オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

映画『シーモアさんと大人のための人生入門』(ネタバレあり)

2016-10-25 | おすすめ映画

今日は思い切って朝から映画を観に行きました。
『シーモアさんと大人のための人生入門』。
公開前からずっと観たいと思っていた映画です。


人生の折り返し地点――アーティストとして、一人の人間として行き詰まりを感じていたイーサン・ホークは、ある夕食会で当時84歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインと出会う。たちまち安心感に包まれ、シーモアと彼のピアノに魅了されたイーサンは、彼のドキュメンタリー映画を撮ろうと決める。シーモアは、50歳でコンサート・ピアニストとしての活動に終止符を打ち、以後の人生を「教える」ことに捧げてきた。ピアニストとしての成功、朝鮮戦争従軍中のつらい記憶、そして、演奏会にまつわる不安や恐怖の思い出。決して平坦ではなかった人生を、シーモアは美しいピアノの調べとともに語る。彼のあたたかく繊細な言葉は、すべてを包み込むように、私たちの心を豊かな場所へと導いてくれる。(公式サイトより)


とっても素晴らしい映画でした。
何度も感動で涙が溢れました。


少し感想を書いてみたいと思います。
ここからはネタバレありです。


舞台恐怖症に陥っていることを誰にも打ち明けられなかった俳優イーサン・ホーク。シーモアさんと出会った時にその暖かい眼差しについ自分の悩みを打ち明けることに。長年解決しなかった彼の悩みがその1回の出会いで解決することになった、その出来事を通じて、シーモアさんを紹介するドキュメンタリー映画を撮ろうと決めたとか。


57年間ワンルームのアパートで暮らすシーモアさん。
シンプルでそして幸せに満ちたその生き方は何によってもたらされるのか。


映画は彼のレッスン風景に始まり、教え子たちとの会話、朝鮮戦争に出兵した時の回想シーン、公開レッスン、映画のためのプライベート・コンサートの模様などいろんなシーンから断片的に構成されます。

  

何のために生きるべきか?
物質的な豊かさや名声を追い求めることで得られない幸福とは何か?
と、問いかけるイーサンにシーモアさんは答えます。


「音楽家としての自分と普段の自分を深いレベルで一致させることができると、やがて音楽と人生は相互に作用し、果てしない充足感に満たされる。」


「人格の本質は、その人が持つ才能を通じて現れてくるものだと私は思っている。自分の才能や情熱を傾けられるものに対し、献身的になることができると、究極の報酬が得られるということを、人々に知ってほしい。感情と思考を一体化させ、さらに楽器奏者や俳優やダンサーにとっては、肉体までも一体化させると、普段の人格ともう一つの人格を統合したり、調和させたりすることは可能だと知ってほしい。」
(パンフレット「インタビュー」より)


自分が情熱を傾けるものに献身的になること。
音楽なら音楽、ダンスならダンス、ビジネスならビジネス、そのものに深く深く入り込むことで出会う究極の自分、ある意味で「狂気の自分」と「日常の自分」は調和させることができるというシーモアさんのメッセージは、何かを深くやり遂げたことがある人ならきっとわかる言葉。


映画を観ながら、改めて自分の音楽を献身的に追い求める生き方を追求したくなりました。
ピアノももっと練習しよう。



全編にわたり登場する数々のピアニストの演奏シーン、グレン・グールドの演奏シーン、ラストを飾るシーモアさんの35年ぶりの映画のための演奏会シーン、そして中でもシーモアさんの師匠クリフォード・カーゾンの演奏シーンは美しすぎて圧巻です。


この映画はすべてのピアニスト、芸術家、そして「本当の幸福とは?」と問いかけるすべての人に観ていただきたい映画です。


夢にも思っていなかった
━━この二つの手で
青空さえつかめるとは。
(by シーモア・バーンスタイン) 




予告動画です。
 
 

 
 
 

コメント

しらいしりょうこLive Tour 2016「心恋〜URAGOI」@広島Live Juke

2016-10-21 | Peppermint Leaf ライブレポ

今日は久々のPeppermint Leafのライブ。
しらいしりょうこさんのツアーライブに2マンライブという形で出演させてもらいました。
ご来場くださった皆さんに心から感謝です。
ライブレポさせていただきますね。


まずファーストステージは我々Peppermint Leaf。



Peppermint Leafは三輪真理(Vo&Pf)、石井聡至(Cho&Dr)、岩藤洋(Cho&Ba)のトリオ。
セットリストは以下の通り。


1.天使の翔ぶ街
2.月の舞踏会
3.媚薬
4.おかえり
5.ヒミツの国 
6.月の優しいこんな夜
7.君に出会えて


今回からメンバーチェンジのPeppermint Leaf。

    

サポートベーシストにヒロシくんんを迎えてトリオスタイルでは初ステージ。
途中ギターの小田原さんにちょっとサポートもしていただきました。

  

MCでは相変わらず鋭いツッコミのサトシくんと年齢の割に落ち着いているヒロシくん、サトシくんにツッコまれまくる私でした。こんなトリオですがこれからもどうぞよろしくお願いします。


そしてセカンドステージはメインのしらいしりょうこさん。
しらいしさんはデビュ−11年目。
5年前からずっと年に1回のツアーを続けられているそうですが、広島では1回目からサポートされている小田原政広さん(Gt)、前田順三さん(Ba)、折田新さん(Dr)、が参加されてのステージでした。
息の合った演奏がとっても素敵でした。


大の大相撲ファンのしらいしさん。
アンコール1曲目では「八十ニ手」という大相撲の決まり手が歌詞になった歌も披露(笑)。
「私の彼は左四つ」という歌もあるそうです(笑)。


アンコールの2曲目は私もご一緒してしらいしさんのオリジナル曲「笑まひ」を。
しらいしさんと並んで久しぶりにハンドマイクで。
昨年の白鶴山とのコラボレーション以来のハンドマイクでのボーカル。
このスタイルにも最近やっと慣れてきたかも。


ライブ終了後は全員での記念写真。



ご来場くださった皆さま、Jukeの皆さまどうもありがとうございました。
しらいしさんは明日から四国へ。そしてファイナルは東京でのライブということでした。



Peppermint Leafは引き続きレコーディングです。



主に私の仕事が満載。
最後まで頑張ります。
最後の最後におまけの写真。

 

広島のナイスガイ3人衆です(笑)。
これからもどうぞよろしくお願いします。
 
 

コメント

やつしろ全国花火競技大会

2016-10-15 | マリライブレポ

今日は私の故郷八代市で毎年開かれる『やつしろ全国花火競技大会』の物産展ステージで歌わせていただきました。
全国花火競技大会は今年で29回目。
全国の花火師さんたちがその年の自信作を競う文字どおり「競技大会」です。


それはそれはすごいイベントだと以前から聞いてたんですが、今年は縁あって大会の物産展に特設されたステージでミニライブをすることに。
短い時間でしたがスペシャルな機会をいただきました。


お届けした曲は、
1.故郷
2.おかえり
3.天使の翔ぶ街



バンドではなく一人きりの弾き語りステージ。
ピアノは3年前に亡くなった甥っ子が愛用していたKORGのエレピ。
そのピアノを弾きながら故郷の空に向かって歌う気持ちはまるで夢のよう。
ミュージシャンを夢見て日々練習を頑張っていた甥っ子との共演が叶ったような気分でした。


お昼のステージが終わってからの時間は物産展でちくわやお弁当を買ったり、生くまモンに興奮したり、とまピンと母と一緒に記念撮影をしたり、、、楽しく過ごし、いよいよ夜の花火大会。

 

ドーンという音と音楽とともに空一面に広がるオープニング花火にいきなりテンションマックスに。
空から火の粉が降ってくるんじゃないかと思うほどの明るさには思わず笑いがこみ上げてくるほど。
特に恒例のミュージック花火(スターマイン)は圧巻で、自分の視界の全部が花火でいっぱいになるのは生まれて初めての経験でした(写真は後ほど)。


ところが大会の始まる頃からポツリポツリと降り出した雨が結構本格的になってきて、そのまま止む気配もなく降り続けたので、雨対策をしてなかった私たちは第2部の前にやむなく途中退散。
後半は帰りの車の中から観賞しました。


それでも遠く離れた故郷で季節外れの花火大会を観賞するなんてなかなかできそうでできない経験。
ちょうど娘の学校も秋休みで一緒に帰れたので家族で幸せな時間でした。


バンドを始めたての頃作った「故郷」という歌。
お盆とお正月以外の季節にも故郷の景色を見たいなあと思って歌詞に綴った「季節が移るたび何度も訪ねよう」という言葉がじんわり心に広がりました。
幸せな時間をありがとうございました。
素敵な機会を作ってくれた妹と関係者の皆さんに心から感謝です。


「季節が移るたび 
 何度も訪ねよう
 どんなに遠くても 
 どんなに離れても

 知る人がもういなくても
 故郷はここだから

 優しい時間(とき)が待っている
 故郷はここだから」

(Peppermint Leaf「故郷」作詞・作曲三輪真理)

 
 

コメント

バンドの楽しさ

2016-10-13 | バンド関連

今日はロス・チフラードスとPeppermint Leafのリハのはしご。
そんなわけで真夜中過ぎまで5時間のリハでした。


もちろんずっと演奏してたり歌ってたりしてるわけじゃないけど、それくらいやってるとナチュラルハイになってくる。


いい大人がティーンエイジャーのようにちょっとしたことで笑ってしまう状態。
まさに「マリさんがスティックを転がしても笑う状態」(サトシくん談)です。


こういう時ってミュージシャンって心から幸せだと思う。練習しすぎで爪が割れても歌いすぎで喉が枯れてもそれが幸せだと思える。私の人生に音楽があって本当に本当に良かったです。


もちろんこういう生き方を選ぶまでには紆余曲折あった。自分にとって何が本当の幸せかわからない時期も。


でも世間一般ではなく自分が心から幸せだと思えることを選択する。
そこを間違わなくて良かったと今は思います。


まあ突き詰めて言えば「これでいいのだ」なのです。
あなたがそれでよければね。





 金で買えるものは 銀色のもの
 守り続けてるのは 金のこころ
 海を渡る風にふくらむ かけぶとん
 見知らぬ国にひらかれた ふすまたち

 これでいいのだ

 バカボンのママ バカボンのパパ
 たかめられた しあわせ
 バカボンにパパ 私にもママ
 つよめられた 約束

(矢野顕子「BAKABON」より)



やつしろ全国花火大会(ライブステージ)
日時:2016年10月15日(土)
   出演時間は13:45〜に決定しました。

場所:観覧席横の大物産展の特設ステージ
URL http://hanabi.gorotto.com
観覧無料





しらいしりょうこLive Tour 2016「心恋〜URAGOI」
日時:2016年10月21日(金)19:30〜
出演:しらいしりょうこ(Vo&Pf)
  w/小田原政広(Gt)、前田順三(Ba)、折田新(Dr)
  and Peppermint Leaf
場所:Live Juke(広島市中区中町8-18 クリスタルプラザ19F 
    Tel 082-249-1930)
料金:3300円(前売り)/3800円(当日)
 



 

コメント

映画『君の名は。』(ネタバレあり)

2016-10-04 | おすすめ映画

観てきました。
話題の映画『君の名は。』。
10代、20代が大感動、みたいな様子だったのでこれは観てみようかと思い立ち。
感想は、、うむ、なるほど。という感じ。
ここからはネタバレあります。


千年ぶりとなる彗星の来訪を一ヶ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!」
そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった東京での生活を思い切り満喫する三葉。
一方東京で暮らす、男子高校生瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。
繰り返される不思議な夢。そして明らかに抜け落ちている、時間と記憶。そして二人は気付く。
「私/俺たち、入れ替わってる!?」


以上、公式サイトより転載。


映画「転校生」や「秘密」、など、入れ替わりを扱った物語はあるけど、この「君の名は。」の面白さはそこにタイムスリップが絡んでいるところ。ある意味映画「バックトゥーザフューチャー」や「ターミネーター2」「時をかける少女」的なのです。


「出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が今動き出す」
というキャッチコピーの真の意味。


それは入れ替わっている二人の時間軸に3年というギャップが存在しているということ。つまり入れ替わっている17歳同士の二人は違う時間軸に生きていたということ。
そこがわかった時「へえ〜〜」ってなってくるわけです。


実際に存在する東京と、想像上の糸守町。
口神酒という風習、巫女に代々伝わる夢のお告げ、隕石落下により消えた町。そこで死んでしまった三葉と3年後の瀧がなぜか出会う。
ノンフィクションとフィクションが上手に混じって、観てる私たちをトリップさせてくれる。


これが実写版のハリウッド映画ならあんまり新しくはなかったかもしれないけど、これがアニメということで意外にリアル感を増すというか意外にすんなり入り込めるんですね。


好きなシーンは違う時間軸に生きる三葉と瀧が宮水家の御神体のある山の尾根で黄昏時に出会うシーン。
「たそがれ=誰そ彼」の時間は、時間軸が曖昧になるという設定。
時空を超えて出会った二人が過去と現在を書き換える。


人生ってある意味「パラレル・ワールド」。
今生きてる人生と別の時間軸がもしかしたらあるかもしれないって誰もが一度は思うこと。違う時間軸にもし生きられたら、あなたは誰と出会い何を選ぶんだろう。


人生って決まってるようで実は決まってない。
今日選ぶことを自分が変えれば明日はガラッと変わってしまう。
そんな真実に誰もがそろそろ目醒めてもいい頃かもですね。


「君の前前前世から僕は 
 君を探しはじめたよ
 そのぶきっちょな笑い方をめがけて
 やってきたんだよ」

(RADWINPS「前前前世」より)
 

 こちらのサイドストーリーも面白そうです。

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
田中 将賀,朝日川 日和,「君の名は。」製作委員会,新海 誠
KADOKAWA/角川書店

  

君の名は。(通常盤)
Universal Music =music=
Universal Music =music=


 

小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA / メディアファクトリー

 

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
新海 誠,東宝,コミックス・ウェーブ・フィルム,角川書店
KADOKAWA/角川書店

 

【映画パンフレット】 君の名は。
君の名は
君の名は



コメント   トラックバック (1)

レコーディング進行中

2016-10-03 | バンド関連

季節はもうすっかり秋ですね。
Peppermint Leafの2nd アルバムのレコーディングも順調に進行中です。
企画スタートは昨年の夏!!(笑)
およそ1年がかりのアルバム制作になってしまいました。だけどいいアルバムになりそうなので楽しみにしていてくださいね。 


収録曲、結構「濃厚な」アルバムです。
いろんな意味で。
完成までもうひと頑張り。やりますよー。


気がつくとPeppermint Leafももう結成8年目。
結成当初はそんなに長く続くバンドになるとは思わなかったです。
でも自分の音楽活動の中心にこのバンドがあって良かったと今は思うことばかり。つくづく感謝ですね。


私がバンドに求めることは一言「向上心」。
これに尽きると思います。


それが自分自身の首を絞めることもあるけれど(笑)
高い所を目指して音楽をやっていかないときっと自分が楽しくないんですよね。
多分これが私にとってのスタンダード。
これからもこの路線でいきたいと思います。


Peppermint Leafをこれからもよろしくお願いします。
次のライブはもちろんアルバムに収録の曲を中心にお届けします。
どうぞお楽しみに。



やつしろ全国花火大会(ライブステージ14:00〜)
日時:2016年10月15日(土)
場所:球磨川河川敷特設ステージ
URL http://hanabi.gorotto.com




しらいしりょうこLive Tour 2016「心恋〜URAGOI」
日時:2016年10月21日(金)19:30〜
出演:しらいしりょうこ(Vo&Pf)
  w/小田原政広(Gt)、前田順三(Ba)、折田新(Dr)
  and Peppermint Leaf
場所:Live Juke(広島市中区中町8-18 クリスタルプラザ19F 
    Tel 082-249-1930)
料金:3300円(前売り)/3800円(当日)


 

コメント

広島セプコン2016@宮浜温泉&ココルーシLIVE

2016-10-02 | ライブ・コンサート

今日は廿日市在住の花見堂さんと船倉さんの主催で広島セプコン2016@宮浜温泉でした。
今年の広島セプコンは5会場。本日が最終日でした。
今年は多忙と風邪で自分が出演したJiveセプコン以外は観に行けなかったけど、今日はやっと行けました。
いつもながら主催のお二人、頑張ってくだいました。


出演は、
宮島工業高校の2年生バンドの「ダッチシュガー」
そして「ハラーズ」
主催の2人による「フナムシ」
最後は「1969」の4組。
  

 

告知があまりされてなくて観覧者が少なかったのがちょっと残念でしたが、どのバンドさんもしっかりパフォーマンスされて、それぞれが「平和」について語ってくださったりして、なんだかいい時間でした。
お天気にも恵まれとっても気持ちよかったですね。
ご出演の皆さんお疲れさまでした。


夜はKOKOLUCI(ココルーシ)のライブを観にLIVE Cafe Jiveへ。
ココルーシはPeppermint Leafのドラムのサトシくんとボーカリストのシドちゃんがリーダーのバンドで、洋楽のカバーなどカッコよく聞かせてくれるバンドです。メンバーは紫藤博子(Vo)、砂原智也(Vo&Gt)、ひとみターナー(Key)、岩藤洋(Ba)、石井聡至(Dr)。


なんとライブは2年ぶりだったそうですが大盛況でした。
個人的にはバーシアとかやってくれてとってもゴキゲンでした。
いつも思うけどひとみさんのキーボードとコーラスワークは圧巻ですね。
ゲストの「Squeese Jam」さんの演奏もパワフルでステキでした。

  

私も広島でのバンド歴短くはないんですがまだまだ知らないバンドさんいますね。
プロ活動している方、プロを目指す方、アマチュアだけどプロ顔負けの演奏をする方、音楽は趣味と割り切って余暇の有効活用のために音楽をやっている方。


音楽に対する思い。
それは人それぞれ。
どんな理由で音楽に取り組むのであれ音楽はそれ自体価値のあるもの。
そんな中で私は何を考え何のために音楽をやるのか、
自分の発信したいものをしっかりと発信していこうと思っています。


「今日も生きててよかった」
一人でもそう思ってくれる人がいるように。
私はそんな音楽を届けていきたいです。


今月のライブの予定です。
よろしくお願いします。



やつしろ全国花火大会(ライブステージ14:00〜)
日時:2016年10月15日(土)
場所:球磨川河川敷特設ステージ
URL http://hanabi.gorotto.com




しらいしりょうこLive Tour 2016「心恋〜URAGOI」
日時:2016年10月21日(金)19:30〜
出演:しらいしりょうこ(Vo&Pf)
  w/小田原政広(Gt)、前田順三(Ba)、折田新(Dr)
  and Peppermint Leaf
場所:Live Juke(広島市中区中町8-18 クリスタルプラザ19F 
    Tel 082-249-1930)
料金:3300円(前売り)/3800円(当日)

コメント