オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

「君と僕」ライブ無事終了!!(追記あり)

2010-07-24 | マリライブレポ

今日は昨日に続いて『君と僕』ライブ。
こちらもおかげさまで大成功でした!!

暑い中たくさんの方にご来場頂きました。ありがとうございました。
2日間連続の梶原順さん、そして小田原政広さんに感謝。
PAの木村さんと鷲見牧師先生ならびに関係者の皆さんにも深く感謝です。
では、こちらも軽くライブレポしますね。

会場は日本福音ルーテル広島教会礼拝堂。
もちろんキリスト教の礼拝堂なんですが、いろんな音楽会も開かれます。
セプコンも過去2回はここで開催しました。
この場所で『君と僕』のライブが聴けるのは私にとっても大きな喜び。
ホントに楽しみに迎えた今日でした。

もともと今日のライブはお二人だけにお任せして私は裏方に徹するつもりだったんですが、「歌いますよね?」っていう小田原さんの言葉に乗せられて(笑)、日本でいちばん好きなギターデュオをバックに歌で参加することになりました。

セットリストは以下の通り。
1.Thank You
2.Memories
3.Smilling
4.Pollen Shower
5.Just The Way We Are
6.Still Love You
7.白いワイン(Peppermint Leaf)
8.赤いスイトピー
9.7月のエピローグ
10.烏骨鶏
11.Oblivion
11.いいんだよ
12.Quiet Times

【アンコール】
13.Arekara

基本的に順さんと小田原さんお二人のギターインストデュオですが、途中3曲だけ「君と僕とワタシ」という構成で歌わせてもらいました。
曲はPeppermint Leafでもおなじみ「白いワイン」、そして松田聖子の「赤いスイトピー」、3曲目は私の作詞・小田原さん作曲で「7月のエピローグ」。
この曲のできた経緯なども少し話させてもらいましたが、曲先の曲に詞をつけるのは亡きシンさんと作った「ため息とオムライス」以来。
なかなかステキな1曲に仕上がったと思います。

ルーテル広島教会礼拝堂は今までもいろんな音楽会が開かれてきたけど、
おそらくギターは初めてじゃないかな。
『君と僕』の演奏が素晴らしいのは言わずもがなですが、
この礼拝堂ならではの美しい響きに、皆さんにも大好評!!
順さんにもこのナチュラルリバーブはかなりお気に召していただけたみたいでした。
是非またこの場所でやって下さいね。

人生にはいろんな出会いと別れがある。
どんなに嬉しかったことも悲しかったことも、少しずつ少しずつ色や形を変えていく。
覚えておきたいいろんなことが心に増えすぎていっぱいになる時、私たちミュージシャンは言葉にできないそういう思いを、音楽という形で残す。
そういう音楽がまた聴く人の心のBGMになって、その人の思い出を彩ってくれたらと思います。

ライブ終了後は「にかいのおねぎや笹木」でささやかな打ち上げ。
ここはいつか機会があれば順さんにご紹介したいと思っていたとっておきのお店。
美味しいお刺身や丁寧に作られたお料理に舌鼓を打ちながらの、楽しい時間でした。
中でも、小田原さんの幸せそ~~な笑顔が見られて私はとっても嬉しかったデス♪

そんなわけで昨日今日と2日間のライブ、別名「順さんスペシャル2daysライブ」は大成功のうちに終了いたしました。
ご来場いただいた皆さまには深く感謝いたします。
またいつか機会があれば「君と僕」とワタシでお会いできるといいですね♪
そんな続編にもちょっぴり期待しつつ・・

最後に「7月のエピローグ」の歌詞をご紹介します。
ステキなギターサウンドと一緒に思い出していただけたら嬉しいです。


「7月のエピローグ」 三輪真理作詞/小田原政広作曲 

ハーブティーをカップに注いで 
洗いたてのTシャツを着れば
いつもの朝が始まる 
外は夏の日射し

お気に入りの音楽をかけて 
いつもの道自転車で走る
キラキラ光るアスファルト 
景色の隅に偶然あなた見つけた

Ah-止まる時間(とき)
Ah-世界中急に音が消える

終わったはずの恋が
胸の奥でチクリとする


白いシャツのあなたの肩越し
「おはよう」って私から声かけた
驚くあなたはにかむ笑顔
ダメだこれに弱い今も

Ah-できるなら
Ah-二人別れる前に返りたい

終わったはずの恋と
自分だけに言いきかせる


Ah-久しぶり・・
Ah-会いたかった君に僕もずっと

終わったはずの恋が
また始まる予感・・7月のエピローグ

コメント (2)

Peppermint Leaf feat. 梶原順ライブ無事終了!!(追記あり)

2010-07-23 | Peppermint Leaf ライブレポ

Peppermint Leaf feat.梶原順ライブ』無事に終了しました。
ご来場下さった皆さん、そして順さん、ありがとうございました。
PAの木村さん、LIVE Cafe Jiveの河村さんおよびスタッフの皆さん、お世話になりました。
そしてサトシくん、ユウヘイさんお疲れさま。
皆さんにありがとうございます。

ではお待ちかねのライブレポします。
J&B時代から大ファンの梶原順さんとの夢にまでみた共演。
自分的に「ウソでしょ!?」という時々沸き上がってくる気持ちを、もぐらたたきのように叩きつぶしながら、迎えた今日の日。

3時入りでリハ。
「おはようございま~す」とごく普通にご挨拶(この普通さにまずドキドキ)。
セッティングを終えてまずはPeppermint Leafの曲を2曲ほど合わせ、いよいよ順さんを迎えての初合わせです。この時点でおそらく緊張はピーク(笑)。
自称「緊張しい」のユウヘイさんも、新ドラム持参のサトシくんも、多分ドキドキしてましたよね?(笑)。

ということで、順さんを迎えてのリハがスタート。
な、なんと・・・、感動的に気持ちいい~~~。
「さすが!!」×10倍ぐらいすごい。
バッキングのリズムキープはもちろん途中のオブリも「なんでわかるんでしょ!?」っていう欲しいフレーズそのものです。
始終楽しく2時間のリハを終え、いよいよ本番です!!

セットリストは以下の通り。

1.天使の翔ぶ街
2.あなたに会うまで
3.溢れる想い
4.Long Long Vacation
5.ヒミツの国
6.哀しい夢

(休憩)

7.Quiet Times(梶原順)
8.You've Got A Friend(キャロルキング)
9.存在(梶原順)
10.EVER(梶原順)
11.なつかしい夏休み
12.music in my heart
13.街
14.ULALA~大地の歌

【アンコール】
15.Still Love You(梶原順)
16.Love and Love

まずは最初の3曲をPeppermint Leafだけで演奏。
4曲目でいよいよ順さんを迎えます。
『Long Long Vacation』は夏らしい曲で、ボサノバリズムのこの曲に順さんが入ってくれてすっご~~くキラキラした曲になりました。
続いての『ヒミツの国』、『哀しい夢』もギターの気持ちいいオブリやバッキングを加えてもらっていつもよりずっとカラフルになりました。
順さんの力を再認識です。

休憩をはさんでは、順さんリクエストの4曲。
つい2週間前に交通事故で命を落とされた大焼酎の大将の日山さんを思い出して、追悼の意味での曲を演奏しました。
1曲目は日山さんが亡くなった日に書かれたという『Quiet Times』。
曲と譜面が送られて来たのは昨夜のこと。
メロディのあまりの美しさと切なさに聴きながら泣きそうになりました。
本番では曲に集中してあまり感情を動かさないように気をつけたけど、順さんが曲紹介の時に話された話に感極まって、曲を聴きながら目頭が熱くなってる人も多かったようでした。
そして滅多に歌わない順さんの歌もの2曲。最後は『EVER』。
この曲は実は私から「やってみたいです」とリクエストしたんですけど、サラッと聴いてるとわからない落とし穴がいっぱい(笑)。聴いてる時とはチガウ気の抜けない1曲でした。
ちなみに何日か前の日記に書いた「決めのリズム」はこの曲のことです。
幸いバッチリ決めも決まって、なんとか順さんコーナーを終了。

あとの後半は一気に楽しく演奏させてもらいました。music in my heartでは客席の皆さんに歌っていただいたり・・あっという間の2時間半でした。

ライブには沢山の方にご来場いただき、皆さんにはホントに喜んでいただけました。
特に私の曲を昔から知ってるみなさんには、順さんの存在感がより一層伝わったみたいで。
当たり前ですけど、順さんのギターやっぱりイイです。
ホントに貴重な経験をさせてもらいました。
嬉しく楽しい時間でした。
感謝感謝です。

打ち上げもあっという間に午前さま。
楽しい時間ってどうしてこんなに早く過ぎるんでしょう・・

そしてライブは2日目『君と僕』に続きます。

コメント

***これからの主なライブ情報***




JabBee「風の歌」リリースツアー
日時:2018年10月6日(土)18:30 open/19:00 start)
出演:吉永政巳(From 東京)  JabBee(From 東京)  Peppermint Leaf(Duo)
場所:Otis!(広島市広島市中区中区加古町1−20 tel 082-249-3885)
料金:2500円(1ドリンクオーダー)