オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

『夢を創り、夢を叶える。』渡邉美樹さん講演会 in 広島

2011-09-30 | 講演会

この日の日記に書いた講演会に行きました。
超特大の感動でした。
人生変わる日だったなと実感。少しだけレポします(自分のメモ代わりも兼ねて)。

この講演は日創研経営研究会の主催の特別講演会。
会場のフェニックスホールは満席。
この講演会にいかに期待している人が多いかがわかりました。
いろんな年齢層、若い人から年配の人も女性も男性もいました。

講演は渡邉さんのこれまでの生き方を振り返って、どうやって自分が夢を叶えてきたのかをお話しされました。

夢を叶えるために大事なことは5つ。

1.どうしてもやりたいと心の底から思うことを夢にすること。
2.夢に日付を付けること。
   ①とにかく1歩を踏み出す
   ②死ぬほど勉強する
   ③毎日計画を書き換える
3.毎日イメージすること。
4.何があっても決してあきらめないこと。
5.運が味方してくれるような生き方をすること。

22才の時に「24才の4月に社長になる」と決めて、半年間の経理の勉強の後、1年間で資本金300万円貯めるため(月に25万の貯金)、佐川急便に務めて毎日20時間~22時間の激務をこなされたという実際の話。赤信号の度に寝たと言う話とか、荷物を配達中に過労で倒れて点滴を受けて翌日仕事に行った話とか、辞表を胸ポケットに入れて「今日でやめよう」と思い続けながらも1年間仕事をしたとか、ホントにすごいとしか言いようがありません。
詳しくはこちらにもまとめられています。

印象的だったのは、ワタミグループの飲食の仕事も介護も有機農業もカンボジアやネパールに学校を作ることも、全て「させていただいている」と徹底して話されること。
そこには全ての人に対してのリスペクトがありました。

渡邉さんは今年の都知事選に立候補されましたが、その理由がまた、日本で暮らす一番弱い人のことを思ってのことだったということがわかり、それもまた感動。
17日間の選挙活動の後、惜しくも落選が決まった3日後には、被災地に向かうトラックに乗っておられました。
被災地の復興支援活動の様子もDVDで紹介されました。
特にあの、町ごと津波に飲み込まれてしまった陸前高田市の復興参与の任に着かれてからの渡邉さんの一連の活動の様子が紹介されたDVDを観た後は、会場は感動の涙につつまれました。

ワタミグループが目指すのは、
「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループ」
「100年続く企業」
そこにあるのは徹底した奉仕の精神。
渡邉さんの言葉を借りれば、”お世話させていただいている”お年寄りのため、”お預かりしている”カンボジアの子供たちのため、ワタミをつぶしてはいけない、という理由です。
最後に深々と頭を下げて長いお辞儀をされましたが、その姿からは「感謝」しか感じられませんでしたね。

純粋な夢を持って会社を起こしたり政治家になったりしたのに、だんだんとお金や利権の欲にまみれてドス黒くなっていく大人が多い中、渡邉さんのように一番弱い人の立場に立って自ら働く企業の社長(会長)がこの日本にいてくれて良かったと本当に思いました。

日本も捨てたもんじゃない!!

渡邉さんを陸前高田市の復興参与に迎えた戸羽太市長(46歳)は、この津波で奥さんと子供さんを亡くされたのだそうです。そんな境遇でも町の復興のために、人々の普通の暮らしを取り戻すために、真剣に復興プランを練って、渡邉さんに助けを乞われたのだそうです。

人生を真剣に生きている人がいる。
その誠実さや真剣さに突き動かされて人は集う。
私もまた自分の人生を真剣に頑張ろうと改めて思えました。

渡邉さんの真剣な生き方と考え方に触れたい人は、渡邉美樹.net を見てみて下さいね。

コメント

カフェライブ

2011-09-24 | マリライブレポ

秋ですね~~~。
我が家の近所の田んぼもすっかり稲穂が黄金に実って、収穫を待ってます。

今日はセイウのmassさんの関係のとある会の主催でカフェライブに出演してきました。
会場は本通り近くにあるBar Swallowtail、オシャレなカフェです。

会員の交流会を兼ねたお食事会でのライブで、出演はセイウのお二人と私の2組。
私は今夜は弾き語りソロで演奏させていただきました。

セットリストは、
1.風(ピアノインストゥルメンタル)
2.故郷
3.Last Summer Night
4.サイレントシネマ
5.やさしい朝(新曲)
6.Top Of The World(カーペンターズ)

普段のライブではなかなかやることのないカバー曲もソロということでやってみました。
こういうライブも楽しいですね。
初めてお会いする方ばかりでしたけど、いい顔でライブを楽しんで下さって嬉しかったです。

ライブの後はお食事とお酒を堪能したんですが、緊張が解けてジントニックを立て続けに3杯飲んだら、ものすごい酔っぱらいました。
今回お話しした皆さま、もし私が変なこと口走ってたら許して下さいませ・・。

ということで、massさん、Akiちゃんステキな機会をありがとうございました。
またご一緒しましょうね~♪


コメント (2)

映画『コクリコ坂から』(ネタバレあり)

2011-09-22 | おすすめ映画

映画『コクリコ坂から』を観ました。
スタジオジブリ。宮崎吾朗監督映画。
もともとあんまり観るつもりはなかったんだけど、ブルータスのムック本、

BRUTUS特別編集 スタジオジブリ (マガジンハウスムック)
マガジンハウス
マガジンハウス

を買って読んでたら、なんだか無性に観たくなってしまったのでした。

観た感想は、良かったなあーーーという感じ。
設定は昭和30年代の古き良き時代。
主人公は高校2年生の松崎海(通称メル)。
お父さんは船の船長だったんだけど朝鮮戦争で船が沈んで帰らぬ人に。
研究者として研究を続けるお母さんと家族の生活を支えるために、おばあちゃんの家で下宿を営んでいる。
そんなメルと1学年上の高校3年生の風間俊との出会い。
『カルチェラタン』と呼ばれる、文化部の部室がひしめきあう建物の取り壊し決定をくつがえそうと動いてる俊たち。そしてメルと俊との淡い恋。
ところが二人には出生に関わる大きな秘密が・・。

ここからはネタバレです(注意)。

二人はある日、お父さんが同じ、つまり兄妹だったということがわかるわけです。
この辺まで観た時に「やばいぞ、よくある韓ドラとか昼メロっぽいぞ」とガックリきそうに・・・なったんだけど、その後の展開がさすがジブリ。
ただの昼メロでは終わらせません(笑)。

戸籍上は兄妹の二人だけれど、俊の実の父は別の人。
俊の父親とメルの父親は親友だったのだけど、俊の父は戦争で、母も俊を生むと同時に死に、親戚はみんな「ピカドン」でやられ、俊は生まれたばかりで天涯孤独の身になってしまったという。
その俊を、メルの父親が無理矢理自分の戸籍に入れてしまったのだということがわかるという流れ。
全ての真実がわかり、メルと俊は何のわだかまりもなくそのまま愛を育んでいく・・という未来を感じさせて映画は終幕。
めでたしめでたし、という終わり方でした。

兄妹という事実がわかってからのメルの心理描写が良かったですね。
一晩だけ泣いて気持ちを整理して、その上で「たとえ兄弟でもずっと好き」って俊に告白をするシーンにはちょっとジーンときました。
「好きだ」って気持ちって、どんな事情があってもすぐになんとかできるものじゃないもの。
たとえ報われなくても好きな気持ちは変えられない。
そういう恋する女の子の独特の気持ちを丁寧に描いてくれていて嬉しかったです。

「ピカドン」って言葉にドキッとしたのはやっぱり広島人だからかな。
個人的には、生徒会長の水沼史郎の二枚目ぶりに圧倒されてしまいました。
でも俊くんの真っ直ぐな性格はやっぱり女の子なら誰でも惚れます。
ジブリ映画の男の子たちは、みんなカッコいいよね!!

声の出演は長澤まさみと岡田准一。
ちょっと抑えた感じがなかなか良かったですね。
サントラも今までの久石サウンドのサントラじゃなく、武部聡志作曲の歌詞付きの歌がたくさん使われてるところとか実験的で面白かった。ジブリっていつも挑戦してますね。

私の夢はいつかジブリの音楽に私の曲を使ってもらうこと。
私の曲を使うとなると、挑戦というよりむしろ冒険という感じかもしれないけどね(笑)。
宮崎監督にこれからもエネルギーを発信し続けようと思います。
ジブリ関係者のみなさん、ぜひどうぞよろしく!!


コメント

セプコン全日無事終了~

2011-09-17 | 広島セプコン(2007〜2018)

今日はセプコン広島の最終日でフジグラン岩国へ行きました。
今日は出演はなかったので、お手伝いとライブ観戦が目的。

体調不良で出れなかった出演者の方もおられましたが、代わりに会場主催の花見堂さん&船倉さんのお二人がステージを埋めてくれたり、出演者の方同志の協力もあって、ライブは無事終わりました。
会場を提供して下さったフジグラン岩国さんは、会場設営やお楽しみ抽選会までセットして下さり、セプコンを盛り上げて下さいました。


(このようなステージが出来てました)

おかげで、通すがりに見て下さった人も含めれば、のべ90名近くの方がセプコンを見て下さいました。
ご出演の皆さま大変お疲れさまでした。
そして会場主催をして下さった船倉さん、花見堂さん、PAを引き受けて下さったトミーさん、司会の並木ちゃん、そしてakiちゃんmassさんのセイウのお二人、会場のフジグランの担当者の方、本当に感謝です。お疲れさまでした。

セプコンの輪は、もうきっかけを作った私の手なんてきっちり離れて、どんどん広がって行ってる感じです。表現や感じ方は少しずつ違っていても、関わって下さる一人一人がセプコンをきっかけに「平和」について考えて下さってるのがわかってすごく嬉しいです。
来年はもっと多くの方が何かの形でセプコンに参加して下さったらいいなと思っています。

ライブレポはまたセプテンバーコンサート広島の公式ブログの方にアップしますので、そちらを読んでね。


コメント

遅ればせながら・・セプコンレポ。

2011-09-15 | 広島セプコン(2007〜2018)

忙しさもようやく一段落し、2日間4開催分のセプコンレポをUPし終わりました。
セプテンバーコンサート広島 公式ブログをゆっくりご覧下さいね。
あーーーーん、疲れたよぉ・・。

気を取り直して。
セプコン全体のレポもだけど、肝心の自分のライブレポもしておかなくちゃね。

私個人は今年は2会場、9月10日(土)の呉の花clubと9月11日(日)のLIVE Cafe Jiveに出演したのでした。
花clubの方は、ボーカリストのジョセフこと石田賢治くんの所謂シンガーソングライターとしての初ライブのサポートでした。写真も載せちゃうね。


セットリストは以下の通り。

1.アジサイ(石田賢治)
2.パラレル(秦基博カバー)
3.きっとあなたを(マリ)
4.GOD BLESS YOU(石田賢治)
5.風と唄う(石田賢治)

ジョセフは「もうすっかり(演奏は)マリさんに任せきりで、オレどうやってギター弾いたか覚えてないです」と本番中は頭が真っ白だったそうですが、肝心の歌と思いはばっちり届いてたと思うのでライブの出来はまずまずだったんじゃないかと(笑)。
『風と唄う』ではSouth Side Brothersのドラマーのてっちゃんにリズムをサポートしてもらったので余計に楽しく出来ました。


(てっちゃんサポートありがとうね)

 
(ノリノリで手拍子してる私)

他の人の曲をサポートすることは本当に久しぶりなんだけど、自分の手癖と違うコード進行があったり、予想外のキメがあったりして結構大変です。
こういう時、バンドメンバーのサトシくんやユウヘイさんや、サポートに入ってくれる小田原さんとかっていつもこんな感じなんだなってやっとわかるっていうか、あらためて感謝だなあって思うんですよね。ホントいつもすみません。

ジョセフのオリジナルユニットはこれからどんな形にしていくかまだ発展段階なんですが、ちょっと面白いことも考えてるのでそのうちお知らせできると思います。

そして2日目のJiveの方はメインバンド、Peppermint Leafとしての出演。


(写真提供:Shibaさんありがとうございます)

セットリストは以下の通り。

1.小さなメロディ
2.Last Summer Night
3.サンサーラ(輪廻)
4.君に出会えて
5.心の手を繋ごう

今回のテーマは愛と許しと輪廻と出会いと世界平和(←めっちゃ道徳的!(笑))。
ユウヘイさんによれば、最初3曲で「コイツらヤバくね?」と思わせて、残りの2曲で静かに終わるという流れでした(笑)。いかがだったでしょうかね?

今回Jiveのセプコンに小田原さんが因幡さんと出演されることになったので、Peppermint Leafにもサポート出演をお願いしちゃいました。

(エレキを弾く小田原さん)

小田原さん、そのためにアコギだけでなくエレキも持ってきて下さって、どうもすみませんでした。
でもそのおかげで一層いいライブを届けることができました。
あらためてありがとうございました。

しかし、3番目の出演でいきなりのバンドサウンド。
音でかっ!!って思われた方もおられたと思いますね。
でもPeppermint Leafはいつもパワー全開で行くことになってるので、これからもずっとこの感じでいくと思います。
心の思いが大きくなると音も大きくなるので、そこはご勘弁下さいね(笑)。

そんなわけで・・

2日間の自分の出演したライブを自分でレポしてみました。
その出来映えはともかくとして、私はやっぱりこのセプコンに参加し続けられていることを意味のあることだなとつくづく思うのです。この特別な日に、音楽という形でメッセージするチャンスを与えてもらえていることにやっぱり感謝したいです。

911も311も、真相がわかってくると、なんだそんなことのために・・っていう許し難い出来事。
そのために失われた多くのいのちや悲しみを思うと言葉はありませんが、生きていくそのものや日々感じたり思ったりすることそれ自体が祈りだとすれば、私はやっぱり強く明るく前を向いて、未来に向けて愛をメッセージし続けたいと思うのです。
何故って、それが本来の人間の姿だと思うから・・。

「人はもともと憎むために生まれたのじゃなく
 愛し合うためにこの世界にきたのだから」
(Peppermint Leaf『春雷』より)

コメント

セプコン広島2011、1日目、2日目大成功!!

2011-09-12 | 広島セプコン(2007〜2018)

セプテンバーコンサート in 広島(セプコン広島)2011、1日目、2日目が無事に終了しました。
ご来場下さった皆さま、ご出演下さったアーティストの皆さま、そして会場を提供してくださったピザトーマス、Ry's Bar 花club、大野市民体育館、LIVE Cafe Jiveの皆さま、そして司会やボランティアスタッフを引き受けてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。
それぞれの場所で、出演者もお客さまも共に平和について何か考えたり感じたりできたのではないかと、改めて思います。

ライブレポは、セプテンバーコンサート広島 公式ブログの方に、写真とともにUPしますので、どうぞお楽しみに。

セプコン広島スタートから5年。
私の個人的な感想は、皆さんに「セプコンを広島でスタートした人」とかって持ち上げられて恐縮しまくりです。
セプコン広島開催時から一緒にやってきているakiちゃんを始め、出演や司会やお手伝いをして下さる方や、会場を提供してくださるライブハウスや施設関係者の方々、個人的なわがままを聞いてくれるバンドメンバーや家族がいてくれるおかげで、ようやくこのイベントが継続できています。
こういう場を借りて何ですが、皆さんに改めて心から感謝の言葉を述べさせてください。
「本当にありがとうございます。」

そしてお忙しい中を都合をつけてライブ会場に足を運んでくださった方々や、セプコンを通じてご縁が出来た皆さんお一人お一人にも、心から感謝します。
「大変ですね」とか「がんばって」というねぎらいや励ましの言葉をいただくたびに、胸が一杯になります。

手作り感が満載で、イベントとして未熟なことだらけなセプコンなのに、毎年こんなにも素晴らしいライブが開催できるのは、本当にここに関わってくださる全ての皆さんのおかげです。
言葉にしきれないほどの感謝を込めて、これからも末永くセプコン広島を続けていけたらと思っています。
いつか本当の平和がこの世界に実現できる日まで・・。

セプコン広島2011、最終日は17日(土)に岩国フジグランで開催します。
ぜひ少し足を伸ばして、岩国フジグランにお越し下さい。


コメント

今週末はセプテンバーコンサート!!

2011-09-06 | 広島セプコン(2007〜2018)

さて、東京から帰ったら次はセプテンバーコンサートin 広島(セプコン)の準備です。
どの会場も着々と整ってきていますよ。

ライブは全て無料!!(飲食は別です)
どうぞお近くの会場で、或は思いきって足を伸ばして、ライブをお楽しみ下さい。
セプコン実行委員のakiちゃんが全会場のタイムテーブルを作ってくれました。
なんだかウキウキしてきますね。
そんなわけで全部紹介です!!(注:出演時間は変更の可能性があります)


☆9/10 Mrトーマス
11:00 セプコンスタート
11:10 Sweet・・・二胡の演奏
11:40 虫博士・・・不思議デュオ
12:10 ABC・・・深い歌声のボーカルとダンディーなギタリストのDuo

12:40 Flower Seads・・・ママさんコーラスグループ童謡アニメポップスゴスペルまで!!
13:10 エミリー・・・ジャズに夢中な素敵女子、最近は弾き語りに挑戦してます
13:40 Taka・・・弾き語りです

14:10 太陽・・・弾き語りのデュオ。オリジナ多数あり。楽しいです

14:40 イカリズム・・・アフリカの民族楽器アサラトとギターのコラボ
15:10 終了予定


☆9/10呉 Ry’s BAR 花CLUB
17:20 セプコンスタート
17:30 Innocent Beans・・・70年代フォークからギターインストまでをアコースティックで
18:05 M&J・・・迫力のあるルックスとボーカルが魅力です
18:40 Southside Brothers・・・ブルースロックを自分たち流でカバー!
19:15 写真スライドショー・・・写真愛好メンバーによる写真紹介
19:40 Long Distance call・・・心に響く音楽を。歌とギターのDuo
20:15 ばぶだちfrom deneb・・・バンドから派生したユニット、盛り上げます!
20:50 石田賢治&マリ(Peppermint Leaf)・・・オリジナル中心。アコースティックで届けます。
21:25 MIND THE GAP・・・本格派ボーカルDuoユニット
22:00 終了予定

 
☆9/11大野会場
12:00 セプコンスタート

12:10 Girl Hood・・・高校生バンド!!

12:40 かざぐるま・・・三線で奏でる音楽の数々

13:10 凛祈煌・・・硬派な3ピースバンド

13:40 河村 智治・・・アコースティックの弾き語り歌うことが大好きです。聞いてくれるすべての人の為に、心に届くように感情、気持ち一杯に歌います。
14:10 ALEAK・・・ラブ&ピースな木村カエラの大人コピーバンド!
14:40 BACKINGHAM・・・3ピースロックバンド雰囲気のあるロック
15:10 「1969」・・・同級生ロックバンド
15:40 SEA AND SKY・・・今年もマルッとスカッと、大人バンドなシースカです!

 
☆9/11 LIVE Cafe Jive
17:00 セプコンスタート
17:05 スナハラトモヤ・・・ギター弾き語り。
17:40 下定トリオ・・・ボーカルとギターとパーカッションのトリオ。
18:15 Peppermint Leaf・・・オリジナルのオーガニック系バンド。
18:50 佐藤弘之&紫藤博子・・・大ベテランのコーラスグループ。
19:25 因幡由紀&小田原政広・・・ボーカルとギターの癒し系デュオ。
20:00 soe:col(スイクル)・・・ジャズを基本にしたオリジナルバンド
20:35 上綱克彦・・・おなじみJIVEの大御所。
21:00 終了予定

☆9/11 呉 Ry’s BAR 花CLUB
19:00 セプコンスタート

  MAN3
  楠美月
  檜垣雅子&MINORI
  Sassan
  NASHICA
  花鳥風月withサウンドシャワー
    (タイムテーブル詳細未定)
20:30 終了予定


☆9/17 フジグラン
12:00 セプコンスタート
12:10 心愛・・・女の子デュオ。綺麗な歌声です
12:40 Harbor Seal・・・某水族館の関係者トリオゆるい音楽で楽しませてくれます
13:10 MAMI・・・カントリー系ミュージックを書弾き語ります

13:40 セイウ・・・ゆる~く、お届けの歌とギターのDUO

14:10 citrus liqueur blend・・・男女のデュオふたりのボーカルは聴きごたえあり!!

14:40 Sassan・・・ステージングや曲全てにおいて見どころたくさんです。ソロ
15:10 終了予定
 

平和って1人で作るものじゃない。
でも平和の音楽を奏でようと集まることによって、何か大きなうねりみたいなものができて、地球の本当の平和に近づいていくんじゃないかなと思うんですよね。
セプテンバーコンサート広島、どうぞお楽しみに!!


コメント