幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

講演会「大警視 川路利良 日本の警察を創った男」のお知らせ

2016年09月26日 | イベント

10月16日(日)に熊本県水俣市で「大警視 川路利良 日本の警察を創った男」と題する講演を行うことになりました。
この講演は、本来であれば4月17日に行う予定でした。
しかし直前に熊本地震が発生したため、延期となっていました。

開催概要は以下の通りです。


「大警視 川路利良 日本の警察を創った男」

講師:河内貞芳
主催:水俣西南戦争史研究会
会場:水俣市公民館 
日時:平成28年10月16日 午前10時~11時30分 
参加費:500円

川路大警視の生涯とゆかりの史跡、西南戦争の際に川路大警視に率いられ水俣周辺で戦った別働第三旅団の面々についてご紹介します。
参加を希望される方は、下記のいずれかでお申し込みください。

FAX 0966-63-5154
メール 6262kuritora@gmail.com

よろしくお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐柳島の埋め墓と参り墓

2016年07月10日 | 掃苔録

佐柳島(さなぎじま)に行ってきました。

佐柳島は香川県仲多度郡多度津町にある島で、塩飽諸島の一つです。
最近では猫島として注目されていますが、一故人に対し埋め墓(遺体を埋めた墓)と参り墓(墓参のための墓)の二基をつくる両墓制が残っていることで知られる島です。

この島を訪れた目的は、咸臨丸の乗組員として渡米中に客死した平田富蔵と、海援隊士として活躍した佐柳高次の掃苔です。
参り墓の墓地は一般的な墓地で、すぐに平田富蔵と佐柳高次の参り墓と出会い掃苔することができました。
参り墓の近くには、二人を顕彰する碑も建てられていました。

渡米中に客死した平田富蔵の埋め墓はサンフランシスコにあるそうですが、佐柳高次の埋め墓は乗蓮寺のすぐ近くにある埋め墓の墓地にあります。
埋め墓の墓地には、たくさんの小さな埋め墓が海に向かって建っていました。ほんの20メートル程先は海で、瀬戸内海の島々が見えます。聞こえるのは波の音と風の音、風が揺らす木々の音だけ。沢山の埋め墓に囲まれ潮風にさらされていると、なんとも不思議な心境になりました。
佐柳高次の埋め墓は草に覆われており、見つけるのに苦労しました。なお佐柳高次の名は坂本龍馬が名付けたそうで、参り墓にも埋め墓にも前田高次とありました。

掃苔が終われば、島でのノルマは達成です。船便が少ないので、次の船が来るまでの間、たっぷり猫と戯れました。
島の方とのなにげない挨拶から会話がはじまり、心温まる交流を持つことができました。
これだから島旅はやめられません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水俣市での講演について

2016年06月13日 | イベント

5月10日の記事でも少し触れましたが、去る4月17日に水俣市公民館で一時間半の講演を行う予定でした。

主催の水俣西南戦争史研究会さまが決めてくださいましたタイトルは、「大警視 川路利良 日本の警察を創った男」です。

水俣西南戦争史研究会さまが熱心な広報活動を行い、南日本新聞と水俣市広報紙が記事に取り上げてくださいました。
そのおかげで、鹿児島の方や警察官の方からもお申し込みをいただいたそうです。

立派な看板まで用意してくださっていましたが、開催前日に熊本大地震が発生したため、残念ながら延期となりました。
楽しみにしていた方々には、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

講演は中止ではなく延期であり、今のところ10月に実施の予定です。
詳細が決まり次第、当ブログでもご報告いたします。
興味のある方は、水俣の警視隊史跡訪問のついでにでも、ぜひおいでください。
よろしくお願いいたします。


※写真は主催の水俣西南戦争史研究会さまが用意してくださった看板(40歳とありますが、正確には38歳)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『斎藤一~新選組論考集』出版を報告 

2016年06月04日 | 掃苔録

『斎藤一~新選組論考集』が出版されてから約1ヶ月が過ぎた先日、阿弥陀寺にある藤田五郎の墓前で、『斎藤一~新選組論考集』の出版を報告してきました。

『「朝敵」と呼ばれようとも 維新に抗した殉国の志士』で佐川官兵衛について執筆した際は、大分護国神社にある墓前で報告するまでに一年かかりましたが、今回は比較的早く報告することができました。

調査執筆に当たった二年間は、本当に夢中でした。
多くの方々よりご指導ご鞭撻をいただけたおかげさまで、いくつもの新発見にも恵まれました。
墓前では『斎藤一~新選組論考集』出版の報告とともに、充実した二年間を過ごせたことへの感謝も伝えました。
すでに他の執筆者や出版に携わった方々が墓前でご報告なさっていたかもしれませんが、自ら報告できたことを嬉しく思います。

『斎藤一~新選組論考集』は、斎藤一に関する新発見がぎっしり詰まった一冊です。
斎藤一に関心のある方には、ぜひ読んでいただきたいと思います。
定価は3,500円(税込)です。
今のところ書店店頭に並べる予定はないそうなので、購入を希望される方は小島資料館もしくは地方出版取扱い書店へご注文ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『斎藤一~新選組論考集』のご紹介 その3

2016年05月16日 | 侍たちの警視庁

平成28年4月30日(土)、『斎藤一~新選組論考集』出版記念講演会が開催されました。

主催は三十一人会、後援は小島資料館、場所は町田市文化交流センター5階のけやき東でした。
先着60名限定の講演会でしたが、会場は満員でした。

講演は3つで、あさくらゆう先生の“編集にあたって”と、原英之さんの“藤田五郎がいた斗南”と、私の“西南戦争と藤田五郎”でした。
あさくらゆう先生と原英之さんの講演は、目からウロコの新発見が多く、大変興味深く拝聴しました。
特に新発見に至るまでの努力と根性の苦労話には、シンパシーを感じてしまいます。
私の講演は、一昨年の「没後100年、藤田五郎として生きた新選組 斎藤一」での講演と大差ない内容だったので、両方とも聞きに来てくださった方には申し訳なかったです。

当日に限り『斎藤一~新選組論考集』を3,500円(税込)のところ3,000円で販売していましたが、たくさんの方にご購入いただけたようです。
講演の機会をくださった小島政孝会長とあさくらゆう先生、ご来場いただきました皆様に、感謝いたします。

『斎藤一~新選組論考集』は、斎藤一に関する新発見がぎっしり詰まった一冊です。
斎藤一に関心のある方には、ぜひ読んでいただきたいと思います。
定価は3,500円(税込)です。
今のところ書店店頭に並べる予定はないそうなので、購入を希望される方は小島資料館もしくは地方出版取扱い書店へご注文ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加