坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

西岡市長「立ち止まって検証が必要」。公共施設グラウンドデザインの必要性と訴える

2016-01-27 | 福祉会館

 8会派21人で行った「新福祉会館建設について市長の方針を明らかにすることを求める申し入れ」により行われることとなった全員協議会。冒頭、西岡市長から「公共施設グラウンドデザインのため、一度立ち止まり検証が必要」との発言があり、各議員から質問が出る。 
 
 ちなみに、「主質問」に対して、「関連」で質問できるのは2名までなのに、うっかりしていて2人目が終わった後に手を挙げてしまい、「関連は2名までだよ」と指摘していただく始末。。反省。。

 西岡市長、「議事進行」で答弁漏れを指摘される場面も多くみられました。緊張されていた様子。

 10時から12時の予定でしたが、(思った通り)2時間で終わるはずもなく2人目の主質問と、関連2名の質問が終わった時点、11時45分に閉会。続きは、2月8日の13時から16時に行うことになった全員協議会へ。
コメント

行革視察/「人物重視の採用制度について」兵庫県明石市

2016-01-26 | 行財政改革調査特別委員会
行革(行財政改革調査特別委員会)の視察2日目は兵庫県明石市へ。「人物重視の採用制度について」。

<採用制度における課題>
1)H18年まで、年々減少傾向にあった受験者数。
2)採用1,2年後にメンタル疾患になる者がいた
3)合格者は「真面目で勤勉」であるが「チャレンジ精神やバイタリティ」に欠ける傾向がみられた。

<教養試験・専門試験廃止について>
1)内部でも、特に法律知識の問題について見直しの意見もあったが、結果として人物重視を選択した
2)合格者に対して、H19から任期付きで職員として採用している弁護士による法務研修を行っている

<人物重視の取り組み>
1)面接や集団討論をそれぞれ2回行う。面接者も市職員や、民間コンサル会社にも入ってもらっている。合格者からは民間企業の面接より厳しかったとの声もある。
2)面接官の養成研修も民間講師に依頼して行っている

<結果>
1)大卒事務職受験者数。見直し時、前年比の2倍以上になるなど、大幅増。H22度は15名程度の募集に対し754名の応募。
2)メンタル疾患はゼロではないが、減少した。
3)従来の制度で採用した職員も活発に意見を言うようになった


 採用制度変更も応募者が増えた一因だと思いますが、このポスターの影響も大きいと思います。


 


 パッとみたところ、市役所が出している広告だと思えないのですが、アイディア・キャッチフレーズ・写真・デザイン含め、外注することなく職員の方が作成したとのこと。

キャッチフレーズは時々で変えているそうで、少し調べただけでも
「見つけタイ!明石を変える出世魚」
「とびっきりの新鮮力、探しています!」
「イキのいいの探しています!」
「採用ハンター、もう出動」
と、瀬戸内海に面し、自然豊かな明石の魅力とひっかけたキャッチフレーズが多くみられる。
 
同時にわかったのはポスターの写真をtwitterやFacebookにあげている人も多いということ。「魅せ方」を考える。というのも大切

 
 

コメント

行革視察/「保険窓口のアウトソーシングについて」@大阪府池田市

2016-01-25 | 行財政改革調査特別委員会

 行財政改革調査特別委員会の行政視察に来ています。「初めての視察」です。本日は大阪府池田市「保険窓口のアウトソーシングについて」。





 
 事前に調べてみたら、足立区の窓口業務委託で、「偽装請負」(受注側の職員が委託先の職員に指揮命令を出すこと)が問題になり、東京労働局が是正勧告を出していたこと、そして、池田市では2007年に市長が所信表明で「総合窓口設置」に言及したことにより、2011年、各種証明書・戸籍にかかわる業務等の委託を開始していたことを知る。

 業務改善の声が現場からも出て、市長も引き続き力をいれているため、、2014年には、保険窓口業務(国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険の受けつけ・システム入力など)の委託を開始。目的は来庁者の待ち時間短縮と、業務量増加・複雑化により非常勤職員への依存が増え、安定した市民サービスの提供に不安があったからとのこと。

 2012年の検討会議・ワーキングチーム発足→プロポーサルでの業者選定→2か月かけての引き継ぎ…と、委託開始まで2年6か月をかけているところは丁寧に進めていると思いました。

 結果、課題は解消され、年間400万円ほどの経費削減にもなったとのこと(特に残業代は委託前の1/3に)。過重労働がなくなり、職場の雰囲気も良くなっているという。

◆国保滞納や、高額医療費など個人情報にかかわることなので、どのような配慮がされているのか気になっていたんですが、
 →プライバシーマーク(日本工業規格JIS。個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定)や、ISO27001(組織が保有する情報にかかわるさまざまなリスクを適切に管理し、組織の価値向上をもたらす国際規格)取得を条件にしたところ、だいぶ業者が絞られたとのこと。保険分野に強い業者がいたからできたことだとも思う。さらに、機密保持誓約書も取り交わしているとのこと。

◆市民とのかかわりを持つ場でもあり、ニーズをくみ取る場でもある窓口業務を委託すると、市職員の知識やモチベーションがさがるのではないかと思ったけれど、
→窓口業務全面委託ではなく、時間がかかる業務などは引き続き市職員が対応している。

◆偽装請負とならないように…
→何かあったときは課長職と委託先のリーダーでやり取りをし、仕事場はパーテーションで区切ることで対応している。
 どこかの窓口が混雑していても、市の縦割り行政だと他の担当職員が応援に行くことなどできなかったが、窓口の配置変えと受託側の職員がそれぞれの業務を把握していることで、柔軟に対応できるようになったとのこと。

 と。簡単ではありますが、今日の報告。明日は兵庫県明石市。「人物重視の新卒採用制度について」。
 

視察とは直接関係ないですが、市役所前にあった、「池田市民の想い 核兵器のない世界」のオブジェ




子どもたちの安全を守るために設置されたであろう「きんきゅうつうほう」



コメント

さわらび学童委託の補正予算で、深夜議会。さらに会期延長。

2016-01-23 | 平成28年第1回臨時会
 臨時会が開催されました。
 昨年の市議補欠選挙で、吹春やすたかさんと坂井が入ったことに伴う議会人事。着席する議席なども含めた議案は滞りなく可決。

 議案第1号 平成27年度小金井市一般会計補正予算(第7回)で議事が滞る。さわらび学童の委託事業に関わる補正予算だったけれど、全議員に対して、経緯が説明されていないことから、厚生文教委員会協議会が開催。“固有名詞が出てくることもあり、公の場で話せない”との理由で、非公開に。(委員でない議員の傍聴は認められました。)
 さきの議会人事で厚生文教委員会への所属が決まったので、いくつか不明な点を追求はしました。(が、あれで良かったのか、もっと追求すれば良かったか…と反省)
 その後開催された本会議では、資料請求をしてから、夕食休憩に。のべ30数件の資料請求。調製に時間がかかり、また3046万という予算の積算根拠が出てこないということもあり、結局3時過ぎに2月2日までの会期延長が決まる。2月2日の議会は9~12時で設定されているけれど、この時間内で終わるかどうか…終わらない気がする。
 予算成立を前提とした停止条件付きプロポーサルで行うこともきまったので、(予算が通らなければ停止。つまり予算が可決されれば成立する、と。)プロポーサルは予定されていたスケジュール通り、進められていくこととなります。

 同日に行われる予定だった「全員協議会」も1月27日に延期。13日に8会派21人による「新福祉会館建設について 市長の方針を明らかにすることを求める申し入れ」に対する回答をもらうことになっていました。27日は、10~12の2時間の予定だけれど、こちらもこれで終わるのかどうか…。

 初めての議会が翌日AM3時過ぎに散会するという深夜議会となりました。…あんな遅い時間まで行うことが(と言っても今回は、議員はほぼ待機。その間働いているのは市長や市職員。)建設的だとは私には思えないです。
コメント

初めての議会となります。

2016-01-22 | 平成28年第1回臨時会

 明日1月22日。臨時会が開催されます。

 議会人事と、さわらび学童保育所を委託するにあたっての一般会計補正予算が議案としてあがっています。

 ちなみに。臨時会の前、8時45分からは議会基本条例策定代表者会議、終了次第、広報協議会が開催予定。臨時会が終了次第、全員協議会が開かれる予定…と、盛りだくさんの一日になりそうです。

 全員協議会では、先日8会派21人で行った「新福祉会館建設について 市長の方針を明らかにすることを求める申し入れ」への態度が示されることになっています。

お時間ある方は傍聴にお出かけください。

==<小金井市HPより>=====
平成28年第1回小金井市議会臨時会が開催されます
と き 1月22日(金) 午前10時00分
ところ 議場(市役所本庁舎4階)
案 件 議案第1号 平成27年度小金井市一般会計補正予算(第7回)
問合先 議会事務局
電話 042-387-9947
FAX 042-387-1225
コメント