柴犬多頭飼い コクマチャ日記

コロクロ日記で07年に開設したブログ。13年にマロ、15年にチャロが来たので『コクマチャ日記』とタイトル変更しました。

いろいろあった夏 8 川のあとのお散歩と、夏の最後に思ったこと

2017-09-29 07:51:42 | Weblog

そろそろ帰りましょう。

よいしょ、よいしょ。

来た道を上る。ワンズに引っ張ってもらう飼い主

 

この橋の向こうから、登山してきたような姿の方がいらしたので、少しだけ歩きに行ってみることにした。(これは 鈴鹿山脈を越える車道の中で最も標高が高い峠道にある武平トンネル)

橋の上からカメラに笑顔を向けるクロ。落ちないでよ~。

御在所岳への登山道に続いているので足元はゴロゴロの岩が多く、シニアさんでは歩くのが大変なのですぐに引き返す。

  

帰りの車の中で、ロープウェイの検索をしてみると運休になってしまっていた。30分間隔でもいいから上がろうといって、ロープウェイに乗っていたら、すぐに引き返すことになっていたかも。コロたちは川遊びもできたし、ここで遊んでよかったな。

9月中に8月の記事がなんとか終わりました~。両親の状態は、今はちょっと落ち着いているのでホッとしているところです。この夏は、両親そろって同じ時期に体調不良・入院・施設の移動などが重なりました。親が高齢になるといろんなことがあるけれど、自分もいつか通る道。心配なことや大変なこともあっても、今、自分にできることをやっていくしかありませんね。私はこんなふうに息抜きもできますが、ご自宅で介護をされている方は本当に大変だと思います。ご家族をはじめ、公的・民間のいろいろな支援などを受けたりして、一人の方が介護を抱え込まないようにされないと、精神的に追い詰められてしまうこともあります。(10年ほど前、父が一人で母をみていたときに介護疲れで共倒れしそうになり、そのあと母は施設に入りました)これからの高齢化社会で、介護の問題も多くなってくると思います。自分が年をとったときには、どうなるんだろう。今はまだ、そんな先の自分を想像もできませんが。

コメント (4)

いろいろあった夏 7 山のつもりが川遊び

2017-09-27 07:51:13 | 海 ・ 川

やっと8月最後の記事です

午前中、父のところで家事をしたあと、午後から御在所に行くことにした。この日は晴れていたけど心地よい風があったので、シニアさんを御在所の山頂で遊ばせようと思った。ところが、もうすぐというあたりで山を見上げると、ロープウエイの塔は見えるのに乗り物の姿が全然見えない。そういえば風が強くなってきてるよねとスマホから調べてみると、強風で30間隔の運行になったばかり。もし上がれたとしても、もしかしたらすぐに運休になるかもしれないということで、山に向かうのを諦めた。さて、ここまで来ちゃったけどどうする?ということで、とりあえず鈴鹿スカイラインを走ることにした。途中で車を止めて見た風景。

車を走らせ、三重と滋賀の県境あたりで車を降りる。

すると、川の音が聞こえてきたので行ってみることにした。ちょっと急な坂を下りると…

 

そこには、ものすごく綺麗な川。

大喜びのコロ。毎年泳ぎに行ってる川に、今年は連れて行ってあげられなかったもんね。

 

クロもチャポッ。

 

どんどん川に入りたいコロだけど、ロングリードを車の中に置いてきてしまったので泳ぎたくてもリードが短すぎて泳げない。取りに戻るの面倒だし、ごめんね~。

 

クロは泳がないから短いリードで十分だね

山には上がれなかったけど、コロにはこっちの方が良かったかも。

楽しかったね。

        つづく

コメント (4)

満開彼岸花

2017-09-25 07:45:27 | 季節もの

『いろいろあった夏』の最終回を載せようと思いましたが、土曜日に見てきた逢妻女川の彼岸花が満開だったので先にアップしま~す。

毎年見に行く逢妻女川の彼岸花を今年も見に行った。宮上町の交差点近くの川沿いに臨時駐車場があり、車を降りるとすぐに赤い絨毯に出会える。数ヶ所、下に降りる場所あり。

すぐ横で写真は撮れるが、お花の中に入るのはもちろん。ぎっしり咲いているから、中に入ったら折れちゃうもんね。

川の両岸に彼岸花。

綺麗だね。

川面にも彼岸花が映ってる。

赤の中に、たまに白。

土曜日に満開だったところはだんだん色褪せてきてしまうかもしれないけれど、青い橋の方は蕾が多かったので、まだしばらく楽しめそう。

何もないところでつまづいたり、歩くのが急に遅くなってきたコロも、今年もまたみんなと一緒にお散歩できて良かった。

来年もまたみんなで見に行こうね。

逢妻女川の彼岸花、見頃ですよ~。

コメント (4)

いろいあった夏 6 分水嶺公園とSAランなど

2017-09-22 07:58:11 | ワンコとお出かけできる場所

コキアパークを出たあと、分水嶺公園に行く。

大日ヶ岳から流れてきた水が、ここを分水嶺として太平洋側と日本海側に分かれて流れる。

 

まるで、太平洋と日本海に分かれるように、そっぽをむいてるふたり

歩くところは少ないけれど、木陰のお散歩は涼しかった。

帰りのSAのランをのぞくと誰もいなかったので、ここではマロもノーリード。

ノーリードになったマロはもちろんだけど、今度は一緒に走れてチャロも嬉しそう。

 

家に戻る前に母の所へ。

 

ただいま~。 起きていられないほどの耳の異常があった父にも治療していただけそうなお医者がみつかり、いろんなことが少し好転し始めたので、ゆっくり遊ぶことのできた一日だった。 

   

来週は、シニアさんを連れてちょっとだけ遊んできた記事をアップしま~す。10月になる前に8月のいろいろ記事が終わりそうで良かった

コメント (6)

いろいろあった夏 5 コキアパーク2

2017-09-20 07:39:50 | ワンコとお出かけできる場所

たくさんのコキアたち。

まんまるで可愛い~。

今年は夏コキアは見られないと思っていたけど、行けて良かった~。

小さいコキアもあれば、こんなに大きいのも。

今頃は赤い秋コキアになりつつあるのかな。秋コキアの頃に、今度はシニアさんを連れて行こう。

ランで少し遊びましょう。

 

よそのワンコさんと遊べないマーちゃんは、ランの中でもオンリードだったけど

 

ランを出たあとは昼食。久しぶりのゆっくりお出かけ。

凍ったひるがの産イチゴを削って作られた『いちごかき氷』は、練乳たっぷりで美味しかった~。

 

          つづく

コメント (4)

いろいろあった夏 4 コキアパーク1

2017-09-18 08:06:56 | ワンコとお出かけできる場所

母が新しい施設に無事に入ったあと、チビーズを連れてコキアパークに行った。

ワンズはクレートに入ってリフトに乗る。

 

綺麗な丸い形だったコキア、この台風で倒れてなければいいけれど。

足元に

頂上。

着いたときには曇っていたけど晴れてきた。

森のクラフト散策路を通って下に行きましょう。

途中でお水をゴクゴク。

散策路を出たあとは、広い敷地をロングリードで走りながらコキアの所まで行く。

 

     つづく

コメント (2)

いろいろあった夏 3 鳥たちに会いに

2017-09-15 08:12:00 | おでかけ

前回までの記事と前後してしまいますが『いろいろあった夏』の続きです。

8月前半はバタバタ続きで、日中はほとんど家にいない日が続いていたけど、午前中だけでも気分転換にと休日に『掛川花鳥園』に行ってきた。鳥たちにエサをあげるパパ。ほんとは黒鳥さんにあげたかったらしいけど、チビッコちゃんが黒鳥担当(笑)

外でバードショーがあったのだが、このヘビクイワシさんがとても面白い。スタッフさんが蛇のオモチャを動かすと、おもいっきり踏みつけまくる。(矢印の所に黄色いヘビのオモチャがあるの、見えるかな~。)こちらのブログでは動画のアップのしかたがわからないので、写真だけしか載せられないのが残念。

エミューさんたち。以前怖い思いをしたので(→【こちら】)中に入らず外から見る。でも、今回はみんな静か~。お腹がすいてないのかな?

さて、室内に戻りましょう。おいで~。

いろんな鳥たちに囲まれて幸せ。

エサを持ってると集まってきてくれるけど、なくなると飛んで行っちゃうのがちょっと淋しい

動かないと言われるハシビロコウさん。動いてた~(笑)

 

フクロウちゃんをグローブをはめて腕にのせる。小さい子と大きい子。どちらも可愛い~。

 

お花の下で食事ができるけど、のんびり食べてると遅くなるので帰宅。帰ったらやらなくちゃいけないこともあったし。この頃は疲れがピークだったけど、可愛い鳥たちに癒されてすっかりリフレッシュできた。

次回は、ワンズとのお出かけ記事です~。

コメント (2)

違う日にお食事

2017-09-13 08:13:43 | ワンコもOKのお店

パパは私の誕生日の日から仕事で留守だったので、その日の代わりにと、土曜日に食事に連れて行ってくれた。(ほんとは北海道旅行のあとに、一泊で4ワン連れ旅を誕生日プレゼントにしてくれる予定だったのだが、父母のいろいろがあったためキャンセルして、また落ち着いた頃にということになった) 食事に行った先は、メイカーズピア。ここは、レゴランド横の商業施設。五千台とめることができるという大駐車場とレゴランドの間に位置する。(記事の最後に、ここについてのいろいろを書きますね)

1時間500円と駐車料金が高かったので(最大料金の平日は1000円、休日は1500円だが)駐車場代がモッタイナイから、1時間で車に戻ろうということになり、とりあえず目的のお店『奥山安蔵商店』さんへ直行。

『奥山安蔵商店』さんは、伊勢志摩・熊野灘の新鮮な魚介類や地元三重の食材・地酒を提供する老舗問屋さん。ここのテラス席はワンコOK。ワンズにはお水のサービスもあった。

山盛りこぼれいくら丼(1580円)と松阪牛の山盛りこぼれ丼(1280)。これだけのってて、このお値段はリーズナブル。

こぼれいくら丼には「いくらが落ちてきますのでこれを使ってください」と、スプーンを渡されたがほんとにどんどんオレンジ色の宝石たちが落ちてくる。と~っても美味しくて大満足

奥山安蔵商店横の塀の前でパチリ。レゴランドにいるような写真だけど、レゴランドにワンコは入れません(笑)

塀の向こうがレゴランド。閉園後だから静か。ここは静かだったけど、近くで何かイベント(コンサート?)をやっていて、すごい音が聞こえていたが。

メイカーズピアには、気になる食べ物のお店がたくさんあったし、ワン連れOKのテラス席のお店も多い。行かなかったけど無料のドッグランもある。

いろいろな物作りの体験ができるところや、お化け屋敷やゲームコーナーなどの遊び場などもある。

毎時0分の噴水ショーは見たかったけど、駐車料金500円以内で駐車場を出たかったのでギリギリで見れず

この橋を渡ると巨大駐車場へと続く。駐車場の三階に車をとめると直接この橋に続くのでワン連れなら三階へ。(そのことは知らなかったのだが、偶然とめたところが三階でラッキーだった)

行ってみたいお店もいろいろあったけど、駐車料金が高いのに飲食すれば割引があるなどのサービスがないので、気軽に行けない感じ。そこがちょっと残念。

金城ふ頭駐車場からレゴランドに行くには、メイカーズピアの中を通る必要があるため、本来なら多くの人であふれかえるはず。なのに、レゴランドは再入場ができないため(年間パスポートがあれば再入場できる)、一度入ってしまえばメイカーズピアで遊んだり食事してまたレゴランドに戻ることができない。そういうこともあってか、駐車場とレゴランドの間にあるといういい立地にありながらも、来場者は少なく、閉店になったり撤退を決めたお店もでていると聞いていた。なので、人が少ないならとシニアさんたちを連れて行ったのだが、私たちが着いたときは6時頃で、ちょうどレゴランドの閉園時間と重なったらしく、かなり多くの方がメイカーズピアにいた。カートを持っていなかったら、コロはパニックになっていたかも。せっかくのいい施設なので、駐車料金の割引サービスをするとか、レゴランドが再入場できるようにして、多くの方がメイカーズピアで楽しむことができるといいのに。我が家は今回は行く予定はないけれど、16日~18日までボートメッセでペット博がある。その帰りに、近くのメイカーズピアに行かれる方もいらっしゃるかな。ワンコ同伴で行けるメイカーズピアはなかなか楽しそうな施設もあるので、チラッと覗きに行かれるのもいいかも。

                   

9月もなかばになってしまいましたが、次回からは、8月のバタバタの間にもお出かけしていたときの記事をアップしま~す。

コメント (4)

夜は

2017-09-11 07:39:23 | ワンコもOKのお店

帰りは黒丸SAで休憩。娘がおみやげやさんに行っている間にランで遊ぶ。 先日『花まる日記』に載せた『御犬カステラ』はここで購入。

お姉ちゃん来たよ~。4ワンとのお出かけで、遠くまで連れて行ってくれてありがとう。

そして夜は、めずらしく早めに帰ってきたアニキも一緒に『新瑞フレンチ』さんへ。M君は仕事で帰りが遅く、夕飯は食べてくるということだったので、娘も時間を気にせずゆっくりできるとのこと。パパはこの日から仕事でいないため三人で。

ワンコはテラス席OK。

シニアさんたちは遠出でお疲れなのでチビーズと。

 

子供たちからの素敵な夕食、美味しゅうございました。

五種盛りのスイーツは、ネットのクーポンでゲット

あ、今年もアニキからの誕生日恒例、『イチジク狩り』があった。(なぜイチジク狩りが始まったかは→【こちら】)一緒に住んでてもあまり会わないアニキだけど、サンキュ~。

        つづく

コメント (2)

お出かけ先は

2017-09-10 07:00:06 | ワンコもOKのお店

着いたところは、一度行ってみたいと思っていた滋賀県の大津湖岸なぎさ公園。天気が悪かったこともあり、出発時間が遅かったたため、着いたのは午後1時すぎ。昼食のためドイツレストラン『ヴュルツブルグ』さんに行ったのだが、「不定休」の休業日にあたってしまった。ってことで場所移動して『なぎさWARMS』さんへ。

穀類菜食のマクロビ料理のお店。ここで、柴好きの方からず~っと相手をしていただいたワンズ

食後は湖岸をお散歩。

日差しがなかったからかとても涼しかったけど、シニアさんはカートインで

歩くところはたくさんあるし、こんな風景を見ながらお散歩できるなんて、ここが近所だったらいいのになぁ。

みんなでお出かけできるって幸せ。

途中でクロさんチャーさんが交代。チャーさん嬉しそう。

おデブなクロちゃんも運動しないとねっ。

マーちゃんはどれだけでも歩けるもんね~。

帰りも2時間かかるから、あまりゆっくりできなかったけど楽しかった~。

        つづく

コメント (4)

今年も18歳?

2017-09-08 07:58:24 | 記念日

『いろいろあった夏』記事の続きで、忙しくしていた日々の間にもお出かけした時のことを書こうと思っていました。が、その前に私の誕生日記事をチラッとアップしま~す

誕生日当日は娘が4ワン一緒のお出かけに連れて行ってくれたが、その前に、M君(娘の旦那様)も誕生日が近いということで二人の合同誕生会(?)をした。その日は午前中に父の病院があったので、病院がすんだあと娘たち夫婦と合流して四人で昼食。父は疲れてしまうので食後に家に送り、娘夫婦は我が家へ。マロは娘たちが来たとわかったとたん興奮MAXになってしまうので、落ち着くまではオンリード。マロの大興奮に、みんなはじきとばされる

 

マロちゃん、ちょっと離れてね。さぁ、みんなも挨拶していいよ~。

しばらく遊んでもらったあと、M君との合同バースデーケーキをいただくことに。私がいつも永遠の18歳なんて言っているので、ローソクは大きいの1本と小さいの8本にしてくれたらしい。これでM君も永遠の18歳仲間だね(笑)

ふたりでフ~ッ。M君もおめでと~。何度も母のお見舞いに行ってくれてる優しいM君。いつもありがとう。これからもよろしくね。

帰るときにまた遊んでもらって嬉しいワンズ。

 

M君がワン好きで良かったな~。

 

                    

M君と来たときに柴柄グッズのプレゼントをもらったけど、誕生日当日にも『4ワンと一緒にお出かけ』プレゼントをしに娘が来やってきた。でも、朝から雨。「ひとまずケーキ食べよ~」と、またまたケーキも(笑)  一人で食べるには大きいサイズなので二人で半分こ。

ケーキを食べながら、お出かけは無理と思っていたが、雨雲レーダーで雨の降らなさそうな所を探して出発。本当は山の予定だったけど、山は天気が変わりやすいからと別の所へ。ここは菩提寺SAのラン。

車に乗っている間は時々小雨が降っていたけれど、ランにいる間は降ってなくてよかった~。

   

    つづく

コメント (4)

いろいろあった夏 2 (父のこと)

2017-09-06 08:04:02 | 介護

母の入院は1ヶ月以上ありました。その間に、なんと父まで入院。父は1年半ほど前に、ある病気が発覚し定期的に朝から夕方までかかる点滴をしながら治療を続けています。8月初めにその点滴の日が来たのですが、当日病院に行くと熱があるから点滴治療はできないとのこと。おまけに、微熱でしたが「大事をとって入院してください」と言われました。それが、北海道旅行に行く2日前のこと。旅行、どうしよう…と思いましたが、先生からは様子を見るための入院だから心配ないので行ってきてくださいと言われ、父からも旅行のキャンセルをする必要はないからと言われたので行くことにしました。入院していてくれれば安心という思いもあって、せっかくの旅なので出発しました。

結局父は熱が続いたので一週間ほど入院したあと退院しました。もともと点滴治療の副作用で足元がかなりおぼつかなくなっていますが、それに加えて、入院中に耳に異常が出てしまいました。入院していたのは総合病院でしたが、そこの耳鼻科では治療は難しいとのこと。検索して調べたみましたが、やっかいなものらしく、なかなかその病気を診ていただける耳鼻科がないようでした。が、ある総合病院で治療が受けられることがわかり、そこに行ってきました。新患ということもあり、病院に着いてから診察を受けるまでに(その間にいろいろな検査はありました)4時間弱かかりましたが、おかげさまで少し楽になってきています。

杖をついていても不安定な足元に加え耳の異常で、父にとって日々の暮らしが大変な日々だったので、私も平日は病院の付き添いや日常生活の手伝いでバタバタしていました。そんな父の不調と母の施設の移動などが同時期に重なって私が忙しくしていたことを父が心配して、土日は手伝いに来てくれなくていいからゆっくりしてと言ってくれたので、土日はリフレッシュのするために父のところの手伝いは半日くらいにして、あとはお出かけして楽しんだりしてました。8月の終わりには父の耳の状態も少し改善され父も元気が出てきたので、今はちょっと様子を覗きに行く程度です。

 

いろいろあった夏でしたが、ワンズがいてくれてほんとによかった~。疲れて帰ってきても、ワンズがお帰り~って走ってきてしっぽをブンブンしてくれるだけで疲れなんて飛んじゃうから。バタバタした中でも、休みの日などにお出かけしていたので、たまった写真を順番にまたアップしていきますね~。

コメント (6)

いろいろあった夏 1 (母のこと)

2017-09-04 07:56:35 | 介護

皆様~、お久しぶりでございます。こちらをお休みしている間に『花まる日記』にも書きましたが、7月~8月にかけて、私の周りではいろいろなことがありました。読んでいただいてもつまらない内容と思いますが、記録として残すことにしました。

7月、パパがある検査を受けたあとそのまま手術となり(日帰りですぐに終わるものでしたが)、1週間ほどお粥やうどんの生活になりました。職場ではパンを食べていたようですが。

それが落ち着いた頃、母が入院。今までにも年に数回ずつ誤嚥性肺炎で入院していますが、今回も同じ誤嚥性肺炎でした。肺炎は良くなりましたが、主治医の先生から退院後は24時間看護士さん常駐の施設に変わるよう言われました。入院前までは特養にいたのですが、そこは夜間に看護士さんが不在となるため戻ることができません。施設を変わるにあたり入院していた病院から、24時間看護士さんがいらっしゃるところをいくつか紹介していただきました。パンフレットもいただきましたが、こういう施設は足を運んでみないとわからないことがいろいろあります。パンフレットには綺麗な施設の写真が写っていても、実際に行ってみると、ここって掃除してるの?と思えるような所だったり、スタッフさんの対応がひどいところもありました。(たまたま、対応したその人だけがひどかったのかもしれませんが)

いくつかの施設見学をしているのと同時進行で、母がいた特養から荷物をひきあげる作業もありました。母は個室にいたのですが、こんなにいろいろ置いてあったのかと思うほど多くの荷物がありました。四季の服やパジャマや日用品の他、小型の家具もあったし車椅子も自分用のものを買って使っていたので、それらをとりあえず我が家に置くことになったため、家の中はゴチャゴチャになりました。

そしていくつかの施設を見て回ったあと、8月後半(お盆すぎてから)スタッフの皆さんがとても気持ちのいい対応をしてくださった今の施設に入所しました。以前いた特養には8年半ほどお世話になりましたが、全国の特養の待機数は各都道府県で数千人ずつと言われています。母が入所するときも、申し込みをしてから1~2年待ったと思います。(待っている間はグループホームにいました) 待機数の多い特養に比べ、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅は値段が高いためか、あきのある施設はいろいろあるようです。母の場合、今までいた特養では受けられない医療を受ける必要性があるので、今回有料老人ホームに変わりました。 

母は20年前にアルツハイマーとの診断を受け、ここ何年はほぼ無表情で声をかけても視線も合いませんでしたが、今は行けば目があい声をかければ、言葉にはなっていませんが声を出すようになりました。表情がとても穏やかになり、家族もホッとしています。特養にいたときは週一で、自分に課した義務のように母のところに行っていましたが、今は母に会いたい気持ちで毎日通っています。

            つづく

コメント (6)