まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【仮説】 半分は自分自身に言っている。

2021-06-05 09:07:28 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
5日。新月週間。




半分半分、 

 仕事上お客さんからクレームを受ける可能性がある方々。クレームを受ける心構えは半分半分であると思います。



 その半分とは、
 半分は自分の業務で何か問題があったかもしれない。今後改善した方が良い内容が含まれているかもしれない。これは小さな警告かもしれない。
 相手の言葉から、悪意の部分を取り除いて、警告の部分が残っているかを抽出する機会であります。

 残りの半分とは、
 この人物が本当に危険な人間である可能性。サイコパスである可能性。言質をとって本社に連絡したり、SNSで炎上させる可能性。

 その人物のクレームの中に、自分の業務への警告成分があったとしても、悪意の部分は猛毒です。
 「こいつはあかんやっちゃ」という臭いを感じたら、すぐに責任者にバトンタッチすること。一番悪いのは言質をとられることです。相手はそれを言わそうとしています。バッグに入れたスマホで録音しているかもしれません。

 最初はこちらが良かれ善意と思ったことも、揚げ足取る気満々です。つい本音が出てしまうと、鬼の首をとったように嬉々とすることでしょう。

 どんな時でも本音が顔や言葉に出ない経験を積んだ「責任者」の方にお出まし頂くことが重要です。



自分自身を口撃している。

 という半分半分もあるのですが、今回はもう少し大きな視点での半分半分です。



 その人は私にクレームを言っています。そしてそれは半分です。
 しかし残りの半分はその人は自分自身に言っているのです。たとえば未来の自分自身かも。
 そう遠くない将来誰もがこの世を離れます。自我の洗脳から解かれて心の奥底の自分自身に戻る時。その未来の自分自身に対して口撃しています。

 その人は私にクレームを述べている。その人はそう信じて疑いません。
 しかし私は、その人が自分自身を口撃しているのを、傍らで観ているのです。



 そういう半分半分。



心の奥底にいるお天道様。

 日本人は「お天道様が観ている」という言葉を使います。
 私はその言葉が好きです。
 お天道様とは、自分の心の奥底にいる自分自身の良心のことです。

 自我は第三者を口撃していると錯覚していますが、本当は自分の心の中のお天道様に対して感情をぶつけています。
 私はそれを傍らから観ているだけです。



彼は自分自身を観ていた。

 昔のことです。
 ある知人が私を強く非難したことがありました。
 とすると突然その知人が「まるぞう。そんな眼で俺を見るな」と怯えだしたのでした。

 私はびっくりしました。
 私は特に彼に対して腹を立ててたわけではなく、強いて言えば物事の経緯ってどうだったかなと思い出していた間のこと。でもその時は何も考えず彼を観ていた時だったかもしれません。
 その時何を考えていたのか、はっきり思い出せないということは、何も考えていなかった時だったかもしれません。

 彼が怯えたのは、私の視線ではなかったのです。
 私の眼の中に、彼の心の奥底の自分自身が観えたのだ。ずっと後になってからそのように気づきました。
 そういうこともあるのですね〜。



同行二人旅。

 クレームを言う側も、クレームを受ける側も、この世に生きる人はみな、自分と自分の心の奥底の自分の二人旅。人生とは同行二人です。
 誰もが心の中のお天道様に静かに観られながら、私は自分自身のハンドルさばきの挑戦真っ最中であります。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
自分に一体何が出来るだろう?と思う毎日です。
子供や親を守るために、精一杯、そして希望をもってやっていきたいです。

→ 同行二人旅ですね!

==========
もしかして二極化がかなり進んでいますか?

→ 同じ社会に住んでいるのに、全く別の世界に住んでいる人たちの如くですね。

==========
ワクチン後のIVM
Alzhackerさんがツイッターで、FLCCCアライアンス会長ピエール・コリー博士の対談の一部を翻訳してくださっているのですが、その内容がとても興味深くて、希望をみる思いがしました。

「ある引退した医師が、家族や友人に診療を行いその数が増加してるのですが、イベルメクチンの経験を私に話してくれました。彼は、ワクチンを摂取した後、筋痛や痛みなどの炎症症状がひどく長引き、ひどい頭痛や疲労感に襲われた患者の何人かが、イベルメクチンに非常によく反応したということでした。」「エビデンスに基づくものではありませんが、イベルメクチンの主なメカニズムはスパイクタンパクに結合することです。そしてワクチンは何をするか?それはスパイクタンパクを作ります。そして、ある人はスパイク・トップ・プロテインによって病気になったのです。そして、IVMが中和します。」
https://www.youtube.com/watch?v=Tn_b4NRTB6k&t=8388s

→ 情報ありがとうございます。

==========
保育士、看護師、介護職の現場はどこも人手不足で過重労働です。給料も決して高くないし。それを支えているのは、利用者のありがとうだったり、笑顔だったり、お世話になりましただったりと思います。全員からではないにしても。
 それなのに、挨拶がダメだとか、ましてクレームだとかって。。
 現場の方たちは、そのような人達にも公平に接して頑張っていると思います。シモのお世話も、嘔吐の掃除とか。

→ 今後しばらくは(本当に心を持たないかの如くの)クレーマーが出現する時代となることを想定して、本日のメモを書きました。社会の立場上これからそういう人に接する可能性のある方々へ。ありがとうございます。

==========
ひょっとして、仕方なく、それ以外にどうしようもなく、演じさせられているのでしょうか。

→ これから起こる国難一つひとつに我々国民が浮足立たないことが一番大切だと思います。頑張りましょう!

==========
尊敬する青山氏が、先ほどニュースの尻尾「ワクチン無しで見殺しか!?」を投稿されていました。ワクチンに対してここまで肯定的な発言をされていることで福祉関係の自分は受けるか否かでまた揺れ動いていますが、会社関係者は半ば強制的な依頼をしてきます。

→ 理屈で言えば、高齢の方々のワクチン接種が完了したのであれば、介護する側は未接種でも大丈夫じゃないかと思います。多分理屈ではなく精神論なんだと思います。

若い世代の人や女性は数ヶ月様子見でのらりくらりと時間を稼いで頂きたいと思います。狂想曲は長く続きません。しかし自分の身体とのお付き合いは一生モノです。

==========
まるぞうさんは、mRNA以外のワクチンについでどう思われますか?
ジョンソン&ジョンソンなど。

→ mRNAワクチンにしてもウイルスベクターワクチンにしても人工的に体内にスパイクを作らせてばらまくのは、現時点ではどちらも要注意だと思います。


主人が二回目6月20日です。それまでに、何かしら、もしかして危ない?くらいのデータが出たらいいのですが・・・

→ 残念ながら多分データは出るのはまだ先だと思います。


あと、呼気で移る。これは本当にあることだと思いますか?

→ 接種者の体内でばらまかれたスパイク粒子が体外に排出されるということだと思います。これでCOVID-19が感染するのではなく、周囲の人の体内に(接種者が排出した)スパイク粒子が入り込むということだと思います。

筋肉注射で体内の細胞が一斉にスパイク粒子を作り出す症状にくらべれば、影響は少ないとは考えられますが、一応同じスパイク粒子が接種者から体内に入ることはあり得ると想定はしても良いかもしれません。


夫は接種したので、家で念の為マスクをしてますが、もし呼気で何かあるならば、半年前から接種が始まってる他国で何かしらのデータがでてそうなものだと思われませんぁ?

→ 確率は低いのですが、そうと思われる事例はあるようです。ゼロイチではないです。
・接種者の周囲の人に必ず影響が出る。わけでもなく
・接種者の周囲の人に必ず影響が出ない。わけでもない。


希望はしませんが、何らかのワクチンを打たないといけない(選択の余地なし)状況になり、選べる状態であれば、J&Jはどうだろう?1回ですむし。とか考えてました。

→ 私はJJにしたい。しかし今のバージョンは血栓問題がある。しかし近々この改良がされるということなので、それを待ちます。という口実に数ヶ月のらりくらりと様子見をするのはいかがでしょう。

ワクチン血栓の原因解明か アストラ/ジョンソン製改良へ手掛かり 独研究
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/06/post-96433.php

==========
知らない間にコロナにかかってて完治した人が、ワクチン打つとどうなるの?

→ 一回目の接種で副反応がきつい人は、知らずに体内で免疫が出来ていた人なんじゃないかな。と素人考えです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (38)