坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

福祉会館について行われた全協。引き続き持ち越しとなりました。

2016-02-08 | 福祉会館

2月8日

10~12時
 フェミ議(フェミニスト議員連盟)の会議。新しく発行するリーフレットについて話し合う。

12~13時
 1年生議員の会…(2013年初当選組・2015年補選当選組)で1年生の会主催のイベント企画について話し合う予定だったので、急いで本庁舎に向かうも、もろもろ予定が重なり、参加者が少なくなったため延期に。。。

 13時から「新福祉会館建設について」の全員協議会(←議会用語では略して、「全協」と呼ばれている)。
森戸議員の主質問、斉藤議員・中山議員の関連質問で終わった1月27日の引き続きのため、答弁から始まる。市長や部局からは、つまるところ「検証を進めていることころです。」という答弁が目立つ。。。時刻はあっという間に14:35。このままだと終わらない。。。篠原議長は「一度休憩にはいる」とし、14:45に再開。

 再開直後、議事進行(議事進行上の問題について、議長に対し、質疑・注意などの意見を述べるための発言)が数名の議員からでるも、結局質疑が続けられることに。
 その後の質疑で、「検証体制や期限」について問われると「検証機関のたちあげはまだ着手していない」との答弁。西岡市長が昨年12/18に就任してから今日まで、およそ50日ほどあるかと思いますが、この間「どのように検証するかを検証」をしていたわけで、更にその答えもでていないと。。あまりに、、、あまりに歩みがゆっくり過ぎると思うのですが。。。
 というか、私ふくめ議会の理解の問題なのでしょうか、答弁が不十分だったのでしょうか。その両方なのでしょうか。。。「検証するための検証」をしている段階であることがもっと早く共有できていれば、もっと時間を有効に使えたのではないかと思います。 


 西岡市長の掲げる「新庁舎の複合施設化」のため、立ち止まり検証していくとなると、新福祉会館の開館は、当初の2018年4月には実現不可能でしょう。閉館は今年の3月31日と目前に迫っているのに、市民に対する説明がまだされていないのも問題だと思います。
 16時までの予定だった全協は、15:45で終わり、引き続き2月18日10~12時の全協に持ち越しとなりました。


16時~ 会派代表者会議。
 「小金井市人口ビジョン(案)及び小金井市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)」のパブコメについて説明がありました。これは「まち・ひと・しごと創生法」に伴い、各自治体でも総合戦略案がつくられているところなのですが、これについては議会や委員会での説明がないまま、パブコメまで進んでいるようです。2月15日10~12時に全協が行われる事になり、そこで質疑を行います。


18時~ 3月議会に上程される議案の説明。
 毎年10月頃に行われる東京都人事院勧告を踏まえ、職員給与の改定をしているのですがその議案説明でした。

 把握すべきことが多岐にわたり、今日いちにち過ごしただけでも読むべき資料がたくさん出てきています。頭の切り替えと各案件に対する掘り下げが間に合いません。。。



コメント

西岡市長「立ち止まって検証が必要」。公共施設グラウンドデザインの必要性と訴える

2016-01-27 | 福祉会館

 8会派21人で行った「新福祉会館建設について市長の方針を明らかにすることを求める申し入れ」により行われることとなった全員協議会。冒頭、西岡市長から「公共施設グラウンドデザインのため、一度立ち止まり検証が必要」との発言があり、各議員から質問が出る。 
 
 ちなみに、「主質問」に対して、「関連」で質問できるのは2名までなのに、うっかりしていて2人目が終わった後に手を挙げてしまい、「関連は2名までだよ」と指摘していただく始末。。反省。。

 西岡市長、「議事進行」で答弁漏れを指摘される場面も多くみられました。緊張されていた様子。

 10時から12時の予定でしたが、(思った通り)2時間で終わるはずもなく2人目の主質問と、関連2名の質問が終わった時点、11時45分に閉会。続きは、2月8日の13時から16時に行うことになった全員協議会へ。
コメント

市長に申し入れを行いました

2016-01-15 | 福祉会館
今回の会派代表者会議。
会議日程は1月13日から15日までの3日間とられていたのですが、初日で終了。議会人事は、1月22日開催予定の臨時会で議決され次第、確定となる見込みです。

 会派代表者会議のあと、超党派で集まり市長への申し入れについて話し合いました。

 2回続けて延期になっている新福祉会館検討委員会は、市長判断による延期との話もあり、市民や議会への説明がないため、
市長に申し入れをすることになったのです。

 8会派21人による「新福祉会館建設について 市長の方針を明らかにすることを求める申し入れ」。これだけ多くの市議が超党派で集まるというのはナカナカないことだと思うのです。
 
 翌14日に各会派の幹事長が市長に申し入れを行いに行きました。(こがねい市民会議の斉藤康夫さんは体調不良で参加できなかったとのこと)




以下、申し入れ書の全文です。
=============================
新福祉会館建設について市長の方針を明らかにすることを求める申し入れ

新福祉会館建設にあたり、昨年、市議会は、連合審査会を開催し、市民の安全確保を全会一致で求めてきた経緯があります。そして、市は平成31年度(2019年度)に新福祉会館を完成することを前提に、福祉会館の閉鎖と仮移転を決定し、市民に説明を行いました。

そのうえで、議会は昨年9月定例会で(仮称)新福祉会館建設検討委員会の設置と仮移転に関する予算を可決しました。ところが、西岡市長就任後、12月25日および1月15日開催予定だった同検討委員会の開催が延期になりました。これは市長の判断であると聞いています。

私たちは、市長がこのまま今後の方針を示すこともなく、また、議会とも相談なく、同検討委員会を中止することは、今後の計画に影響が出るものとして懸念しています。

市民の不安を解消するため、この度申し入れを行うものです。

1 これまでの経過をふまえ、市民と議会に対し、この間の経過と市長の方針(立地・財源計画・スケジュール)を1月22日の臨時議会の日に明らかにすること。

2 市民および議会の同意が得られるまで拙速な対応をしないこと。
 
以上

中根三枝、遠藤百合子、中山克己、湯澤綾子、吹春やすたか、宮下誠、
紀由起子、渡辺ふき子、小林正樹、森戸よう子、板倉真也、関根ゆうじ、
水上ひろし、田頭裕子、林倫子、渡辺大三、百瀬和浩、片山かおる、
坂井えつ子、露口てつじ、斉藤康夫
==============================


コメント

第3回も延期…。

2016-01-07 | 福祉会館
第3回目も延期になっている。。
第2回目も延期されたままなので、実質開催されたのはまだ1回。

昨年末に担当課に問いあわせてみたら、新市長の方針が
出ないことには開催できない旨のことを仰っていた。

新福祉会館が建設されるまでの間は、市民活動の場を確保し、
建設計画についてもしっかりと市民の声を聞いていただきたい。

===以下小金井市HPより転載===================
(仮称)小金井市新福祉会館建設検討委員会の開催について
【 2016年1月6日 更新】

 市報こがねい(1/1号)にて第3回(仮称)小金井市新福祉会館建設検討委員会を
平成28年1月15日(金)に開催する旨お知らせいたしましたが、
都合により延期することとなりました。
開催直前でのお知らせとなり大変申し訳ございませんが、
何卒御理解の程、よろしくお願い申し上げます。
コメント

新福祉会館建設検討委員会が延期・・

2015-12-23 | 福祉会館
新福祉会館建設検討委員会。
選挙期間中に開催された第1回目は、とてもじゃないけど行けなった。
25日に予定されていた第2回目、市のHPに中止のお知らせが掲載されています。
何故?次回がいつなのか確認しなくては。

==小金井市HPより転載====================
(仮称)小金井市新福祉会館建設検討委員会の開催について
【 2015年12月22日 更新】
 市報こがねい(12/15号)にて第2回(仮称)小金井市新福祉会館建設検討委員会を
平成27年12月25日(金)に開催する旨お知らせいたしましたが、
都合により中止することとなりました。開催直前でのお知らせとなり
大変申し訳ございませんが、何卒御理解の程、よろしくお願い申し上げます。
コメント