狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

中国機の領空侵犯続発!

2013-01-06 08:15:23 | 県知事選

 

人気blogランングへ クリックお願いします

■那覇市立中央図書館の言論封殺に、

断乎抗議する!

月刊誌『正論』の名物連載「一筆啓誅 NHK殿」でNHK糾弾で健筆を振るわれている皇學館大學非常勤講師の本間一誠さんが、那覇市立図書館の焚書坑儒に対し、怒りの抗議文を送ってくださいました。

参考文例として皇學館大學非常勤講師・本間一誠さんの抗議文を問題解決(図書館側からの納得できる説明と謝罪)の日まで掲載します。

「狼魔人日記」閲覧不可に断乎抗議する

お名前:本間一誠
メッセージ:本日の「狼魔人日記」を読み、大変憤りに堪えません。同ブログによれば、貴図書館上司の意向により、「狼魔人日記」が閲覧不可となったと知りました。嘗て、千葉県船橋市の公立図書館において、いつの間にか保守系の著作が同図書館職員の偏った判断で撤去、焚書にされ、大問題になったことがありました。「狼魔人日記」の読者は全国に広がっており、沖縄県民だけに言論封殺をしても、もはや何の意味もありません。かえって沖縄の異常な左翼支配の現状と民主主義の不在を日本中に知らしめる結果となり、最終的にはそのような判断をした貴図書館、及び館長が説明と責任を問われることになるでしょう。沖縄は中国ですか? 沖縄は北朝鮮ですか? 全く信じられない話です。沖縄の自由な言論のために同ブログはかけがえのない情報を全国に発信しています。ここに「狼魔人日記」閲覧不可の指示に対して断乎抗議するとともに、速やかにその指示を撤回されるよう求めます。

これを参考に皆様の抗議文送付のご協力をお願いいたします。

沖縄に蔓延する言論封殺を粉砕するため、

下記に電話、ファックス、メールなどで抗議して下さい。

那覇市立中央図書館http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/lib/

 〒902-0064 沖縄県 那覇市 寄宮1-2-15
 TEL:098-891-3449 FAX:098-835-2158
 E-mail :lib-chuo@nirai.ne.jp

なお本件は拡散希望です。

 

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

 

よろしかったら人気blogランング クリックお願いします

 
 コメント欄からUnknownさんの秀逸な川柳を紹介する。


過激派の なれの果てなる 老醜を

 車窓に見つつ ゲート前過ぐ

昨日普天間基地野嵩ゲート前を通ったら、年末に米軍が金網に結んだリボンなど撤去したままのクリーンなまま。老醜を晒すプロ市民の姿は1人も見かけなかった。

官公庁も仕事始めたと言うのに、過激派の成れの果ての老プロ市民たちは、 もう暫くは正月休みが続くようだ。(苦笑)

やはり寄る年波で寒さには勝てないのか。

くれぐれも転倒などして骨折でもして、ホネオリ損にならないように・・・。(涙)

昨晩は今年初めの同級生の新年会(兼例会)が那覇市某所の居酒屋で行われた。

正月休みの間に転倒した者が3人もいて、話題は専ら健康と病気の話。

転倒した者に限って日頃体を鍛えていて足腰には自信を持っている者なのが皮肉だ。

いくら鍛えても年には勝てぬ、は人間の真理なのか。

筆者は約10年前に大病を患い、その後遺症で杖を頼りの歩行は亀よりのろい。

だが、過去10年間を振り返ると、不思議と1度も転倒したことがない。

足がおぼつか無いのを自覚しているからだ。

くだらん居酒屋談義の中からもう一つの真理を発見した。

人はやはり年には勝てぬ。

されど、弱点を持つ人は強し。

そう、己の弱点を知る人間は、弱点がないと考える人より強いのではないか。

転倒するしないで人間の真理を発見等と、ずい分オーバーな話。

だが、これも居酒屋談義とお許しあれ。

 

国防に昼夜の区別もなければ、正月休みもない。

トロが、敵対国に誤ったメッセージを送り続ける反日勢力に長期休暇とは。

平和呆けもここに極れり。

領空侵犯は撃墜しても文句は言えないという。

首相 中国の飛行機進入で運用見直し指示

1月6日 4時10分
首相 中国の飛行機進入で運用見直し指示
 

沖縄県の尖閣諸島周辺で、中国当局の飛行機がことしに入って連日、日本の領空の周辺に設けられた「防空識別圏」に進入したことが確認され、安倍総理大臣は領空や領海が侵犯されないよう万全の態勢を整える必要があるとして、防衛省幹部らに自衛隊の戦闘機などの運用の見直しを指示しました。

沖縄県の尖閣諸島の周辺では、中国当局の飛行機が先月13日に初めて領空を侵犯したのに続き、先月下旬には4回にわたって日本の領空の周辺に設けられた「防空識別圏」に入り、そのたびに自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進しています。
政府関係者によりますと、中国当局の飛行機はことしに入ってからも連日、「防空識別圏」に進入したことが確認され、5日は自衛隊の戦闘機が緊急発進しました。
こうした事態を受け、安倍総理大臣は5日、防衛省や海上保安庁の幹部らを総理大臣官邸に呼び、尖閣諸島周辺の警戒監視態勢などについて報告を受けました。
そして、安倍総理大臣は領空や領海が侵犯されないよう万全の態勢を整える必要があるとして、航空自衛隊の戦闘機や海上保安庁の巡視船の運用の見直しを指示しました。

                 ☆

外交とはメッセージの発信による国と国と戦争ということができる。

だが、メッセージを発信するのは国ばかりとは限らない。

国の内部の市民という反政府勢力が敵対国に発するメッセージだ。

八重山教科書問題もある意味「反政府勢力」が仮想敵国・中国に発したメッセージの一種ということができる。

沖縄2紙により扇動された反日サヨク勢力は、育鵬社版公民教科書に採択に対し猛反発した。 その一方で東京書籍版教科書の採択をごり押しし、文科省の指導に反旗を翻した。

育鵬社版には、尖閣諸島は日本の固有の領土と断定する記述され、中国の主張を真っ向から否定する記述である。、自衛隊についてもその存在を全面的に認める記述である。

沖縄2紙が全面支援する東京書籍版には尖閣諸島に関して中国の主張をそのまま記載し、自衛隊についても憲法違反をにおわす記述である。

この一連の教科書騒動を中国はどのように受取るか。

「琉球処分で日本に侵略された沖縄(琉球)の住民が中国の援軍(解放軍)を待っている」というメッセージに受取る可能性は充分にある。

それに「島ぐるみオスプレイ阻止」というもう一つのメッセージだ。

わが国とっては離島防衛の切り札ともいえる「オスプレイの沖縄配備」に対し、ガセネタを流してまで反対運動を展開することはやはり中国軍お救援を待つ沖縄住民のメッセージと取られるのではないか。

昨年10月、オスプレイ反対運動が真っ盛りの頃、仲井真県知事は県幹部を引きつれて「オスプレイ配備反対」を含む「県外移設」を訴えるため米国訪問をしている。

そして今回も県幹部を米国に「外交交渉」のため米国に派遣すると言う。

MSN産経ニュース - 2012年12月30日

何度も言うが、オスプレイの配備や米軍機との移設問題は日米安全保障に関わる問題であり国の専管事項である。

一地域の首長が、首相や外務大臣の頭越しに直接米国と「外交攻守」をするのはお門違いである。 県知事が交渉する相手は担当大臣であり最終的には首相であることは言うまでもない。

仮に県知事が外務大臣の立場であっても、国の最高責任者である首相との意見の調整もなく、勝手に相手国と直接交渉したら内閣不一致で外交的失態の謗りをうけかねない。

そして県知事が国の頭越しに国とは反対意見の「県外移設」で米国と直接交渉をしたら、中国に対してどのようなメッセージを与えたことになるか。

そう、沖縄は住民のみならず行政の長である県知事までもが、中国に対し援軍の派遣を期待していると受取られてもしかたがない。

普天間基地ゲートの過激派の成れの果てたちが、長い正月休みで惰眠を貪っている間も、彼らが発したメッセージを受け、中国は尖閣侵略を日に日に顕在化し始めている。

わが国の国防に貢献するオスプレイの沖縄配備に反対する運動を扇動し、中国に誤ったメッセージを送り続けている沖縄2紙の罪は限りなく大きい。

仮に尖閣で中国との戦端が開かれるようなことが起きたとしたら、沖縄メディアが教科書問題、自衛隊の沖縄配備問題そしてオスプレイの沖縄配備で県民をして誤ったメッセージを発しさせた責任は追及されるべきである。

 
【おまけ】
 
辺野古テント村のプロ市民も、野嵩ゲート前のプロ市民もそして大阪市役所村まえテント村のプロ市民も、」その正体は法令無視の犯罪集団だったんですね。
 
 
 
公開日: 2013/01/03

脱原発とか反原発とか言ってる奴は犯罪者だったのです。しかも在日韓国人の犯罪者集団でありました。

若い女性を追い回して暴力を振るうい、大阪市役所前にテントを無許可で設置し不法占拠もしており、酒を飲んだり太鼓をたたいたり迷惑行為を行う不届き者です。
しかも1週間以上も風呂に入っていない乞食みたいな凶暴な奴もいます。

さすがの大阪市役所も焦ったのか、強制退去命令を出しましたので、現在はテントはありません。

人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄の出版界に衝撃!
沖縄の出版界が出版拒否した問題の書!

 

季刊誌「かみつく」
「かみつく」を紹介するHP

 

価格 1420円(税・送料込み)
(1260円(税込み)+送料160円=1420円)

 

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp
住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします

<送金方法等詳細はここ>

 

*************************

 

 
 
沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)
著者:又吉康隆
コメント (5)