オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

Peppermint Leaf 10h Anniversary ミニアルバム『アイノアメ』12/25リリース!!

2018-12-02 | おすすめCD

Peppermint Leaf 10周年記念ミニアルバム『アイノアメ』。
なんとか無事に入稿を済ませてあとは納品を待つだけとなりました。
いやはや〜〜、いろいろ頑張りました。
関係者のみなさま本当に本当にお世話になりました。ありがとうございました。


もちろん最高の作品になりました。
どうぞ聴いてくださいね。
今回はプレス数が少ないのでしばらくはライブハウスか直接手売りのみで販売しようと思っていますが、どうしてもというご希望があれば郵送も承ります。メールでご相談ください。

☆『アイノアメ』アルバムデータ☆

Peppemirnt Leaf 10th anniversary『アイノアメ 』
 (4曲入り1,500円(税別))
2018年12月25日リリース!!!

  Peppermint Leaf
    三輪真理 (vocal, chorus, Piano, keyboards) 
    石井聡至(drums)
    岩藤洋(bass)
  スペシャルゲスト
    梶原順(guitar)

  制作/販売元  Peppermint Music (ペパーミントミュージック)

《収録曲》

01. アイノアメ
02. Silent Bossa
03. 真冬の蓮華草
04. アイノアメ(karaoke)


そして、ひと足お先のリリース記念(先行)ライブです。




Peppermint Leaf 10th Anniversary
『アイノアメ』リリース記念ライブ!!
日時:2018年12月19日(水)19時オープン、19時半スタート
出演:Peppermint Leaf
    三輪真理(Vo.&Key)
    石井聡至(Cho.&Dr)
    岩藤洋(Cho.&Ba)
ゲスト:小田原政広(Gt.)
場所:LIVE Cafe Jive(広島市中区薬研堀2-13 tel 082-246-2949)
料金:前売り2000円/当日2500円(ともにドリンク別)


ライブではもちろん一足お先にアルバム『アイノアメ』をゲットしていただけます。
ちょっと早いクリスマスを一緒に楽しみましょう!!
是非是非ライブにお越しください。
ご予約はLIVE Cafe Jiveまたは、ミワまで。


コメント

MAY INOUE STEREO CHAMP

2018-09-13 | おすすめCD

音楽ってそもそも自由。
そういうことを思い出させてくれるアーティストや音楽って貴重だと思う。


若きギタリスト井上銘と同世代の若手ミュージシャンで結成された、バンド「MAY INOUE STEREO CHAMP」。
なんとPeppermint Leafの八代ライブの同日の夜に同じライブハウスでライブがあるということで、ラッキーにも生ライブを聴くことができました。Blue Note Tokyoではチケット完売だったバンドだからね。ほんとラッキー。


MAY INOUE STEREO CHAMP、メンバーは井上銘(Gt)、類家心平(Tp)、渡部ショータ(Pf/Kb)、山本連(Ba)、福森康(Dr)。九州中からファンの方々が詰めかけ、めっちゃ熱いライブで、ホントに楽しいひと時でした。
インストバンドのライブが初めてという妹を「絶対すごいから!!」と誘って、連れ出しましたが、まあ期待通りのライブで、ほんと楽しかった。連日の自分のライブの後でアルコールのまわりは若干早かったですけど。
ライブレポはしたいところだけど、ナシ。


そもそも彼らのライブを語れるほどの言葉を私は持ち合わせていません(笑)。
レポートはもっともっと聴き込んでからにしよう。
この日の素敵なライブレポを見つけたので、勝手にリンク張っておきます。
あとは、この辺 読んでもらったら、分かると思います。



ということでCDをゲットして毎日ヘビロテです。
いいねえ〜〜。とにかくとっても楽しい。
皆さんも是非聞いてみてください。

STEREO CHAMP / ステレオチャンプ
リボーンウッド
リボーンウッド


日本の音楽シーンも捨てたもんじゃないね!!!
STEREO CHAMPの皆さんはセカンドアルバムもレコーディング中だとのこと。
次回作もめっちゃ楽しみです。



マリの今後のライブ情報は、こちらです。
ライブでお会いしましょう!!


コメント

音源配信始めました。

2017-02-12 | おすすめCD

なんでも難しく考えると難しく、簡単に考えると簡単になる。
難しく考えるのはそれを難しいと感じている自分がいるから。


やったことのないことなのに「難しい」と感じるのは一つの防衛反応。でも人はなんだって初めてのことは「やったことない」わけなんだから、そうやって自分の好奇心にフタをしてしまうのは勿体ないことです。


「難しい」を丁寧に探っていくと「怖れ」があることに気がつきます。
怖れのほとんどは「今の自分」でない何かになることへの怖れ。
うまくいかないことだけじゃなくてうまくいくことも怖れている。
思い切ってコマを進めてみると本当はこうなりたかった自分に出会えたりします。


さてこの度、ROCK'N ROLL.COMさんから初めて音源を配信することになりました。
曲は小林麻美さんの『雨音はショパンの調べ』
初のカバー曲配信です。






自分以外の誰かにプロデュースをしてもらうのは初めてのことではないですが、自分が「料理される」ことはちょっとした抵抗がありました。でもある程度固まりつつある自分のイメージもいい意味で崩せるかなという好奇心の方が勝って、参加させていただきました。
どうでしょうかね?


フルバージョンは、レコチョク、iTunesなどからお聴きいただけます。
もしお気に召していただいたら購入いただけると嬉しいです。


そういえば創建ホームのKinariのコマーシャルも唄わせてもらっています。
動画はこちら。





え?これマリさんが歌ってたの?っていう人もいるかも(笑)。


今更ですが、私はおそらく仕事に対してそれほど強いこだわりはなく、映画やスライドのBGMも作るし、パンフルートの曲も作るし、ピアノアレンジをお願いされればやるし、合唱曲も作るし、歌好きな方のために曲を書き下ろしたりもします。私の歌や私の曲が好きだと思ってくださる方とは喜んでお仕事を一緒にしたいなと思っています。


あと今やってみたいことはオーケストラアレンジ。
これはちょっと真剣に誰かにご教授願いたいと思ってるところです。
ここがクリアできたらいろいろとやってみたいアレンジもあります。
もし教えてくださるという方がいたらぜひご一報ください。


というわけで。
来週はいよいよバレンタインライブ。
今回も新しい自分にチャレンジします。
きっと「よかった」と思ってもらえるように今の私の持てるもの全てをお届けします。
ぜひしっかりと味わいに来てくださいね。



Valentine's Day Special 

Beautiful Songs Vol.2
日時:2017年2月14日(火)19:30〜
出演:Peppermint Leaf
    三輪真理(Vo&Pf)、
    岩藤洋(Ba)
ゲスト:砂原智也(Vo&Gt)
場所:Live Juke
(広島市中区中町8-18 クリスタルプラザ19FTel 082-249-1930)
料金:前売り2000円、当日2500円(要1ドリンク)
ご予約:Live Jukeまたは出演者まで 

 
 
コメント

『君と僕』

2016-03-25 | おすすめCD

10年前からずっとファンだった、アコースティックギターデュオ「君と僕」のデビューアルバムがついについについに、リリース!!!
このデュオの結成の瞬間を目撃した私としては、この日をどんなに待ちわびていたことか。。


森山良子のツアーバンドのバンマスなど全国的に活躍中のギタリスト梶原順さんと、クラビオーラ奏者折重由美子さん率いる「こゆみこ」でもおなじみ、広島を中心に活躍中のギタリスト小田原政広さんの「君と僕」。大手レーベルと契約して音源制作・・ではないので「知る人ぞ知る」というデュオですが、ほんっっっっっっとにイイからね。太鼓判!!!!


こちらが試聴動画です。




オシャレすぎるジャケット画と極上の音。
やっぱり、すごくすごくすごくいいです。
もう届いた瞬間から毎日ヘビーローテーションなのです。


褒めすぎてすみません。
収録のどの曲も本当にいい。
小田原さん作曲の「烏骨鶏」(ウコッケイ)、本当にかっこいいわーーーー。
TOTOの「Africa」のアレンジもオシャレすぎる。


ギターの美しさ、切なさ、愉快さ、、
いろんな宝物が詰まってる『君と僕』のデビューアルバム。
リリースライブが超楽しみなんですが、それまではこのアルバムをニヤニヤしながら聴くことにします。


ここをお読みの皆さんも是非1枚でも2枚でもお買い求めください。
君と僕のアルバム購入はcoco←musikaレコードから。

http://cocomusika.theshop.jp/items/2810120




コメント

大貫妙子と小松亮太『Tint』

2016-01-21 | おすすめCD

大好きな大貫妙子のアルバム。リリースから半年。ようやくゲットしました。
ファンとは言えないね(笑)。
いろいろ自分のことが終わって、落ち着いてゆっくり聴きたかったからなんだけど。


先日から早速ヘビロテです。
全体的にまるでアナログレコードのような深い音。
よくCDでこんなストイックな音が作れたものだと感心します。
日本レコード大賞の優秀アルバム賞もゲットした作品。ター坊のアルバム全般に言えることだけど、このアルバムも間違いなくずっと聴き続けるなあ・・と思います。


普段から聴く音楽って思ってる以上に心や身体に影響する。
ター坊の音楽を聴くと、丹精込めて作られた野菜で作られた手作りのお料理を食べた時のような気持ちになる。
いつもいいアルバムを作ってくれて心から嬉しい。
アルバムの紹介をされた小松亮太さんのブログ記事。
私も頑張ろう。

Tint
SMJ
SMJ




コメント

クレプスキュール

2015-08-31 | おすすめCD

久しぶりにゆっくりしたかったので古いCDを引っ張り出して聴いてます。
すごく好きなアーティスト。
ANTENA(アンテナ)



その昔、どんなバンドかも知らずに買ったCD。超ヘビロテ。
私の友だちには誰一人アンテナを知ってる人がいなかったのに、OL時代に仲の良かった女友達のイケメンの彼氏がアンテナのファンだってきいてめっちゃ驚いたのを覚えてる。
あのイケメンくんは今ごろどうしてるんだろう?

HOPING FOR LOVE
LES DISQUES DU CREPUSCULE
LES DISQUES DU CREPUSCULE



アンテナは「黄昏時」を意味する「クレプスキュール」という名前のベルギーの小さなレーベルの所属だったらしい。
日本での契約代理店として新星堂が立ち上げたレーベルがオーマガトキ
最近『クレプスキュール物語』という復刻版のCDがでたらしい。
へえ。
今度買ってみよう。

クレプスキュール物語2014
オーマガトキ
オーマガトキ


とどのつまり、私の好きな音楽はこの辺にあるらしい。
ブラジル音楽の影響を受けたフレンチポップ路線。
ちょっとアンニュイな乾いた南フランス風のサウンド。
つまりJPOP風じゃないわけよね。
これからジャパニーズ・フレンチポップと言ってみようか?(笑)。


こういうタイプの曲が好きな人にオススメの、クレプスキュール系サウンドの『Retrospective』 をどうぞよろしくお願いします。






三輪真理 1st Solo Album
『Retrospective』発売記念スペシャルライブ!!

日時:2015年9月18日(金)19:00 open 19:30 start
場所:日本福音ルーテル広島教会
  (広島市中区鶴見町2-12 ルーテル平和大通りビル3F tel 082-241-3695)

出演:三輪真理(Vo)
           白鶴山
             白井アキト(Pf&Key)、鶴谷智生(Dr)、山本連(Ba)
料金:前売り3000円 /当日3500円 
   学生2000円



日時:2015年9月19日(土)13:00 open 13:30 start
場所:Live Juke(広島市中区中町8-18 クリスタルプラザ 19F tel 082-249-1930)
出演:三輪真理(Vo)
           白鶴山
             白井アキト(Pf&Key)、鶴谷智生(Dr)、山本連(Ba)
ゲスト:小田原政広(Gt)、内田広平(Sax)、すみまいこ(Pf&Key)
料金:前売り3500円 /当日4000円 
   学生2000円

   (別途ドリンク代をお願いします)


チケットのご予約はお早めに、
Peppermint Music(peppermintmusic522@gmail.com)まで。 

アルバム関連サイトはこちら。
Peppermint Music HP  


コメント

ジョニ・ミッチェル『BLUE』

2015-04-07 | おすすめCD

実はジョニ・ミッチェルというシンガーソングライターのことをよく知らなかった。
私の好きなター坊こと大貫妙子さんが薦めてて興味を持ったというのがそもそものきっかけ。
いつかちゃんと聴いてみたいと思ってAmazonのお気に入りに入れてたんだけど、ジョニ・ミッチェルが倒れたと聴いて手に入らなくなったら大変、と思ってこの『BLUE』を購入。
さっそく聴いてます。


独特の歌い方、メロディー、コード進行。
どこかエンヤに似てるなあ、と思ってたら、彼女はカナダ生まれで母親がスコットランド及びアイルランド系、父親はノルウェー系だそう。なるほどね。


この『BLUE』はアルバムとしてもさすが最高傑作と言われるだけある作品です。
シンプルだけど1曲1曲がすごくしっかりしてる。
録音も生々しくていいですね。


1曲目やタイトル曲もいいけど、私は意外に2曲目の『My Old Man』が好き。


 
CDだとエンディングのピアノのシンプルなリフが妙に頭と心に残ります。


このアルバムには納められてないけど『青春の光と影』(Both Sides Now) も好きな曲。
これは原田知世のカバーで知った曲です。




これもつくづくいい曲です。
いろんな人にカバーされていますね。
名曲は時代を超えて残る。
こういう1曲を書きたいものです。

Blue
Warner Bros.
Warner Bros.

 

青春の光と影
ワーナーミュージック・ジャパン
ワーナーミュージック・ジャパン

  

コメント

Tatiana Parra & Vardan Ovsepian『Lighthouse』

2014-10-15 | おすすめCD

今日はセイウのakiちゃんとランチし、ギタリストの砂Pこと砂原くんとお茶して、蓬-よもぎ-のボーカルのオリオちゃんとお茶するという、ミュージシャンに会いまくった日でした。


akiちゃんとは久しぶりにランチしたんですが話が終わらず、そのまま砂Pとのお茶にも誘って3人で喋りまくり、最後のオリオちゃんとのお茶にも参加してもらい、ほぼ一日一緒にいたわ~~という感じでした。
楽しかった。akiちゃんありがとうね。


いろんな話を聞きました。
音楽の裾野は広い。どんな理由だって音楽はできる。
サクセスのため、友だち作りのため、自分の成長のため、憧れのミュージシャンと共演するため、仕事のストレスを解消するため、好きな人と一緒の趣味を持ちたいため、ただ楽しむため・・・etc。
どんな理由で音楽をやってもOK。音楽の懐(ふところ)はそれほど広い。
でも、私は私の音楽に対する愛と誠意をひたすら貫こう、ってやっぱり思いました。


アドラー流に言うと「課題の分離」。
私は私の仕事をしっかりやる。それだけ。


写真はakiちゃんに教えてもらったTatiana Parra(タチアナ・パーハ)というサンパウロ出身のシンガーの人の話題のCD。素晴らしい。即買い。でもって我が家のB&Oオーディオでヘビロテです。Amazonにはナイです(笑)。





聴いてると次第に心が澄みわたる。瞑想に入れそうな音楽です。 

 

コメント

大貫妙子トリビュートアルバム-Tribute to Taeko Onuki

2014-09-22 | おすすめCD

ようやく『大貫妙子トリビュートアルバム』を買いました。
昨年の発売だから「やっと」って感じです。
そしてじっくり聴きました。


なるほどねー。岡村靖幸、奥田民生、ハナレグミ、松任谷由実、どんな人がカバーしてもやっぱり「大貫妙子カラー」だな、って思う。これが大貫妙子という人の強さなんだと思います。


「音楽をやっています」って言うと、「どんなバンド(音楽)をやってるんですか?」と聞かれるので、一応「ユーミンとか矢野顕子とか大貫妙子みたいな感じ・・」と答えてるんですけどね。
自分ではそれってどうなの、と心の中で突っ込みを入れてみたりしますね(笑)。 


ター坊(大貫妙子さん)のことは昔から大好きで憧れの人。
彼女の作る楽曲も音楽との向き合い方もある意味で自分の理想。
自分が迷いそうになった時には「ここに帰る」という軸を思い出させてくれます。
とてもとても追いつけないけど、私も私なりに切磋琢磨していきたいとまた思わせてもらえました。


この企画のための1枚目もさることながら、過去のカバーを集めた2枚目もなかなか素敵でした。
私の感想としては、特に薬師丸ひろ子の「色彩都市」、ラジの「風の道」、大橋トリオの「突然の贈り物」、青葉市子の「3びきのくま」あたりが新鮮で素晴らしかったです。
良かったら聴いてみて下さい。

大貫妙子トリビュートアルバム - Tribute to Taeko Onuki- (2枚組ALBUM)
commmons
commmons





音楽(全般) ブログランキングへ

コメント

Rumer

2014-07-03 | おすすめCD

イタリア旅行記、3日目にしてやっと書き終わりました。
ふ~~疲れた~~(笑)。
おかげさまで飛行機も遅れず、スリにも遭わず、一度も雨にも降られず、反対に予想外のラッキーなことがたくさん起きた楽しい旅行でした。これもホ・オポノポノと守護天使のおかげ?


旅行を振り返って思うのは、あの時「行く」って直感で決めてほんとうに良かったなっていうこと。
その時には何も条件が整っていなくてもワクワクに従って決めたら、条件はなぜか整ってしまうということなんだって再認識できました。


今回の旅行で何が変わったか。
多分私の中の細胞も精神もまるっきり別人に変わってしまったと思います。
自分を変えたかったら環境を変えるのが一番てっとり早いですね。


イタリアに対する認識も行く前と後とでは全然違う。
ただの観光旅行じゃなかったことも良かった。
りぼんさんがオススメの「イタリア語学留学」も場合によってはアリかもね。 


もともと好きだったワインも一層好きになりました。
ぶどう畑でぶどうを作るところから見ることができて、生産者の方たちのワインに対する愛情も知ることが出来ました。この1杯のワインにどれだけの手がかかってるかという物語を知ると余計にそのワインが愛しくなります。
イタリアで買って来た写真のPIAZZANOのオーガニック白ワインはあっという間に無くなってしまいましたけどね。めっちゃ美味しかった。


どんな人にとっても平等に人生は一度きり。
この一度の人生をどのように使うのかの責任は全部自分にある。
だったら人のせいにしたり環境のせいにしたり言い訳するのはやめて、全部思い通りに生きた方がいいのです。
窮屈になったシンデレラのガラスの靴なら思い切って脱ぎ捨てて裸足で駆けてみよう!!


帰りの飛行機で初めて聴いたアーティストRumer。
パキスタン出身でイギリスで31歳でデビューしたシンガーソングライターだそうです。
カレン・カーペンターに似た歌声。かなり好きな感じです。
知らなかったなあ。
2010年のこのデビューアルバム買ってみようかなと思ってます。

Seasons of My Soul (Bonus Track Version)
Wea Int'l
Wea Int'l



コメント