唐茄子はカボチャ

映画と音楽と・・・

シャッターアイランド

2020年01月24日 | 映画 さ行
前に映画館で見たことあります。
大筋はなんとなく覚えていましたが、ほとんど初めて見たような感覚です。

特に、ナチスの収容所のところなんか、全然覚えていませんでした。そこがとても強烈なインパクトがあって、そのトラウマで精神的に追い詰められていったのかと思いきや、すべてが妄想だったとは。強烈に印象付けられたので、びっくり。

だんだんディカプリオさんの顔がおかしくなっていくところもすごいですが、そのうえで、主人公の思っていることは、真実なんじゃないかとまたまた、主人公に心を寄せてしまいます。一度見てるのに。

そして、最後のネタ晴らし。そのまま素直に受け止めていいのかもわからないまま、話はその方向で進んでいきます。

もう、主人公以外のところでは、すべてが仕組まれたレールのようにも感じます。

たぶん、最後に、自ら治っていないように見せて手術を受け入れたのは、ささやかな抵抗だったような気もするし、あの時のシーンだけが本当のシーンな気もしました。

よくわからない話だけど、物語自体がわからない話でなく、映像がきれいなので、最後まで引き込まれました。
コメント

赤毛のアン グリーンゲーブルスへの道

2020年01月13日 | 好きな映画・良かった映画
ブルーレイで鑑賞。劇場版で、前に一度見てますが、総集編的かと思ったら、贅沢にも、アンがグリーンゲーブルズにおいてもらえるまでという短い時間を濃密に描いています。

だから、ダイアナもギルバートもまだ出てきません。

それなのにそれなのに、なぜこんなにも感動するのでしょうか。なぜこんなにも泣けてしまったのでしょうか。

映像が素晴らしい。アンの気持ちを映像にしています。
あとは、もう、アンのおしゃべりで進んでいくのですが。映像を見ると、すごく丁寧に表情の変化を描いています。アンが話していないときの表情が素晴らしい。普段、喋ってばかりだからなおさら無言のときにその表情に集中してしまうのかもしれません。

TVアニメのを見たばかりだったので、どうかなと思いましたが、なんか、全部作り変えたんではないかと思うような濃い映像でした。

ほんの最初の部分だけを映画にするという、この割り切り方、決断は素晴らしい!
コメント

かぐや姫の物語

2020年01月11日 | 好きな映画・良かった映画
久しぶりの鑑賞となりました。観るのがなんとなく重くて。
成長する過程の中で強烈に感じる性。生きることと性というのがイコールのように感じます。たけのこの体から性があふれてる。

ところが、都に入ると、それがぴたっと止まります。生きるエネルギーを抑えられてしまいます。
まわりのかぐや姫への見方が、かぐや姫を苦しめます。「女の幸せとは…」金と権力が物を言う男社会の中での女性のあるべき姿。

本来の生きるエネルギーをおしころし、顔をぬりたくり、きれいな服で着飾り、いろんなスキルを身に着け、身分の高いものにお嫁に行くことが最高の幸せと言う価値観にいよいよ追い詰められたとき、この世界を嫌いました。

そして、自分が憧れていた、そしてそこにあった、生きる喜び。あらためて気づいたときには、月に帰らなくてはいけない。

月のモノクロの、心ざわめくことのない、無の世界(?)に戻るとき、振り返ったときに映った地球の姿。かぐや姫にはどのように映ったのでしょうか。

今回みて、アルプスの少女ハイジが重なってきました。
大自然でのびのびと楽しく暮らしたたけのこが、未練を残しながら大都会へ。そこで心を病んでしまう。やはり、彼女にとっての心の故郷は、生命があふれる山々だったり、友達だったり、あたたかい家族だったりするわけで、そういうところが重なりつつ、ハイジが嬉しそうに服を脱ぎ捨てていくのに対して、怒りを獣のように走りながら脱ぎ捨てていくかぐや姫。そんなのを重ねると、教育係の人は、まさにロッテンマイヤーさんだなと思ったり、なかなか面白い関係です。

青い地球…今まで、いくつもの人生が、その時の社会のために犠牲になってきたのか。その重なりの上に今の到達点がある。そして、これからも、そういった犠牲の重なりの中で、人間の意識は発展していくのだろうと、考えました。
月は、時間も思考も何もかもがフラットになって発展もない世界のように感じます。

そして、実は人間の意識なんて関係なく、この地球の生命の営みは、激しく、優しく、美しく回転し続けるのだろうと感じました。

そんな話だった?
コメント

この世界の片隅に

2020年01月06日 | 好きな映画・良かった映画
いくつもの片隅にを観て、気になってBlu-rayで見てしまいました。
「いくつもの」で、最初の流れがポンポン行って、カットしてるように感じたのは自分の気のせいでした。
「いくつもの」を観たあとだと、このシーンは、こうつながっていたんだ〜と、シーンの持つ意味がふくらみました。
りんさんの出番が少なかったことに驚きました。
りんさんの回想シーンの一コマも、最初の作品からでは、意味がわかりづらくて、もともと、もっとあったものを何らかの理由で削らなくてはいけなくて、それで出来上がったのが最初の作品で、大ヒットのおかげで、最初の構想どおりフルバージョンで出したのが、さらにいくつもの片隅にだったのかもしれないなあ…と思いました。

そして、あらためて、さらに…を見たときに、料理の工夫しているあたりは完全に寝てたこともわかりました。

ちょっと前にサンタさんって、いつ頃から日本で定着したのかちょっと気になったことがあって、もしかして、戦争が終わったあとかな?と思ってましたが、さらに…をみたときにサンタさんのかっこした人がいて(最初のとき気づかなかった)、戦争中も、クリスマスもサンタも一般的だったのかと思いました。

この時代の生活は、「戦争」で一括に考える傾向がやっぱりまだ自分の中にあって、サンタは敵性語で当時無いかもという思い込みがありました。ローマ字も出てきたり、ウエハーのついたアイスクリームだってそうですよね。当時の生活がどのようなものだったのか、じきと、場所で違うことをもっと考えなければいけません。関係ないけど、母べえでは、ガスコンロ使ってたのにおどろきました。

人の思い込みは、いろんなことを勘違いして記憶してしまいます。
あったはずの映像がなかったり…なんて言うのも、勘違いでした。
もう、マンガでみたからなのか、いくつもの…を見たからなのか、何がなんだかわからないですが、また観れば違う何かを感じるかもしれません。
この世界のさらにいくつもの何か

あらためて、この映画の中の戦争について考えました。ここにいる人にとって、最初は戦争は外のことで現実感はなく、空想の世界だったんだろうと思いました。鬼いちゃんの戦死も、まだ現実と遠いところの話に感じてしまっていて、石ころだけじゃ死んだなんて感じられない状態でしょうし。

空襲が激しくなってくる中で、初めて現実のものになり、戦争が大切なものを奪っていく。
原爆も落とされたときはまだ、現実とはかけ離れた認識でポカーンとしていて、だんだん何があったのかがわかってきて、そしてその現実が、すでに大切なものを奪っていたことがわかってくる。

お父さんとお母さんが原爆で死んだことも、話で聞かされるだけなので鬼いちゃんの死と、重なりますが、これまでの体験と破壊された広島をみて、空想でなく現実を目の当たりにする中で、妹の体験を想像しながら「早く来れなくてごめん」(?)という言葉につながっていったんですね。

最後に原爆のシーンで子どもを登場させて、現実の瞬間に何があったのかをちょっと見せる。(あそこだけすずさんのみた世界と違うことに気づいたけど)いろんなものが重なってきます。

多くのものを奪った戦争が終わり、また、大切なものを育む生活の始まりの予感で終わるわけですね。

座敷わらしがりんさんだったこと、最初に観たときに気づきませんでした。終わりのあの絵も、全然記憶になかった。今思い出したけど、なんの昔話が始まったのかな?程度に疑問符で終わってたような気がします。

また長々と…失礼しました。
コメント

浅草演芸場で落語三昧

2020年01月03日 | 落語
第3部の時間に合わせて浅草演芸場に行ってみたら、なんかテレビ中継(か録画だか知らないですけど)やってて、なんかそれで人だかりができていりぐちにいけない!テレビ優先かよ!と思って東洋館側の横のほうから入ろうとしたら、札止めで入れませんって。ずっと待たされました。
「こうなったら絶対頑張って中に入りましょうね」なんて、知らない方と励まし合ったり…

待ってる間、噺家さんや芸人さん(たぶん)が「あけましておめでとうございます」なんて、正面からすーっと入ってきたりして、それがとてもいいですね。なんか、お客さんとのこの距離感。

結局、テレビが撤収したら入れますっていうことで、三十分待ってやっと入れました。運よく椅子にも座れて。

昔、抜け雀をみて大好きになった古今亭志ん橋さんも見れました。「バカな家族」のバカ話をしていました。じっくりまた抜け雀を聞きたいものです。
なんでも、新年は顔見世興行だとかで、一人一人の持ち時間が少ないそうです。
そんな中でも、春風亭一之輔さんの初天神はとてもどぎつくて面白かったです。一番みんな大笑いしていたと思います。
最後に林家正蔵です。ネットで調べたら、「西行鼓ヶ滝」という演目だそうで、じっくり聞かせながら笑いもとるとてもいいお話でした。何より、テレビタレント的な方が、落語をきちんとしている(と言っては失礼ですが)のがよかったです。
他のも、お正月って感じでみんな笑っていて、とても面白かったです。

今気づいたんだけど、もしかして、テレビのせいで、第3部は最初の30分番組が吹っ飛んでしまったのでしょうか。
中継車にたむろしてるスタッフなんか、たばこぷかぷかしてるし。NHK感じ悪っ!
でも、こうやってテレビでとりあげてくれるのはNHKだと思うと、演者にとってはありがたいことだろうし。
NHKはぶっ壊すのでなく、立て直せばいいだけのはなしです。

コメント

田舎から帰ってきて、浅草で正月三昧

2020年01月03日 | My旅ネタ
田舎から帰ってきて、その足で浅草寺へ。すごい混んでる。世界よ!これが日本の正月だ!
…なのかはわかりませんが、普段人込み嫌いな私ですが、年始のホンワカした雰囲気のおかげでしょうか。人込みにワクワクしました。和服来てるお嬢様方も素敵ですしね。神とも仏とも無縁な私ですが、一応お賽銭入れました。何をお願いしたかというと、「一年間何とか乗り切れますように…」でした。言っちゃうとダメでしたっけ?
そんなこんなで、そのあと、手ぼうき買ったり、浅草演芸場で落語を見たり、傘を買ったり、なんか、正月しちゃいました。
コメント

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

2019年12月30日 | アニメ
寅さん見てすぐ移動して観ました。

カットしてる?と思うぐらい話の展開が早く感じたのは気のせい?
動きがゆったりとしているように感じたのも気のせい?
絵が少し荒く感じたのも気のせい?画面が大きかったせい?
そしてウトウトしてしまったのも気のせい?

こんなふうに前半は、あまり入り込まずにクイズの間違い探しのように頭を使ってしまいました。

そして中盤の新しい部分(多分)と、新しいのかどうかわからない部分、新しくない部分。なんだかわからないけど、今回はすずさんだけでなく、他の人の人生ものぞかせてもらった気がします。人は、意外と危うい関係の中で繋がりをつくっていたり、知らないところですでにつながっていたり、今ある姿だけではわからないその人たちの人生をかんじつつ。
だんだん戦争に押しつぶされていく生活。
圧巻だったのは、あの短い時間で原爆で母親を失ってしまう子どものシーン。起こったことのおそろしさがあのシーンだけで、どわっと押し寄せてきます。

りんさんとのつながりがふかくえがかれて、良かったと思います。












コメント

男はつらいよ おかえり寅さん

2019年12月30日 | 男はつらいよ・山田洋次
映画館に入る前からなんか、そわそわ、ドキドキ。男はつらいよの最新作をまた見ることができるなんて。
いよいよ始まりました。
夢落ちが暗い!
でも、始まったばかりです。
桑田さん!これいいの?荒川で歌ってほしかった。どっちにしても、本物には、およぶはずもなく。

さて、本題に入りました。

まずは、寅さんはさすがです。昔の映像で笑ったり泣いたり。

そして、現代部分もしっかりしている。

でも、なんか暗い。

まず、寅さんがなきものになっていることが一番大きい。いつもの、今頃どうしてるのかなあのバカは…といった、どこかにまだいる人という感じにしていないことが、暗い原因だと思います。もう戻らない人の回想シーンという感じ。

あと、仕方ないのだけれど、ご高齢が多い。生きるエネルギーというか、未来に向かう力が感じられない。
回想シーンが出るたびに、あの頃はみんなのエネルギーを感じるんですが、現代になるとしんみりしちゃう。

男はつらいよの持っていたエネルギーはもうなくなってしまったことを感じずにはいられない。

ただ、泉ちゃんとお母さんのけんかのシーンは最高のシーンでした。あえて、寅さんを使わない男はつらいよにしても良かったのではないかとも思いました。それをやるエネルギーも時間もなかったのかもしれませんが。

ずっと泣いて笑ってって感じでした。
そして、最後に渥美清さんの歌。また涙がこみ上げる。

寅さんを見たことない人が、この映画単体で面白いのかはわかりません。みんなが笑っているところで笑えているのか。どうでしょうか。

お子さん役は良かったです。あと、編集者の人。良かったです。

そうそう。一家団欒のシーンも、あのときの笑いのエネルギーに比べちゃうと、泉ちゃんと諏訪家の食卓は、やはり寂しい。



コメント

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け

2019年12月30日 | 映画 さ行
なんか、ネットでみてて、8はだめだけど9はまとめ上げた。とか、逆に9は失敗したという記事を読みましたが。

まず、そこまで思い入れないのでどうでもいいと思ってしまいますが…

人が人の作った作品を評価するって、そんなかんたんなことではないし、なら、あんたが作れよとなったときにその人がみんなが喜ぶような作品を作れるのかもわからないし。

人が作ったものをみるとどうしても矛盾点を指摘したり、自分のスターウォーズ像に照らしてどうかという、判断になったり。

でも、世の中って、思い通りに行かないし、バカバカしい理屈が通ってしまうこともあるし。願望が現実になるわけではない。そういう意味では、ストーリーを裏切られたこと自体、世の中思い通りに行かないということを教えてくれているんだろうと思います。

だから、こういう結末になったことは誰も批判できないのではないかとおもいます。

ディズニーが絡んで、JJさんが絡んで、そういった、いろんな制約の中ですべてが作られていくのだから、この結末は、なるべくしてなったもので、それをただ批判するのはかんたんだけど、本当にそれが嫌なら、そういう余計なものに左右されてしまう、今の映画事情こそなんとかしなければと、思わないのかな?と思ってしまいます。

どんな駄作と思われているものでも、その人が制作できる地位を獲得しなければそれは出来なかったし、スポンサーの意向があれば、それをただ受け入れるか、受け入れずに進むのか。受け入れなかったらクビ切られるし。
大きな映画になればなるほど、自分の意思が表現できないものになってしまうだろうし。

ルーカス自身が作ったものを続けられなかった時点で、作品は、終わりです。それをとりあげて、勝手に話を進めて、それをあたかも正史のように扱っても、普通に考えたら話が本当にそれでいいのかを疑ってしまいます。でも、出しちゃった以上、それが正史になります。

これで良かったのかは、本当は、ルーカスの中にしかないのかもしれません。

それば、作品が百人が百人素晴らしいと言ったとしてもです。

逆にエピソード123を批判するのは勝手だけど、本人が作ったものをどうするかは本人の判断ですからそれを受け入れるかどうかは見た人の判断ですが作品そのものになんでケチがつけられるかってことですよね。

ということで、そのルーカスの物語を受け継いだのか、盗り上げたのかはよくわかりませんがその後の結果が出された以上もうそれは取り返しがつかない正史になってしまうわけで、そうなりました。ということでしかないわけです。

ルーカスがどう思ったかでしか、正しい結果だったかどうかは測れない。
ただ、ルーカスの手の中にとどめておけなかったことが結局、この物語をこういう結果にしてしまったのだから、それでストーリーについてとやかく言うのはなんか引っかかる。

そもそも、ストーリーとして、そんなにスターウォーズが優れているとも思えないし。
そんなもの、あーだこーだいうほどの作品か?とも思う。

酔いながら書きなぐってるので、文章破綻してたらすいません。

後で読み返してだめだと思ったら削除します。


コメント

アルプスの少女ハイジ(DVD)

2019年12月26日 | アニメ
アルプスの少女ハイジのダイジェストになってるDVD2枚組を観ました。
全編観たあとなので、当然、不満はあります。
でも、友達の子どもに観てもらったら、とても楽しんでたみたいで、それが、ハイジの力なのだと思います。

自分の観た感想は、ソリのレースはカットしてほしいな…と思ってたので、それは良かったです。小説を読んだので、ペーターがアニメでは救われてるなと。思いました。特にこの編集では、ペーターはただのいい人になってるし。
不満は仕方ないです。だって、50話あったんだもん。
ピッチカット!
あっ!ピチカートファイブとかいう何かありましたね。もしかしたら、このダイジェストからグループ名を!?(ピチカートだって!)

村の人との関係もカット。おじいさんと村の人との関係大事ですよね。
まあ、そんなこと言ったらきりがないけど、車椅子が壊れるところもカット。クララの苦悩が少し軽くなってます。(小説では、車椅子騒動はもっと深刻な話でしたが)

宗教色はより薄くなりました。薄くというよりは、薄かったものを無くしたと言ってもいいでしょう。
原作はキリスト教の伝導の意味もあったと思うのでこれをみたら作者はムカッとするかもしれませんが。




やはり、ちゃんと全編観たほうが数百倍面白くて深い話です。
コメント

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け

2019年12月20日 | 映画 さ行






写真なしです。劇場でも、別なものは撮ってたのにスターウォーズのを撮ってないところに期待の薄さが表れてますが…
4DX3Dでみました。水すげー!
内容は、意外と楽しめました。この終わり方がいいのかどうかは色々あると思いますが、うまくまとめたほうだと思います。
長い物語で、こうなったほうが良かったとかはみんな持っていて当たり前なので、そういうプレッシャーの中では、いいところに落としたかなという気がします。
物語にケチをつけたり、大絶賛するほど、思い入れはないので。

映像はすごいです。

しかし、その上で、気になったのは、いくらみせる技術が進んでも、血筋とか、絆とか、友情とか、そういうものの表現は古臭いなといくことです。

コメント

アキラ

2019年12月16日 | 好きな映画・良かった映画






目黒シネマで今回はお腹いっぱい一本立て!
アキラ!アキラ!アキラ!アキラをみてきました。もう始まっているからね…。
Dr.アキュラ!
オープニングで涙が出ました。
崩壊の美学!
無音の迫力!しかもフィルムのブツブツ付き!
怒涛の展開!
そして、宇宙になって消えてしまいました。
さようなら!
コメント

ハイジ/ヨハンナ・シュピリ

2019年12月16日 | 
小説を読んでしまいました。初めてです。
写真に出てるヨーゼフは登場しません。時間稼ぎのキャラだったのかも。いいやつですけどね。
…そして、ペーターが意外と悪い子でした。悪い子というよりは、浅慮(せんりょっていうんですって)というか子どものままの思考(子どもですけど)というか、…読めばわかります。アニメではそこを和らげてくれてますが、小説は、かなり危なっかしい子です。嫉妬、執着がすごい。でも浅慮だから、行動も幼稚。(子どもだって!)

子どもなら、自分の欲求のためにありえないことしちゃうときだってあるだろうさ。だから、最大限おおめにめてあげる。人はそうやってしていいことと悪いことを判断して、大人になり、社会の歯車になっていくのだから。

しかし、クララのおばあさんの太っ腹なこと。そんなペーターに信じられないプレゼント。

ハイジも、将来安泰の道が開かれた。情けは人の為ならずでしょうか。

宗教色が強い作品です。気になるといえば気になりますが、でも、面白いことに変わりはないです。


コメント

ハイジ、マルコ、アンを観終わって気になったこと

2019年12月16日 | アニメ
そこの生活がよく見えてくる生活感あふれる3つの作品、トイレのシーンはともかく、トイレが出てくることがなかったことが気になった。当時のそれぞれのトイレ、気になる。
あ、風呂もか!

いろんなドラマで、トイレが出てくることは少ないかもしれません。
トランスアメリカとか、トレインスポッティングとか…テロマエロマエ…あとなんでしょう。トイレの出てくる映画探しって面白いかも。
あ、スパイ物やアクション映画、犯罪物の場面、化粧直しなんかでは出てきますね。(あ、地震)

コメント

「がんばれロボコン」の絵を描いたボクはもうすぐ50(もちろん自分が書いた作品という意味ではありません)

2019年12月15日 | 絵とか写真とか


この赤いのなんだと思う?と、友だちに聞いたら、「ロボコン!」と即答してくれました。嬉しかった!子どものときに書いた絵です。実家から持ち帰ってしまった。
コメント