坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

【意見書可決】辺野古新基地建設の中止と、普天間基地代替施設について国民的議論を深め、民主主義及び 憲法に基づき公正に解決することを求める意見書

2018-12-07 | 2018年第4回定例会

 9月議会で、「辺野古新基地建設の中止と、普天間基地代替施設について民主主義及び憲法に基づき公正に解決することを求める陳情書」を可決しました。
 本来は、陳情を審査した総務企画委員会で賛成した委員が提案して9月議会のうちに提案するところですが、意見書には陳情書と違う態度となる会派がでることが判明。意見書否決が濃厚となったため、9月議会での提出は見送り。

 これまでに、どのような内容なら賛成多数となるのか…調整を重ねてきました。

 その結果12月議会で、陳情趣旨を踏まえて議員案の意見書「辺野古新基地建設の中止と、普天間基地代替施設について国民的議論を深め、民主主義及び 憲法に基づき公正に解決することを求める意見書」を新たに提案し、賛成多数で可決となりました。


 一時はどうなることか…と思いましたが、市内外から注目され、メディアでも取りあげていただくなど、国民的議論を深めるきっかけにはなった点は良かったと思っています。

 

Youtubeはこちら(採決は11分30秒頃~)
 
 
 
 
 

 

 

 

 

コメント

【市長報告】新庁舎・(仮称)新福祉会館建設基本設計に向けて

2018-12-06 | 2018年第4回定例会

 庁舎福祉会館建設に関する市長報告がありました。

坂井としては、
◆庁舎福祉会館建設を前に進めるために、申入れにいった。市が最も優位性があるCre2案と新たに検討したC3案を比較検討すべきと考えていたところ、フラットに検討するよりも以前に、Cre2案を除外することが表明され遺憾。また、この間、配置案について議論を重ねてきたのに、基本設計に入るのは配置案を決める訳ではなく、5つの条件に基づき入ることになったのも遺憾である。
◆今後は基本設計にはいるなかで種々、チェックをしていきたい。

旨伝えました。


コメント

つながる小金井通信38号を発行しました

2018-12-03 | つながる小金井通信

つながる小金井通信38号をアップしました。12月議会のお知らせ号です。


坂井えつ子公式HPにPDFデータをアップしております

コメント

2018年12月議会が始まります。~議会日程(予定)

2018-11-26 | 2018年第4回定例会

 

 

 

 

11月
29日(木)本会議
30日(金)本会議

12月
2日(日)日曜議会 ※坂井は13時半頃から
3日(月)休会
4日(火)一般質問
5日(水)一般質問 ※坂井は10時45分頃から
6日(木)一般質問
7日(金)議会運営委員会
10日(月)厚生文教委員会
11日(火)建設環境委員会
12日(水)総務企画委員会
13日(木)予算特別委員会
14日(金)庁舎及び福祉会館建設等調査特別委員会
17日(月)行財政改革推進調査特別委員会
18日(火)休会(予備日)
19日(水)休会(整理日)
20日(木)本会議

坂井の一般質問については、こちら(坂井ブログ内記事へ)

 

コメント

【12月議会の坂井の一般質問】日曜議会は13時30分ころ、残時間は5日(水)10時45分ころから

2018-11-26 | 2018年第4回定例会

12月議会が11月29日から12月20日までの22日間です。議会日程はこちら(坂井ブログ内記事へ)

日曜議会での坂井の出番は13時30分頃から15分間。
平日の一般質問は5日(水)10時45分頃から45分間。 の予定です。

日曜議会での質問は…

1.障がいの種別・程度等にかかわりなく、地域で働ける環境整備を。市役所が率先して整えよう。 ~前編
 今年8月、中央省庁や地方公共団体による障がい者雇用水増し問題が発覚した。そののち、財務省等における障がい者向けの求人では、応募要件に「自力で通勤ができる」と言った差別的な内容があったことも判明し、障がい者差別との抗議を受け削除している。

(1)小金井市の職員採用試験実施要項において、障がいのある方の受験資格には「介助なしに職務の遂行が可能な方」とある。介助者の活用等で業務が遂行できる方を除外する欠格条項ではないか。受験資格で障がいのある方を除外していることにならないか。改善を求める。
(2)障がいのある方の雇用状況は?障害の種別・程度等に関わりなく雇用を。
(3)採用後は、障がいのある方の意向を尊重した建設的な対話による職場環境の整備を。


残時間での質問は…

 

1.障がいの種別・程度等にかかわりなく、地域で働ける環境整備を。市役所が率先して整えよう。 ~後編
 今年8月、中央省庁や地方公共団体による障害者雇用水増し問題が発覚した。そののち、財務省等における障がい者向けの求人では、応募要件に「自力で通勤ができる」と言った差別的な内容があったことも判明し、障がい者差別との抗議を受け削除している。

(1)小金井市における障がいのある方を対象とした試験は適切に行われているのか。更なる情報保障や意見表明権の確保が必要ではないか。
(2)小金井市では、“水増し”はなく法定雇用率を満たしていることが確認されているが、そもそも法定雇用率の算出方法は?
(3)小金井市の障がい者雇用に取り組む方針や姿勢は?職員採用案内等でより明確に打ち出さないか。

 

2.市が率先して温室効果ガス削減と再生可能エネルギーへの転換を!
 温室効果ガス排出量は年々増えており、2016年度の排出量は基準年対比19.4%増となっている。
(1)2017年度は更に温室効果ガス排出量が増えているようだが、その評価は?
(2)地球温暖化対策地域推進計画に掲げる目標達成は困難と思われる。対策は?
(3)環境の視点に立った公共施設の維持管理・更新を。

 

3.西岡市長に問う。
(1)市長の言う「合意形成」とは?
(2)今任期3年が経つところだが、自己評価は?



 



コメント