雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

83歳の1年が始まる

2016-03-02 07:42:58 | 発想$感想

 今日3月2日で83歳を迎えた。

昨日で終わった82歳の1年を振り返ってみても、結構面白い1年が過ごせたと思うが、今日から始まる83歳の1年もなかなかオモシロそうなことがいっぱいなのである。

 

★80歳を過ぎたら、どんな体力になりどんな感じになるのか若い頃は想像もしていなかったが、現実に自分がそんな歳になってみると、不思議なほど60歳代のころと同じくらいなのである。

まず体力的な感想は、間違いなく10年前の73歳のころよりは充実して元気である。

具体的に云うと体全体の筋力は付いているし、ちゃんと背筋を伸ばして73歳のころよりは速くかっこよく歩けるのである。これはこの10年間のストレッチや筋力トレーニングの成果だと思う。

10年ほど前、腰や膝が痛かったころ、整形外科の先生に『電気治療などしていても基本的には治らない。筋力は何歳になっても付くのだから、毎日ストレッチでも続けるほうがいい』と言われた一言を信じて10年間殆ど休まずに続けた成果だと思う。

でも、こんなに元気で居れるのは、好きなことだけやっていればいい、会社勤めのストレスがないからかも知れない。

 

★もう一つはアタマの問題、運よく認知症の傾向は今のところはない。

パソコンなども触ったこともなかったし携帯電話も使ったこともなかったのだが、10年ほど前、娘婿に会社の余ったパソコンを買わされて独学でやりかけて今がある。そういう意味では娘婿に感謝である。携帯は持ってはいるが、殆ど使ったことはない。

パソコンをやらずに、ネットの世界を知らなかったら、今の私はなかったと思う。

独学なので単純なムツカシクないことを繰り返し継続しているだけである。このブログも2006年9月から欠かさず続いているし、ツイッターも毎日1000人近くフォローを続けていたら、いつの間にか51万人のフォロワーになった。もう10年も若し続けられたら100万人になっているかも知れない。

 

インターネットはやっていてよかったと思っている。

殆ど毎日10時間近くはパソコンの前に座っていて、いろんな情報を発信したり情報を読んでいる。最近は殆ど本を読まなくなった。ネットの中の生の情報のほうが新鮮で『本より数段役に立つ』と信じているからである。

 ネットの中には有益な情報は山ほど眠っていて、興味関心さえあれば幾らでも詳しく深い情報が得られるのである。本から得られるものは、読む人すべてみんな同じレベルの情報なのである。

私は間違いなくほかの方よりは深く且つ、広範囲で読んでいると言い切れるのは幾らでも時間があるからで、それが生き方の糧になってると思っている。

 

★そんな感じで迎えた83歳だが、今年やりたいことは殆どが自分のことではなくて周囲の方のお手伝いである。『お手伝いをすること』が生き甲斐になっているのは、年金生活なので自分のことをしなくても生活費が頂ける身分だからである。

子どもを育てたり家計を維持しなければならない現役時代にはこんなことは言っておれないのである。

自分のことで言えば、従来も結構本音でモノを言っては来たが、それなりに遠慮もあったのだが、83歳にもなったので、もう少し思い切ってモノを言ってみたいなと思っている。今更、自分で何をするでもないので、ズケズケと情報発信することが、周囲の方のお役に立てばいいなと思っているのである。

 

83歳の1年も精一杯頑張りますので、本当によろしくお願い申し上げます。

コメント