基盤は、家康時代は大坂の陣で武家の争いは収まったものの、秀忠が娘を天皇に嫁がせ、家光がようやく朝廷を抑えて軌道に乗ったと言えなくもない。

その意味では、2代・3代の守成が重要で、初代による創業をさらに盤石なものとすべき次の手がいかに大切かが改めて分かった。

そうすると、創業時の側近から守成時の側近は誰がいるか。そんな視点で掃苔を進めていくのも楽しい1年になろう。

それはさておき、今年最初の掃苔は予備校時代の同級生たちと焼津で新年会の前に1時間ほど。安政7年遣米使節団員 益頭駿次郎の墓を訪ねた。

看板はすぐ見つかったものの(=写真)、墓が見つからない。そんなに広い墓域ではないのに西日がまぶしくて苗字が読み取りにくい。



夕方に来たから無理もないのだが、やうやくのことで益頭家の墓にたどり着いた。墓域のいちばん奥に立っていた。(=写真)





探しがいのある墓だった。益頭は米国のほか欧州にも足を運んだ(竹内遣欧使節)。一度派遣されて、また行く機会を得た1人である。このやうな人が何人かいる。

1人ひとり墓を探していくのも面白い。今ちょうど新年会のメンバーが解散したところだ。三島や富士から来てくれた。ありがたい正月である。

本年もよろしくお願いします。
*******************************************************************
★ガイドブック『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』のご注文は下記フォームよりお申込みください。

『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』購入申込みフォーム


★Twitterにて当会の最新情報を更新しています。是非フォローください。

twitter
******************************************************************
コメント

新年のご挨拶

2019-01-01 00:00:00 | 日記
会員のカネコです。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』の出版や11月に開催した流星忌の谷中巡墓会などの活動があり、皆さまには大変お世話になりました。
探墓巡礼顕彰会にとっては大きな1年となりました。

今年は既にお伝えしています通り、幹事メンバーの「ソロ活動」となりますが、引き続き各人の活動や調査について当ブログにてお伝えできればと思っております。

本年が皆様にとって良い1年になることを祈念いたします。
引き続き、当会へのご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
*******************************************************************
★ガイドブック『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』のご注文は下記フォームよりお申込みください。

『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』購入申込みフォーム


★Twitterにて当会の最新情報を更新しています。是非フォローください。

twitter
******************************************************************
コメント

探墓巡礼ー初夢に何を思う

2018-12-30 23:24:29 | 日記
会員のカトケンです。

今年も残すところあとわずか。流星忌のあと、愛知・岐阜に足を運び、山内一豊の2つ説のある生誕地、岩倉市(神明生田神社)や一宮市(黒田城址)を回った。

また、一豊とともに豊臣政権で活躍した堀尾吉晴の屋敷跡がある愛知県丹羽郡大口町を訪ねた。八剣社という大きな神社が残っていて、その裏手には母と吉晴の息子金助の逸話で知られる裁断橋が復元され、近くの桂林寺には吉晴らの供養塔もある。ここは堀尾家家臣だった我が先祖が確実にいた場所であり、感慨深いものがあった。

さらに我が地元静岡市では、駿府城址から豊臣秀吉時代の金箔瓦や天守台遺構が出てきたと話題になったが、要は中村一氏が駿府領主のときに造った城があったことが今年明らかになったわけだ。一氏の墓は臨済寺にあるが、静岡市では領主であったことともにあまり知られていないように思う。

ここへ来て、豊臣家臣のライバルである3人、山内・堀尾・中村が出そろったことで、3人が活躍した大河ドラマ『功名が辻』を思い出した。それぞれ自身に関わるつながりがあることに気づき、普段馴染みの薄い中世の終わりから江戸初期での追究テーマを見つけた気がした。

それから、師走に入ってからある子孫の会で仲良くなった方に車を出していただき、茨城県の陸の孤島、坂東市に逆井城址などを訪れた。前回、同じくアクセスが不便な結城市にある老中水野忠邦一族の墓所や平将門ゆかりの地を巡った第2弾であった。

後で分かったことだが、回った中に我が先祖が40年近くいた土岐家の守谷領が含まれていたことが分かり、驚きかつうれしい旅となった。旅をしながら聞く現代裏話にも心を弾ませ、今年携わったイベントでの疲れがずいぶん癒やされた。

来年、今から楽しみなのは、NHKの正月時代劇「家康、江戸を建てる」の後編に後藤(橋本)庄三郎が出てくることだ。

御金改役として小判を通貨にすべく情熱を傾けた生涯が一般に明らかになる。今夏、静岡市の安西寺に銅像が建てられたことは以前当ブログにも載せたが、そもそも去年春の深川巡墓会でその子孫後藤三右衛門の墓(雲光院)にて庄三郎の話をさせてもらった。

そのとき、庄三郎の墓がもう東京にはなく、現在供養塔が残っているのが静岡市の安西寺であることを報告。その出自がいかなる橋本から出ているか謎に包まれており、金座の創設以外にも家康に対して貿易の助言をしていたことも説明。江戸幕府初期の屋台骨を支え、貨幣にとどまらない活躍にもっと注目して良い人物である。

庄三郎の見た夢を自身の初夢に重ねて、来年も墓をキーワードにしながら、日本人として記憶にとどめておくべき隠れた歴史上の人物の発掘に努めていきたい。また静岡や先祖とのつながりを追いつつ、土佐への情熱を再び傾けて行けたらと思う。

最後になりましたが、今年も多くの方に支えていただいたおかげで、意義深い掃苔活動ができました。1年間ありがとうございました。感謝を胸に来年も努力を重ねて参りますので、引き続きご指導よろしくお願いいたします。
*******************************************************************
★ガイドブック『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』のご注文は下記フォームよりお申込みください。

『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』購入申込みフォーム


★Twitterにて当会の最新情報を更新しています。是非フォローください。

twitter
*******************************************************************
コメント

『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』の訂正

2018-12-14 19:42:57 | 日記
会員のカネコです。

先日より告知しております『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』の訂正についてお知らせいたします。
本来は刊行前のチェックで気づくべき所でしたが、見落としがあり、読者の皆様にはご迷惑をおけかして申し訳ございません。
ご購入済みの方は一度、ご確認頂けますようお願い申し上げます。
--------------------------------------
P.9 [谷中霊園-2案内図] 右上、乙葉林八(浅田麟之助)の下の丸囲みの霊園地番
 誤「乙3号」
    ↓
 正「乙8号」

P.12 [永井尚志] ④第三段落目、第一文
 誤「主水主」
     ↓
 正「主水正」

P.13 [永井尚志] ⑤第三段落目、第二文
 誤「円月姫」
     ↓
 正「円月院」

P.17 [近藤庫三郎・鎮三] ⑤第三段落目
 誤「第二霊廟近くにに建立」
     ↓
 正「第二霊廟近くに建立」

P.34 [松平忠敏] ④第一段落目、第十文
 誤「他方で分家に養子として入った松平正綱が大名に取り立てられ、正綱の出身の大河内氏から「大河内松平」家が一般的に長沢松平と呼ばれている。」
     ↓
 正「他方で大河内正綱が長沢松平家分家へ養子に入り、松平正綱を名乗ったが、本姓は大河内氏のままであった。」

P.48 [雲井龍雄] ⑤第一段落目、第四文
 誤「証は張滋昉」
     ↓
 正「書は張滋昉」

P.59 [渋沢栄一] 墓碑写真右側
 誤「渋沢栄一の墓所の位置については、P57徳川慶喜の項目を参照して下さい。」
     ↓
 正「渋沢栄一の墓所の位置については、P10「寛永寺墓地周辺案内図」を参照して下さい。」

P.61 [阿部正弘] 墓碑写真右側
 誤「阿部正弘の墓所の位置については、P57徳川慶喜の項目を参照して下さい。」
     ↓
 正「阿部正弘の墓所の位置については、P10「寛永寺墓地周辺案内図」を参照して下さい。」

P.65 [平山省斎] ⑤第二段落目、第二文
 誤「しかし同所には「活同斎」という似た名前の人物の墓があり、省斎の実父として整合性も合うことから、この人物が「活円斎」のことではないかと考えている。」
     ↓
 正「しかし同所には「活道斎」と「哲円斎」という二人の人物の墓がある。近年の調査で祖父が活道斎、父が哲円斎であり、省斎の養子成信が養父の伝記を書いた際に二人が混ざってしまい、「活円斎」として広まってしまったという説が有力である。」

P.66 [岩橋教章] ①
 誤「箱館戦争を描いた開拓方」
     ↓
 正「箱館戦争を描いた絵図方」

P.66 [岩橋教章] ④二段落目、第二文
 誤「軍艦操練所絵図方出役」
     ↓
 正「軍艦操練所絵図認方出役」

P.66 [岩橋教章] ④三段落目、第二文
 誤「伊勢へ向かう途中」
     ↓
 正「伊勢国鳥羽へ向かう途中」

P.66  [岩橋教章] ④四段落目、第三文
 誤「軍艦組三等製図方を務め」
     ↓
 正「蒸気三等、総裁附を務め」

P.66  [岩橋教章] ④五段落目、第一文
 誤「明治六年(1873)四月出国」
     ↓
 正「明治六年(1873)三月末出国」

P.71 [高松凌雲] ④七段落目、第一文
 誤 「乙部上陸」
      ↓
 正 「乙部へ上陸」

P.72  [高松凌雲] ④後ろから三段落目、第四文
 誤 「渋沢栄一・福地源一郎・松平太郎」
      ↓
 正 「渋沢栄一・福地源一郎(四六ページ参照)・松平太郎」

P.83 [伊東玄伯] ⑤第一段落目、第三、六文
 誤「正三位」
     ↓
 正「従三位」

P.84  [小杉雅之進] ④三段落目
 誤「明治五年(1872)何者かにより」
         ↓
 正「明治六年(1873)何者かにより」

P.91  [松岡磐吉] ④後ろから二段落目、第二文
 誤 「咸臨丸が仙台藩白石からの移住者四〇一名を乗せたまま、北海道釜谷村泉沢の更木岬沖で座礁、船としての生涯を閉じている。」
         ↓
 正 「咸臨丸が仙台藩白石からの移住者約四〇〇名を乗せたまま、北海道釜谷村泉沢の更木岬沖で座礁、乗船者は助かったが、船としての生涯を閉じている。」

P.97  [海老名季昌先祖] ④後ろから六段落目、第三文及び後ろから四段落目、第二文
 誤 「横山主税常守」「横山常守」
      ↓
 正 「横山主税常忠」「横山常忠」

P.104 [参考文献] 左列13行目
 誤 「『韮山町史』第6巻上・通史Ⅱ近世第11韮山町」
      ↓
 正 「『韮山町史』第6巻上・第11巻通史Ⅱ近世 韮山町」

P.104 [参考文献] 右列21行目
 誤「・稲垣敏子(翻刻)・樋口雄彦(校正・解説)「福田重固手控「陸軍局御用留」」・ (『横浜開港資料館紀要』29 号) 横浜市ふるさと歴史財団) 平成23年」
         ↓
 正「・稲垣敏子(翻刻)・樋口雄彦(校正・解説)「福田重固手控「陸軍局御用留」」(『横浜開港資料館紀要』29 号 横浜市ふるさと歴史財団) 平成23年」

P.104 [参考文献] 右列下から8行目
 誤「・土佐博文「依田学海 佐倉藩士、漢学者として幕末から明治を見つめた男」(『千葉史学』54 号) 千葉歴史学会) 平成21年
         ↓
 正「・土佐博文「依田学海 佐倉藩士、漢学者として幕末から明治を見つめた男」(『千葉史学』54 号 千葉歴史学会) 平成21年

P.107 [★墓所索引] 右列6行目
 誤 「国泰寺(富山県高岡市)  ・・・79」
      ↓
 正 削除。関連墓碑が無いため。
--------------------------------------
上記以外にも誤りがありましたら、コメント覧にてご教示頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。
*******************************************************************
★ガイドブック『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』のご注文は下記フォームよりお申込みください。

『探墓巡礼 谷中編~箱館戦争関係人物を歩く~』購入申込みフォーム


★Twitterにて当会の最新情報を更新しています。是非フォローください。

twitter
*******************************************************************
コメント