Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

12/6 ラディッシュ間引き2回目

2018年12月06日 | Myガーデン:果実と野菜を育てる


 2回目にまいたラディッシュの種が育つ様子です。

11月のラディッシュ日記 ← 12月前半 → 12月後半のラディッシュ日記

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

12/6 ラディッシュ間引き 2回目
のんびりしていたら、くっつきあうくらいに葉が大きくなりました。


1つおきに抜きます。


抜いたものは16本、洗って 食べましょう!


赤くなったところが少し膨らんだのもあります。


1回目に間引いて ゆったり植え替えたラディッシュも 大きくなりました。

めも:2018/12/06 CX2 で撮影


瑞々しいラディッシュの葉、サラダにしましょう!

めも:2018/12/06 SW001SH で撮影


9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
コメント

11/12 サラダ春菊の種まき

2018年11月21日 | Myガーデン:果実と野菜を育てる
 2018/9/149/25 ・ 10/12 キッチンガーデンの講座に参加しました。
講座最終回では、「サラダ春菊」の種蒔きの実演があり、種はお持ち帰り。

「初回に植えたラディッシュを収穫した後の鉢に植えましょう!」
ということですが、ラディッシュの種もたくさんあるので、もう一度植えたい。
そこで、ゴーヤとアサガオを植えていた鉢を再生し、サラダ春菊の種を植えることにしました。
家族で作業できるので 心強い!

講座から1か月たち すっかり忘れてる~ o(*'o'*)o

 やり方は、講座の時のメモと 種の袋の説明書きと
講座の講師 深町貴子先生のTV放送 を参考にします。
 (NHK趣味の園芸やさいの時間:サラダ春菊)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~
 <サラダ春菊の種:袋の説明を読んでまとめたもの> 育て方は 簡単
発芽適温15~20℃、生育適温 15~25℃
  葉が茂る → 生で食べる。 
  1年じゅう撒ける。寒さに強い!

土造りは、種まき15日前行う
  花壇  1㎡あたり 苦土石灰 100g、堆肥2kg 化成肥料100g
  プランター  野菜用培養土

種まき ~ 土に水をやっておく (湿った土に蒔く)
  畝幅30cmに筋蒔き(かまぼこ板)
   向光性種子 かぶせる土は薄く(なくてもいいくらい)
  発芽しにくいので多めに撒く

間引き ~ 1回目 本葉1~2枚まで待って込み合ってから間引く 3~4cm
  本葉4~5枚 間引き間隔 7~8cm
  本葉6~7枚の頃に株間10~15cmに間引く

追肥 ~ 間引き後追肥し 土寄せする
収穫 ~ 草丈約20cm、本葉7~10枚程度の頃に 根から株ごと引き抜いて収穫

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

では、始めましょう!
あらかじめ、プランターの土は培養土を入れ準備。
種をまく前に たっぷり水を撒いておきます。

ラディッシュの時と同じに溝を作る。1cm
(お手製のミゾ用の木片)


2本の溝が並ぶ


これを植えます。 生で食べられるサラダ春菊


種は、これ!。


ズームで見てみましょう! 平たい変な形 (*^_^*)♪


溝に沿ってパラパラと丁寧に撒きます。


指で土を寄せるようにかぶせます。浅めに!


種まき後すぐの水やりはしません! <=== これ大事!

めも:2018/11/12 CX2 で撮影


参考 ⇒ Myブログ:9/14 ガーデン講座2018でラディッシュ種まき

溝作り 土かぶせ 

キッチンガーデンの講師は、深町貴子先生 (NHK趣味の園芸やさいの時間)
<やさいの時間>
放送テーマ 満里奈の毎日プランター!「香りやわらか どっさり シュンギク」
今回は独特の香りが少なく、葉も茎も柔らかな〝株張り種〞のシュンギクをタネから育ててみましょう。
株張り種は香りがマイルド。どっさり収穫できるし、サラダにしてもおいしいですよ(講師:深町貴子)
放送 10月28日(日)午前8:00~8:24 Eテレ
再放送 10月29日(月)午前10:15~10:39 総合
再放送 11月1日(木)午後0:00~0:24 Eテレ
コメント

10/21 ラディッシュ3回目の間引き

2018年10月21日 | Myガーデン:果実と野菜を育てる


 2018/9/14に、ガーデン講座で蒔いたラディッシュの種が育つ様子です。

9月のラディッシュ日記 ← 10月 → 11月のラディッシュ日記

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/21 本葉5枚で、3回目の間引きです。

7本抜きました。 (お味噌汁の具にしたよ、美味しい)


何と、根元がおれていたラディッシュが 一番育っていました。


間引いて すっきり!


早く大きくなってね。

めも:2018/10/21 CX2 で撮影

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/20 明日 間引きしま~す
 
めも:2018/10/20 CX2 で撮影


10/18




本葉5枚 出たかな

めも:2018/10/18 CX2 で撮影



9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
コメント

10月前半のラディッシュ

2018年10月12日 | Myガーデン:果実と野菜を育てる


 2018/9/14に、ガーデン講座で蒔いたラディッシュの種が育つ様子です。

9月のラディッシュ日記 ← 10月前半 → 10月後半のラディッシュ日記

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/12 ガーデニング講座へ行く前にパ・チ・リ

ラディッシュの鉢はプランター2段重ねで少し高くして日照時間を稼いでいます。


真上から見ると、イマイチしゃっきりしていませんが、


ゆっくり育っているようです。


根元、赤くなったところ





めも:2018/10/12 SW001SH で撮影



10/8 日照時間を増やすため少し高いところに移動しましょう。
アサガオを抜いてあいた鉢の上に重ねるのはどう?



すのこを敷いてラディッシュの鉢を置きます。


土寄せもしていますよ。


 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/3 こまめに土寄せをするのですが、すぐに茎が伸びます。

めも:2018/10/03 CX2 で撮影


9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
コメント

9/25 ガーデン講座2018でドワーフトマト苗の植え付け

2018年09月25日 | Myガーデン

ガーデン講座2018に参加!
「ベランダガーデニング講座~はじめてのキッチンガーデン編」
講師は、深町貴子先生 (NHK趣味の園芸やさいの時間)

第2回目は 「ドワーフトマト苗の植え付け」


まずは、第1回目の「ラディッシュ種まき」のその後について
9/14に種まきしたラディッシュの鉢の見本を使って、
芽の出る仕組み、実のなる仕組みなどの説明を聞きます。
双葉の出た茎は 本当は「胚軸」と呼び、
下の方が赤くなっていてそこが膨らむのだそうです。
まん丸なラディッシュができるには、
赤くなった「胚軸」に土をかぶせる『土寄せ』をこまめに行うことが重要。

受講生にありがちな疑問に、先生が明快に答えてくれます。
 ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

次は、「ドワーフトマト」についての説明
日本にはなじみの薄い『芯(心)どまり品種』のトマトは、
高さが50cm程度とコンパクトで、脇芽も育てるタイプです。
双葉の後、8枚の葉が出たら花房がつき、たくさんの花が咲いてたくさんの実がなります。
収穫したら、1枚の葉の次にすぐ花房。また花が咲き実がなる この繰り返し。
気温15℃程度で、ビニールをかぶせ、11月頃から室内で育てれば、冬にも収穫できるとのこと。

なんと! すごいトマトです。 楽しみ~。(*^_^*)♪

さぁ 、実習です。


ドワーフトマト「プリティーベル」


トマトの双葉ってこんなのです。


植え付けの準備。


紙製の鉢、底にはネット。 鉢底石は不用。


鉢の底は平らなのでベランダに置くときは 下に何か(割り箸でも)敷くといい。


土は、良質の培養土。鉢の半分まで入れます。


苗をポットのまま置いて高さ確認。(ウォータースペース3cm)




苗をポットから丁寧に抜き、鉢に苗を置いたら土を入れます。


苗は押さずに周囲の土だけを押して平らにする。
ウォータースペース3cm 確保!


ドワーフトマトの苗の植え付け 完成です!


肥料についての説明など ((クリックで拡大します)


会場に飾られていた花とハーブ
 

めも:2018/09/25 CX2 で撮影

 
これからやること
 ・ラディッシュ ⇒ 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
  双葉3~4枚で間引く (1列に4~5本=約4cm間隔)
  3週間から1月過ぎて1回だけ液肥をやる。
  胚軸(茎の赤い部分)を ほぼ隠すように、「土寄せ」をこまめに行う。
  実の収穫は、土から出ている肩の部分が2cmぐらいの時。(実は3~4cm)
  早いと辛いが遅いと割れるので、タイミングよく。 (*^_^*)♪

 ・ドワーフトマト ⇒ 2018_ドワーフトマトを育てよう シリーズ
  芽欠きをしないこと。(脇芽も伸ばす)
  花が咲いてから肥料を与える。(固形でも液肥でもOK)
  日当たりの良いところに置くこと
  アブラムシは、早めに取り除く。

  実は、たぶんクリスマスの頃に生るとのこと、気長に楽しめます。
  (トマトは、なんと多年草だそうです。)
コメント

9/25 ラディッシュ、双葉伸び2回目の間引き

2018年09月25日 | Myガーデン:果実と野菜を育てる


 2018/9/14に、ガーデン講座で蒔いたラディッシュの種が育つ様子です。

9月のラディッシュ日記 --> 10月の ラディッシュ日記 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/25 夕方 先生のアドバイスで 間引いた後の様子

少し土寄せもしたので、しゃっきりしました。


思いきっって 6本抜きました。


薄く色づいたところが 膨らんで二十日大根になる部分でした。♪(^_^) /~~~

めも:2018/09/25 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/25 今日は、ガーデニング講座です。
ラディッシュの今朝の様子の写真を撮り、講座で先生に見てもらいましょう!

双葉が伸びていますが、ちょっと込み合って倒れた茎もあります。







めも:2018/09/25 SW001SH で撮影


これからやること
 ・ラディッシュ ⇒ 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
  双葉3~4枚で間引く (1列に4~5本=約4cm間隔)
  3週間から1月過ぎて1回だけ液肥をやる。
  胚軸(茎の赤い部分)を ほぼ隠すように、「土寄せ」をこまめに行う。
  実の収穫は、土から出ている肩の部分が2cmぐらいの時。(実は3~4cm)
  早いと辛いが遅いと割れるので、タイミングよく。 (*^_^*)♪

9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
コメント

9/15-23 ラディッシュの芽が出て、間引き

2018年09月23日 | Myガーデン:果実と野菜を育てる


 2018/9/14に、ガーデン講座で蒔いたラディッシュの種が育つ様子です。

9月のラディッシュ日記 <-- 1回目の間引き--> 2回目の間引き 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/23 双葉の付いた茎が伸びています。

めも:2018/09/23 CX2 で撮影



9/18 双葉が出そろったので 1回目の間引きをします。

24本と19本発芽して 双葉が揃いました。窮屈そうね。


1本おきに、小さいのを抜きました。


すっきりです!


抜いたラディッシュの新芽


捨てるのは惜しい! 洗っていただきます。ピリッと美味しい。


めも:2018/09/18 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/17 芽が出ました。18個×2列 程度


行儀よく並んでいます。




かわいい!


めも:2018/09/17 CX2 で撮影


明日から、様子を見て水やりです。(控えめ、萎れ加減のタイミングでOK)
そして、全部の双葉が揃ったら、1つ置きに間引きます。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/15 持ち帰ったラディッシュの鉢。名札を作りました。




めも:2018/09/15 CX2 で撮影



9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ

コメント

9/14 ガーデン講座2018でラディッシュ種まき

2018年09月14日 | Myガーデン

ガーデン講座に参加!
「ベランダガーデニング講座~はじめてのキッチンガーデン編」
講師は、深町貴子先生 (NHK趣味の園芸やさいの時間)

なにをやるのかなぁ と会場に行ったら、
第1回目は 「ラディッシュ種まき」
最初に、植物についての楽しい説明。

空のペットボトルを持ってくるようにとのことでしたが、
何に使うのかなぁ?
(以前、大きなペットボトルに イチゴを植えました!)
今回は500mlなので、スコップ?

なんと小さな穴をあけて、ジョウロにします。


さぁ、種まき。 ラディッシュの種の袋
「赤丸二十日大根ニューコメット」


準備OK


環境にやさしいエコポット


底には網を敷き鉢底石を敷きます。


培養土を入れます。


上端から2cmまで。


専用の木の棒で平らにならして


種を植える溝を 8cm間隔をあけて2本作ります。




そこに1cm間隔で種を1粒づつ置いていきます。
え~~、袋からパラパラっと蒔くじゃないのね。o(*'o'*)o


種を土で覆います。 指で土をつまむように!


木の棒で 溝を平らにしたら、


全体をきれいにならします。(水が一カ所にたまらないように)


完成です!


さっき作ったペットボトルのジョウロで、水やり。


説明の白版を パ・チ・リ。


袋に入れて お持ち帰り。

めも:2018/09/14 CX2 で撮影


今後 やること
1)たっぷり水をやったら、芽が出るまでは水やりはしないこと!
(それで、根が伸びるのだそうです)

2)全部の双葉が出そろったら、1つ置きに 間引き。
3)さらに、本葉が出たら間引きをします。

ラディッシュって二十日大根だから 20日(約3週間)で収穫できるのよね。
めっちゃ 楽しみ (*^_^*)♪

2016年にも 講座に行ってラディッシュを育てましたが、この時は不作・・・。
 ⇒ Myブログ:2016年5月~: Myガーデンのシリーズ ラディッシュ
コメント