柴犬多頭飼い コクマチャ日記

コロクロ日記で07年に開設したブログ。13年にマロ、15年にチャロが来たので『コクマチャ日記』とタイトル変更しました。

年末の3ワンお泊まり旅 5 (滝頭山)

2019-01-22 08:30:44 | ワンズとお泊まり旅行

ランで元気に遊びはしましたが、この日はすごい強風でした。どのくらいの風かというと、休暇村を出て海岸沿いを走ると強風にあおられた波しぶきが道路までくるほど。

コテージを出る前、この強風では海で遊べないからと犬連れで行ける場所の検索をしました。すると滝頭公園という、球技場や親水広場、池などがある大きな公園があり、犬とお散歩するにはいい感じと書かれたブログを発見したので、そこに行ってみることにしました。が、あとで見たこの看板により、私たちが行った場所が間違いだったとわかりました。赤丸が駐車場。黄丸が公園。なのに私たちは青丸の方に行き、すごい山を登ることになったのです。

公園の周遊コースを歩くつもりでしたが、もしクロが歩かなくなったときのためにカートを背負って出発。駐車場を出て少し歩くと不動橋。

でも、運動公園があるような場所では全くないので「ねぇ、ここ違うよ」と言ったのですが、もともと山歩きが好きなパパなので「行ってみよ~」と、階段をのぼりはじめました。

すぐに動かなくなったクロをはじめはパパが抱っこしていましたが、元気にどんどん行きたいチビーズをまかせることにして、私はクロとゆっくり行くことにしました。

ゆっくり歩いて行こうと思いましたが、やっぱりクロはすぐに動かなくなりました。前日に行ったふるさと公園はずっと坂だったけれど、道は舗装されているのでカートに乗せていくことができました。でもここはカートなんか使えません。背中にカート、抱っこのクロ。それでもはじめは余裕で笑っていましたが・・・

ものすごい階段。すっかり笑顔が消える私

 

階段のない坂道は歩かせましたが、すぐにギブアップして動かなくなるクロ。抱っこの仕方も、もう荷物をぶら下げるような感じになっています。そして汗だく

 

不動滝。

パパとチビーズは、私とクロをここで待っています。

やっと到着。滝までたった15分でも、すごい坂をクロをほぼ抱っこして登ったので息も絶え絶えの私。「もうこれ以上は無理クロと休憩してるから行ってきて」と、この場所でギブアップ宣言をしました。 このあと、ここでやめておいて良かったとホッとするような、過酷な(?)山登り写真をパパに見せてもらいました(笑)

      つづく

コメント

年末の3ワンお泊まり旅 4 (2日目の朝)

2019-01-21 08:53:42 | ワンズとお泊まり旅行

1日目はたくさん坂道を歩いて疲れたためか、コテージに着いてからチャロの元気があまりなく気になっていました。2日目の朝。「おはようチャーちゃん。ご機嫌いかが?

マロが遊びたがっていますが、まったりタイム中のクロは遊ぶ気はありません。

そのかわり、ひと晩しっかり寝て元気になったチャロがマロの相手をしてくれます。

 

チャーちゃん、朝からご苦労様です。

 

ランでひと遊びし、お散歩をしてご飯を食べさせ、飼い主は朝食へ。部屋に戻りゆっくりしたあとコロも一緒に記念撮影。

あとはチェックアウト時間までランにいました。

みんなそれぞれパパとボール遊び。ご機嫌クロ。

 

いつでも元気ハツラツのマロ。

 

すっかり元気回復のチャロ。

 

ボールをガジガジしているときの大きなオチリ。

くるりと回って反対側からパチリ。同じ後ろ姿でも全然違います(笑)

     続く

コメント

年末の3ワンお泊まり旅 3 (休暇村)

2019-01-20 08:22:42 | ワンズとお泊まり旅行

泊まる場所は何度もお世話になっている伊良湖国民休暇村のコテージ。

手続きをしたら、暗くなる前にさっそくコテージ前のランで遊びます。体力がありあまっているマロ、公園ではカートにしっかり乗っていたクロは元気いっぱい。

 

でも、山の公園でたっぷり歩き海にも行き、チャロはお疲れのようでした。

部屋に戻るとすぐにこんな感じに。

ワンズにご飯をあげ、飼い主は本館に食事に行きました。戻ってくると、まだまだ遊び足らなさそうなマロ。

夜のお散歩をしてゆっくりしたあと、寝んねの時間ですよ~。チャーさんはマロに邪魔されないようソフトクレートに避難。

マーちゃん、落ち着きのない子~。せっかく寝かけたクロが起きてしまいました。マーちゃん、明日もいっぱい遊ぶからもうお休みねっ。

 

       つづく

コメント (4)

年末の3ワンお泊まり旅 2 (恋路ヶ浜)

2019-01-18 07:36:35 | ワンズとお泊まり旅行

公園を出たあと、伊良湖岬の先にある恋路ヶ浜に行きました。駐車場から浜におりるところで、野球部の少年たちに話しかけられて大喜びのマロ。

コロも来るはずだった海。持参してきたこの写真も、ここで撮ったものです。一緒に海を感じてくれたかなぁ。

マロはなにをしているのかというと、穴ほりしたあとそこでひっくり返っています。(gooブログは動画ファイルのアップロード機能がないので、花まる日記の方で動画をアップしました→【こちら】) ひっくり返ってズリズリしていたので、何か気になるにおいがしたのかも。砂だらけのマロ。楽しそうだけどやめてほしい~

コロ以外に泳ぐのが好きな子はいないので、川遊びに行くことはもうないと思います。

でも、マロは砂浜を掘ったり爆走したりするのが大好きなので、これからも海には行くつもりです。

 

薄暗くなってきたので、ここからすぐの休暇村のコテージに向かいました。(なぜか青っぽく写っている

       つづく

コメント (2)

年末の3ワンお泊まり旅 1 (ふるさと公園)

2019-01-17 08:47:40 | ワンズとお泊まり旅行

10月に家族旅行に行った直後、コロが元気に歩けるうちにまたお泊まり旅に行こうと年内に二回の予約を入れました。一度はコロの最後の旅となってしまった鳥羽。そしてもう一度は年末の伊良湖。どちらもコロを海に連れて行こうと計画した旅でした。もう1月も半分過ぎてしまいましたが、コロは行くことができなかった2人と3ワンの年末伊良湖旅の記事をアップします。

伊良湖は高速を降りてからが遠いので、その中間点あたりにある『東三河ふるさと公園』でお弁当を食べ遊ぶことにしました。

伊良湖に行くとき、いつも立ち寄るこの公園にはいろいろな歩くコースがありとても広いところです。

この日はここでの時間をたくさんとって、ゆっくり歩くことにしました。

 

といっても山に作られている公園なので上り坂が続きます。ということは、途中でこうなる(笑)

なのでクロはカートイン。

こんな景色のいい場所までどんどん上がります。

ピクニック園地のある場所は標高180m。遊具はあるけれど、小さい子がここまで来るのは大変そう。

下の管理棟近くの遊び場では子供たちがたくさん遊んでいたのに、ここには誰も来ていませんでした。

下りはカートを降りてクロも歩きます。

いろんな道を歩きながら、ここで2時間ほど楽しみました。

 

さぁ出発。

コメント (4)

四十九日

2019-01-16 09:19:07 | コロ

今日で四十九日となりました。四十九日までの間、故人(ペット)の魂はあの世とこの世を行ったり来たりしているとされ、四十九日目を迎えた日に完全にあの世へ旅立っていくと言われています。庭の桜の木の下にソンさんの納骨がしてあるので、コロもその隣で眠ってもらうつもりです。亡くなってから四十九日目までの期間は別れを受け入れていく時間であり、生前の姿を思い返しながらともに過ごし、心の整理をつけていくためにあるとも言われます。

私は、まだつい最近までコロがいたような気がするのに、お別れした日はずっと前のような気もしています。お別れしたことを記憶から消してしまいたいと思うからでしょうか。コロと別れてしばらくは、何をしていても涙がこぼれました。料理しているときなど、ひとりのときにエンドレスで『子犬のうた』の曲を聞き、いろんなことを思い出しては、なんでこんなに早く・・・と悔しくて悲しくて淋しい気持ちになっていました。亡くなる直前には【花まる日記】にコロが庭で歩いている動画もアップできていたのに、どうしてもういないの?と。 睡眠不足になるからと、しばらくコロから離れて2階で寝ていましたが、その間にも夜中にひとりで発作と闘っていたんだなと思うと、あんなに早くお別れの日が来るなら一緒にいてあげればよかったと後悔しています。

でも、ブログの過去記事を読でいると、シニアさんになってから(特に耳が聞こえなくなって、音に対する恐怖心がすっかりなくなってから)のコロには笑顔の写真がとても多く、お出かけも楽しんでくれていたのかなとホッとしています。忘れていたいろんなことも思い出せるブログは、私にとって宝物だなぁと思います。また、パソコンやUSBに保存されている大量の写真を時間があるときに少しずつ見ていて、コロの気に入った写真をあらためて別に保存し直しているのですが、いろんなコロに出会える幸せなひとときになっています。

妹たち3黒さんがいてくれることが、今の私には本当にありがたいことです。でも、コロとお別れした直後、息子が「あと3回もこんな思いをしないといけないんだね」とポツリと言いました。生きていれば必ず来るお別れ。大切にすればするほどお別れは悲しくて辛いものかもしれませんが、3黒さんがこれからもたくさんの笑顔を見せてくれるような毎日を過ごさせてあげたいなと思います。ワンズの笑顔が自分にとっての幸せでもありますし。

連休中にパパとお寺に行きました。コロを含め実家にいた頃の犬たちも、みんなここのお寺で供養していただいています。

このお寺ではペットの葬儀や火葬はしていないですしペットの納骨堂や墓地もありませんが、お寺の中にペット専用位牌のある場所があります。過去帳もあり(我が家がお願いしたペットの葬儀屋さんにお世話になると、このお寺の過去帳に記載されます)毎月合同法会があったり、年に一度動物慰霊法会があります。

外にも動物供養塔があります。今日もおまいりに行ってこようと思います。

コロちゃん、これからも変わらず、ずっとずっと大好きだよ。

コメント (6)

喜多緑地

2019-01-15 09:19:05 | 公園 ・ 森

多治見市の喜多緑地に行きました。

ほんとは同じ多治見にある潮見の森に行くつもりだったのですが、名前を間違えてナビに入れて出発。

緑地の入り口に入る頃、あれ?なんか景色が全然違うよねと言いながら勘違いに気づきましたが、せっかく来たのでここでお散歩することにしました

ここでは、駐車場で数人の人に会っただけで山の中では誰にも会わず、のんびり散策できました。

のんびりといってもアップダウンが多く、上り坂では時々クロを抱っこしなければいけませんでしたが

 

青空が気持ちいい~。

若者たちはハードなアップダウンも問題ナッシング。

ビビリのチャロも、誰にも会わない静かな山の中だったので元気に歩けました。

みんな楽しそうで良かったです。

コメント (4)

女子会 3 (牧場のラン)

2019-01-13 08:10:53 | ワンコとお出かけできる場所

顔出しパネルがありました。カートに乗せるとちょうどいい高さだったので、3ワンカートインでパチリ。

牧場内の案内図に桜の絵が描かれていたので、緑になる芝生とピンクの桜が咲く春は、きっと綺麗なんだろうなと思います。

牧場に向かう途中のコンビニで買ったお弁当をテラス席で食べました。「寒いので中でどうぞ」と言っていただいたけれど、食べ始めてしまったのでそのままで。

牧場にはドッグランがあります。

ここに着いたとき、ちょうど牧場のワンコさんたちがランで遊んでいたため、私たちは先に牧場内を歩きに行ってました。

 

その間にワンコさんたちはハウス(?)に戻り、牧場の方がランの中のウン○の片付けをされていました。

ランの利用は300円なのですが、今の時期は無料なんだそうです。

 

300円×3頭分がなくなりラッキーでした

娘にボール遊びをしてもらって嬉しそうに走るクロ。

 

チビーズは爆走です。

たくさん遊べて良かったね、3黒ちゃん。

コメント (7)

女子会 2 (ふれあい牧場)

2019-01-11 08:46:49 | ワンコとお出かけできる場所

銀の森を出たあと、中津川市ふれあい牧場に向かいました。寒い季節の平日だからか、駐車場には車が一台も止まっていませんでした。不思議なオブジェがお出迎え。

馬? キリン? でも鼻の上に角。

入場料は500円。ワンコは無料。売店を通って入場するのですが、店内にリチャードソンジリスがいました。「ソンさんがいる~」とチビーズが見に行ったのかと思いましたが、チビーズはソンさんがいなくなってから来た子たちなので、会ったことはないんでした。

 

パンフレットの絵を見ると、この柵の両側に羊がいるはずなのですが一頭もいませんでした(笑)

ずっとゆるい上り坂が続くので、途中からクロはカートイン。

奥の方まで行くと白と黒のヤギがいました。白いヤギはよく見るけれど、黒のヤギははじめて見ました。

もっと奥に行くと羊がたくさんいました。

みんな『ひつじのショーン』のような顔と足の黒い羊さんたち。

ふれあい広場にはワンコは入れません。広場の外にワンコをつないでおける待合所があります。娘が「見てきたら?」というので、私一人でふれあい広場に入ってみました。

 

ここの牧場では、このような可愛い手作りパネルがたくさんありました。

とても大きなヤギのソラ君。

他にも小さなヤギさん、ウサギさんもたくさんいました。

         つづく

コメント (4)

女子会 1

2019-01-10 08:31:13 | おでかけ

娘が来て、チャロの家族記念日で女子会をすることになりました。どこに行く?と話しているうち、ふと、ワンコも行ける牧場があることを思いだし、そこに行くことにしました。その前に、恵那にある食と自然がコンセプトの『銀の森』によってみることにしました。(たき火の前で暖まってます)

銀の森は何年か前に行ったことがあり、そのときワンズとテラス席で食事をしたような記憶があったのでそこでランチと思いました。

店舗のテラス席はワンコ。園内のテラス席はワンコもただ、テラスで手軽に食べられるテイクアウトの専門店は土日祝のみらしく、平日にワン連れで行った私たちが昼食用に食べるものはありませんでした。(遊歩道でみつけたリスのエビフライ)

あとで、前はワンズとランチしたのになと思って調べてみたら、銀の森がオープンした頃に義父とパパと私の3人で行き、ワンズは連れていませんでした。(リスのエビフライというのは、リスが松ぼっくりの柔らかい部分を食べて芯を残してエビフライのような形が残ることを言います。クンクンするクロチャロ)

しかも、オープンしたばかりとあってレストランは2時間待ちで、結局ここでは何も食べなかったらしいです。私の記憶ってなに・・・。 (リスのエビフライは遊歩道にいくつも落ちていました。あとから来たマロがパクリ

結局ここではお土産を買って、あとは遊歩道のお散歩をしました。

途中、水のたまっていたところが凍っていて、そこを歩こうとしたマロがツルツル滑ってました。

大ちゃんの森という立て札の方に行ったのですが、10分程度歩くと『この先行き止まり。来た道をお戻りください』と書かれていたので、『銀の森』を出て牧場に向かうことにしました。

     つづく

コメント (2)

チャロ 4回目の家族記念日

2019-01-09 09:12:09 | 記念日

末っ子チャロも、4回目の家族記念日を迎えました。我が家にとって最後の子と思って迎えたマロがシニアーズ(特にクロ)と全くうまくいかず悩んでいたとき、偶然出会ったチャロ。家族に相談もせずトライアルとして連れて来て、パパと息子・1人暮らしをしていた娘にメールで報告しました。家族全員「え?」と絶句。「勝手にそんなことして」と不満そうだったパパも、仕事が終わり帰宅してチャロに会ったらもうメロメロ。

私が3ワンの関係でかなり悩んでいたのはわかっていたので、上の子たちとうまくいけそうなら迎えてもいいんじゃない?と言っていましたが、パパの中ではもうチャロをうちの子と思っているようでした。

チャロはおとなしいけれど物怖じせずお姉ちゃんたちの中に入っていき、上の子たちも自然に受け入れられそうだったので、1/9にあらためてきちんと手続きをして正式に我が家の末っ子となりました。

 

コロはとにかくチャロのことが可愛くて仕方ないようで、いつも優しく接していました。

暴れん坊マロにはイラついていたクロも、静かなチャロに対しては問題ナッシング。

パワーがありすぎて上の子から煙たがられていたマロは、遊び相手ができたことが嬉しくて、いつも自分が転がりながら上手にパピチャロと遊んでいました。

 

タイプがてんでバラバラのお姉ちゃんたちとも、上手につきあうことのできるチャロですが人が苦手。それは今でも変わらず、人がいる場所では緊張したり怖がってブルブルしてしまいます。お出かけ先では、シニアさん用にカートに、よくコロと一緒に乗っていました。カートinしてコロとくっついていれば安心していられるようでした。そのコロももういないためか、苦手な場所が増えている気がします。毎日のお散歩でも、よく歩くコース以外そっちには行きたくないという意思表示もたびたび出すになりました。コロちゃんの姿は見えなくても、お空で見守ってくれているから大丈夫だよと伝えてあげたいです。

チャロは、ワンともキャンともクンとも言わない子で、声が出ない子なのかもしれないと思っていました。はじめて声を聞いたのは2歳10ヶ月の時。リビングにいたチャロが外の何かに反応して、小さな声で2回「ウォン」と鳴きました。それ以来また、チャロの声を聞くことはありませんでしたが、コロとのお別れの日、葬儀屋さんに向かってクロと一緒に吠え続けていたので、きっとお母さんだったコロが連れて行かれてしまうと感じたんじゃないかと思います。(出棺前の最後のお別れ)

一番安心してそばにいられたママコロちゃんがいなくなってしまったけど、クロ親分やヤンキーマロッシーと仲良く過ごしてね、チャロちゃん。

コメント (4)

チャロ パパママ独占お出かけ 2

2019-01-08 07:45:44 | 記念日

3年ほど前に野間地区のウォーキングコースに行ったことがあり(→【こちら】)、海を出たあと久しぶりにそこを歩いてみようかということになりました。でも、野間大望に初詣に行かれる方たちの姿を見てお詣りしたくなったので、パパに抱っこしてならワンコも入っていいか聞きに行ってもらいました。

すると、歩かせてもいいですよと言っていただいたようで中に入ることができました。

本四国八十八ヶ所各札所(1番~50番)のお砂が埋まっているので、ここを歩けば本四国八十八ヶ所をお詣りした御利益をいただけるそうです。チャロもここを歩いてみました。

厄除けの人形(ひとがた)。この人形で体の悪い部分を撫で、人形に3回息を吹きかけます。

そして人形をこの水に入れ、ボロンボロンと唱えながら回すと人形とともに病難苦も溶けるそうです。チャロのてんかんも、起きなくなるよう祈ってきました。

こちらは51番札所~88番札所のお砂踏みの場所。

この宝塔中心の梵字のところを「オンマニソワカ」と唱えて廻すと病悩を除くと言われるそうです。

本堂。

マロのようにどれだけでも遊びたいというタイプの子ではないのでここで帰ることにしましたが、海で遊べたしお詣りもできて良かったです。

コメント (10)

チャロ パパママ独占お出かけ 1 

2019-01-07 08:40:44 | 記念日

4日に半日出勤したパパは、今日から本格的に仕事が再開。年末年始関係なくお仕事のあった方、仕事や学校が今日から始まる方、いろいろだと思いますが、旦那様やお子さんを送り出してホッとされている方も多いのでは? 私もやっと日常が戻るとホッとしています

さてさて、9日はチャロの4回目の家族記念日。5日に『パパママ独占お出かけ』に行ってきました。岐阜の公園に行こうと思っていましたが、当日の朝は小雨が降っていました。雨雲レーダーを見ると、その後も行こうとしていた場所には雨雲がかかりそうだったので行き先変更。雨雲が来ない予測になっていた知多半島に出発。まずは、大好きなお店『翁』さんへ。はじめて、目の前に海が見えるカウンター席に座ってみました。

お正月メニューで、ちょっぴりおせちが入っていました。

チャーさんには、家から持ってきたオヤツを。

食後、そのまま目の前の海へ。

何度もこの海に来た、コロの服を着せてきました。

コロ姉ちゃんも一緒に海を感じてくれるといいね。

』さんに着いたときには曇っていたけど、だんだん天気は良くなりました。

 

すっかり青空。そして白い野間灯台。

でも、時間とともに強風になり砂も舞い始めてきたたため、あまり長くは遊べず出発。

      つづく

コメント (2)

今年も富士山

2019-01-06 07:25:07 | ワンコとお出かけできる場所

ここ数年、元日に富士山を見に行っています。(去年はパパが大晦日からインフルエンザで熱を出したので、治ってから行きました)いつもは富士で高速を降りて牧場で遊んだり、富士五湖巡りをするときは本栖湖から精進湖・西湖・河口湖・山中湖と回るため、最後の山中湖は夕方になり素通りしてしまいます。なので今回は御殿場で高速を降り、山中湖方面で過ごすことにしました。

まずは、パパが行きたがっていた忍野八海へ。

忍野八海は富士山の伏流水に水源を発する湧水池。

ワンコもOKなので、のんびり歩きました。

元日ということもあってなのか、いつもなのか、とても多くの方が来られていました。

ワンズは、チビッコちゃん・外国の方・いろいろな方からナデナデされたり写真を撮ってもらったりしていました。

忍野八海を出たあと、私は花の都公園に行ってみたかったのですが、せっかくなら花がたくさん咲いてる時期がいいよねということになり通り過ぎました。そして、山中湖畔の遊歩道を歩きます。

人慣れしている白鳥さんたちがいました。

下に降りたかったけど、ワンズを見たら逃げちゃうよねと思い遊歩道から見てました。

少し雲がかかっていたけど富士山の全景です。逆光となってしまい写真にはうまく撮れませんでしたが。

去年は一緒に富士山見たね、コロちゃん。


コメント (2)

あけましておめでとうございます

2019-01-05 07:25:54 | ワンコとお出かけできる場所

  あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。昨年はコロとの悲しいお別れがありましたが、今年は今まで以上にクマチャとの時間を大切に、楽しい毎日を過ごしていこうと思います。2018年最後の夜、寝ていたワンズを起こし2人と3ワンで新年を迎えました。そして日の出も2人と3ワンで見に行きました。(息子は旅行中)

日の出を見たあと、コロの前で妹たちはおせちを食べました。

みんなでわけっこ。いくつになっても、食べ物を前にするとガン見のクロさん。

コロちゃんも食べてね~。

いいお天気だったので、今年も富士山を見に行くことにしました。(浜名湖SA)

観覧車と富士山。ペットOKのゴンドラもありますが、3ワン連れなので乗っていません。(富士川SA)

コートなしでもいいくらい穏やかな日でした。

店内に入れるドッグカフェに行こうと思っていたのですが、寒くなかったのでここで富士宮やきそばを食べて出発。

         つづく

今年もこちらのブログではお出かけ・記念日・季節のイベントなどを、【花まる日記】では日常の出来事を中心に綴っていきます

コメント (20)